2014年07月29日

大快楽物質E

「大快楽物質E」

気持ちいいことだけがいい
たまにつらいのも まあ いい
気持ちいいことだけがいい
たまにつらいのも まあ いい

目が醒めてる時に見た夢は
ほら 瞼のスクリーンに残った光の束

見たことのないようなもの
触ったことのないようなヒト
気持ちいいことだけがいい
たまにつらいのも まあ いい

羽根が生えそう 背中がムズムズ
わかってるよ ヒトが見てること

でもしょうがないだろ
アタマの中に ピュッ!
液体が走る もうなんでもしゃべるよ

気持ちいいことだけがいい
たまにつらいのも まあ いい

責められてる その時も容赦ない
わかってるよ 秘密は守りたい

でもしょうがないだろ
アタマの中に くるっ!
液体が走る もうなんでもしゃべるよ


by marutanikaz contained in the album 「endorphin」from BOX レコード
posted by 浪速のCAETANO at 13:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MarutaniKaz 詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハードコア

「ハードコア」

ヒトは誰もいない ここ
水の上を歩く LOCO

あれはヒトじゃない
ELVISの科白 MIRACLEMAN

植物の吐く息は
太陽の匂いして
潮風とブレンド
むせかえる架空の島

水辺のロマンス ハードコア
砂が入ってもいいの
渚のヴァカンス ハードコア

一緒にお医者さん行ってね

ヒトは誰もいない ここ
水の上を歩く LOCO

あれはヒトじゃない
ELVISの科白 MIRACLEMAN

実感はあるさ 感じてる 反応する
木陰動いて 日に晒された猿たちが見て
少し照れてる

水辺のロマンス ハードコア
砂が入ってもいいの
渚のヴァカンス ハードコア

一緒にお医者さん行ってね
一緒にお医者さん行こうね
一緒にDOCTOR通おう


by marutanikaz contained in the album「endorphin」from BOX レコード
posted by 浪速のCAETANO at 12:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MarutaniKaz 詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありにんげん

「ありにんげん」

黒光り 黒光り 黒光り 黒光り
黒光りしてる 強そうだろ だけどほんとは 弱虫だよ〜

あの娘が 潰された 一瞬 落ち込んだけど
すぐに忘れて 死んだキリギリスを運んだ

雨の日はいやだな どんなに小さくっても
ぼくのアタマと 同じぐらいの水滴が落ちてくる

想像してみろよ人間 こいつはHEAVYだから
想像してみてよ人間 ヒト事じゃないよ

でもこの黒いのシブいだろ
コム・ディ・ギャルソンのおねえさんみたいでしょ
黒光りしてる 強そうだろ だけどほんとは 弱虫だよ〜

自分の足がちぎれた 一瞬ガクッときたけど
すぐに忘れて バランスをとって歩いた

晴れの日はいやだな 黒は光を吸収する
夏なんて サイテーさ もう真っ赤に
真っ赤に燃えちゃうよ〜

想像してみろよ人間 こいつはHEAVYだから
想像してみてよ人間 ヒト事じゃないよ
想像してみろよ人間 こいつはHEAVYだから
想像してみてよ人間 ヒト事じゃないよ

何かが足りない アタマが足りない
何か 余計 足が多すぎる
何かが足りない アタマが足りない
何か 余計 まだ足が多いんだよ

強いやつに潰された とても 残念
無念
でも他にも同じようなのが
いっぱいいっぱいいっぱいいっぱいいっぱいいっぱいいっぱいいっぱい
いるもん

by marutanikaz contained in the album 「endorphin」from BOX レコード
posted by 浪速のCAETANO at 12:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MarutaniKaz 詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SM RUMBA

「SM RUMBA」

手錠はmedia 無理矢理に恋 苛める

汗を流して 他にも色々流して romance

言葉の代わりに 痛みをあげる

夜がふけるまで

ぼくには エクササイズ

辛いは楽しい 悲しいは嬉しい ah

ロープはmedia 吊るされて恋 いじめる

涙流して 他にもいろいろ流して romance

ladyをやめろ 犬のふりしろ

夜が明けるまで

きみには ハプニング

辛いは楽しい 悲しいは嬉しい ah

by marutanikaz contained in the album 「endorphin」from BOX レコード
posted by 浪速のCAETANO at 12:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MarutaniKaz 詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KING OF STRAW

「KING OF STRAW」

私たちは多くを敵に負っている

もしそれが彼らでないとするなら

私たちは一体今何処にいただろう?

隠されたものについて話し

そしてそれは法に反する事

今夜 藁の王を燃やすのだ

あなたのために道を照らそうと目を向けてもいい

あなたへの忠誠を示すためにあなたが言う嘘をすべて飲み込んでもいい

ヴェールが持ち上げられたその時

私たちは目に入ってきたことについて語った

今夜 藁の王を燃やすのだ。

彼を燃やしても彼はそれに耐えるだけ

燃やすことがかれの復活を保証する

恐怖に名をつけて、と誰かが言う、

そうすると恐怖は消えていく、と

彼はかつて私たちを恐怖で震わせた

彼はかつて畏怖の念を抱かせた

今夜 藁の王を燃やすのだ


by peter blegvad and clive gregson
posted by 浪速のCAETANO at 12:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 Slapp Happy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SNS、うーん

FBやTwitterではどうも、SNSではどうもオノレの主張のようなものは馴染まない、と思っていて、なんでだろ?と考えたがやっぱりそこは「世間」なわけで、空気が支配する、それはあんまり好きな世界ではなく、そうなると、この場がすごい大事で、この意識の上でのスペースがあって良かったと思う。もしこれがなくて、そういった飢餓感をもったまま、SNSしかなかったらと思うとゾッとする。この駄文の場が自分を文字通り「救って」くれている。

いろんなモノの「保存の場」でもある。瞬時の考えや、もうちょっと持続するコンセプトから歌詞まで、ここに保存しておくなら、まあそんなヤツは世界に5人もおらんとしても「おれ」を知ろうと思った時にはここへくればいい、そんな意味でもこの残りの1MB強の「字だけ」の場、大切にしたい。最近は「絵」を一切あげないが、それは残りが1MB強しかないこともあるが、そういったmedia mixの雰囲気勝負がSNSのお手軽さのいいとこでも悪いとこでもあるよなあ、など思うから。

日常のことで言うなら、なにかしらニッチを探すことはもう無意識にそうするみたいなとこがあって、しかしやはりヒトは極力嫌なことからは距離を置きながら生きていきたいと思うのね。

ガザの子供達のこと、子供に限らず、およそ毎日「処刑を待つ」かのような恒常的な恐怖を味わいながら生きている人々のこと、そんな重いことをそれらしく数行で「書けてしまう」とこになんか引っ掛かる。いや、おれが勝手に引っかかってるだけで、どなたの批判をしているわけでもないの。批判の対象は敢えていうならそのシステムそのもの。おそらくmeritを感じて使ってる方多いと思うのだが、やり続けることの義務感が世間では大事なので、そんなことで疲労はしたくないからね。

ちっちゃな自己主張の時代。ちょっとした有名人の時代。そこで感じることは「邪気のなさ」かなあ。もちろん誰かと繋がりたいという気はすると思うのだが、そこ、わからんでもないけれど、誰彼構わず繋がったのちに突然生じる息苦しさはどう処理したらいいのかなあ?

まあ、そこ、各自でかんがえるしかないか。

プレイは疲れるのね。プレイは疲れる。SNSはプレイそのもの。プレイはプレイとして。灰は灰へ・funkはFUNKYへ。トム少佐はJUNKYへ。

ただ、そこだけしか主張の場がないと、たぶんおれは「気が狂う」んじゃないかなあ。あそこである種の発言をするってことはヒロイズム。ヒーロー・ヒロインとは縁遠い人がそゆことするから居心地悪くなるんだろうね。

プレイの訳語のひとつ、遊び、遊びの場だったら悪くないのかな?そうね、きっと。

そこでの自己主張ほど「醜悪」なものはないけどね。醜悪なものを引き出す装置でもありますね。ちいさな発信者の自分とあまりにも広く大きな受信する世界が等価に一瞬思えたりするので。

「世間」では、自虐ネタがいいよね。
posted by 浪速のCAETANO at 11:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする