2014年06月21日

代表チームの運命

まあまあ、そう情緒的にならずに。。

勝てば世界一ほどの気になったり、負けてから世界で一番弱いとかそんなことにはならなくていいので。

確かに、コンディショニングの調整の失敗なら、望み薄だが、それでもサッカーだけは何が起こるかわかんないのよ。これ、ほんと。
TMの目が「残っている」ということはほんとに可能性がある、と同値です。いや、これ、ほんと。

その「根拠」をあげてみようか。象牙海岸がカッタ場合には、これはもう「ちーん」ですから。

そうならない可能性も多多あるよ、ということね。

コロンビアに勝つかもしれません、いや、これ、まぢで。

おそらく突破が決まったコロンビアは控えのジョガドールを出してくる。ここは隙がある。もう突破が決まってる以上「エスコバル事件」のようなことにはならない。D組の混戦もちょっと一役買っている。1位と2位とどちらで行った方が「お得」なのかにわかには判断出来ない。だからコロンビアはかなり手を抜く、とおれはみてるんです。だから、皮肉なことに戦前、もっとも勝利の確度のなかったゲームに最大の勝機ありなのね。いや、まぢだからね。

オノレでできることは「以上」です。

ギリシアにあとは「そこそこ」がんばっていただくしかなく、引いて守る可能性もある。得失点差のもっとも厳しいチームがギリシアだからね。お互いが、そちらも死闘を演じるわけで、引き分けの可能性もかなりある。

あとは「GOD KNOWS」でいんじゃね、そう思います。

だから、GL突破とBEST16〜8の間でじたばたするのが普通だから。スペイン、イングランドをみたらわかるし、今回もまたイタリアはそのお手本のようなことになりつつある。ばかメディアの皆様やばかタレントが、「カルく」かんがえすぎてるだけなのだ。

冷静にみとけばいんじゃないの。だから、コロンビアに勝つ可能性があるって。

ほんと、この国のアタマわるい人たちは「ALL or NOTHING」だなあという印象を持ってる。メディアと代理店の意識にそないカブらんでいいですよ。どこの国も必死なんだからさ勝ったり負けたりよ。

おれはですねえ、世界サッカーのファンですから代表がまあ勝つに越したことはないですが、負けても、別に、だけど。ここは、まぢで、いや、ほんと。

まあ、代表の奮起をすこし期待しつつ、他の国の試合を楽しみましょうよ。「ワールド」カップなので。
posted by 浪速のCAETANO at 17:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする