2014年07月14日

COPA DO MUNDO TERMINOU

アルゼンチンが勝つとするなら、この形、この展開しかなかったし、そんなことになってもよかった、そんな可能性はあった。ドイツDF、足止ってたし、そこでメッシがいい形でボール持てればわからなかった。アルゼンチンのガッツと、マスチェラーノに見られる、早めの危機の摘み、がここまですれすれの闘いを成り立たせた。

ここでしかしドイツが勝てないと、2002ユーロのポルトガルみたいなことになって、気の毒なことになる。

ここはドイツが「勝つべき」だったのだということ。アルゼンチンが勝ってしまえば「あまりに反動」だろう。サポーターの身なら、今、それどころじゃないけれど、サッカー弱い国のサッカーファンとしてはそう見る。

長いW杯、チャンピオンへの道はピンボールのように気まぐれにあちこちでバウンドしながらもやはり大勢が見えてきて、そこで頭二つほど抜けてたのはドイツ。理想に「より遠くない」という意味でもここは悪くない結果だろうな。

ナショナルチームならではの「Sentimiento」に溢れたW杯は技術論をちょっと傍に置いて眺めるのがいいんだね。前回はバルセロナ、今回はバイエルンの延長ってのもあるこたあるにせよ。

おれはMVPはマスチェラーノだと思う。賛同していただける方多数いらっしゃるだろう。当然、アルゼンチンは「マスチェラーノとその仲間たち」となる。自分がそれにNOT DESERVEということはメッシが一番わかってるだろう。FIFAからの「残念賞」みたいで第一うれしくないだろうし。

限界超えた闘いの崇高さは見せていただいた。凡戦なのか、痺れる0-0なのかもなんだかよくわからない試合だったがW杯の決勝でそれをいうのは野暮だ。サッカーもかつてのプロレスと同じで、という怒られそうなことを言うが、じーっと見てたらお互いのチカラが見えてくる。でも、今の決勝は、わずかにドイツが上なのだが、そうでもないような気もしてくる試合だった。既成事実を積み重ねていくアルゼンチンのリアリズムが試合を成り立たせた。絶対的自信があったはずのドイツがあれれ、ってなってた時があったもん。メッシからイグアインもあれ、offsideでなけりゃもっとスペクタクルになってただろうし。もっと「転がってた」はずだし。

ゲルマンがラテン化しても根はゲルマンであるからゲルマンはゲルマンである。スペインサッカーからの、それは「進化」なのか、「円環のなかを進んでるだけ」なのかはわかんないのだが、変化してることだけは確かだ。しばらくEUにおけるラテンの進化は「一旦終わり」だと思う。今一番いいサッカーをしている「国」はブラジル アルゼンチン以外の中南米チーム、「B級ラテン」とおれは呼ぶが、彼らのサッカーこそが世界を制覇するべきだと思う。

来年の「コパアメリカ」がむちゃ楽しみだったりする。民放の放送は「ない」からある意味安心。誰も話題にしないだろうし、そこも安心。隣国からしょっちゅう刺激を与えられ、そして大国2つの圧力を常に受けてると違う。よって強く、かつ面白いサッカーが日本のナショナルチームに現れることは「ほぼ不可能」ということがもうわかってしまった大会でもあった。電通JAPANの馬脚が露わになった、悲しい大会。いろいろ露わにはなったですね。アジアのチームはこれからもGLの安全パイの役割をまたしばらくは果たして行くのだろう。それもいいのかも。肥大した自己って病気ぽいし。平和ボケともすこし関連はある。でも特殊な国でいいのよ。


posted by 浪速のCAETANO at 07:40| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする