2011年11月11日

カンケー者・みんな死んだらいいのに

 ぞろ目の11日。そのこと自体には意味はなかろうが、あまりにも「重い日」となってしまってるなあ。

 農業だけではなく、東北の漁業も潰すことになるTPP参加表明、敢えて11日に・なんて思ったわけではあるまい。わざとか? ひょっとして。

 経営は大企業・労働者は派遣の日本人かアジア人、そういうの、ダメよ。だめだと思うがなあ。

 慎重派・なんて言われ方、違うといわなきゃ。「反対派」でいいわけよ。ここでもメディアに勝手にネーミングだ。慎重派・なんてつけられた時点でもう負けてる。そこ「ちゃうしな」・と騒がないと・まず。


 なんて思ってたら、巨人の内紛。またやー。

 TPPから目を逸らさせる、下世話な話題。

 ニュースとして「等価」であるなら、下世話な方にヒトの関心は向く。こういうこと、多いと思いませんか?

 ナベツネが絡んでるわけで、もう「怪し過ぎる」。

 なんでもオノレらの思い通りにしたいっちゅうことよね・それって。そんなときの連携は見事である。

 しかし、こんなになしくずしに「国民の生活が第一」って言ってた民主党に政権が移動したあとの、押し返され方をなんと言ったらいいのか。

 深く絶望する。やるせない。

 しかし、まだ、終わってはいない。そんな気がしてる。

 

 
 

 
posted by 浪速のCAETANO at 20:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする