2011年08月04日

つかれてる

 ゴミ捨てに外に出たら「あっちっちっち」ですぐに部屋へ戻る。本日は「リアルな夏」だった。

 しかし、昨日はほんとに「疲れた」。昼ライヴと昼酒、どっちも後でくる。ダブルなら「1+1=3」である。

 今3日を1ユニットとして、夏を働いているが、夏前半の3ユニットが終わった。まだルーティン化はならずで、昨日のような・まあ自業自得ながらの「過労寸前」がその証拠である。ぜいぜいはーはー・と言う感じ・まだ。

 本日4ユニット目の初日だ。15時から22時を長いと見るか短いと見るかは主観によるし、おれも長かったり短かったりするけど、まあ一生懸命なのね・これがまた。どんなことやってるのか・とヒトは思うだろうが、ふつーの授業ではないの。ふつーの授業ならまあ「抜く」こともできるかも。んー・どっちもどっちかな。それなりかも。

 まあ・とにかく。家々外・家々外・家々外・と来て今日は「家」。ワルツである。もう生まれて初めてぶりの週休1日なのだが、いや学生時代はそうだったが、土曜日「半ドン」だったもんね。懐かしい響きですね・半ドン。

 現実に外はあっちっちっち・ながら「夏を想う」ことは嫌いではない・というか大好きである。

 おれは「想う」ことで完結してしまう・というはなはだ安上がりな体質を持つこともあって、実体験がすべてというプラグマティストとはやや趣きが異なる。想像力を最近は「悪い方に」働かせ過ぎていたことも有り、これからはまた以前のように「良い」「全方向」に働かそうと想っている。

 わかりやすい情報にも興味がない。情報に倦んでしまうことも避けたい。情報は偏差値と少し似ている気がしている。そこにも新自由主義のにおいを嗅ぐことが出来ると思う。偏差値から自由になることは、バカになることと、セコい競争からおりることであるとするなら、情報から自由に・というのも、自ずと戦略はきまってくるかと思う。

 なんだか、そういうことすべてが最近うっとうしくなったりする。

 平均より「ちょっと上」とかなんか意味あんのかー・おい・」などやや暴言的発言もしてしまいたくなるほどだ。

 いやー・昨日の疲れが残っとる・ただそれだけかもしれない。(なんだそれは)

 無理はいかん。ドリンク飲もう

 この夏はなんかいっぱいライヴをするハメになっています。

 
8/10 @大阪弁護士会館ロビー 12:00〜「脱国境Aライヴ」

 8/13 @TODO O MUNDO 20:00〜 「脱国境Bライヴ」

 8/24 @大阪弁護士会館ロビー 12:00〜「脱国境Cライヴ」

 8/28 @田中屋 大正 19:00〜 「LOS SOLOS LOBOS 」

posted by 浪速のCAETANO at 15:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする