2013年11月04日

WHAT ELSE TO CHOOSE

その企業の公用語とかトップは・いかがな・・・だけど、イーグルズの日本一は・良かった。東北イーグルズでいいのではないか。メジャーで「BOSTON vs NEWYORK」と言う表示・いいので。

勤労感謝の日の意味するところがよくわからない。誰が誰に?ほらあんまりわからんでしょ。みなさん・シブい場で働いているからね。あ・わかった。引きこもりが、その両親にか。というよりも、憲法公示の日・でいいのではないか。

憲法に関して、その改正というか改悪への壁が、アメリカと天皇であることは分かる。しかし、「戦争は人々の心の中から起こる」そして、改憲を党是・公約とする自民党はその人々たちに今んとこ支えられている、このfrictionはどう解消されるのだろうか?

現状ではそうは思えないが可能性は、安部ちゃんの橋下化。今の日本人て上から下まで右から左まで「調子乗ったらすぐ失言・失敗」するから。今はみなさん等しく卑しいわけで、景気が良けりゃそこまでboo来ないと思うが、それ一本でモッてる気もせんでもない。

ただ困るのはそんな時にその「受け皿」があるのか・ってことだ。民主党は期待できないし、小沢くんの名誉回復もなされる気配もない。共産党が対抗軸になれるのか。安部ちゃんを突っつくことぐらいしかできないのでは?

アメリカに都合がいいのは「爪切った」安部ちゃんだとおもうが、となると改憲失敗した時に、その支持者の「振り上げた拳」はどうなるのだろう。そこから、日本人の更なる内向化・陰湿化が進むのではないだろうか。それは犯罪に表れるだろうし、もっと言うと「右からのテロ」だってあるのではないか。

友人のヨメが「ネトウヨ」になってしまった・と本人が嘆いていた。そこに行けば「何か」が安定するのだと思う。とりあえず「切り離されていない」幻想があるんだろう。見せかけの仲間と共通の敵。仮想の戦争。ゲームの影響では?いやここまぢで。

嫌な気がするのは、改憲して戦争へと向かうのがなにかしらの「整合性」を持つ・そんな気がすることなのだ。「心の中に戦争が生まれる」というユネスコ憲章は本質を書いてる・と思う。

結構キワキワんとこに居るのよ・おれたちは。いやここもまぢで。
posted by 浪速のCAETANO at 13:07| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする