2014年07月31日

the LAST WALTZ

THE BAND関連ではなくエンゲルベルト・フンパーディンクによる映画の挿入歌です。

「THE LAST WALTZ」

行くべきかとどまるべきか

バンドは残りあと一曲しかない

そのとき視界の隅にきみを見た

一人でいてシャイな女の子

最後のワルツをきみと

さびしい二人で一緒に

きみに恋してしまったんだ

最後のワルツよ、いつまでも終わらないで

ぼくらの愛は燃え上がっていった

共に経験したいいことや悪いことを経て

そしていつか愛の炎がきみの瞳の中から消えているのを知った

きみがさよならを言ったときぼくの心は二つに避けてしまったんだ

最後のワルツをきみと

さびしい二人で一緒に

きみに恋してしまったんだ

最後のワルツよ、いつまでも終わらないで

すべては終わり

言い残すこともなにもない

ただただ涙が流れ、オーケストラの演奏が続くだけ


最後のワルツをきみと

さびしい二人で一緒に

きみに恋してしまったんだ

最後のワルツよ、いつまでも終わらないで

by julius brammer、oskarstraus、alfred grunwald
posted by 浪速のCAETANO at 16:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FOR 8・3

おー、月末や、銀行行かなきゃと思いつつ、気温をチェックしたなら35度。その時点で頭クラクラ。

今は全米女子によるNEIL YOUNGトリビュートを聴いている。最近の愛聴版のひとつであって、そろそろ店にも持って行こうかな。KEYは女子の手の中にしかないです、今や。

さて夏のTODO O MUNDO・中津でひっそりと音楽行事・DAY2は「KINGちゃんのレコ発」です。キングちゃんともう一人の相棒・木寺くん=harpが来ます。カオリーニョが「得意の」ダブルブッキングにて、トラでおれが務めさせていただくことになってます。おれがBLUESのバックをやるって「貴重」ですよ。ちょっとpunk入ってるけどね。でもAMOSも共存してるとこが、普通じゃないです。お面白いライヴになると思います。予定調和・的ではないのね。おれのギターが「異化作用」として働けばいいと思ってます。

実はいろんなギターが弾けます。反射神経にも自信ある。ギタリストは消耗しないからいいよー。やっぱ歌歌うって大変。パワーいる。

では日曜日・キングちゃんにしっかりOFF MICで歌っていただきましょう。声・でかいからね。





posted by 浪速のCAETANO at 16:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TODO O MUNDO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする