2011年07月12日

皮肉だけど

 皮肉なことだ。皮肉なことに、愚宰相の「藁をもつかむ延命のじたばた」が、原発再稼働にストップをかけてる。

 なぁんも信念とかないのよね、その信念のなさが結果・脱原発へ何歩もステップ・フォワード・である。

 整理しないといけないのだが、自民党や民主党・経済界・官僚・みーんな・原発推進派なのであって、それがこれまでの権力持ってた人々の「総意」なのであって、メディアは「芸者」みたいなものだから・というと本当の芸者の方に失礼ながら、それはタレントの方々も含め、大きな声を上げないという消極的な姿勢もコミで「芸者の末端」であることに変わりがなく、ちょっと積極的な山本太郎ちゃんが遭遇した試練を考えるとわかりやすいが、大方は権力にただただ奉仕して・ばか生産・再生産に精を出しているわけだった。

 そんな中、権力と言えばこんな最高権力もないのだけど首相という椅子にしがみつく「オナ」ちゃんが、もう空気も読まない、オノレしか見えない・あ・オノレとヨメかな・まあどっちにしても、その狭い視野故に、一度は官僚の言いなりになってしまったと誰もが思ったのだけど、首相でいられるならば言うことも聴くが、そうじゃなけりゃ「解散しちゃおっかなー」なんて呟けば、みなさん「触れない」。

 小泉くんと似てる・と思う。小泉くんはバカな男子学生・みたいだったが、オナちゃんは「女子コーセー」だ。

 オトナの常識が通じないところがそんな感想を持つ。とするなら、この国の首相って「誰でも」オッケーだな・と思う。逆説的ながらシステムがそれを支える。

 なんだか思うのだが個別案件とは専門知識も要るが、一国の首相とか、巨大会社の社長とかって、小さいことにごちゃごちゃ言わず、「方向」だけを決定することでいいのではないか・そんな気さえしてくる。

 オナちゃんは、そんな信念もなく迷走した挙げ句、たまたま「そこ」ってとこが、国民の安全とリンクした・というだけなのだけど。

 オナちゃんはもう党のことも考えちゃいないし、もう誰もが「解説不能」な域までイってると思うが、たまたまみんなの「安全」という利益にかなう方向性である。

 「税金あげよう」なんて、反国民的政策も言ってるから、全部を承認するわけにはいかんけど、そこは後のマターになるが、まあ・一首相・一政策もなかったおっさんらだらけでいうなら、脱原発・が政策として決定するなら、おれたちはそれでヨシだ。おれたちの方が目線を上から持てる感覚はそんなに悪くない。これがひょっとしたら新しい日本型民主主義かもしらんなあ・など無責任発言してみたくもなる。

 大方の政治家・って裏で官やら財やらと繋がって、ここでポスト管にあがってる前原とかになったら、またもっと希望がなくなる。

 管くんにじたばたしていただいて、脱原発を進めていただいて・とか思っている。

 自然エネルギーは長期で考えないといけない。今急に「全面的に大体可能自然エナジー」なんてことを言うと、「電力会社」に「でんきなくなるよー・と脅される。それはさっき挙げた管ちゃんをおろしたい人々の「総意」である。だから短期的には「火力」で良いわけ。

 そこで問題になるのが・そう・CO2の問題だ。そもそもこいつが「ウソ」だったらど-する?

 CO2出さないように・なんて理由で原発に特に最近は追い風が吹いていたことをおれたちは忘れちゃいけない。その電力会社のCMに出ていた人々の顔と名前は忘れちゃいけない。

 地球はかつて「スノーボール期」があったり氷河期があったり、おれたちの祖先がたき火しか燃やしてないときでさえ、それに対して氷河期の氷が解け、日本海が出来たりもしている。

 氷河期がまたいずれ来る・とおれは「勘」で言いたいです。

 かつての動物・植物が残してくれた「イノチ」をおれたちが使う・ということも考えようによっちゃ「ロマンティック」な話である。石油・石炭・ガスなんかのことを言ってるのだけど。ウランの埋蔵量なんてそんなのに比べるとハナクソほどの微量だ。

 核をいらうことが特権的で理系のアタマのいいやつにしか出来ないことというのは事実だが、オッペンハイマーが言うようにその精神は「くそガキ」と同等であって倫理観による歯止めなんてことに関しては、はなはだ心もとない。やっちゃって近所のおばちゃんに怒られる・ぐらいのことならいいのだが、ハンドリングしている対象はそんな小さな世界の話ではない。スペシャリストとはその程度のものであると言い切ってしまいたい。今回の原発の対応の「あわわ・あたたたた」を見てると。専門用語で武装してるだけ。専門用語と言う服をはぎ取ったら、そこにはすんごい「包茎の・・・」という印象を持つ。

 おれはなんて言うか、「地球と心中」するならいいと思うんです。

 核とは厭や。

 今・さすがにみなさん、タバコを以前ほど目〜三角にして嫌がらなくなってると思う。そりゃそうよね。シーベルトの方が怖いもん。

 復興のためにまたタバコは値上げっぽいが、今に見てなさいって。タバコ吸ってるヒトに「感謝の視線」が向けられるようになるから。「おお・アナタ・カラダを犠牲にして復興のためにお金を・・・・・」なぁんて。

 なんか日本人のバカさ加減が「大膨張していた」90's・0'sだったと思うのだ。ばかな親が、子供の前でタバコ吸うのヒステリックに「やめて」なんて。

 そういうの過度の、潔癖症候群と相似で、それってきれいにはなったけど、その分「インキンかと思ったらアトピー・ひー(レット・イット・ビーでどうぞ)」・アトピーの子供が増えた。なんか母親になった若いオンナの「オノレに酔ってる」ある種の特権階級的なエゴにおれは辟易としてたのだけどね。「ブスの・あほの・再生産」なんてこと、ここまで出かかってたけど・言わなかったけど。

 まあ・そんなことは置いといてー、すごぉくみんな何かを・オノレだけを守ろう守ろう・とし過ぎてて、「安全」「安心」がキーワードみたいな人生を・固くカタく生きようとしていた挙げ句の「この惨事」なのだから。

 少し、考えた方がいいと思う・日本人・国民的に。きっと大方の人々考えないと思うけど。

 世論調査で管くんの支持率13%ぐらいだったかな・ジャスタ・ジョゥクみたいなだははな数字だけど、「今・この時点」だけにおいては、管を降ろすと「原発推進派」が勝つってことさえもわかっとらん馬鹿者だらけ・であるとするならば、それは集団自殺への道を歩みたいのかなあ・ということにすらなる。「今・この瞬間だけ」でもいいんだけどね。案件のプライオリティの問題でしょ。

 もっとTVを斜視でみないと。古館くん・ちょっと揺れてきたかな。

 

 715live.jpg


l
ong hot summer
posted by 浪速のCAETANO at 10:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする