2014年06月15日

W杯 day 3

四本建て。。死ぬかと思った。

コロンビアvsギリシアはギリシアの「堅守」はどこ行ったの?という内容。まだ日本にも「目」が残ってるかも。

ウルグアイvsコスタリカはあの13番ひとりにやられたね。スアレスの欠席痛かったなあ。

イングランドvsイタリアはイングランドの世代交代はうまくいってるがそれ以上にイタリアのおばさんみたいな「したたかさ」がそれを上回った。

で、4本目の日本vs象牙海岸。なんだか一番つまんなかったかなあ。4本目ってことを差し引いてもやっぱおもんなかった。

でもいろんなことがみえてきました。

ホンダは不調だ。香川は戻ってると思ったがそうでもない。長谷部は負けてる時はピッチに要る。遠藤はもっと後でいいかも。ホンダは後半変えるか、ワントップにして香川を2列目真ん中。ドリブラー斎藤を入れるのも手かも。柿谷と大迫は残念ながら機能しないのでは、だったらホンダワントップの方が、、、オノレの選出を否定することになってザッケローニは辛いだろうけど。もっとあるけど小姑だなと思ったからもうやめる。

調整の失敗かも知らんしね。ギリシアは攻めてこんとされてるけど立場同じの「一敗同士」。今回のW杯はコンディションの劣悪さからか、足止めての「打ち合い」が多い。結果的にそれを制するしか道はなくなった。がんばっていただきたい。そう思う。立て直して。

ただですね、よその国のサッカーも面白いよ。みなさん、そっちも見たらいいのに、というだけで捕まりますか?まだ大丈夫?
posted by 浪速のCAETANO at 13:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする