2014年06月24日

When the spell is broken

「When the spell is broken」

その呪縛が解ける時
さてどうやって彼女を繋ぎ止める?
泣き方を知らなかったら泣けもしない。
その呪縛が解ける時。
すべての喜びは彼女の顔から離れ、
めでたくも人びとへと戻ってくる。

どれだけ長く愛の炎は燃え続けるのか?
罵り合い、喧嘩だらけ。
そして決して、話すようには見ないし聞かない
つまり相手の立場でものを考えない、そんなとき。
呪縛が解ける時。

その呪縛が解ける時、
すべてのマジック、やり方、考え方
そしてうそが目に見えそして
夢の中で裂ける。
その呪縛が解ける時、
もう何度も使った手をまた、
そんなものは今や風を前にした藁同然。

愛が死んでしまったらもうそこには
キラキラした眼差しはなく、
キスや涙や別れの贈り物や
愛がかつて存在したという証しさえないのだ。
呪縛が解ける時、
もう一度最初からと誓っちゃいけない。
書いてしまったラヴレターはその口の中に
押し戻され、それで窒息することになる。
呪縛が解ける時は。

by Richard Thompson
posted by 浪速のCAETANO at 15:14| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 Richard Thompson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Don't cry No tears

「Don't cry No tears」


泣かない、ぼくの周りに涙はいらない。
泣かない、ぼくの周りに涙はいらない。
たとえ水がすべて消えてしまっても
その名残はいつまでも残るものだから。
ずっと前からの本当の愛は
甦るのに難しすぎることはない。

考えるんだ、誰が今夜彼女といるんだろうって。
考えるよ、誰が彼女を抱きしめるのかって。
だけど、その彼を消えさせる言葉をぼくは持たない。
ずっと前からの本当の愛は
甦るのに難しすぎることはない。
泣かない、ぼくの周りに涙はいらない。

by Neil Young
posted by 浪速のCAETANO at 15:11| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 Neil Young | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Laughing with a mouth of blood

「Laughing with a mouth of blood」

記憶喪失の人みたいに
感覚を取り戻そうと
(えっ、どこへ行ったの?)

口を血だらけにして
しかも少し垂らしながら笑って
(ん、何を笑ってるの?)

世界のひと区画を
何処へでも行ける飛行機と
交換したのよ
(へー、どこへ行くの?)

未来はわからないけれど
あたしには大計画があって
(未来は何を見てるのかな?)

昔の友達のみんなが今そうフレンドリーってわけでもないわ。
馴染みの場所はみんな頭の中を巡ってるけどね。

リッツ モーテルにこもって
TV伝道師と
(へー、彼はなんて?)

水を抜き切ったプールの底でね
(どうやって、そこまで行ったの?)

最も近親の者に残念賞を送るの
おはじきのおもちゃ
(なんだって思うでしょうね)

昔の友達のみんなが今そうフレンドリーってわけでもないわ。
馴染みの場所はみんな頭の中を巡ってるけどね。

お姉さんに恋しいと伝えて
お兄さんにすごく順調って伝えて

昔の友達のみんなが今そうフレンドリーってわけでもないわ。
馴染みの場所はみんな頭の中を巡ってるけどね。

by St.Vincent
posted by 浪速のCAETANO at 10:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 St.Vincent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯 day 11

カッコいい、ニコ コバチ(クロアチア監督)のプレイヤー時代そのままのクールな佇まいに対して、メキシコのミゲル エレーラ(監督)の、選手たちよりあんたの方がカロリー消費してるんじゃないかな、そんな大暴れも面白かったが、エレーラ監督の大暴れは「嬉し大暴れ」なのであって、それをさせたメキシコチームがエラかったわけね。

もうクロアチアも前半で足止まってたし、ペフナンブーコはそれだけ環境厳しいんだなというのは我が代表の初戦の様子から想像できたのだけど、でもMEXICO、足止まらないのね。動くチームは勝てる。つまり動けないチームはやっぱり負けるということでもある。

しかし、アンカーの位置にいるヴァルデスくんやった?164cmの身長を誇る、彼の動きに魅せられました。中学生ぐらいの身長で大男たちのクロアチアチームの間をちょこまか動く、だけではなくですねえ、ちゃんとディフェンスもしてる。いいねえ、「B級のラテン」「ラテンのB級」。

も一つ、チリもオランダには力尽くで抑え込まれたみたいだけど、TMだ。ここもったいない。この2チーム次の相手がMEXICOはオランダ、CHILEはブラジルだ。B級ラテン、ここまでかなあ?どっちか残って欲しい。

さて、では先を見てみよう;

BEST 16はこうじゃないかい?

左のブロック。 / 右のブロック。

ブラジルvsチリ(決定) / メキシコvsオランダ(決定)

コロンビアvsウルグアイ / コスタリカvsコートヂヴォアール

フランスvsナイジェリア / アルゼンチンvsエクアドル

ドイツvsアルジェリア / ベルギーvsガーナ


こうなるんじゃないかな。ちょっとラテンアメリカ同士の潰し合いがもったいないな。ただ、8チーム残った(希望的)。アフリカも4つ残った(同じく希望的)。あ、アジアがおらん。枠減少やね。確定。(ここ悲観的)。

ここから先はあと6組、特に2位を巡って死闘ですね。メンタルも含め一番注目に値する時間帯です。ここからしっかり見ましょう、と毎回云ってるのだけど、みなさんのアテンションは急激に萎んでいく。アテンション プリーズ!ここからなんだぞぅー!いや、まぢでよ。残念な人たちだね。

さて代表チーム、今回はまだ涼しいみたいだけど、少しは動けるだろう。でもそこには「地獄」があるからね。AS SAID EARLIER。南米チームのアドヴァンテージは確かにある。それは気候だろう。MEXICOチームも全然運動量落ちなかった。まあ、自分たちのペースでボール回せてたってのもあるけど。日本チームの足が止まった瞬間にその地獄は顕在化します。それまでも選手一人一人はそのムードをプレイしながら感じ、「お家帰りたいよう」となると思うが。ただそこを克服出来たなら、すごいことになるよ。90分で90年間に匹敵する密度かもしれません。ちょっと見るのが怖いが、だから、メディアチーム、あんまり「期待する、とか、頑張って」とか言わないの。精神をイワさんように、と見守るのが正しい。

@マットグロッソ。

posted by 浪速のCAETANO at 08:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする