2019年08月26日

こういうことを「正義」と呼ぶのはどうだろう?

■「私の子供たちよ、人生の道を歩んでいるときには、けっして他人を傷つけてはいけないし、悲しい思いをさせてもいけない。反対に、おまえが他人を幸福にできるようなときには、いつでもそのようにしなさい。」【ウィネバゴ族インディアンの伝承のことばより】

posted by 浪速のCAETANO at 02:25| 大阪 | Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

自分の事を

もっと自分のことを考えたいと思うのだ。

生活って大事。生き続けるのって大切。

払うべきお金は払ってもいいが、「罰金」は嫌だな。消費税は「罰金」。モノ買ったら罰金。こんなのもある。「走行税」5円/kmという報道がある。

よう走ってる時期、年3万kmほど走ってた。で、計算してみる。えええ・おおお、150000円ってかよ。冗談キツイな。

走ったら「罰金」。

なんだ、この世の中。

実はタバコ吸っても、酒飲んでも、「罰金」払ってるのだよね、おれたち。

「人頭税」というのもあった。生きてるだけで「罰金」。

有能な為政者ならば、そういう「罰金感」なしに、もっと巧妙に税収を上げるのだけどね。あるいはその税収に見合う「住民サーヴィス」をこれ見よがしに行って、いつも「やったげてる感」保とうとするだろう。

それぐらいでいいの。civil servantなのだから。


今はちょっとKorea issueでinbound減ってるみたいだが、なんで、こちらの国への旅行者が増えたのかよく考えてみるなら、それは「安い」からなんだよね。「安い国」なのね。おれもバリ島行って、一万円札を替える際にもらうルピアの「束」に盛り上がるが、それと同じことをツーリストは経験してるのね。
もちろん、優秀な製品は「まだ」ある。しかし、それはちょっと前のこちらの国の産業の遺産みたいなもの。

「すげえ・すげえ」ってほんと、バカみたいなのだが、そのすげえ・もまた過去の遺産。京都なんて分かり易すぎる話だ。

もう過去の遺産しか「売り物」がないのね。なんかかわいそうだね、おれたち。

で、自分のことを考えるべきなのだ。自分がいい思いして生きるには、お隣さんも(特にkoreaを指してるわけじゃない)そこそこいい思いしてくれてなきゃな、という前提がある。みんなそこそこいい思いしてくれていないと「肩身が狭い」。雲の上で生活してるわけじゃないからだ。今、ちょっと象徴的なこと言ったが、タワーマンションの上の方の住民は「そんな」気なのかもしれませんね。「high-rise」ね。まあ、おれには関係ないが。じゃあ、おれが気にする人々は「地面近く」の人ということ。彼らもそこそこいい思いしてくれてないと困る。

となると、自分のこと(だけ)を考えることから発展して、必然的に身近な人間のそこそこの幸福を考えることにもなり、となると何かこちらが過剰なものを分けたり、足らないものをいただいたり、それもお金などは極力介在せずに、バーターな関係になってたりさ。そんなことが、もうちょっと規模が大きくなると、自分が「彼らも含んだ自分たち」になり、彼らは「もうちょっと外部の別の彼ら」となってくる。

この辺りぐらいまでしか一般人の想像力は持たないと思うんだが、それで十分。そのあとはそのvisionを拡大すればいい。誰が?

『政治家』に決まってんじゃん。

こういうのを本当の「bottom up」っていうんじゃないのかな、なあ枝野。チャーシュー豚とくっついてる場合じゃなく、さ。the 2nd LDPはホントno needなんだから。

さ、明日は【w/すっぽんぽん‘ズ@♭Flamingo】

自分のこと!

BC35A107-DB16-48CF-A233-21663F19F0C1.jpg
posted by 浪速のCAETANO at 18:29| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

やっぱりバカなの?

「Korea fuck」と言ってる間に、諸問題がそのまま悪い方へと進んで言ってる。派遣法・水・種・漁業権、増税、and so on・・・・・・・・・・。

ちょろいものだね、おれたちって。

散々、嫌がらせして、反論来たら「なんやと〜」。

すごく勿体無いことをしてるなあ、という感想だなぁ。残念な人々、多すぎた。感情的になると、それもみんなで、スーッとするんだろうな。でも、一瞬だけね。

そんな遠い国と、ではなく、ご近所っていうのが最も「win-win」になりやすく、メリットも多いことが「なぜ」わからないのだろうか?不思議。彼らはアメリカと、あるいはロシアとの「win-win」とかを想定できるのだろうか?もしそうとしたら、かなり脳細胞の連携に不調があるのではと思わざるを得ないけどね。早い話、病院行ったほうがいい。

毟り取られてるだけ、としかおれには見えないんだけどね。

こちらの国のメディアは「既に大本営」であるから、hate koreaになっちゃてて客観性が保てないので、海外の報道を見てみると、BBCはこう言ってる;

『併合から続く歴史的確執』

イギリスのmediaは辛辣ではあるが客観性あるよ。彼らの、こちらの国に対するviewはかなり手厳しい。伝統的に。


おれには「negativeな祭」のように思えるんですが。なんのための祭かというと、「決定的にヤバいことが起こることをみんなして忘れるための祭」。

消費税増税などちっちゃな話で、まあそう言っちゃナンだけど、実際駆け込み需要さえも起こらないほどおれたちはミクロ経済ズタズタにされてるんだが、そんなことよりももっとヤバいことね。もう二度と立ち直れないほどのダメッジがそこにはあってね。先の敗戦以上のね。


みなさん、もう諦めてる、と思うのね。年金が目減りしても、税金でさらに搾り取られても、原発が「メルトダウン」しても、バカTV見てヘラヘラ笑ってるわけでしょう。おそらく、次に世代のことなんて「知ったこっちゃない」が本音でしょう。でなきゃ、もっと賢いオトナいるはずだよね。


こちらの国のstupid politicianたちがいなければ、東アジアの新時代を作る作業は楽しかっただろうな、と過去形で言っておきたい。おれにはvisionあった(ある)んだけどなあ。でもここは諦めず、holdしておこうと思う。

矛盾してて、おれは勝手に大笑いしてるんだが、「国交断絶せんかい」と騒いでたバカたちが、gsomia破棄に怒ってる。どっちやねん?なんなの?バカなの?やっぱり?


いや、ほんと冷静になっていただきたい。おれはバンドのベーシストもそうだし、塾の生徒にもKoreanがいる。うちの店のお客にもいる。そういう「協力関係」にある人々のベースを「腐す」なんていう発想は不可能だし、こないだ行った釜山・金海で、愉快なことも不愉快なこともあったが、そんなことはお互い様なのであって、全員と仲良くできるわけじゃないでしょ、そもそも。


熱くなってるのは、こちら、ではないのかな?dtは「どっちももう喧嘩ばっかりして〜」と言ったきり、コメントなし。どちらかに肩入れしてる・という感じはないけどね。報道のひと、そういうことに関してちゃんと仕事すればいいのに。できないの?なんで?やっぱりバカだから?
posted by 浪速のCAETANO at 12:48| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

アホなのに権力持ってる方々へ

■「どんなことも7世代先まで考えて決めなければならない。」【イロコイ族】

posted by 浪速のCAETANO at 11:59| 大阪 ☔| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海も空気も『脱国境』

koreaが「嫌がらせで放射能検査を強化」しろよ、と言う主張。

良いんじゃないの?

全国民的に「騙されてる」わけで、おれたちね。いまだにガンガンradioactive出てるよね。おれたちはホント・バカだから、何でもかんでも忘れてしまう。忘れる・が美徳であるかのような行動形態を取る傾向を持つ人々である。

おれだってよく忘れる。目の前のことにとらわれて、その直前何をしようとしていたのかを忘れる。

それ、別件?あ、そう。

なんか、国内にいて国内のバカnewsばかり見てる方、おそらく、世界がもっとも見えていない人々である。100000000人ほどいそうだね。

恣意的に「それ」を忘れさせようとされてることに気づいているだろうか?radioactiveによる汚染なんて「ない」と思えたらどんなに良いだろうと、それはおれも思う。

だが、ないからない・のではなく、あるんだけどないことにする・あるからあると認める・どれがいい?

あるんだがないことにする、は最も「罪深い」んじゃないのか?

それは国内的な被害だけではなく国外的被害をも「隠蔽」することになるからだ。海も空気も「脱国境」である。だから。

せこうとか言うバカが「放射能検査を主張するkorea」を「好ましくない」と。いや、自信がないの?『安全』なんてデータ付きで・しかも超・客観的データ付きでないと「誰も」信用せんよ。おれもまた信用してません。だから「都合がいい』・それ。信用してない人もっといるはずなのね。チェルノブイリの事故後に「小麦ー」「パスター」と騒いだでしょ、こちらの国の方々。同様である。しかもチェルノブイリの規模を超えてるんだから。

そもそも「食べて応援」ってなんやねん?国民等しく「被曝しましょう」としか聞こえないけど、なんか他の解釈あるの?さっすがborn to be facism。

いや、問題なけりゃ、データ付きで「どーん」と出せばいいじゃないの。全世界が納得していただくことが福島の農家・漁業関係者のためになるから。「改ざん」はあかんよ。結構もう有名になってるからね。

だからっつって、必ずしも輸出が許されるとも限らんが。基準というのは各国内の指針によるからね。そこから先は「文句」言えません。もしこれが逆の立場なら、どんなにヒステリックな状況になってるか、考えるだに「恐ろしい」が。

koreaの指摘はこちらの国の消費者(しかも貧しい人たち)のためにもなる、ということ。それを指摘されての逆ギレ、ってそれ、こちらの国の人々への「背信」でもあると思うのだがどお?


見えるウンコも嫌だろう。でも見えないradioactive・もっと嫌じゃない?五輪は無理じゃないのかな?「ambulance」を多めに配置します・とか、超ギャグにしか聞こえないんだけどね。volunteerに終電で前乗りせえ・とかも。

予算が何倍にも膨れ上がったのに、volunteerはタダ働き。greedyが・コバエが万単位で集ってるってことね。うちのコバエはおれの目の前でいまfuckしてましたが、だはは。

アスリートたちの悲壮感が、もうすごくいたい。熟考しないままに言うが、アスリートたちは現代の特攻隊員ではないのか?
posted by 浪速のCAETANO at 11:42| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

ご近所トラブル

さっき、ちらっとgsomia韓国が破棄っていうheadlineがスマホ上に流れた気がしたけど。

Koreaもこちらの国のマネせんでも、と思う。愚かさの応酬など「誰も」得しない。こちらの「嫌韓ヘイト」の火に油。大韓航空の運行見直しも逆効果。どうか冷静になっていただきたい・お願い。


おれは「お隣さん」と仲良くしたいよね、と思ってる。中国も半島の国とも東南アジアの国々とも。あと、オーストラリアにニュージー。パンパシフィックのこちら側だね。

こないだやっと釜山行ってきて、これから何度も行くぞと思っていた矢先だった。上海には行ったことがある。資本主義前・だけど。今の上海も興味ある。香港・台湾、然り。

9月からもひとつ別の「外国人予備校」で教えることになるが、よくよく考えれば最近「韓国人学生」がちっともいないなと思ってた。そこにもいないだろうな。今行ってる予備校の最後の韓国人学生が言ってたことだが、「日本人的」という言葉を「お金第一」。という意味で使っていた。もう5・6年前・もっとかな。

今や、その意味は「Chinese」に取って代わられてしまったが。ものすごく状況は変わってしまった感があるね。今やChineseの目線は「上」。それも「しょうがない」んだよね。認めようよ。悔しいかも知らんが。それは政治の不作為だからさ。

韓国のプラカードは「反pm」で「反日」ではないよ。そこ間違えたらあかんとこ。ハンクル読めん人多いからね(おれも読めんが)。


歴史修正主義という厄介なものがある。近・現代史の汚点だとおれは思う。「他人の家に土足で上がり込んだ」時点でアウト。それも時代が下れば下るほど許されない度合いは高まる。そこ、世界の空気読めなかった田舎もん大日本帝国があった。事実。ただし今のおれたちに許されるexcuseはあれは「大日本帝国」というアタマ狂った国の仕業ですから・だ。おれはそういう態度。実際に、敗戦後およそ6年間、不連続面があるよね。国名さえ変わっているのよね。その6年間は「独立国」でさえなかったのだよ、分かってる?歴史における「モホロビチッチ不連続面」あるいは「不整合面」があるじゃないの。そこで本気で反省すべきだったんだよね。その反省をしたフリとか、そもそも反省したくない、そんなんが「こっそり復活」しちゃったのがそもそもの間違いの始まり。

本当に反省しない奴は「何度でも同じことを」するよね。今後もまた。



おれたちは(アメリカもそうだが)他人から土足で上がりこまれたことがないということにされてる。だから日米は「侵略」されることを知らんねんなあ、という言い方がある。まあアメリカはともかく、こちらの国は、というか列島の一部は侵略されましたよ。九州だけどね。なーんや端っこやんとかアタマ悪い事は言わんほうがいい。太宰府が「都」だから。

飛ぶが、おれは本当に古墳で騒いでる人々に「きみですか、アホは」と言いたいし、そう思ってる。率直に言って。

「証拠がない」。仁徳「天皇」陵と言うが、仁徳って「誰なん?」ちゃんと言うてみ。いや、誰なん、それ?まず、仁徳という人の実在は本当なん?もし実在が真であったとして、彼は「天皇」なの?証明してみろ。

世界に嘘を言うって、pmの「under control」と一緒じゃん。

最大でも「大王(オオキミ)」で当時の倭国とは関係のない地方豪族の墓じゃないすかね?そのくらいやろ。その「証拠」に大きさが何かの根拠になっているとするなら岡山に「造山古墳」「作山古墳」と言う大山古墳に匹敵する古墳があるけどね。それはどう説明していただけるのかな?

「伝・仁徳大王陵」ぐらいやろ、言えても。

なにを騒いでるのか、おれにはちーとも分かりません。


戻るが、侵略されたことはある。こちらの国のことですが。一つはまだ記憶に新しい、マッカーサーね。占領されてたわけだから。その期間、およそ6年間。

もう一つは唐による侵略・占領。カクムソウによる。これはおよそ10年間。7世紀半ばのことである。九州は無茶苦茶にされた。だから、アメリカはともかくこちらの国は被侵略・占領体験はあるのだ。正史とされる偽書(もちろん日本書紀だが)にそれが記録されてないがためにみなさん「知らない」だけのこと。無知って恐ろしい。それがちゃんと記録されていたならある意味無邪気とも言える半島・大陸への侵略も「うーん、やめとこか」となったのかどうかわかんないが、その種の無邪気さからは少し距離を持てたのではないかな。


上記のお話は、全部繋がってる。大和朝廷とか万世一系とか明治維新とかの重層的な嘘に乗っかって日々、おれたちは過ごしてる。そのような「大嘘」の上で生活してるから最近の嘘は無意識の中で「小嘘」にしかすぎん・ぐらいに思っているのかも知らんね、おれの同級生も含む「嫌韓」の人たちは。不幸であるね。

その裏には偏狭なナショナリズムを利用して、おのれへ向かう批判の矛先の向きをちょいと変えることに利用されてるかも知らんよ〜、とは言っておく。被害者のいるところには必ず加害者がいます。そして加害者はすぐ忘れるが、被害者は忘れない。過去を振り返ることは決して悪いことではない。ご近所とは仲良くしたほうがいい。

独仏に倣うことも大切か・と思ったり。
posted by 浪速のCAETANO at 21:31| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

行って帰る

「忘れ物ないねんな」と言う母親の質問に「ないない.完璧、今回」と言って実家を出たのだけど、コンビニでお金下ろしてたらママが、杖でガラスを叩いていた。
今朝洗濯した一式忘れてた、だはは。

そんなもんだった。


長崎の空は雲が素敵。

その構成が立体的なのね。海の存在が大きい。したがって、青空もまた色が濃い。目、良くなりそうだ。

でも、いつも見てたらその値打ち、半減するかも知らんなあ、といらん心配してしまう。どーなの、そこ?

今、空港への高速のバス内なのだけど、濃い緑ともくもくの白とどこまでも明るい青だけを見てとってもシヤワセ。

おれたちの祖先にも訊いてみたいものだ。こうゆうの「原風景っすよねえ」と。

緑、白、青。

人工物にはない色よね。

雑に言うなら、田舎行って「あー」とか「ほー」とかって、つまりそういうことじゃないのかね?

緑と白と青ね。おれの直観はそう告げているよ。

昨日はお袋の「句会」があり、おれもモルモッツのプレスのための入稿、入金などバタバタしてた。

プレスのためのマスターを入稿するタイミングはきっと自分が、在長崎の時だなと思ってたからマスター持参で来てた。

で、デザイナーが油断してたから、急かして、となるとブーメランでおのれもまた急かされることになった20日に郵便、クロネコ、どっち使っても21日の午前には大阪には着かない、うわ、どーしよ。なのだか飛行機に乗せれば、可能だった。早くゆってよー、だったのだが、クロネコの営業所を探して結構大変だったのだ。見知らぬ土地ゆえ。

で、次は入金なのたが10万越すとキャッシュカード使わないと出来ないことに気づいて、となると三井住友か東京三菱UFJしかないのだが、長崎は三井住友はないのよね。浜の町まで、東京三菱UFJまで、行く。

行ったついでにトルコライス。F2DDDE2F-AFBD-42E9-81FC-5A183AD15E67.jpg

久しぶり。いいね、いいよ。完結するよ。

で、ママとお弟子さんたちのために梅月堂で、超美味しいケーキを買っていく。「ヒューヒュー」だった。HIROコーヒーの持参したマンデリンもコミで母親のいいサポートできたな。と自画自賛。
 
漁協の友人(まあ坊.)がタコを持って来てくれる。かなりデカい。

アサリとエビがあり、ペスカトーレかな、とぼんやり思っていたが、イカツい助っ人がやってきた。じゃあ、御誂え向きってことよね。非常にゴージャスなペスカトーレだった。

15:30に実家を出て中津に着くのは20:00過ぎ。速いのかおそいのか、近いのか遠いのかよくわかんなくなるのだが、電車で30分とかではないことはそこまで気軽ではないのよ。それなりにコストかかってるのね。だからどうっちゅう話でもないんだけどね。

posted by 浪速のCAETANO at 19:29| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

ガンジス川

お台場の海は「ガンジス川」ほどの綺麗さ「=汚さ」という。だはは。

思いっきり、息吸ったらウンコ固形物、口に入ってきたらアスリート溺れるんじゃないか。パニックだよね。


太郎ちゃんたち、4.3%の支持率(共同通信)。まあ一般の反応って、遅れるのはしょうがないが、弱冠興醒めではあるんだけど、世の中が変わるためならスノッブ辞めてもいいぜ。


にしてもpm一味のsupport rate50%overとは。冗談よせよ。

koreaへのホワイト国外しの支持6割弱、とは畏れ入る。
 
今回も同級生たちの「korea fuck」があまりに「躊躇いなく」それに対して暗い気持ちになる。

空気というものは恐ろしい。場を支配するからね。おそらく「友人」を持ったことがないのだろう。さらに「理想主義」から遠く離れて、なのだろう。

人を判断するときに潜入感だけで充分だったらどんなに楽だろうと思う。ナマの、その人とのコンタクトが何も影響しないとするなら、こちらの判断は動じない。

感じることができなければ(非常なる逆説ながら)ココロは安定する。感受性をシャットアウトするとそれでハートが揺るがないというアドヴァンテージを持てるかもしれない。

安定が欲しいのか、キミらは。不安定が「怖い」だけではないのか。

あいつはアカンやつやねん、というのが必要なのか。精神的にイんでるで、それ。

釜山~対馬の定期便もヤメらしい。

お金要らんのか。へんなプライドよりも目先の小銭、ではないのか?それで困る人のことも考えなきゃ。






posted by 浪速のCAETANO at 21:10| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

お盆直後

a美店長を連れて、@長崎agora。megはタイミングが合わず。
昨夜はアンクルハリソンで10周年のお祝いライヴだった。井手さんもお元気でそうでなによりだった。

長崎は総合選抜というわけわからん制度がかつてあり、行く高校がおのれで決められなかった。街の真ん中の自由な東高、西校に対して後発の南高、北高があり、そのうち最も厳格でアウトオブデイトな高校がおれの北高だったというわけ。

ただ、まだおれたちの世代、そこを精神的に押し戻す、というか、やられてるふりをするぐらいのハートのショックアブソーバーは健在だった。から、どう考えても愚鈍にしか見えない当時の教師たちのことは憐れみを持って俯瞰するぐらいの余裕はあった。

だからかな、今もまだ旧交を改めて深めることもまた可能なのは。弟の世代になるとそんな話は聞かない。たった5歳ほどの差なんだけどね。

昨夜は北、西、南、南山、そんなラインナップなお客だったな。

在東京の富裕層の方々のお支払いにより社会末端での「富の再分配」が行われ、なんと美しい!そんな感じ。

地元の海星高校の健闘に湧いてただろうなあ。いいチームだった。先発の彼のチェンジアップが「打ちごろ」になっていることを、早く自覚したら良かったな、と悔やまれる。

もう本日からこちらはunder30度である。

来た瞬間に秋の気配、ど真ん中だった。

なんや、大阪って。




posted by 浪速のCAETANO at 09:52| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

お盆だね

台風10号は豊後水道から四国に上陸して北上しているみたい。

大阪はまだ、うんともすんとも、だが、そのうち「来る」のだろう。

ただ、予想されていたよりも西寄りのコースを取っているなあ。

たいてい、大阪市北区は台風からは外れる。何となくだが「存在の不在」があって、今回もまた直撃は避けられた。こちらが直撃なしってことはどなたかがチョクに見舞われているわけで、だが雨風のピークはこちらも午後から一晩中というわけだから、まあ、どっちにせよ、自宅待機かな、という気がしてる。

熊野川は氾濫するのだろうか。満月だから大潮。全ての水が浮き足立っている様子が目に浮かぶ。


戦没者追悼。

博多・糸島半島の「ご当地ソング」が恭しく歌われている。

戦没者などという曖昧な言葉、辞めていただきたいよね。安直で無謀な戦略・戦術のために「犬死」させられた人々だろうが。補給線の途絶えた遠い土地で見捨てられ「餓死」させられた人々じゃないのか。本土の盾となった沖縄。アホが体面を保つために決定が遅れ、新型爆弾の実験場と化した広島・長崎。

変な美化は誰のためにもならない。日本会議の思惑通りに進んでる。空気はもはや「戦前」だしね。アホは何度も同じ失敗を繰り返す。

明日からは「秋の気配」を無意識の中で探す。夏が当たり前のように酷暑となって以来、夏の情緒はもうなくなってしまった。忌むべき期間となって、だが、地球は確実に公転軌道を進んでいるから、酷暑は終わるのだ。秋の気配の前に、そうだね、終わりかけの暑さがマイルドになったさらに短い期間に「かつての夏の情緒の名残」を探してみたい。育った街で。ぼんやりそんなことを考える。
posted by 浪速のCAETANO at 12:23| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

hongkong crisis

いや、香港がヤバい。

治安部隊の「本気」が怖すぎる。眼球撃ち抜かれて失明した医療関係の女性の姿が痛すぎた。コンクリートに血をダラダラ流し続けている若者の顔を膝で上から押し付けて後ろ手に縛ろうとする警察やら、警棒で殴りつけるその殴り方の「本気度」が戦慄である。

何故そこまで、一挙一投足に「容赦なし」が可能なのか?

「憎しみ」しかないよね。

じゃあ何故そこまで憎めるのか?

違う動画だが、カシミール地方(インド)のヒンドゥー教徒の男がムスリムの母と子を「本気で」殴る蹴る様子を見た。それも「容赦ない」。宗教の違いからそこまで憎しみが生じるというのはわからんでもない。

とすると、「思想の違い」もまた、同様に。

「こちらとあちら」その二項対立が「すんげ〜ヤバい」ことに気付かないと。


まあ「あんな人たちに」なんてことを平然というバカをpmに持つおれたちは偉そうなこと言えんのだけど。


現場で「相対するひとたち」って兵隊にすぎなくて、警察組織なんて「上意下逹」なわけだから、その「意」とはby中国共産党ということになる。上海があるから香港はもういい、そんな意図もあるのだろうなと推測される。

another天安門、そうなるような気がしてる。

そんな時にJapanese tourists says「迷惑なんですけど」@Hong Kong airport。ははは、どこまでも「消費者」。消費者って「買い物マシン」てことだけどね。「自由」とかのために闘う・そういう崇高さとは対極にあるのがこちらの国のmajority。realから遠く離れて。


realから遠く離れて。

ウンコの海でOlympiad。ウンコ臭いのとradioactiveは無関連だけど、radioactive、it's okayのためのOlympiadだから嘘にまみれてるのはわかるけど、ウンコに塗れるのはアスリートには気の毒だなあ。ウンコにまでも塗れるってね。

実際に、今年の来年でしょう。倒れるアスリート続出ではないのかな。で、ウンコまみれ。

「責任者出てこーい」よね。

関係者はがっぽり儲けるのにvolunteerは(医師も含む)タダ働き。だがそれに応募する人たちもいるってのが、そのヤバい構図がちょっと考えれば見えそうなものなのに、そこで「おのれを捨ててでも国家に協力」する人々がいるのよね。いや、それは利己的な行為とは真逆であって称賛される類のことではあるけれど、それには前提があって、その方と国家はしっかり結びついているという条件がそれなんだと思うのに、その前提はないが奉仕はする、ってどんだけ「what a slave」。

いや、勝手にやればいいけどさ。おめでたい。おめでとう。

で、ウンコまみれ。




posted by 浪速のCAETANO at 02:29| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

御巣鷹・34年前

日本航空123便の「撃墜・墜落」から34年。

昭和史後半の「あさま山荘」と双璧をなす出来事だったとおもう。少なくとも自分の中ではそんなイムパクト。

中曽根元総理が「墓場までその秘密(真実)は持って行く」そう公言している。単なる事故ではない、と言っちゃってるわけね。

米軍?自衛隊?まあどちらか。故意?事故?

御巣鷹山に落ちた際には大勢いた生存者は「改めて」殺害されたという証言がある。誰に?

ジェット燃料には含まれない成分が検出されたり、当初の米軍の救出の申し出を断ったり、voice recorderの一部が未公開だったり、不可解さに満ち溢れている。

日米関係の歪さが凝縮されたような事故(事件)だったかもしれない。うーん、どうかなあ?

当時のCAの方の書かれた本がある。青山透子氏だったと思う。


目標物をどこまでも追撃するタイプのミサイルのターゲットに自衛隊側のミスで123便が設定されてしまった。この「推論」が最も整合性があるように思われる。だが、もっと闇が深いと仰る方も確実に複数いる。中曽根が「墓場まで持っていく」ものとはもっともっと重く、粘度を持つという意味かもしれない。

興味のある方は是非ご自分で調べてみたらいいと思うけどね。

坂本九ちゃんも乗っていた。

この時も事故の資料は「1ton」分、焼かれてしまっている。隠匿体質(こちらの国の)はその時に始まったことではない。敗戦の際も多くの資料が「焼かれて」しまっている。伝統みたいだ。最近もその伝統に則り、に戻っただけかもしれないね。

それと、是非、中曽根に「正直に」本当のことを言ってからあの世に行っていただきたい。当時、12日に事故が起こって、その経過が断片的に報道され、4人が奇跡的に救出されたのがお盆ど真ん中だったこともあり、列島に「遣る瀬無さが充満」していたことを記憶している。

8月の前半分はもう、こう、なんというか、精神が「ぐわー」と何か得体の知れないものに鷲掴みされるかのような、重たく、地の底へと引きずり込まれるかのような恐怖と不安に覆われた「鎮魂」の日々が続く。押しつぶされそうな日々である。

昭和はこのように「いつまでも」忘れられるべきではないという証明だとおもう。そう簡単に年号が更新されたからと言って、何でもかんでも「renewal」なんてアタマ悪いのの典型である。そして歴史は絶対修正しちゃダメ。まあ、「日本書紀」自体が歴史修正の「お手本」みたいな、おれたちは『原罪』めいたものに囚われてしまっちゃってるのだけど。
posted by 浪速のCAETANO at 11:29| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

バカの日々

もう暑すぎると思うわけよ。

朝からtutorでタバコがなかったからさ、江坂のクロードに帰りに寄ったら、おれのタバコ「だけ」ない。売り切れ。

あんさ、江坂駅からクロードまでは200mほどなのだが、それでも「はーはー」言うてるわけである。

うわ、どーしよう。十三は休みだし、。おれのタバコは普通のタバコ屋に売ってないから困るのね。こういう盆・正月・黄金週間などのときね。

結局、庄内まで行くことになる。もうチャリンコに昼間乗るのは自殺行為に思えてくる。今週はまあまあよー頑張ったので、もう今日明日はだらけると決めてたのに、そういった障害が現れては消えて行く。もう・イヂワル。

一つ歯車が狂うと、何もかもが「ちょいと」ズレる。そんなものである。わかっちゃいるが。

やっと目的果たして帰って来た。もう一切外出ないと心に決めた。

今日は昼寝、料理、読書、音楽、そんなこと。

電車の中、とりあえず目を瞑っている。耳からのノイズは「しょうがない」し、まあイヤホンすればいいけれど、おれが我慢できないのは視覚に侵入してくるノイズである。もうブスカップルとか見たくないわけである。存在はいいよ。だが、おれの視界に入って来んなよ、ぐらいに思う。それだけではない。最近「気持ち悪いオトコ」がいっぱいいると思うのはおれだけか?

このクソ暑さにはあんまり「好み」以外のものは見たくない。ストレスになることがわかっている。「イランこと」いうヤツもいる。今日も朝から、地下鉄まで歩いているときに、おれが信号無視して歩いてたらチャリの2人組おまわり「信号守ってくださいよ〜」。うざいのよ、お前ら。そこ「だけ」は自己責任でええの。


帰って、TVをつけて高校野球でも見ようと思ったら「ん?」なんかこのメロディ、なんか『そぐわん』な、とよくよく考えれば「北〜の〜酒場通りには〜」だった。北海道代表北照高校の応援団のシワザだった。それ、どーなん?沖縄の高校(だけではないが、今じゃ)が「ハイサイおじさん」ってのは違和感ないのだけどね。ばちが当たって、今中京大中京に逆転されよったが、ダハハ。


昨日なのだが「大変な発見」をしてしまった。昨日は淀川の花火。以前は、高瀬がいる頃なら、ノースヴィレッジの屋上とかから「立ち上がってくる花火」を見るなどといったアングルのマジックなんかを楽しんでいたのだけど、その後はまあ、いい場所はあるが「ノイズ」が多い、そんなことだらけで、花火に対してもだから「なんかなあ」だったのだ。で、みんなが公園で見てると言ってたから、どんなもんかな、どこらへんにおる?と自宅の風呂の窓を開けて見てみた。すると、なんとビックリ。バッチリ見えました。

急いで、お湯を再低温でタメ、すっぽんぽんになり、そのまま鑑賞。ナイスだった。来年はハニーと、と心に決めた。どのハニーと?などバカなことを言っておくぐらいでちょうどいいのだ、夏だから。

posted by 浪速のCAETANO at 15:55| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

陽炎

『鎮魂のperiod』が続いているが、公の場で心のこもった言葉を発することができるかどうか、とは公人のマストな資質であると思う。昨日の田上長崎市長の「平和宣言」は(毎年のことだが)沁みた。

『日本政府に訴えます。日本は今、核兵器禁止条約に背を向けています。唯一の戦争被爆国の責任として、一刻も早く、核兵器禁止条約に署名・批准してください。核の傘ではなく、非・核の傘に』

462B928E-7DD7-4173-BE3C-D9667641B404.jpgA8544FF0-A325-44A0-985D-0A7A9DF70F83.jpg


バカは、毎年ほぼ同じ原稿。早口。長崎も暑い。市長の言葉の際には目をつぶって、それから片目を開けて、周りをキョロキョロ。嫌なら来んなよ・そんな声も聞こえてくる。

小池くんも映っていた。太郎ちゃんも来てたみたいである。もちろん、メディアは映さないが。


広島・長崎と来て、御巣鷹山へ、そしてお盆・敗戦記念日へと続くこの時期は酷暑も伴って、現実とはまた違う世界に生きているような、まあわかりやすく『死者の世界』とのワームホールがポッカリと口を開けているような気になるのはおれだけでは無いと思う。

おれの唱えてる『アホでいましょう』というこの時期への提言は何というか・小賢しい論理性が邪魔であるという直観に由来するものである。

鎮魂に論理はいらない。理屈は要らないと言うべきか。

いつまで「鎮魂の主体』でいられるかはわからないが、いつその対象になってもよく、する・されるの区別さえもこの暑さによって溶かされてしまうことが理想的とまで思えてくる。

おれたちはおそらく今?この時期、「死に限りなく近づく」のだろう。脳内でもなんか「変な液体」が出ているに違いない。だから自分が少しづつ「狂って」行くのを自覚する。最低限の社会生活のための一部を除いてどんどんタガが外れて行く、そんな日常は、そう悪くない。願わくば、近い将来、この時期に大災害が起こらないことを祈る。「まとも」に戻れない気がするからだ。

まとも・って何?だが。

ただこの時期は自分が「陽炎」にでもなった気になるわけである。


posted by 浪速のCAETANO at 09:28| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

気がつけばDay#2

バタンQ。

半寝のまま、ベッドで参院選の「総括」を聞いていた。阪急電車の行き帰りでも「マリーザ・モンチ」「サンディ・ラム」か、そうじゃなかったら「総括」を聞いていた。

@日本記者クラブの。白井くんと中島くんのやつは聞いていた。だからそれ以外の人たちのものを聞いていた。ものの見方というか、そのスタンスだけど、それ以外に見るべきところはなかった。

ただ、太郎ちゃんの取り扱いに微妙に差がある。「左派ポピュリスト」みたいな・から「左派ポピュリスト」と断じるものまで、その評価が未定・ということになってる。

それに関しては本人の「それをポピュリストと呼ぶならそれでいい」という宣言というか覚悟というか、その言葉に凝縮されていると思う。


Japan seller jr.とおもてなしのできちゃった婚に世は・というかあたまユルい人たちは沸いている。官邸で。まあpmは官邸内からネトウヨnews番組に出演した実績もあるが。国のものは俺のもの。しかし、沸く人々はそういうとこに「批評精神」ってないのね。あるわけないない。これらの人たちは「一体なんなのだ?」と思うことがある。『B』

太郎ちゃん潰し・の一つであることは間違いなく、歳の近い政治家という意味だが、そのへん「電通」うまいけれど。このお二人、「幻想」を取り去って見るなら、意外と「何も残らない」。無能な政治家jrとただ美しかった左斜め上の夜のアナウンサー。「政治バカ」という割にはあんまり政治してるとこ見たことない。前後逆にした方が良いのでは:

バカ政治家。

知り合いに「バカ役者」っておるけどね。だはは。


家と京都の往復で外部を遮断して、もちろん忘れていたのだが、眼が覚めると「長崎の日」だった。

広島のウランに対して長崎はプルトニウム型。実験・やめろよな。

西南西の方向を向いて黙祷をするつもり。11:02です。みなさんもご一緒に、よければ。


昨日の今日であるからまだちょっとぼーっとしている。まだしかしこの日曜までは頭使うこと多い。いやー『アホな夏』って感じ。普段の頭の使い方とは異なる、レンジを狭めたこの感じ・夏ならではであるね。音楽とお勉強。以上。みたいな。このバカさ加減が「夏だね」。
posted by 浪速のCAETANO at 08:59| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

Hardest Days

あー、終わった終わった。
4✖︎4はちょっとハードだった。おそらくこれまでの人生で「最もタフ」な仕事だった。これまでの人生で、やで。
誰に言うても「ふーん、、、」だろうが。だから「独り言」だから放っといて。
いい大学だな、と思った。
ミストがあちこちで。くつろげる場所があちこちに。
1限目からだけ辞めてくれたらまた行ってもいい。
さあ、どう落とし前をつけたろうか、とも思ったが「デパ地下」のお世話、にした。
正解。
しかし京都は38度。タバコ吸いに50mほど外を歩くのだが、「ふー」となりかけたし、今日の3限目、血糖のことを解説しつつ、オノレが低血糖で、「ちょ、ごめん、5分タイム」だった。
「懲役」みたいな感じだったな。逃げ場なし。ああそうか、だが懲役なら、ちょっと本日体調悪いからお休みでよろしく、って言えそうだ。
まあ、でもいいのだ。終わったんだから。覚悟してスケジュールを組んだのだし、まだ、そんなぐらいの無理はできるだろう、というアタマもあった。
それに向けて節制すればなんかやれることがわかった。だが、他のことはなーんにもできないこともわかった。だが、自画自賛するしかないが「快心の授業」だったと思う。おれって、ナイス。やってあったりまえで、誰も評価してはくれんが。
学生がそう思ってくれればええか。
それそれ。
今日は、休みたい。
posted by 浪速のCAETANO at 19:33| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

says to myself

日々、4コマ✖️4日のうちの3日が終わったんだけど、およそグロッキーだなあ。
あと1日、ファイト!とsays to myself.

かつてのアッパーミドルは今やプロレタリアート。だが、今、その立場が値打ちあるよね。働けなくなったら死ぬだけで、シンプルでいいじゃん。

ん?太郎ちゃんの言うてることと齟齬が、あるなあ。だが、一般とオノレはちょいちゃうかも。価値観、美意識、いろいろと。

メタ視線が内蔵されてるのも考えもので、自分をいつまでも当事者として見れないのだが、そのおめでたさも、被害や不幸がオノレに及ぶに連れ、弱冠の驚きと共に受け入れることとなるのだろう。

死んだ方がマシだが。

今回のセッションは「生物」なのだが、生物の究極の目標は「生殖」である、という自分の口に、あまりにかけ離れた自分がいて、こっそり笑けた。

て、お前はどやねん、とおれがまたまたsays to myself.

オノレのことは、、棚に上げる、ってのが意外とポイントだったりする。

不健康だな。
posted by 浪速のCAETANO at 17:23| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

カオで「自明」

もう「カオ」がだめなのよ。

なんちゃらシラクとかいう落語家や、サンジャポに出てた「ちっこい目」の医者とか。

彼らの根本には「怯え」がある。所詮は小市民。ムシみたいなものである。でも使われて騙されてる人間が多いのは何故か?局の人間と視聴者の「小市民琴線」に触れているからなのよ。その本来のビビリで「共振」してるんだと思う。

ビビリで共振。曲のタイトルになるな。ありがとう。

ほんとうにつまらない。クソ弁護士もまた。

松井くん。極道右翼。我らが知事。

お前さ、Korea でそれ、言うてみ。

バカウヨにも言いたいが、お前、それをKorea で、Chinaで南京で言うてみ。

pmにも。それ習近平に言うてみ。

子犬なのか。


ホンマ、虫以下だなあ、キミたちは。さるー!とも言いたくない。ムシである。

橋下くん。もうキミがいわゆる「オワコン」であるね。かわいそうに。一旦メディアにチヤホヤされると、味しめちゃったからさあ、その場が恋しいのはわかるが、大阪ローカルだけにしとけよ。BSなんて荷が重くないか。バカンテレで、低脳大阪市民に薫陶垂れとくぐらいが「相応」だよ。


おれはとっても不思議なことがある。

あんさ、大日本帝国って、今おれたちの住んでる国とは「別の国」なんだけどね。あれは1945/8/15で終わりましたよ。

おれたちの国(こちらの国)は未だ、74年の歴史しかないよ。いや、マヂで。

「万世一系の天皇が、、」とか言ってるけど、笑わすな。

日本書紀のウソを知っているのか?

大室虎之助を知っているのか?

継体(オホド王)の王権(豪族の王権)簒奪を知ってるのか?

それらを知った後で、まだ「万世一系」など言えるかな?どーかなー?

古墳で喜んでるが、あれホンマに「天皇」か?

天子か?証拠は?掘ったこともないのに?なんでわかんの?ちゃんと説明してほしいんですけど。できないと思うけどねえ。そんなんで世界遺産なってええの?どこの馬の骨かもわからんのに?ほんまにええの?なに有り難がってんの?

キミらも「歴史修正主義者」なん?それバカウヨと同じではないの?

もうこんなにもバカが多すぎると、もうバカと喋んのもストレスなのね。


まあそのなかの「King of baka」はconsumption taxアップを強行するみたいだが。しかしそうなると衆院選は近いとおれには見える。「仕留め」ないといけない。


posted by 浪速のCAETANO at 19:33| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The day #1

the day when we all pray for Hiroshima.

鎮魂の日。#1。こう書くとカルいかもしらんけど。3日後に#2もあるから。

祈りは「powerless」だろうか?

おれはそうは思わない。細胞分裂における「間期」にたとえられようか。そう思う。



posted by 浪速のCAETANO at 06:12| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

いろいろ8/3

ムンジェインの言った「賊反荷杖」は「悪いことをした人が間違ってもいない人を責める」という意味だった。

「盗人猛々しい」ってなんか悪意を感じるけどね。

なんか、そういうことをやって「いったい誰に」利益があるのだろう?

いったい誰に?ツーリストは減る。こちらの国の産業にもダメッジ。

「Koreaを懲らしめる?」こういう言説を喜ぶのって「誰よ?」

もうみなまでは言わない。ちょっと呆れているのだ。そしてなんか「安全保障」の問題にまで「発展」してきてる。

ちょっとホンマにだが、「火遊び」が過ぎる。冷静になっていただきたいな。


政権担当能力のなさがチョンバレ。現実を見たら、東アジアはちょっとキナ臭い。そんな中、gsomia まで。なんかそれ「玉砕癖」なのだろうか。

何を考えてるのかよう分かりません。真面目にやれよ。「国民の生命・財産を守る」って言ってんじゃん。意味もわからず言ってるんかも。バカなのかな。


ちょっと心配している地域がある。

香港。

China が人民解放軍を投入することを仄めかし、dtが習近平にone China を認めた。誰にも守られないことになる。心配している。

もう上海の存在が香港を相対化してしまった。


もう一つ。これはかなりマズいことになるかも。

「ガソリン撒くぞー」でなんでも中止。なんでも。olympiardでも?

さあどうすんの?



奈良・高畑・喫茶みりあむ、無事終了、気持ちのいい夜だった。

7D92A7FB-94F3-4CA9-954C-AB400FF2E64B.jpg

ちびっこ天才画家の作品。

孫娘がライヴの様子をちゃっちゃっと。


9ABCF671-43AC-44DC-A063-2013DB22BFB4.jpg

フランス・おうち料理。


F7B4BF8C-6657-4176-B218-7CB575D99674.jpg

ミリアム女史と画家と北林ふみこさん。

おつかれ様、ご馳走さま、メルシー!

posted by 浪速のCAETANO at 12:36| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

考えが浅すぎる

この「熱狂」は何?

あんさ、80%が支持、って熱狂でええやろ?

おれの印象だが太郎ちゃんを支持している人々の中にも「このissue」に関してはpm 支持のひとも半分ぐらいいるのではないか。

「対korea」のことだが。


なんで「こんなにアタマ悪い」のだろうか?国内は実は「戦時」に向かっているに違いない。pmの思惑を超えて国民が、バカが煽ったおかげでさ、先行っちゃってるのではないか。

バカは「エネルギー保存の法則」を知らない。形のないものに反応しないのが「バカの共通点」であるから、きっと知らない。

散々煽ったエネルギーは煽られた側に留まり、そしてある時、受動から能動(攻撃)へとその方向は転換するのにね。

こちらの国の人々の「心の荒廃」が透けて見える。

そんな簡単に戦前のメンタリティ踏襲すんなよ。

ほとんどの人が「歴史」を知らず、従ってその反省も深いところでしてないから、その自覚もないのだろう。発せられる言葉を聴いていれば分かる。

ひとん家に「土足で踏み込んだ時点で」それは罪なのだ。そんな単純な「論理」と「倫理」さえもわからない人間がいっちょまえのことを抜かす。バカにもほどがある。その知性の欠如を「土人」と言うのだ。

その言葉は辺野古に座り込んでいる「高貴な精神と人格」を持つおばあに向けられるものでは決してなく、その言葉をかつて放った大阪府警のバカへのブーメランでいいのだ。おまえが「土人」である。


あんさ、みなさん、ちょっとだけ「冷静に」ならないかい?

経済は、もう既に、実は政治とは異なる位相で好む好まざるに関わらずグローバルに、かつ複雑に結びついているんだよ。分かるかな?「位相が異なる」のよ。

もう一つ言うなら、経済に影響を「与えることの出来る」政治、とはdomestic に限定される。それは太郎ちゃんの言っている限られたお金の分配とほぼイコールのことね。

でさ、輸出・輸入ってのはね、基本民間企業同士の話でしょ。政治はそれを高い視野からsupervise するぐらいでちょうどいいってのが分かるかな?というかそれくらいしか実はパワーがないのだ。

だからKoreaでもChinaでもいいのだけど、政治の相手である以上に「経済のカウンターパート」であることはいつも覚えとく必要があって、Korea で6兆円、China で20兆円という膨大な輸出金額に影響のないレヴェルでの「口撃」しか【許されない】。

だってその「土人のバカ発言」で貿易に影響を与えることの愚かさなんて誰にでも(土人以外)理解できるだろうからよ。そんなもん、おれたちの利益をバカが踏みにじるのなんて「絶対に許されない」。

経済の位相を政治の位相に無理やり合わせるのなんて不可能。波長も速度もそもそも異なるのだから。わかんない?分かるよね?わかれよ!

マテリアルに関してなら「オープンソース」であり、alternative はナンボでも「出現」するのよ。それは、今、独占的にやってるこちらの国の企業があっという間に「one & only」の座から落ちていくことを意味する。

「one & only」ほど美味しい世界はないのにね。比較もされず、競争からは程遠く、リスペクトも同時に。そのおいしさを、「政権維持」のために(バカウヨたちの支持を維持するために)進んで手放す、の意味がほんとに分からない。

経団連とかホンマに賛成してるのか?論理的に考えたらおかしいやろ、それ。

Koreaに打撃を与える。勇ましくってバカ受けはするだろうが、それは回り回って、おのれに返ってくる。それも近い将来に。

Chinaになーんも言えなくなっちゃったからゆいいつの非難ができる国がKoreaであるなんて、分かるだろうが。それを分かってない人々が8割いんの?ホンマに?

ここ、Real 「土人の国」か?

資本主義同様nationstate も終わる。終わるけどまだ終わらない。

経済でも政治でもいいんだけどさ、キミらにかけてる視点とは「生活」よ。みんなの生活がそれでどうなる?ということからbottom upして考えるという「習慣」がなくなってんのよ。あるいは、この政策でみんなの生活にどんな影響があるのか、というね、それは政治の「いろはのい」ではないのか?

経済の、まだ縮めてないオリジナル「経世済民」こそが政治だよ。

ムンジェインは「盗人猛々しい」と言っていないとも言われる。bi-lingualの方、だれか正しい訳を。

どっちにしても撤回したほうがいい。すべきだ。アタマ下げろ。「ごめんちゃい」って。
posted by 浪速のCAETANO at 05:59| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

O 22o Anniversarioより始めて

day1 done。

リハビリ。

そして22歳。

いろんなことが「変わってしまった」。さみしいような、気楽になったような、やや複雑な心境。

22年前は、「小泉」さえも現れちゃいなかったのだ。

「変な」22年だった、と思う。いろんなものが壊れてしまい、そして奇妙なメンタリティに囚われるようになった。で、その奇妙なものの薄皮を剥いで見たら、「ああ、これって、、、、、、いわゆる、、、、、、『戦前』じゃん」とある時気づく。それが新しい意匠を纏って現れてきた。あまりにザックリだが、そんなことね。

そしてTodo O Mundoは地の果てに存在する。ここは地の果てアルジェリア。それなりに時代に翻弄され、格闘しながら今に至るのだが、曽根崎時代のお祭り感というか高揚感はもうない。なくっていいのだけど、あれは結局、疲れるのね。もう半分ぐらいの人はわかってるかも知らんが(わかってないかも知らんが)olympiardの後の「空虚」を想像して見たらいいと思うのだけど、ものすごく疲労感と空虚感だけが残る、お祭りの後ってそういうものだ。アニュアルなお祭りだったらサイクルになっちゃってるので、はいまた来年までさようなら、でもあっという間にまた来るからね、そうなるが。

「低値安定」が落ち着いたとこだった。店のサイクルも人生である。春夏秋冬だ。秋が長〜い場合もある。

まあ、これからもユル〜くでいいので、よろしくお願いします。


さて、こちらの国の内閣、「火遊び」が過ぎるのではないか。ちっちゃなプライドを満たすために、ご近所との関係を悪くさせている。国は「引越し」できないんだけどね。「外交」をする能力はもちろん、その動機さえもないのだなと、よくわかる。そのツケは高くつくと思うよ。


もうひとつ。米メディアでの発言;

「貧困の原因は個人の素行にあるのではない。

日本を見てみろ。

みんな真面目に働いてるのに、あんなに貧困すごいぜ。」

どう思う?
posted by 浪速のCAETANO at 12:12| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

おめでとう ありがとう

本日22歳です。

さっき買い物行ったら「死ぬかと思った」暑過ぎて。

陽炎を見た。

思えば22年前の今日も暑かった。こういうこと初めてだったこともあって、なかなか昂揚してたなあと記憶する。オープニングの日はなんやかんやで6〜70人入れ替わり立ち替わり。飲んでも飲んでも酔わなかった、そう思い出す。

なんか寄り道ばっかしだな。ときどき、キミの本分とは何なのよ?と自問自答することがあるが、何本かのラインがあってね、

奇しくも昨日モルモッツのmasteringが終わり、今出来上がったものが手元にある。今日、明後日はおのれのライヴ、今日トドムンドは周年、それが終われば大学の特別授業、4日間。めまぐるしい。この猛暑の中、どんどんアタマ狂っていくのだが、それもええかな。

もう色々考えたくなくなってきてる。

そして原爆の日に「出くわす」。出くわすと言う感じがピッタリなのだ。忘れている。そしてこの暑さだ。気がついたらその暑さで言うなら、比べ物にならないほんとの灼熱地獄が出現していたわけで、一瞬で人は蒸発し、熱に焼かれて死んでいったのだ。

アホなこと、言ってられん、やってられん、そんな気にさえなるものだ。

1日1日が重たいね。息苦しいのは暑さだけのせいではない。


8月ってホント突然始まるんだもんなあ。

そんなこんなで今日、店で演奏しています。旧いお友だち、新しいお友だち、の少数精鋭第五ゲリラ部隊の皆さまと、リラックスした時間を過ごせれば、そう思ってます。



posted by 浪速のCAETANO at 14:15| 大阪 ☀| Comment(0) | TODO O MUNDO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

バカの群れ(だが何故かチカラ持ってる)

重度障碍のお二人への特例措置に沸いてる人たちがいて、そういうのの中に市長だったり、知事だったり、元市長だったり、がいて府民・市民としてとっても恥ずかしく思っている。
「税金を、税金が!」と騒いでいる。

参院の予算から出るみたいで、厚労省は逃げた、と。

で、いったいナンボかかるんですか?と思ってたら「70万円」と聞いてズルっときた。

額の大小ではない。うん、それがポリティカル・コレクトネス。だが、そんな時だけpcを持ち出すのもはずかしくはないのだろうか?ないの?


「安易に非難できそうなとこ」には非難する。お気楽でええなあ。


道義だとか理だとか誇りだとかがもう消えてしまっていて、おそらく狭義で言えば「脱・人間」みたいな生き物に成り果てているんじゃないか。動物への逆・進化でもないみたい。動物はもっと「倫理的」だ。合理的でもある。

大体、使い切れないような額の記載されたpassbookを見てニヤニヤしたりしないし。


「張本」、困ったものだけど、まだ存在するね、あの手のオヤジというかジジイ。でも張本もよく考えて欲しいけども、世代で、例えば、みなさんわかるかどうか「?」だけど、「稲尾和久」や「尾崎行雄」のことを考えてごらん、張本ちゃん。長持ちしたか?すごい印象を残しながら選手生命は短かった。

同様のオヤジに金田正一というもっと厄介なんがいるが、baseballも「進化」しているわけで、佐々木くんに同情的なコメントをしてた大谷くんでさえトミージョン手術なわけだから「根拠のないガッツ」だけでなんともなる時代ではないのね。早く気づけよ。

This is パワハラ。こないだは谷口ちゃんに、暗にデブ、言うとったが。

もうあまりに世の中「ぶっちゃけ過ぎて」いて、「含むところ」がどんどん侵食されて、深みのある人間の数が「極小」である。

表面しかないような人間だらけである。選挙ポスターに出身中高と東大卒しか書いてないような石崎のような人間。今、誰がそういうことに騙されるのか?よっぽどのバカしかいないような気がするが。どーなの?


昨日、釜山でお世話になったミンさんが来日。こんな状態だから、飛行機はスカスカかもと思ってたみたいだが、満員だったと言っていた。デモのハングルには「pm死ね(japan死ね・ではなく)」の記載。

ほんまにさ、かつてchina fu●k言うてたやつ、どーしたの?どこ行ったの?沖縄取られる、とか言い続けてよ。実際にこちらの国のいろんな資源は買われ続けてる。買いやすいように設定してる売国産業に勤しむ人々がいるからなのだけどね。

pmが居続ける限りにおいて、あと5年したらKoreaに追いつかれるよ。これからもっと汚い言葉になることが容易に想像できる。悲壮感と比例するものだから。

pmのジタバタはさらに日韓関係を悪化させる。最早、外の敵(でかないそうな)はKoreaしかないからだ。おれはもう個人的にfriendship を熟成するけど。


さて、本日は録音最終作業・masteringである。川西の山奥までvamos。


posted by 浪速のCAETANO at 10:33| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

duel

ポピュリズムを『大衆迎合主義』とかに訳すのは辞めましょう。


前提として、今って「右とか左」ではないのは自明。『上(数はminor/資産はastronomic)と下(数はmajor/資産はminimal)』というのが前提でしょ?

ここ、違う、言われたら、出ていって、というしかないけどね。

じゃ出ていかれなかった方へ;

これまでこちらの国に現れたのは大衆迎合主義としての右派のポピュリズムだった。一番最初の文とちゃうこと言うてるやないか〜、と思ったでしょ?うん、そうだよね。これまでのポピュリズムは「大衆迎合主義」でいいの。それは「維新」だから。彼らが右からのポピュリズムってのは間違ってなくて、だからその、古い概念が二つ重なった「旧」の存在ということになる。官邸や吉本や万博にカジノ、つるんでるのって「決して」民衆ではないでしょ?大阪人は今なかなか複雑だから、顎を「ヨ〜シヨシヨシ」とされると過去の栄光が蘇る、そんなパヴロフの犬になってしまってるとこがあって、それで騙され続けているんだけどね。早く気づいて欲しいね。このままでは「立ち直るのにマイナスからのRESTART」となるんだけどね。全国唯一の。それって一番「復興」が遅れることを意味する。彼らは遅かれ早かれ、racismやhateの膜に包まれる。公務員を攻撃してるでしょ。敵を「身近」に作るのが常套手段だし。すでに「嫌韓」でもある。


戻るが、太郎ちゃんの立ち位置とやろうとしてることは、「左派ポピュリズム」ともいわれてる。まあおれもそういう言い方してた時期もあった。でもどうもしっくりこない・大衆「迎合」主義、という訳・間違ってんで、と思ってた。迎合じゃないよね、と思ってたし、言ってた。


大衆に迎合、とはちょっとちゃうやろ、そうおもってた、というかなんか違和感あった。

それはね、なんか、おれたちの「状況」を表現する言葉を『奪われてる』という気がしていた。pmが国会でいけしゃあしゃあと嘘をいう、そしてそれをメディアが増幅するシステムによって、「世の貧困」が『ないことにさせられていた』とおれは感じてた。

最高の税収・デフレではないという状態・求人倍率最高・生活満足度70%、などである。

それぞれに、消費税率のアップ・インフレとも言えず・年寄りが辞めて空きができ非正規が増えた・まるで逆、実際はこうだった。

その言葉の代弁者の、その声が「弱かった」。モメンタムを持ち得なかった。pmに「いなされていた」。太郎ちゃんが立ち上げるまでは。

太郎ちゃんも「野良犬状況」の時は国会の色モンだったと思う。


今まで国会に足りなかったもの、それは「デュエル」だと思う。duel。

お行儀のいい「議論」ではもうどもならんでしょ。ここまで好きにやられると。向こうがレフェリー味方につけて反則だらけの時にこっちは正統派ストロングスタイル・もわからんじゃないが、それで毎回負けるのにも、もう飽きてたんだよね。

「タイガージェットシン待望」の気持ちがあったのは嘘じゃないもんね。ところが太郎ちゃんは「タイガージェットシンなのにカールゴッチ」だったから民衆は熱狂するよね、そりゃ。

そして何よりも「言葉」をこちら側に「取り戻した」。ここが「稀有」な政治家であることの証明であるね。ビンボー人の窮状を表現する言葉・しかもtenseを伴って。

本当の、冗談じゃなく「1984」の世界をおれたちは生きさせられそうになってた。ビッグブラザーにニュースピーク。公文書つまり歴史の改竄が公務員の業務と化す世界に、まあ実質生きていたわけだから。

もうほんまにあかんというキワキワの時に太郎ちゃんが現れるという「きっとなにかあるはずだ」そんな「最後の最後の期待」が最悪の場面でできたことも、まだ捨てたもんじゃない、と思った人も多かったはず。だがしかし、敵はでかいし、構造的でもある。

今、太郎ちゃんを「クサしてる」人って、今んとこは「勝ってる」人か、負けてんのに「勝ってる妄想」の中にいる人か、あるいは敵の諜報員のどれかである。

いわゆる「ラディカル デモクラシー」の「闘技デモクラシー」でいいのだ。その「補完」は枝野にさせればいいのだ。キャスティングを間違っちゃ身も蓋もない。


『DUEL』が必要なんだよ。




posted by 浪速のCAETANO at 13:54| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

反復




「動かしている機械は錆びつかない」イスタンブールの理髪師。
posted by 浪速のCAETANO at 10:57| 大阪 ☁| Comment(0) | actor's line TV dramas,movies | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊かさとは

■「われわれにとっては、全生活がスピリチュアル。朝起きてから夜眠りにつくまでが。」【ヤキマ族】

posted by 浪速のCAETANO at 10:41| 大阪 ☁| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

緊急事態条項はダメ

9条を変える、というのは「詭弁」なのよ。もう集団的自衛権は行使できるようになっちゃったから、その必要はなくなった。じゃあ、なぜ改憲にこだわるのか、というと、彼らは『緊急事態条項』を盛り込みたい・ということね。


これはもうとんでもなく怖ろしい。

改憲されて『緊急事態条項』が盛り込まれたとする。その段階では何も起こらない。普通。今と変わらない。洟垂らしてて大丈夫。

ところが、よ、何か『事』が起こると事態は急変する。

『事』って何なのさ?

うん、わかりやすいのは「テロ」。内外の何かの勢力が都市で起こすテロ。911みたいな大事件があれば当時のアメリカみたいになりそうだというのはわかりやすい。

ただし、こちらの国ではそういうことではなさそうな気がする。この自然災害列島である。南海トラフまでいかなくとも阪神淡路ぐらいの災害(大災害である・充分に)、あるいはもう梅雨時期から夏の始まりまでの集中豪雨だとか、そういった自然災害を口実に、過半数をもつ与党が緊急事態条項発令を通してしまったその瞬間からこちらの国は「全く違う国」になってしまう。

もうあまりに違いすぎて、想像の域を超えてるから、大方の人々には「想像もできない世界」。「またまた〜」みたいな世界。だがしかし最初は高を括ってたやつも、それが「冗談じゃない」って事が次第にわかってくる。その時には『it's too late』

それまで、酒場とかで政府批判をしていたやつが最近見ないな・と思っていたら「逮捕」されてたという事が知らされる。政府が広い道を作るからといって立ち退きを強制された親戚の話なども伝えられてくる。

その、きっかけになった災害は収束しつつあり、では緊急事態が終了されるのかと思っていたら、東日本大震災が原因の「放射能」を口実に終了は先延ばしされることになる。え・なんて?だよね。以前は、『問題ないよ〜。under control』とか言ってたのに・だ。実際は100日ごとに「もういいんじゃね?」と継続かどうかを国会(形式だが)で承認されることが必要なのだが、最初のうちは過半数を持つ与党の思い通りに可決され、その後は形骸化し、その手続きさえもスキップされるようになった。

もう選挙もないし、野党の指導者もほとんど言われもない罪を咎められ、今は獄中である。太郎ちゃんは街頭演説中に公安によって拘束され、過酷な取り調べで「事故死」させられてしまった。

政令が法律化されることは当たり前になり、デモは禁止。LGBTは施設に入れられ、それを非難する海外の放送も最近はシャットアウトされて届いては来ない。

もう「革命」しかないのかもしれない。



そうなってしまう。以上は「一例」だが、同様の悲劇が起こる。どことも戦争なんてする意味も理由も現実さえもないのだけれど、国内が「戦時」となる。


2019年の今って、キワキワ。弛緩してるサルの人たち50000000人ほどまたいるけれど、でも彼らにも「基本的人権」があると認めて戦ってるのが太郎ちゃんと共産党もそうだと思うよ。まあ、これはおれの意見ですが。pm一味はそこ、認めていないってことにみんなが気付けるかな?どうだろう。騙されちゃいけないと思うが、騙される。

枝野はポリティカル コレクトネスの範囲から逸脱できない、つまりpmには太刀打ちできない。pmに対しては太郎ちゃんしかいないだろうね。もっと平時なら太郎ちゃんは出る幕なかったと思うが、今は「非・平時」。そこに太郎ちゃんの値打ちがある。これも運命。

橋下と太郎ちゃん、N国とれいわを「括って」貶めようという言説、早くも出てきてる。ここら辺、すべて「官邸の意図」だからね。

でも結局は「長いものに巻かれろ」が処世術になってるうちは物事動かないのだが正義が長いものになれば(力を持てばだけど)こちらの国の人々なんてすぐに『方向転換』するよ。1945年の出来事はそのことをすでに証明してます。
posted by 浪速のCAETANO at 02:52| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

『女の声』次は

fbでたまに見かけてた「allie sherlock」ちゃん、オン年14歳の声にちょっとヤラれてる。

何年か前は「cara dillon」ちゃんにヤラレてた。意外と、いろんな要素が重なると、すぐ・ヤラレる。

なんやろな、angelかな、「エンジェル・アンヘル」。

歌を歌わすと人が出る。歌は「意識」だけでは歌えないからだ。美空ひばりクラスになると、完全にコントロールできるのかもしれない。偉大だとは思うのだけど、可愛げを感じない(おれがね)のはそういうことなのかもしれない。あそこまでコントロールできてる人ってそうそういない。ただ一人だけ・という気もする。ある意味、稀有だね。おれのtasteとは齟齬があるが。

もうネズミ’ズはやること無くなった(残すはmasteringのみ)から、次のことを考えてる。

「女の声」そんなタイトル(になるかは?ながら)の・コンセプトのアルバムを作ろうと思ってる。

上手くていい・から、上手くないが?いい・まで「female voice」を集めてみたい。何人か候補はいて、全員参加していただけたらなあ・っと思ってるし、まだ見ぬ、未知の声があるのかもしれない。jpop(と言ってもちょっとは広がっちゃいるが)に影響されてない。ニセR&Bが上手いと勘違いしていない声。「見て〜ん」と二指で広げて奥まで丸見え・じゃない声。

きっと在る・と楽観してるけどね。

並行して、自分の曲も録っていく。ナンボでもある。7〜80曲はあるのでは。「拡大」再生産にならなくてもいいから「低値安定」再生産ができればいいのだ。金儲け・にはほんとに興味がなくなってる。みなさんも早くそうなればいい。カネは「寝る間を惜しんで(厭だけど)」働けば、そこそこゲット出来るだろうけれど、「楽しいこと」はだからそのあとにご褒美として、必ず待ってるとは限らない。そこにもエネルギーが要るからね。カネと安易に交換できる楽しみって、それは「消費」です。消費が楽しいうちはそうすればいいのね。「どーぞどーぞ」お金回そう。資本主義に貢献しよう。もう終わるが、まだ終わらない。現在を生きようと思えばカネを無視できない。だが未来を生きようとするなら、カネは「just a tool」となり得る。早くそうなりたい。まだ、おれたちはカネに囚われているのが現実ではあるけどね。少しづつ忘れて行きたいのね。エネルギーの大半がそれに費やされない程度の負荷であるならばいいんだけど。その微調整がなんか難しくなったなあ、とおもう。おれが年取ったからなのか、世間が変わってきたからなのか、あるいはその両方か?


さてと、カンケーないが生まれ変わった玉木はもう今後『タマキン』でいいと思う。



posted by 浪速のCAETANO at 13:57| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引用された諺

《大胆さは運を呼ぶ。ひとつ試してみようじゃないか》

ベンジャミン・シスコ (宇宙艦隊大佐・宇宙ステーションDeep Space 9司令官》
posted by 浪速のCAETANO at 03:22| 大阪 | Comment(0) | actor's line TV dramas,movies | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする