2014年02月27日

発表を待ってる

 久しぶりの雨で、ほんと久しぶり。こないだは雪だったからねえ。

 公立高校の発表待ちで、待機してる。スーパー銭湯にでも行って風呂上がりのビールでも飲みつつまとうかなとも思ってたのだが、雨でモチヴェーション下がった。ま・いい。

 今、あったかくなって気が緩んでいるがまた3月から寒いと云う。マイBDなどは最寒で6℃だという。嫌がらせか。ムシの立場にもなってよね。気早いヤツは今頃もうフライングして、月が変われば凍死ではお気の毒過ぎ・である。アセっちゃだめよ・キミたち。

 今年度は、おおよそこれで「終了」である。積み残しでるかなー。出ないでねー・と祈っている。大学受験ももう私立通ってるから、国立の結果待ち。今年はいろいろ、今年も・というべきか、あった。留学生たちもまあまあ受かっている。一安心なのだが。

 3月を「時間だけ」はたっぷりある・そんな時期にできるかどうかは本日の「お前ら」にかかってんねんでー。たのむでー。いや・ほんと、お願いしてる。しかし、こればっかりは「待つ」しかないのね。

 大阪の公立前期は「殺到」するから競争率が軒並み上がる。橋下くんのやってる「改革」、なんかとっても、よくないのでね。「競争原理」が前面に出過ぎで、しかし、その競争の後になにかいいことがあるかどうか、そこはうやむやなままだから、それは橋下くんのせいというより日本の社会の根本的な問題だが、そのいいこと・なんてのもゆらゆらしてる状況では、片手落ち・明らかに。

 なによりも、お勉強ができるやつがイヤなヤツで、しかもオノレのアタマでモノ考えないヤツが多いことが問題なのだけどね。やや高度なことをカリキュラムに入れることは別に問題はないのだ。

 そんな時にうちの電波環境が最悪。発表見に行ったヤツからメールが来てるのに見ることが出来ない。もおー! 3Gになってやっと見れた。気を持たせたけど、はいありがとう・明日からのおれの自由にかんぱーい!
電波改善にはjcomに来てもらうことした。

 そんな中、ひとり心配なやつがいて、彼は途中で寝れなくなって起きれなくなって、結局続かなかったのだけど、おそらく今年はダメだったろうが、大学ってさ、いくつになっても入れるから、まずは自分の精神を少しずつリビルドしてまたチャレンジしてみたらいいのに。いつでもおれは手伝うよ。

 戦争が起こる確率ばかりが上がり、そんな中コドモたちを上の学校に送り出すことの虚しさもあるが、要はオノレのアタマでモノを考えられるようになるか・オノレの感性が自分も含めたみんなを不自由にすることに「no」と言えるようになれるか、そんなことが大事なのであって、そんなことにこのパーソナリティが貢献できているとするなら嬉しい。ただそれだけのことである。 
posted by 浪速のCAETANO at 15:28| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

冬の終わり=春の始まりにジタバタ

うん、そろそろあったかくなってきてる。1月2月チームのお誕生会が終わるとそんなことだった。一年経つといろいろ忘れる。しかし地球はけなげに、というか粛々というか、公転軌道を回っているのだった。

この惑星におけるヒトの営み。正しいと思えること。見るからに馬鹿げたこと。エイリアンから見たら、「なーに、しとんねん、自分ら」など言われるのだろう。あほのひとがしてることって、あ〜あ、なこと多いけど、それは地球人を俯瞰する者からしても同様かと思われる。相対性アホ理論。

いろんなところでジタバタ。でもジタバタは悪くない。おれもジタバタしてます。物事は思ったように進んでくれないから。だからジタバタ。

あったかくなる直前はまた最も忙しい時期でもある。ただしその忙しさは、青天の霹靂として突然、終わる。

毎年のことながら、あ、ああ、あ、と早すぎた射精感のような自分が先にイったにもかかわらずの置いてけぼり感に包まれる。赤ずきんちゃんガブリ。

ツライというのでもなく、イタイというのでもなく、言うなら、解放感と虚しさと切なさを同時に味わう。もっとも近かった関係性がものすごい距離感を持つ。なんかなあ、と思う。まあ、過去のそいつらが今、店へと訪ねてくるが、それは約20年の歳月が経って、ということで、これから20年って意外と長い。自分が、いる、かどうかも定かではないし。

今また一人、合格のメールがきた。やつもまた大阪を離れる。

今年は、受験生だらけだったから、3月は時間ができた。かねはないが。だから、録音をしようと思う。環境を整えて、そして極力simpleな録音をしようと思う。曲の骨組みだけで聴かせるような音を作ってみよう。カヴァー曲もgrade高いものは録っておこう。機材はちょっと旧いものを使おう。brainstormをしっかりやって、録り出したら引き返さない。偶然に身を任せて小説を書くみたいに録っていきたい。しばらく活動的ではなかったから、寒いせいだが、啓蟄とともに毎年のことだが代謝が上がってくるはずだ。

そんな中にしか自由はないんだもんね。冬の間はホントにinput過剰で、身体も心もやや太ってしまう。花巻はどうしようかな?三沢〜青森かな。

テイモシェンコも解放されたし、カンケーないか。路は険しそうだが、でもジタバタでいいのだろう、おそらく。
posted by 浪速のCAETANO at 17:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

忘れた頃のね、

大方、終了!のソチのすぐ近く、お隣のウクライナ、革命だ。

ヤヌコヴィッチは首都を離れて、おそらく東部に逃げたみたい。首都キエフは「解放区」となっている模様である。

すごい。21世紀に革命。三つ編みの美人の元首相も解放された模様。彼女=テイモシェンコ元首相は投獄され暴行、拷問を受けていたという報道がある。EU寄りの西部とロシアよりの東部と言われているが、内戦の危機を内包しているし国家分裂ということもあるかもしれない。しかし、革命です。

タイもそんなことになるのかもしれない。おそらくencouragement。

革命、もっともアンリアルなことばじゃないだろうか。いや、さっきまではそうだった。ヤヌコヴィッチが逃げたウクライナ東部から国境を越えたところがソチだ。革命と平和の祭典。あ、テロ完封されたね。まだ終わっとらん?そうだけど。今じゃないでしょ、です。

おそらく幸福な幻想をいつまでも見ていたい人びとがいてmediaはそこにフォーカスし、ドラマを作り出すのだと思うが、その大枠幸福な中にも疑惑や不正があり、その中で虐げられている人々もいたりして、しかし見てる側にしたら安全であるからね。そこは世界の小型版であることは間違いなく、しかしリアルな痛みの伴わないヴァーチャルな世界。たまにはホンマに痛いのも味わっとかな、なんて思う。もうすぐ、きっついのくるけど。

テイモシェンコ元首相がその美貌を、まそんなわけにもいかないだろうけれど、取り戻すことはウクライナ人にとっても悪いことじゃないはず。みまもりたい。


某大学のイタリア語科を目指していた受験生がフランス語科に回されて、おれは、それもよし、だったのだが本人が渋っていてその話に2日。まあ、ほとんどvolunteerですけどね。最後は納得してくれて、B.B.のCDを合格祝いにあげて無事お開き。ALFAでもCITROENでもいいもん、おれ。そんな話ちゃうじゃなくてそんな話ですよ、と言いたかったのね。ま、これもなにかの遭遇と運命的なものを感じて生きて行っていただきたいです。


勝者に比べ、敗者のなんと芳醇なことか、というのが今回の五輪の中で見えた智慧だった。形に残らないことでもオノレの存在をかけてやることは、生きることでしたね。誰も見てなくてもいいしね。負けてもいいからやってみる。国の状況も浮ついてられない、そんな時に、悪くなかった。

りっぱな人多いね、アスリーツ。そして革命にはBEAUTYが必要。
posted by 浪速のCAETANO at 06:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

記録でも記憶でもないもっとparmanentな

首相周囲の、何言ってもええやん感、油断しすぎじゃないか。てゆうか、オノレのアホさを世間に公表せんでもいいのに。あんたが21世紀に生きる資格がないってことはみんな知ってる。ラグビー協会の会長も今すぐ辞めるべき。ラグビーとラガーマンに、失礼だ。

意味はおそらく異なるのだろうがニールヤングをカルく演歌なんて言っちゃダメ。ペンタトニック以外の根拠をあげよ。大衆音楽が演歌的なのは、あったりまえじゃん。大衆音楽がその土地土地での演歌的なるものを拾って行くことは王道ですけど。

演歌の定義が微妙だけれど。そんな微妙なことを前提なしに、いい散らかすのはやめなさい。

さて昨夜のフィギュア、コストナーちゃんの苦節10年の銅メダル。浅田真央の一旦沈んだ後のあのハイクオリティーのフリー演技。あのさ、あの要素入りまくったフリー演技が何の冒険的要素のなかった金妍児のフリーと得点が変わらないのは納得がいかない。失敗があったのに浅田真央より7点も高かったソトニコワの得点も、homeを理由にしちゃあかんやろ、そう思うのだが、どお?

フェアは基本中の基本でしょう。

ソチは惨敗したらいいと思ってた。メダリストは結局、現政権に奉仕することにかならん、そう思ってるからなのだが、でもメダルなんていうアイコンとは別の次元の、記録に残らないすばらしい人間の営み、トライ、ジタバタ、そんなものが浮き上がってきた。

上村愛子、高梨沙羅、浅田真央、彼女たちは記録に残らないから10年経てば忘れられるだろう。いやそんなもんですよ。時が経てば栄光にはアイコンがいるのね。今のhotnessはあっという間に平温化する。だからみんな忘れる。

彼女たちのカッコよさは、その評価を委ねる他者の恣意性だとか、たとえそれがカミのフェアネスを持っていたとしても、それよりもオノレの主観を前面に出して戦って、そして負けたところだ。一般、表面的には。

変な話だがそれと前後して、PUSSY RIOTのメンバーを鞭で打ち据え、髪の毛をつかんで引きずり倒すコサック兵の映像も流れた。

結果的に負けた日本のアスリーツとなんかダブっちゃったなあ。採点はオトコである。哀しみはオンナである。
A Tristeza e senhora..

客観がホンマに客観か〜?という話はさておき、実はそんなことも、別に、な彼女たちの神性を感じた。今のウンコの近代であるからキミらの神性は4位入賞とかのなんつーこともない相対化のなかに甘んじないとしゃーないが、あなたたちは卑弥呼の、古代における女王の末裔ですよ。いやまぢで。君が代のキミですよ。九州王朝の女王。

近代というかその成れの果てである今、と上手く折り合ってるもんにロクなもんはない。おそらくすべてのものがそう。だからこそ、そうではないものはカウントできたりする。

最後まで気持ちを切らすことなく完結するためには主観的、それも客観を包括する主観の中にオノレを追い込むしかない。追い込むのだけどその空間は意外に広い。というか拡張可能。客観によるオノレの相対化によって矮小化された自己が羽根を伸ばせる空間がそこにはある。ほんとにこの世はめんどくさいものだ。

最高の脚のコストナーちゃんは本能刺激するが日本の彼女たちはみなさん巫女=太陽女王みたいな気がしてなにかしらシモネタ振るのが憚られたりするものであった。
posted by 浪速のCAETANO at 05:34| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

気にしなくていいよ

重圧に負けないやつもいるし、でも日本のmediaの特性は全国津々浦々までダー、そんなことなので、アスリートには気の毒だなあ。タカナシサラちゃん、アサダマオさん、気の毒、so SORRY。


お二人、なんか可哀想だ。真央ちゃんも3アクセルで膝崩れなきゃまたわかんなかったのだとおもう。ミスできないというハイレヴェルな戦いなので。だから将来のある子はどんどんクソ〜みたいな目に遭えばいいのでは.。あのロシアの超軟体娘もね、そんないつだってうまくはいかないさ。

そんな中、コストナーちゃんの美しさだけを見たかったおれはいたって満足。非国民?やっぱり?!

美形のリャマみたいな顔は相変わらずだが、でもかわいいと思ったな。だってロシアの子たちさあ、もうコンババが顔に出てるやん。まあ彼女らもなりたくってコンババになってるわけではないだろうけれど。

タレ目も笑えてかわいい。意地悪な要素がなーんにもないのね、その顔に。いやそんなことはどうでもいいのだ。あの足だけを見たくて今日は店も行かなかったのだから。あの脚はすでにARTなのであって。シュテフィ グラフの脚も好きだったが、フィギュアのスケーターはそこまでアスリートアスリートしていない。スピード スケーターの脚はいかついけどね、特に太ももね、しかしあれもマニア間違いなくおるね。いやそんな話ではなくコストナーちゃんのあのどこまでも素直に伸びた脚は世界の財産だと思うが賛同者minority?

いや、お仲間はいない方がおれとしては嬉しいのだけど。

明日のフリーは日本人もう見る気なくなってると思うが、おれ、むっちゃあるのよ、まぢで。実はひどいブス、のヨナになんとか一矢報いていただきたい、コストナーちゃんに。

しかし、日韓とかもっと仲良くできるはずなのにと思うが。韓国もちっちゃいが、日本も腹の中に蔑視を含むようなことではいかんよね。韓国の文化はおれたちは受け入れてるわけで、だって焼肉もチヂミも好きでしょう?そしておれは興味ゼロだか韓流のドラマもアイドルもあれだけ盛り上がったわけで。おれわかんないのは、韓流大好きで、なのに、心情は右翼という人々の存在なのだ。アタマ悪いからそんなことが成立するわけ?あるいは、そっちの方が正しいのかな?そんな気もする。その国の政府と文化は別、か。いや、だったらアタマ悪くないですけどね。おれの方がアッタマわりい。今は酔っ払いで間違いなくパーだけど。たださあ、韓国のスターだけはいいが他はゴミです、か?おもろい顔のおばちゃん焼いてるチヂミが旨すぎたり、悪人顔のおっちゃんがとろける肉仕入れたりするから余計わからなくなる、なんてフリをしてみる。めんどくさい、酔っぱらい。

しかしだね、酔っぱらいならではの展開なんていうのもあって、それはそんなに悪いことではないと反省する気がないからこのまま続けるが、いろいろある。ほんとにある。


コストナーちゃんだって自国でのトリノ五輪で期待されながら惨敗してね、そのときの一等賞はイナバウアーのねえさんですよ。みなさん、そんなこともう忘れてると思うけれど。もう8年前の話。ある意味コストナーちゃんは葛西くんなわけで。フリーでどうなるか分からんが。まあでも肩肘はらずにやっていただきたい。美しさは世界一、脚強調してね。おれはそれだけでいいです。

今回、オリンピックは惨敗でいいのでは、と思っていた。ただそんな思惑が高梨沙羅ちゃんや浅田真央ちゃんに実際に現実化するととても気の毒に思える。重圧ってなあ。個人競技って残酷。現場のノリってこれもう不可抗力。大きな「流れ」ってあるよね。お二人の女子にはそれがきてなかった。それだけである。それだけ。五輪を相対化した方がいい。たまに寄ってきて好きな事言われてもたまらんんよ、まぢで。マイナー競技のメダルにはパチパチ。
posted by 浪速のCAETANO at 06:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

最近やってることーdreamーoperate

最近、オリンピックの日本人アスリートとは無関係の深夜bs watching on the sofa、で寝てたり寝てなかったりが続いているが、昼一の仕事の日も多いから、何とか朝方集中的に寝よう、なんて思い、しかし明るかったらなかなか寝れんじゃないの、困ったなと思ってたら、アイマスクがあったのを思い出した。

で、真っ暗けにして寝てみる。なんだか睡眠の質が変わる気がするのはおれだけなのだろうか?

いい方に変わる、そんな印象。疲れが、もっと言うなら神経レヴェルの疲れが取れる気がしてる。みなさんアイマスク睡眠の会、つくろうよ、な〜んて。

しかしもっと驚くのは、その副作用だ。いや、あのね、悪いことではないの。それは、夢が鮮明ってこと。

いや〜、しばらく夢なんて見なかったのだ。起きるタイミングだけの話なんですが。それが、鮮明に覚えてる。こりゃ、いいぞ、と思う。夢も現実である、派なのだ。これはおそらく、産業にもなるのでは。

夢を操る、あるいは恣意的に夢をみる。そんなの。

いや〜しかし、いろんな人、出て来ますよ、びっくり!継続的に印象がある人間だけでなく、ある瞬間に強い印象付けをされた人の数なんて何百人レヴェルだと思うのだが、そんな人びとが、ハーイなんて感じででてくる。こないだなど、スケートの織田くんに瓜二つの井上が出て来た。中1の同級生である。泣いてた織田くんの印象からのフィードバックだと思われるが、なんか不思議ね。井上は中1のくせに池内淳子が好きという熟女好きのハシリだった。ようわからんが、その井上のメカニズムが。

少し実験してみようと思うのだ。強く、そのひとのことを念じて寝てみる。そんでもって、というの。やっぱなんつってもそうなると、昔のオンナってことになるなあ、なるのね。いいぞ、と思ってる。実験してみます。人生そのものが、実験なのよ。家なんか建てて、堅く生きてる場合ちゃうっちゅうねん。いやまぢで。

寝るのが楽しみ。ていうか、寝不足でも楽しい、みたいな。
posted by 浪速のCAETANO at 19:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

周年day2

大阪の雪なんかハナクソやったね。山梨がどえらいことになってるみたい。陸の孤島化してるみたいだ。物資が通る道がドカ雪で閉ざされたら当たり前のことだがそうなる。そうなるのにそうならないんじゃないか、と思いがちなおれたちのバカさは最近ほんとに通用しなくなってる。前代未聞の、量的なカタストロフはもう、起こる、これをデフォルトとしなきゃいけない。

そんな中、県の行政が、のんびりしてるかのように見える。国も日曜で開店休業か?小さい政府になればなるほどこんな時、勝手にどうぞ、となる。あたらしい公共なんて考え方もある。自助とか共助とか、なんか聞こえはいいんだけど、災害の規模によってはそれだけでは追っつかない場合がある。今度もまたそう。

Twitterなどで、オムツの再利用法とかが呟かれてたりする。良心は確かに残ってる。ヤバいやつもいっぱいだけど。ただ、その埋れつつある良心に砂かけるというか、それが政治というか行政によってなされるというか、そんな印象あります。中国政府と変わんないじゃん、それじゃあ。ヘリ飛ばそうよ。

被害が少なく、というか酷そうななだが既に、そう祈ってる。


さて、周年day2、無事にというかかなりおもしろく終えれました。アンサンブルの愉しさを味わえていただけたと思う。となりのおばあさん、壁叩いとったけど。

今日は最終日。北村くんと中西くんとの変則ギタートリオplus北林純。両氏にはソロでもやっていただこうと思ってます。ほんとは3DAYS来ていただきたかったのだけど、本日最終日、今日もいいと思う。グレード高いです。泡もたっぷり仕入れてます。お待ちしてます。昨日は元シェフが来てくれてた。懐かしい方々もよければ。

posted by 浪速のCAETANO at 16:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TODO O MUNDO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

周年day1

羽生くんはangel。今しか出せない見れないもの。おめでとう。

しかし、町田くん、高橋くん、彼らもそれぞれの個性を伴い、いい男だなあ。彼らの負けっぷり、立派です。羽生くんの、おそらく本人としては会心とはいえないがそれでもそのなかでは一番。そう考えると、主観的な羽生くんはとてつもないハートを持ってることがわかるし、町田くんのオノレの位置をはっきりわかった、鳥の目を持ったような野心的な言葉もすばらしいし、過去にピークを極めた高橋くんのオノレの今の限界が見えていながらそれでも過去の財産をすべて拾い集めてきてやるだけやってみる。で、諦観を持ちつつ清々しく終わるなんて理想的だと思う。

1%と99%、いやな分割だが、アスリートのメンタリティとしても、選ばれしもの、たちのそれらは輝いている。でもそんなものよなあ。そんなぐらいだから値打ちもあるということか。

さて、周年day1。カオリーニョと愉しい時を過ごしたなあ。来られてたみなさんもそうだったのでは。寝てたやつはよくわかんないが。いい夢みてたかな?であれば救いがなくはない。

終わってしまってることなのだが、いまだに再現の価値があるもの。それをやる。でもいやー名曲の数々よ。こんなに、日本的ではないが変な日本人によって作られた精神性の高い曲がポピュラーになっていればこんなに世は右翼ではないかもしれない、などと思う。でも、it is too late.

この日本の病理にはまたべつの処方箋が必要。そうやって何度も何度もtryしながら死んで行くわけだね、おれたちは。それがartistの宿命。別に構わないけど、それで。いや、正味の話。

明日は明日でまた別人28号。自分の曲をたくさんやりましょう、と思ってる。北村、坂本両氏と。ガッツな夜です、明日は、おそらく。
posted by 浪速のCAETANO at 05:35| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

さ、はじまるよん

丸五年か〜。もうその間いろんなことがありすぎてよくわからんし。いやまぢでよ。

なんか豊津と曽根崎をほぼ同時期に離れていわば、どちらもよその国まではいかんが、かろうじて言葉通じるから、しかし自分も店も何か試練がいるのじゃないか、そう直観したような記憶がある。敢えて厳しい土地へ行く、そんなの。

実は、TAGRAG RECORDと言っておれにかんしてならCVS COWBOYSのエンジニア、ZAKの後釜、の前川くんのスタジオが中津にあった。あれは1995ぐらいだろうか、もっと前なのかな?今の家の目と鼻の先でちょっとした録りとMIXをしてた。その時、タバコが11時以降は自販機が止まり出した頃で、なの中津では全然買え、うーんそーかーここはそういう地域なのかーなど思ってた。今思えば、お前もその中におるやんけ、なのだけど、だはは。

実はそのタバコ屋、将来の豊津での生徒のおじいちゃん家だったのだけど、奇遇。今もその妹二人が豊津から通ってきてくれてる。なにかしらポイントが繋がってるとこがおもしろい。

ほんとにいろんなことがあった。ありすぎた。曽根崎でもいろんなことがあったけれど、その危機感たるや比べ物にならない。世の中も新自由主義が進行し中間層がどんどん落ちていき、思うのだけど、そういった方々のアジールとしての中津は、意味ありだと思ってる。地の利とそれに似合わん下町の匂いだ。その分めんどくさいルサンチマンを感じることも多いけれど。ただおそらく長く住めば住むほど、市内の他のエリアから帰ってきた時の、home感はかなり大きい。自分がまずそうだし。

転勤族が多いのも中津の特徴で、逆転勤の噂がこの時期絶えない、寝るヒゲをはじめいろいろ知り合いになった。今年、危ないいんじゃないの?

カフェ状態からカウンターメインになったこともあって、お客とよく喋る。今いっしょに音楽やってる四人は中津でというか店でしりあった。おれもいい感じでパワーダウンしてきてたのだろう。幸か不幸か。

dissapointedなことも多かった。まあ、おれのヒトを見る目のなさはすんごい有名だけどね。まあみなさん、自分の足でまずは立とうとしないとね。ラッキー、アンラッキーあるけどさ。まずはやれることをやらないと共同体は成り立たない、とくにこの世知辛すぎる社会に於いては。みなさんでそれ、成立させようとしないとね。

JR貨物の振動にも最初はびびった。うわ、人轢かれた、死んだ、というような油のさせてないようなあの強烈なブレーキの音で何度目が覚めたことだろう。もうなくなって整地されつつあるが。おれは神社造ってほしいな。どの神を祀るか。銅鐸国家のアマテルクニテルヒコアメノホアカリクシタマニギハヤヒかな。却下だろうけど。

店長と二人でやるようになって、ユルさはmultipleな状況です、さらに。ただね、無理しても長く続かんのよ。今、冬だしおこただし、そして奥の部屋もきれいになって曽根崎時代のアヤシサは戻ってきてます。あの三階のイチャイチャ部屋は、ちょっと今もうありえないけどね、あんなの。ただ、それなりの室内dead end感はある!

変な場所の変な店ですね。まあおれも出来るだけ行くし、音楽や格調高いエロ話に古代話、ちょっと賢い気がする話、そんなものを酔いの向こう側でしましょう。もう、ほんと、どうだっていいからね、基本。

さて明日より、周年3DAYSです。一流ミュージシャンの皆様と楽しみたいと思ってます。




posted by 浪速のCAETANO at 05:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

5周年@the bottom of 中津

昨日は流石に熱くなって言葉遣いが乱れてしまいましたねえ。しつれい。ただね、日本人は明日戦争起こるのに粛々と日常業務をこなして歯磨いて寝る、そんな印象があるなあ。東京デモクラシー?アラブの春みたい。もう言わんとこ。

さてさて、TODO O MUNDOが中津へ逃げてきて丸5年になります。中津の底も最近様相が変わってきた。おれたちはなんも変わった気はしないんだけどね。人心は変容してます。移ろいゆくものに、移ろいいくな、とも言えませんから、ま、おれたちはユルさをみなさんに提供するぐらいしかできないけど、その価値とは見えにくいものながらまあないと困る、きっと困る、そんな風に考えてます。

まあ毎年、周年のライヴをやることにしてますが今年もいろんな一流ミュウジシャンーだははーをお呼びして浪速のカエターノと共演などを考えています。

今週の金曜日土曜日日曜日の3DAYSです。日によりGUESTが異なります。

金曜日。カオリーニョ藤原がやってきます。説明はいらんね。

土曜日。北村くんとさかもっちゃんです。北村くんはCVS COWBOYSのギタリスト。さかもっちゃんは最近何度か共演したCLASSIC VIOLINISTです。

日曜日。北村くんと中西くんか来てくれます。中西くんはFLAMENCO GUITARIST。FLAMENCOをやってもらってもいいし、一緒にRUMBA FLAMENCAをやる、かな。北村くんと3人でも。

どの日も20:00からです。ノー チャージ。ゆっくりしていただいて、一緒に祝ってくださいね。

曽根崎からすると16.5年。もうなんだかすべてのことが現実感に欠けるというか、夢みたいな気さえする。あんまりいい現実って実はないのかもしれませんね。夢もまた現実、でもありますが。

夢の中でシャンパン開けてちょうだい。では、お待ちしてまする。
posted by 浪速のCAETANO at 11:04| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | TODO O MUNDO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これもまた運命

あー、終わった終わった。昨年、秘密保護法の無理やり採決で一度、そして本日再度。

当事者は波の中に飲まれてるからよく見えんかも知れないが、西から見てるとよーくわかる。東京人は愚民である。バカにもほどがある。こないだの堺を見てみろ。STOP 橋下でまとまれるんだしね。

あんな小物に対してならまとまれるのに、なぜmore important issueでまとまれない。東京人の自意識過剰。

切ないのは、二人足しても変態ハゲに足らんことね。

戦慄なのは、田母神ちゃん足すとやっぱり2:1で右が多い。

田母神ちゃん、まーまーすごい。ここ、欧米のmediaは、何か、をもう感じてるし、これからはもっとはっきりした論調となる。大日本帝国としての日本ね。

その傾向は50sから始まって、若くなるほど増加し、20sなんてすごい。こわいですねこわいですね〜。あんさ、チミらそんとき一兵卒なるのよ。二等兵よ。兵隊やくざ、とか見たことある?自衛隊のみなさまはみんな幹部に自動的に昇格しちゃうんだから。まずチミらが死ぬんですけど。そこ、わかってんのか、って訊いてる。

田母神ちゃんもいつまでもあんなおもろいことばっかり言うてくれへんのよ。戦争だからね。キミが会おうと思っても会えません。田母神元帥には。

オリンピックに大雪。前者は織り込み済みだったと思う。だけど、運が悪い時ってそんなもんでね。大寒波に低気圧ときたもんだ。でも投票率上がっても結果は同じ。リベラルと左を足さないことにはそもそも、勝負にならなかった。

マークシートテストの弊害かとも思うのだけど、違うかな、バカJPOPの聴きすぎかな、もう分かりやすいもんにしか反応できない、それはおれたちの世代ぐらいから始まっていて、あんさ、キミらそんなに自分自身にプライド持たんでいいですよ。消費でしかオノレを表現できないんだから。おしなべて、それはみなさん資本主義の犠牲者なんですよ。ここ、わかんなかったら、アホやで。

分かりやすいもの。今回は田母神ちゃんと宇都宮くんだったね。若造のTwitter見ててゲー吐きそうになったし。ネトウヨ、にわか気分サヨクにも、両方。もすこし、考えてみろよ、オノレの意見を、カルく言う前によ。

確かにね、貧乏党みたいなのはないし、強いて言うなら共産党でいいとも思うけど、今回それをすんなつうねん。キミらのその、まあ情熱と言ってもいいんだが、そのエネルギーを政治、ではなく、政治的に利用されたかもしれませんね。誰に?と言われれば党に、かな。そこ、補完の図式があって、でもキミらには見えないのね、そこはね。

しかし、本当の敵はそんな近視眼では見えないのね。小泉くん、細川くんへの罵詈雑言はそれは行き先間違ってる。それは首相と、マスゾエちゃんに投票した、物言わぬ気持ち悪い人たちに向けられるべきで、だって細川ちゃん、キミらになあんにも悪いことしてないよ、いいことも特に、だけど。小泉くんは候補者ではないです、今回。

物言わぬ投票者、かれらは候補者が、誰で有っても、指示通り投票をするというキモい人々の存在とそれゆえの無力感を実感したと思う。彼らが、大日本帝国をおそらく消極的にだがノーチョイスとして支えてた層と相似形の人たちです。それが、おれの言う、岩盤なんですが、そこをなんとかしないことにはどーもならんよ。おとなしい目をした、しかし、絶対今までgetしたものは誰にもやらんぞ、という人々がいる。そんな人たちと、おそらく彼らはサラリーマンだが、言いたいことを声高に言わないってことややりたいことを我慢すること、あるいはもっとやんちゃかもしらんが何かへの忠誠心によって今のささやかな地位と財産を築いてきたわけ。

いくら21世紀の分配が正しいコンセプトであったとしても、そこ、通じないです。彼らはまた今回も、田母神支持の積極的戦争推進とは違うやりかたで、引き摺られながら、そっち方面に進むのを、黙って見ていることになる。

細川くん、宇都宮くんがどんなにがんばっても、実際頑張ったんだけど、二人足してもだめだった、てのが大きいとーおれは思う。不可抗力で投票行けなかった人々の存在を考慮しても、だ。

まあ、予想通りだったですけど、決定的というのは本日のような日にことを言うんだなあ、なんて。

もう反戦。戦争や〜よ、そう思って言って、みたいなことしかないです。まあ、物事はっきりしたってのも、悪くないよ。しゃーないし。運命運命。
posted by 浪速のCAETANO at 00:18| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

今後はANTIーWAR

さてさて、西方より注視していた都知事選も選挙活動、本日で終わる。ご苦労様でした。

おそらく、と言うか、悲観してます。マスゾエが勝つのだろう、と。根拠は、組織票とムサシか。組織票と不正、でもいいのかな?

今回は小泉くんがどれだけ、依然として党人なのか、ってのの分析が割れたことが敗因のひとつだろうか。そこ、信じられないと思った人多かったね。その方達、みなさん宇都宮支持だった。安倍ちゃんを、そこは見くびってしまったね。権力を、かな。ワカモノたちの未熟さ。残念ながら。

あれもこれも、というか、政策は宇都宮ちゃんバッチリではありました。最後は、特区の問題にfocusしてたね。そこは、なんというか、都民の中の貧困層vs福島の人びとという構図にならざるを得ず、西から見てて、いやーな気になった。あまりにも近視眼的だなあ、と思ってた。政治に対する関心のキャリア浅いワカモノたちのワカモノゆえの頭の悪さにイライラさせられた。ちょっと学級委員長的とでも言うか、正しすぎた。そう言えば共産党っていつも、正しすぎる。宇都宮くんが知事になれば訴えてるすべての政策が、実現する、みたいに思ってるんだな、そう感じた。ここは大阪のバカ市長の論理と近いものがあるから注意した方がいい。二元代表制の問題があるのにねえ。政治はおそらくバトルなので、ひとつの政策の実現にも一生分のチカラを使い切る、そんな課題もある。

安倍ちゃんを止めることを、忘れてた都民の愚鈍さに、にぎりっぺ、で覚醒させたいが、なにすんだよ、かなんか言われてにぎりっぺテロは効果なしだろう。

都民全員ばか、は言い過ぎだけど、大阪市民のほうがよっぽど、という反撃も返ってきそうだし。どーも首長の能力と品格で自治体の市民を一色に断じるのは辞めんといかんね。ほんとそうね。ごめんちゃい。

しかし、かえすがえすも残念だ。ある国会議員が独自にリサーチしてもmediaの結果とほぼ同じものが出てる。マスゾエ四割、細川二割みたい。終盤の対マスゾエネガキャンがどれほどの効果なのかわからない。英仏のmediaにも、サイテーだね、と紹介されたマスゾエ候補である。

サイテーの国家政府の推すサイテーの首都の知事ですか?ですね。

共産党は、安住してることも、よーくわかった。ある意味、自民党の補完勢力としての役割を果たしてる。そして、あのひとたち、他人の罵倒には一流のものがある。

今回は、細川くん側の応援してた方々、中傷、誹謗により精神をズタボロにされたのではないかな。これで脱原発チームにも埋めようのない亀裂が入ったし、安倍ちゃん、高笑いの巻。

南海トラフの巨大地震対策しなきゃ、言うときながら浜岡原発の再稼働なんて政策整合性、ゼロ。もう一回事故起こしたいんだな。

小泉くんの言葉にはと言うか、演説にはチカラがあるな。あれで、自己否定の幅を広げて、その矛先が多角的に現政権へと向かえば最高だったけどね。それにしても御用media、ウンコだった。TVはほんと、ダメ。ただ、こないだの古舘くんは良かった。NHKは犬HK言われてるみたい。ピッタリね。あのハゲとおばはん、ないわ。

美輪明宏先生が、営業右翼と言ってた。プッと吹いた。三島由紀夫との比較においての話だったが。

ちょっと政治のこと、考えてしまったねえ、今回。もうしかし、これからは政治の季節は終わり。反戦だよ。行くな、言われてるのにソチ行ってる首相が、なんのために、ってのを考えてみたらいいよ。もちろん、戦争への布石です。

細川、小泉両氏に、ごくろうさまでした、と西方から声を掛けたい、かけられるものなら。
posted by 浪速のCAETANO at 18:14| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

いや〜な感じ

ある方のblogが見れなくなっている。

小泉くんがTwitterでこう呟く[街頭演説の反応がすごいのになぜか世論調査では大差で負けている]と。

こないだの参院選で民間団体が出口調査をしていたら、選管が、警察呼ぶぞ、と言ってきた。

ある候補がある市で得票数、0だった。しかし、私は投票した、と言うひとが20人ほど、自分から言ってきただけで、いた。

見ててご覧。

都知事選。開票が始まった瞬間にマスゾエちゃんに、当確、でるよ。

選挙までも、いらわれてる、そう直観した。状況証拠しかないけれど。ひょっとして、組織票なんてのは、幻、なのかもしらんね。選挙行ったひとは頷けると思うけれど、候補者の名前書いた投票用紙、二つ折りにしませんか?

折り目のない、そして筆跡の酷似した投票用紙がアホほどあったら、困るねえ。困るなあ。

民主主義国家であるなんてのも、幻、みたいです。

開票始まった瞬間にマスゾエちゃんに、当確、でます。確信した。総務相怖いなあ。怖いわ。

そんなこと知らなかったの?あったりまえやん、かなんか言うていただきたい。おれもナイーヴ入っとるしな。ナイーヴはいつだって、負けるわけよね。なるほどね。

ちょっと本格的にいろんなことが嫌になってきた。なにが選挙行こう、やねん。そう思うよね。本当のことを知れば。選管を監視する第三者機関が要る、なんて、情けない。困ったものだ。

TVはもう嘘だらけで、だからといって、NETには真実はあるが、そこにたどりつくにはもう、ウンコまみれにならないといけない。悪臭を放つ障害物あり過ぎだ。時間がいくらあっても足りない。なんでこんなめんどくさいのよ。

日本はいまだ、70sのアメリカのTVドラマに出てくるラテンアメリカの国レヴェル、ほんとうは。スパイ大作戦とかよ。

とか思いつつ、明け方にミネストローネを鍋のまま食う。だめだこれ。
posted by 浪速のCAETANO at 05:04| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

冷えてきたし

大阪、ただいま1度だ。iPhoneに各地の気温を見れるようにしていて、東京0度、長崎2度、福島ー3度、花巻ー6度、村上だけ出ない、釧路ー19度、那覇15度、仙台ー3度、福岡3度、出雲1度、田辺2度、富山ー2度、高知2度。4:30a.m.の気温である。

行ったことある街で好きな街、住んでもいいね将来、そんな街なのだが、釧路のー19度、どひゃーです。漁協の冷凍庫。冬に北国には行ったことないが、想像を超えるものがあるんだろうな、ね、笹尾ヨメ。で、やっぱり、寺山修司の喋り方になるわけよね。三沢もほんと、行かないといかんのだけど。

今夜は冷える。西成も冷えてることだろう。普段やれてるあたりまえのことが、なくなるだけで、ヒトはかる〜く崩壊して行く。夜のbed、例えば。ちょっと遅れた晩めし、例えば。今の世の中、というよりおれたちの記憶をベースとした今までの経験からすると、そんな寒い思い、そんな空腹の記憶ってあまりない。それはおれたちよりも年上、というより戦時、戦後すぐを体験した方なら日常的にあった話。

そんな方に話をしていただきたい。だから瀬戸内寂聴さんや澤地久枝さんのはなしを聴きたい。60代の人びとは団塊の世代。あんまり興味はないなあ。量的な差があるだけで。戦時だけではなく戦前の空気を知っている方々の話を拝聴したい。そこにはまちがいなく質の違いがあるはずだから。だって、体制が違うんだぜ。

遊戯はいいのだ、もう。そんな悠長は人をこれからは決して救わない。PUNKはさ、「切実」に反応するからね。ただし、長続きせんのが欠点だけどね。

切羽詰まった局面に於いては、人、がよく見える。よく見えた。以上。


気になってることがある。最近、相次いで女のコが行方不明になる、そんな事件が三件続いたでしょう。

最後のんは監禁だったけど、前の二件は一週間後に発見されて、その間どうなってたかが、分からない、とおれは理解してるんですが、それ、どーなった?

すごく不思議な印象を持ったのね。おそらく誰かが、絡んでる、それもオトナ男子が絡んでると思うのだけど、続報がないよね。まあ世の中忙しいからさあ、無事発見されたなら、はいはい終了、忘れましょう、ってなってると思うのだが、しかしそこものすごく気になってる。

みなさん、最悪を予想してたところ、なんだか、ひょっこり、何事もなかった、かのように現れた、そんな印象がある。どなたかご存知の方いらっしゃいませんか?

いったい何なの?面妖な。


大好きなパン屋が店を閉めてしまった。中津に住む気が50%減少した。かつての豊津と長崎屋の関係がすぐアタマに浮かんだが、まだ、いこい、はあるなあ、と考え直した。たかがパン、されどパン。よーし、オノレで焼く、そう思って今、発酵中です。DELONGIもあったのね。コメもパンも大事だな、と思う。丁寧さを意識して生きること、それができる間はそうするべきだね。

今日はクルミ。ベーコンやチーズやドライフルーツもそのうち試す。店のピザ生地作ってもいいかな。

寒さとあったかさに翻弄される日々。FLUもキテる。パンの出来を楽しみに釧路の寒さを想像しながら寝よう。
Boa noite。
posted by 浪速のCAETANO at 05:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

橋下は、はー、としても

市長選に意味があるとは思えないが、都知事選は意味ありあり。現在の予想得票数が出てる。

マスゾエ 2700000 細川 1700000 宇都宮 860000 以下省略。

何なん、組織票って。

まだ1000000票足らんねえ。脱原発足しても足らんねえ。

脱原発以外にも、いろいろあるじゃん、っていう手法にやられたね。正しすぎる正論。しかし、過ぎたるは及ばざるが如し。

放っとけば戦争が、という危機感の共有を妨げた、その正しすぎる正論で動いた人々の責任、大きいなぁ。おれは、あたしは正しいことしたし、って言うだろうけど。でも、今回だけはあなたたち間違った。

mediaも完全統制されてたし、第二の北朝鮮よな。ほんと何処かへ逃げたい。

猪瀬の票がマスゾエ、細川へと分散している。宇都宮票はさほど変わっていない。な〜んだ。ただ860000票でもすごいけどね。1700000票もすごいけど。2700000票はもっとすごい。マジョリティはろくでなしですか@tokyo。

でもいろんなことが見えてくる。投票率60%ぐらいとして、6.7000000票。そのうち極右は1割いなくて、左は1割ちょい超える。体制派は4割、リベラルが3割、ざっとそんなところ。

結果だけみたら市長選と変わらんなぁ、そんな印象を持つ。最初から決まってる、という意味では。ほんと組織票ってなんなのさ。顔が見えないとこが、怖い。彼らには南相馬市の市長のあの必死の訴えも届かないわけで、不気味である。桜井さんだっけ、彼の訴えはジーンとくるでしょう、フツウ。都民の背負ってる原罪のようなものに言及してたよ。マスゾエ支持者なんてひとでなし、ということになる。

大阪も異常に見えるかも知らんが、東京の異常さは群を抜いてるでしょう。いやまぢで。都市だから、と言えばそれまでだけど。ヒエラルキーに目を瞑ってそれに安住してることを反省するいい機会だったと思うけどね。残念だ。脱原発から派生するものの中にはそんなのも含んでるじゃん。

小泉純一郎の過去の悪行がまだましに思える現在の状況であるわけで、かれも原発で反省するなら新自由主義も反省、するかもしれない。竹中みたいなウンコブレーンがいなけりゃまた違ったんだろうか?小沢くんだって今じゃ社会民主主義者だ。憚る事なかれ!ウエグサくんにも謝ってあげて欲しい。

思うのだけど、マスゾエが勝って、その後どうなるのか?戦争が近づくことは間違いないが、それでもそれに対抗する勢力として協力できるのだろうか?イタイのは宇都宮支持者からの中傷がほんま、内ゲバの手法、なこと。あれ、ひどい。わだかまりは残るよね。

でもリベラルと左派はユナイトできるよ。自民党に対抗できる勢力がないことが不幸の極みなのであって。次は反戦だよ。もう待ったなしである。
posted by 浪速のCAETANO at 18:53| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする