2011年11月06日

やや狂ってる

 うーん・休みのないまま日々は続く。

 意を決して、いつが次の休みやねん・と調べてみる。

 う・わ・っ・と事実を知り、目を閉じる。目を開け・そしてじっと手を見る。

 ザーヴィス残業のし過ぎである。誰へのサーヴィスなのだ。よーわからん。そこんとこ・あんまり追求しちゃいかんのよね。本能的にそれを悟り、また・じっと手を見る。

 啄木ごっこをしてる場合ではなくってね。

 いろんなストレスが溜まっているのはよくわかって、精神のエントロピーが高まっているのもよくわかっていて、しかし、ほんとにぶっちゃけるにはまだおれも少しばかりの「失うもの」も持っていて、それができないことで、逆説的に恩恵を受けている人間もいて、しかし、失うモノがなくなるのも、意外と近く、そうなったら、一度何もかも「初代パンク」としての破壊衝動に火をつけるつもり。

 壊さないことには生まれないこともあるのよ。そうする権利は行使することにためらいは・ない。あんまりナメとったらいかんのよ。

 
 日本だけではなく世界もこの一年で変容してしまったなあ・というのが実感を伴ってひしひしと・だ。なにかしらの転換が要るんだろうと思うよね。

 「欲」をそこそこに・というのがキーなのでは・とおれは思ってる。そして「持つ者」がとれだけオノレのリソースを「持たざる者」へ、シェアできるか・だと思ってる。

 持つというのはお金だけではない。が、しかし、お金そのもの・ってのは生々しいんだけど、形を変えて・なら、それも良し。でも、お金に限らない。何かが偏在するなら(当たり前にするんだけど)それを「均す方向」へ・ってことだ。

 「所有」という考えもまた緩めた方がいいと思う。「お金・資産・オンナ・こども」そんな対象への所有感への戒め。

 まあ・なかなか無理だろうけど。

 しかし、性欲や所有欲を「愛」として表現するのもヤメたいなあ・と思う。そういうものからはかなり自由になってきている。「個」が繋がりを持てない・ってのが、しばらく前はアメリカで、そして今では日本でも、そんな「病理」が蔓延しているが、繋がりなんてそう簡単にはできない。時間がかかる。そして、それが望まない繋がり・ということさえある。それでも繋がりは繋がりではある。

 スタートレック世界では可変種の「偉大なる繋がり」やボーグのマトリックスとして描かれるが、それは一瞬で思考や感情を共有できるのだが、それを心地よいと感じるか、「う〜ん・もうっ」と思うかはそれぞれだ。逆に「孤独」を愛するバルカンという種族も「古くから」いる。

 ネット社会の弊害は悪い事もまた一気に蔓延するところで、むしろ悪い事の方が広まりやすい・ことだろう。そのハードのレヴェルにユーザーのレヴェルが達していないことの証明なのだが、その「差」は広がる一方だろうと思う。あと15年ほどで3人に2人が「水」に苦しむという予想がある。当然食糧にも同じ事が言えようか・と思う。大丈夫か? 地球!! 現在70億人。一日あたり20万人増える人口である。

 なんだか息が詰まりそうだ。

 芝生か草むらでもいいのだが、寝っ転びたい。青空に4割ほどの雲があれば尚よろしい。小さく狂ってる自分を感じる。まあフツーか・それって、今じゃ。



 そんなことすんな・って。

 
 

 
posted by 浪速のCAETANO at 14:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする