2014年10月11日

#19 the biggest ever

昼夜入れ替わってしまった。

仕事上・そもそも昼夜入れ替わってる、というか6時間ほど「遅漏」で生きているところ、昼夜入れ替わってしまうとどうなるか6時間ほど「早漏」になるということなのかな?など考えたが、アホらしくなってやめた。

久しぶりにバタバタしながらだ。まあ・悪くない。来週半ばまで続くだろうか。その前にやらないといかんことも、ある。できるかな?そんな精神的モードになるかな?

まあどうでもいい。

そんなことより、19号だよ。the biggest everという言葉が似合う。NASAの写真など見ると、よその惑星のようである。とにかく人・亡くならないでいただきたい。

しかしこのthe biggest everは「更新」されていくわけよね。ほんと世界は・というか『地球』が変わった・そんな印象を持つ。

地球に殺される・これ意外と「本望」なんだけど、あまり賛同されんかな?そこらへんの変なヤツにブスリとかよりも・という意味ですが。変な言い方だが「力関係」を納得して・と言うことは「延々勘違いしとったか・おれは」そんなことを考えつつ、考え切りもせず意識がなくなっていくのはま・悪くないのではないか。

その帰依する対象が「人格」から派生したもの『カミ』ってのはまさにそうなのだが、そうではなく『地球』であることがなにかしら「穏やかな」気になると思う。カミは人間の「大発明」だとは思うが、発明したものが後々忌むべきものになること・これはままあること。カミは「地球の」あるいは「地球における・現象」のVIEWPOINTをずらして言い換えたものに過ぎないのかもしれない。

現実主義者たちの「人は欲に手足」などと言った、わかったような物言い、おれは最も憎んでいるが、それ動物だから、なのだが、だったらキミらがやってる「動物超え」の行為を全て止めてからにしなさい・と言いたい。動物とカミもどきのミクスチュアなのでね。だからウジウジくんでおれは全然OK。今、ヒトは動物と機械の
間しか行き来できないってのが「不幸」の原因なのよ。

ものすごい昔においてすごい達成をした『ヒト』が『神人』という中途ぱんつなものとなり、それがカミのプロトタイプとなったわけで、あちこちで「これはなんだか『都合』がいい」そう思ったのだね、そのときの権力持ってた人間がね。おそらくエンターテイナーがわんさかな今とは違って、そういった意味もあったはずだ。蓮如上人の話を山越えて聴きに行く農家の嫁・そんな事実もある。

ISISはおれは「ULTIMATE」だと思う。ものすごく恐いけれど、世俗に対する感覚のおれたちとのズレは注視していかなきゃいけない・そんな気がしてる。ものすごく恐いけども。恐い上に怖いけども。

19号は「カミ」の一形態とも言える。人間にとっていいことも困ることもするってのが「カミ」だから
posted by 浪速のCAETANO at 06:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする