2013年11月11日

いいとこなしの国

フィリピンの台風被害の惨状、東日本大震災の津波のそれと変わらない。895HPAて想像を絶する。ヒトの顔・1.2倍ほどに膨らむよね。
SHEILAは大丈夫だろうか?そしてかつての友達たちも。

いつも被害はより堅牢ではない家に住む・より海抜0mに近いところに住む人々に集中する。

一千万人が避難したという。さほど大きくない島々の国だからあり得ると思うが、それ大変なことだ。でも一体どこに避難しているのか?

日本の支援が「弛緩」している。そんなとこ反globalでどうするよ。思いやりのこころはあったはずの日本が、今最も「鈍感」なのではないのかな?危機意識のなさが露呈して、そんなにNY TIMESの記事が心配なの?そっちばっかり気を取られてた?

東日本大震災の時の態度、今の原発処理への態度、それを鑑みるにあなたたちは東京のほんの数カ所のことしか頭にないのでは、だれでもそう思うだろう。そんなことではみなさん税金払いたくなくなるのではないか。

助け合いは「GLOBAL」でいいよ。

なんか、最近の家族殺しの様子を見てると気が重い。母親を投げ殺した・とか、子供を3時間殴り続けたとか、結構その行為が長時間に渡りながら「家族」を死に至らすケースの多いこと。途中で「怖く」ならないのか?そんな「一貫性」「初志貫徹」いらんでしょ。

壊れてる。おもてなし・だって、あれ、商業施設における「仕事のノウハウ」に過ぎん。今の日本人、対価のないこと・しませんよ。それが「他人の不幸」に対するなんだかボケた初動の遅さを導くのだろう。オノレの事しか興味がないからね。ヒステリックでもある。刹那的でもある。嘘つきでもある。カネがすべて・でもある。

いいとこなし。気分が悪くなってきました。
posted by 浪速のCAETANO at 15:21| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする