2014年11月29日

NOSTARGIA

髭のオトコがレコードプレイヤーを買ったというのでレコードを貸そうと思って奥部屋のレコード置いてるコーナーで漁ってたらウンコを催す。

本屋行くとウンコが、、、とはよくある話だが、オレの場合レコード屋行くと、、、だった。変なことを思い出す。

存在感があるのだ、レコード。レコード、というこの呼び方、いいんだった。St.Vincentちゃんも「レコード」と言っていた。CD、ヴィニール盤両方の総称として。新しいコピーソフトで差別化してモノを買わそうなんて意外とセコイ話よね。日本国内の商法ってそれだった。でも存在感。ジャケット作る側もあれは楽しかろうね。

うちのターンテーブルが壊れてからちっとも聴いてなくて、今でも敢えてCDを買ってないものもあり、店用に編集したMD(これもまた過去の遺物だが)にたまに垣間見る(垣間聴く)というか、そうやってたまに思い出すものがあって、しかし、もうおれもいらんことしないような人生に於ける時間帯に入ってきてることもあり、プレイヤー直してお家でレコード鑑賞の宴でも開こうかなと思った。「NOW PLAYING」なんて場所設けてジャケット置いてありましたね、喫茶店とかに。あれでいろんなことを知ったなあ。嗚呼seventiesそしてeighties。80sの後半ぐらいだったね、レコード→CDって。最初に買ったCDはPETER GABRIELの「SO」だったことは覚えてる。最初に買ったレコードはなんだったか?BEATLESの「OLDIES but GOODIES」のような気がするが定かではない。ELVISの「YOU don't have to say you love me」だったかもしれない。よくわからない。小5ら辺の話か。当時はステレオだからね。おふくろが映画音楽やらトリオ ロス パンチョスやら前川清を集めてて、親父が城卓也やら新川二郎などを集めてたと記憶する。いつの間にか、ステレオはおれ専用となっていった。当時はオール ジャパン ポップ トウェンティの時代。オールナイトニッポンの時代。フォークの時代だったが、おれは断然、米英の音だった。

当時はドロップアウトがカッコよかった。そのフリをするのがカッコ良かった、おれたちコドモには。大抵のヤツは「フリ」だけで、ある歳になれば社会復帰、それもかなりちゃんと復帰するのだが、子どものころにかなり中枢をヤられてしまったおれは見事にだれも褒めてはくれないドロップアウトを現実として今生きている。バカですねえ。しかし、当時の音楽に教えられたことも多い。変なとこ愚直なのね。それでいいと思う。時代はあれから変わりすぎてはいるが。一人でいい思いしてもたのしくないでしょ。一人でいることは嫌いじゃないけどね。

いや、あの30cmスクエアのジャケットと中のヴィニール盤にはいろんなものが詰まってる。盤があるかな、ちゃんと、と覗いた瞬間に、封印されてて、しばらく放っとかれたおのれの過去がその当時の空気とともにもわっとレコードの匂いとともに香った。おれはアホのオンナのように過去を振り返ることなしには生きてはいけんな、と強く思う。
posted by 浪速のCAETANO at 12:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

Ponzi Scheme

アベノミクスが「Ponzi Scheme」=「出資金詐欺」=「ネズミ講」であるとめでたく認められました。

アベノミクスを安倍ちゃんに「やったら」と言った浜田教授、内閣参与も「ネズミ講だなあ」だってよ。

これで自民党勝ったら、おれたちゃ世界の笑い者。いや、まぢで。
posted by 浪速のCAETANO at 14:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男女のあり方

天六にコーヒーを買いに行ったついでにぷらら天満ではなく業務スーパーに寄ってみたが、「デフレマインド」はなかなかもはや「取れない」のではないかと思う。

大きく上と下へ二極化していくこの国だなあ。

J.A.エフィンジャーの「When Gravity Fails」を読み直した。浅倉久志氏の訳、いいねえ、とそこじゃなく、なのだが、やっぱり、そこ大事。訳が「どひゃー」で読む気なくすって意外にある。

まあ、おれたちの感覚からしたら、より残酷(Cruel)で普通なのかな、そんな印象だったな。執拗に身体を痛めつける様子はまああんまり馴染めない、かな。、、、でふつーというのは土地ごとの歴史もあるからね。おれたちも早い話「西洋かぶれ」だったな、ということかもしれない。知らなかったんだね。そこになにか影響をうけるなんてことはもうないけれど。

さらに世界は混沌としてくることが予想できる。価値観の混沌。インシャアッラー(神のご意思のままに)。

もういっちょう探して読み直す。太陽の炎、どこいったかな?

しかし、インシャアッラーとは言え、どうなの?おれは傍目から見ても充分綺麗な女性が10人ほどのイスラム国兵士により、裸で後手に縛られた状態で喉をかき切られ、その喉から溢れる血をたらいに溜められてる、そんな写真を見て吐きそうになったのだが、いろんな情報を総合するなら、その前にかなり何度も彼女は強姦されているはずだ。異教徒にならほんとにそれ、許されるのか?インシャアッラーでいいの?全然わからない。エフィンジャー読んでもよくわからない。

トルコの大統領の「あの」発言もそうだ。

「原始、女性は太陽だった」とは一般的ではないと思うが、こと日本に関しては、あ、倭国というか九州王朝ですが、いわゆる「国譲り」の後、そしてその前も、女帝といって微妙なら女神はいた。女王のわかりやすいとこでは卑弥呼と委与であるし、ただ後にかんしてはその二人しか有名ではないが、もっといる。「かし日の宮の女王」である。かし、の字が出て来ないけど。

「前」ならば、ニニギが日向の高千穂の櫛降岳(糸島半島)に上陸したのち、娶ったコノハナサクヤヒメではなくその姉のブスとされたイワナガヒメが神聖な女王であったと思っている。そこで支配の形態が変わったゆえに「ブス」とされたのだ。磐長姫はその名前からも推測されるように巨石の名を持つ。これは縄文から繋がる列島の巨石信仰の証だ。例えば熊野新宮のゴトビキ岩ですね。

ただ、女性ばかりが偉かったのではなく男王もいたのだ。当時の「闘い」は呪術の闘いでもあり巫女が闘いには不可欠だった。敵に対する呪いも武力と同等な武器であった。

であるから「倭国」が「大いに乱れた」際に巫女としての強力な力を持った卑弥呼が擁立されたのだろう。鏡の女王、卑弥呼です。

男女間の差はある。能力差もある、でいいと思う。ちがったジャンルに能力を発揮する、でいいと思う。ただし凸凹はあっても総合的には同等、です。おれの意見ね。

一地域の倫理観で別の地域の倫理観を批判はできないのは事実。ただ、嫌悪感を示すのはいいんじゃないかな。

ということイスラム国のその兵士たちにFUCK!

そこは、根がしかし深い気がする。男女だけでなく、アメリカのblack&whiteの問題、日本でも朝鮮韓国人の問題、結局これらは「未解決」だからね。なんだか、うわべの「平等圧力」が問題を深く沈降させ、しかしそれは再度浮上し噴き出す機会を待っている、そう思う。例えばアメリカでも日本でもEUでも中東でもそうなってるし。近代は幻だったかのようだ。




posted by 浪速のCAETANO at 14:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

きっとなんとか

過去の悪政とは、それを熱狂的に支持する層が少なくともその社会の半分以上いたわけでなく、「ま・どーでもいいけど」という層が多ければ多いほど、その悪政が悪政だけが、他が沈んで浮かび上がる、その構図によって成り立っていた。

先の衆院選でも他党の合計得票数は自公のそれより1000万近く多かったのに結果惨敗だもんね。

ほんと沖縄は「賢い」。独立の伏線でしょうか。

「統一戦線」でなんとかダメージを!あとになればなるほどエネルギーがさらに要るよ。

「天変地異」は起こる。日本列島の最近見てたら「起こる」で普通でしょう。ぐらぐら列島、風ビュービュー列島、雨どばどば列島。ただでさえみんな「痛めつけられている」。これ以上人為的な痛めつけられ、ゴメンである。

もう知らん間に、来週から師走だ。毎年毎年、「来年」を迎えるのが怖い。2015は戦後70年の年。この区切りのいいのがなんかイヤなのね。予感ですが、おれのなかのカナリアは、結構騒いでますけど。

「東京」五輪てのはもう無理みたいね。大阪でも、とか、共催なんて話にもなってる。当然でしょうね。W杯もそうだが、広告屋の絡んだものの事後の後味の悪さって、もういい!と池乃めだかが言うかどうかは知らんが、本体に到達する前に、何層にも張り巡らされた障害物をかき分けかき分け進まざるを得ないようなそんなめんどくささが増大してるでしょう。そこがかれらの「アガリ」なんだよね。形の無いもので儲けやがるわけですね。空気で儲ける。そんなのばっかり。株、しかり。

おれたちの年金の博打投入は、きっとあとでどエライしっぺがえしとなって返ってくることでしょう。おれなどはサラリーマン経験わずか5年だから、あとは国民年金でもらっても「ハナクソ」程度だからもう一生なんか働くのがデフォルトだけど、もちろん何かしておきたいが、おじいになって仕事もなにしたらいいのか?生きていくことの厳しさを痛感すること多しな日々だけど、こう必要以上に政治によって痛めつけられるとね。日本にはそんな方もういっぱいいらっしゃるわけで。

ただそんな最悪も、まだマシ、程度には変えれる。選挙でね。と、思う。

与党が、負け方にもよるが、負ければ流れも変わる。ここらへん、とっても日本人的物言いだけど。でも、たしかに「空気感」は存在する。この2年でだいぶ変わった。

選挙って、よくよく考えればこんなに「効率」のいい政治参加はないなあ。ご近所の投票所に行くだけだからね。別に当日でなくてもいいわけで。たったそれだけで現実を転換する契機になるって、悪くないと思うのよ。
posted by 浪速のCAETANO at 14:35| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

今日だけおやすみ

期末テストと公募入試が重なって、死んでます。

最近のワイン消費量、大底打ったあと、なんか戻ってきた。

年間500本まではもう行かないけどね。それはアホです/でした。

投資家のジム ロジャースが言っている;

アベノミクスは投資家にとってありがたすぎる。
アベノミクスは日本を壊滅させる経済政策だ。

これがすべて、よね。わかりやすい。日本を売って、いわゆる1%に儲けさせる。鳩山ちゃんではないでしょ、安倍ちゃんでしょ、「リアル……」は。

ウソももうバレてるのだが、ウソちゃうウソちゃうと真顔で言い続ければ人は、というか日本人は信用する。これが安倍ちゃんが小泉くんから学習したこと。菅ちゃん、野田くんからもいらんとこいっぱい学習しててそういうののMIXTUREでいまがある。

その方法、今回も使用してるけど、どーかなー?どっちのもどーかなー?それが小泉時代ほどはもう通用せん気がするけど、それが「大嘘」というコンセンサスまではまだできないかなあ、という際どい場面だろうか。与野党逆転はないと思う。それはおれたちは「死になさい」と言われてるのと同義だが。

いや、そのうち死ぬよ、死んであげるよ。ただね、エネルギーを体内で作り出せるうちは生きるのよ。「呼吸」ができるうちはね。

もう最近、悲しいこと、力抜けること、そんなことだらけだが、笑えるうちは笑っとこうと思うのだ。顔ひきつっても笑うべき。戻んなくなったりして。

まあ、でも、諦める前に行動はしといたほうがいいから、期日前投票には行きましょう。野党共闘も少しは進んでるみたいです。ほんと沖縄の爪の垢、よ。人は、まだ下がいることで安心したりするアタマの悪い生き物だから、自分も相当下に位置してる時でもね。住んでる場所とかで底上げされてる気になったりするんですね。みんな、アッタマ、わりぃ、おれもその一人だけど。

でもね、ここで安倍ちゃんに信任を与えてしまえばちょっと暴走する可能性はかなり高まるよ。これからの4年間は自由を渇望する人にとっては恐ろしい4年間になるでしょう。東京五輪はベルリン五輪のようになるでしょう。日本は世界のウンコになってるでしょう。被差別部落のようになっているでしょう。「穢れの地」となるでしょう。

どのくらい与党を負けさせられるか。その度合いで危機の先送りができる、かな。逆ギレされるとやっかいだけど。俄然ここで現実的になってくるよね。

みなさんがほんとの危機感を感じる時、それがまだ不信任案を出しても、与党の中から造反が出て可決されるぐらいの拮抗、になってればいいけど。

どっちにしてもキワキワのとこまではいくよ。今回与野党逆転できなければ。できないと、おれも思ってるから、じゃ、その後のそこ、キワキワんとこでとどまるしかないかな。そこ、セットだしね。今よりもさらにエネルギー要るよ、そんときは。

本日、ベガーズ バンケットにて浪速のカエターノ、橋本健二くんの「お世話」しています。お時間ある方はどうぞ。すんごい演歌SINGERの義理のおとうさんがメインみたいなんですけど。





posted by 浪速のCAETANO at 06:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

沖縄!アッタマいいっ!

沖縄がすばらしい。

自民党支持の方は、ま、おいといて〜。そこに不満を持ってる方の、「て、言うか、じゃあ、民主党?え〜」と言った後急速に興味と行動共に先細りしていくのを見たときに「解決法」があった。

沖縄の一区は共産党、二区は社民党、三区は生活の党で「反自民」で統一って、かっこいい!

新知事の、オノレの勝たれた方法の応用だと思うが、そういう小さい者たちの「大同団結」泣かせる!

今は、小さいセクショナリズムに陥ってる場合じゃないからね。これで最後の衆院選かもしれないしね。「アンチ安倍ちゃん」でいいのね。いや、アンチ安倍・こそがいいのだ。そこにしか、打開策はありません。自民党が、なぜ支持率が39%(不支持は40%)でも余裕こいていられるのは、対抗する「もう一つ」の勢力が民主党だけで、民主党もまだ130人ほどしか候補者立てれてないとこ。その他の党はもうどマイナーだから、雲の上から彼らの「潰し合い」を高みの見物してればいいんだもんね。

すごく、理不尽だったでしょう。先の衆院選での、約20〜25%ほどの得票率で300近い自民党の大勝ちという結果。これも「二大政党制」への幻想による失敗よね。小沢君が言ってた「反自民の受け皿」というのは何も大きいものでなくともいいのね。小さな細かい受け皿が沢山あればいいのだ。小沢くんはそこ、ちょっととらわれすぎたかもしれませんね、二大政党制に。

ここはプラグマティックにいくべきかもしれない。いや、そうすべきでしょう。ヤマトンチューにそれができるのか?問題はそこ。

党首が「党勢」を「打倒安倍」のために一瞬忘れることができるかな?

どうだろう?わからない。

沖縄にできて本土にできないというのなら、ではなぜ?

深刻さの度合い。

もしそうなら、おれたちは甘えてる。沖縄に甘えてることになるね。Compassionがない、どアホということにならんかね?

沖縄方式を取れない党首はこの危機に及んで、国民のことよりも、党民やオノレの立場を優先している、そう思われる。此の期に及んで、ですか?そこは「むずかしい」とこなんだろう、組織って。そこから先はもうなんとも言えないが、選挙の際には大同団結、終わればノーサイド、そんなサワヤカ、は政治にはそぐわないのだろうか?

泡沫候補の擁立を止め、各選挙区「サシの勝負」ができないだろうか?いくらデモをやっても「選挙」で負けてたならアカンのだよね。

無理やりの二大政党制でなくとも、そうなれば小選挙区での「死票」は見事に減る。民主主義の「多数決で決めるのだが少数意見も尊重」するという理念も見事に反映される、と思うがどうだろう?
posted by 浪速のCAETANO at 13:07| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

SF-3

見てなかったzeroとnews23の首相の出演した分をyoutubeで見た。
彼は「公的」な立場の人じゃないね。もっと私的な立場にい続けるタイプの人間であるね。

気分は独裁者というよりも地方によくある二代目ばかボンボン社長だね。公の電波に乗るタマではない。

まあ、そんなことを思った時、同様のメンタリティはばかバラエティ番組にあったなあ、と思った。この国の、メディアが超集約的に発達してしまった、状況は、バラエティから政治までがシームレスになってしまってるね。

childish。「そんなら辞めるわ」ってなんだろう?

breakdownしていくなら、「好きなように戦前回帰をすんねん。数の力により文句は言わさん」で、「支持がなくなったら放り出す」と聞こえた。

またかい!

だから、国民としては、戦争スレスレのきわどい状況のなかを国がボロボロになっていくのに付き合わされ、そのメーワクにも遭い、疲れ果てた挙句に、戦争でほんとのズタズタにされるか、あるいはそうならなかったとしても、ぞうきんのように放り出されるかのどっちかしか選択肢はない、ということになる。

こういうの「中世的地獄」だと思うけど、そう思わん方々もイッパイいらっしゃるのかな?どうだろ。よくわからない。

ただ、21世紀において突然の「中世」はきびしいな。

おれ、思うのだけど、政治家はちょっとぐらい「汚れる」のは別にいいんじゃないか、と思う。その分、そういうタイプにしかできないこともあるのも事実なわけでさ。オンナが何人いようが、あっちこっちから、「おとーさーん」と突然の子供出現、そんなのも別にいいんじゃないの、と思ってる。だから、そういうタイプにしかできないことをやってよ、と思う一人です。

小沢くんの場合は「ハメ」です、完全に。裁判で結果出てる。

いま、そのツケが回ってきてるんだね。メディアのミナサマ、そこ反省してないよね。それはさ、首相のようなあのような未完成というかただしくは「未発達」な人格が、最高権力者として君臨することへの油断があったと思うのね。ありえない、なんてことね。

民主党が政権を取った際に「これで自民党は完全に終わった」そんな論調溢れかえってたよね。まっとうな政党としてはまさにそうであったと思う。

でも「まっとうじゃなく」カムバックというのは敵失もあったとは言え、ここ弛緩してたなあ。これが「戦後のユルみ」の蓄積の結果であるなら、それもまた運命。いま、いい勉強させてもらってることになるか。

授業料は限りなく高い、もう次なにも習い事できないぐらいのものだ。

首相の人格的未成熟というか未発達、意外と世のおかーさんたち、感じるのではないかな。あんな子供に育てたらあかんよね。あかんよね、とは思いつつも、オノレの「特に」息子にはいい思いをさせたい、そんな矛盾を孕みながら、家族、子育て、そして日本丸は進んでいくのであった。すべて日本海溝深く沈みそうだけど。−10000mほどあるよ。知ってた?

SF−3として;

戦後の話。前回の戦争のように最後ウジウジしたら、もう今回は2回目だしね、第二次大戦のドイツ…のような立場になることを覚悟しておかないといけない。今回はただの占領じゃないから。分割占領だから。戦争の相手は中国しか考えられんわけで、となると中国とアメリカによる分割統治になる。もちろん西日本は中国なんだけど、その時に東日本の扱いをどちらも嫌がるはず。チェルノブイリなんて欲しくないから、誰だって。

だから、東日本のある地域は誰も手を付けず、九州四国中国地方はchina、残りの本州と北海道はAmericaと最初はなる。その後、日本列島の地政学上の利点はアメリカの戦略上もう「なにもない」ことに気づいたアメリカはその利権を中国に譲渡する。

さて、その時に天皇制はどうなるか?また「難題」きたねえ。中国が「どんだけ」怒ってるかにもよるね。

それはその後の日本人の右翼による日本奪回のおそらくよりどころとなるからね。でもその時には、この戦争の責任は前の戦争の責任の所在ほど「曖昧」ではないから目ぼしい人々はもう粛清されている。お、粛清、だなんて。

中国にとっては「大きな香港」を手に入れたようなものだし、しかし、日本の文化の素晴らしさも十分いまの中国人たちは分かっているわけで、となれば、そう強権的な統治はあり得ない。

まあ、最悪のシナリオだなあ、と思うけれど、だけど、それと今と比べてみたら、どっちが「より不幸か」ってのが「よくわかんなーい」とアホになりながらもう寝るのである。



posted by 浪速のCAETANO at 06:31| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

あ〜あ

どんだけアホの人だってもう気づくでしょう。アホノミクス。

濃いい化粧が剥がれたら超おばあさん、がマズけりゃ超おじいさんでもいいけど、それじゃあおカマだけど、おカマでもいいけど、そういった喩えが「うんうん」な日本経済であった。▲1.6%かあ。きびしいねえ。

リセッションという言葉も出る始末。アジア経済の足引っ張ってるという言葉まで出る始末。NYTimesとBBC両方がそう言っている。言ってしまった。安倍ちゃんの「失政」であるし、これはもう「首相、自慰」しながら「辞意表明」していいよ。

また、戦争が一歩近づいた。こういう状況の時なのだ。失政から目を逸らさせるには何てったって「戦争」が一番。危険よね、これからしばらく。

お金「だけ」はあるっちゅうのがまだ日本のいいとこだったのだ。もうそれもダメ。でもって首相は極右。そんなん世界の「鼻つまみ者」じゃないかい。

円安誘導、何のため?米ドルを守るため、なんじゃそれ。GDPも7割は「内需」ですよ。国民をビンボーにしてどうすんの。もう浮上のキッカケを掴めない人3000万人ほどいるけどね。

おれの実感。この数年、中国人留学生が日本人をそう尊敬してないね。以前に比べてね。以前は「格上」の国に留学してる感が感じられた。今はそういう感じではなく、格下の国。はいそこで、右翼の人イラつかない。GDPで追い越されたんだからしょうがなくない?そこ。特にこの二年、アホノミクスによって日本人によって首絞められた日本人が大量発生しちゃったわけで。円高を維持しておけばこうはならなかった。円の価値はこの2年で6〜7割に下落した。アジアの「足引っ張る」のてどういうこと?

アホによる「戦前回帰ごっこ」してる間に、アメリカのポチの鎖をさらに頑丈にしてる間に、ひとりアジアからも取り残されるなんてね。無能でしたね。

しかしそのう、7-9のマイナスはあまりに痛いね。数字はクールである。よっぽどイんでしまったんだよ、この国は。責任はおれたちには一切ない。そっち方面投票してないし、アホたちが勝手にやったこと。ちゃんと責任取ってよね。解散の「excuse」次第ではチーン・になる可能性だってあるんじゃないかな。何を言うか、です。何を言っても説得力には欠けそうだけどね。

ここで少し冷静になって考えることは、「民主党」があかん、の中身です。菅・野田・前原・岡田、その辺が小沢くんを追い出したとこからケチがつき始めたという認識はあるのだろうか。チョーシ乗った素人集団と言う言われ方、そりゃそうよね、唯一のプロを追い出した訳だから。前述のビビリたちはもういいよ。だけど海江田ちゃんは、今アホノミクスを断罪できるタレントではある。経済評論家、元。そしてネオリベでもなかったように記憶する。党首討論を今やっていただきたい。

あのさ、「経済」と「戦争」は別件だと思ってる方いらっしゃるとするなら、それはアタマ・ゆる過ぎだから、すべての戦争は利害、つまり経済が原因ですから。今の安倍ちゃんのある種のアナクロな「イデオロギー」が前面に出てるなんてのが、なかなか、これあり得なかったタイプよ。彼の頭の中には、この2年間経済のことは大勢を占めてません。ただただ中韓憎し…だけ。イコール在特会です。で、とりあえず株価だけ、円刷りまくって吊り上げとけば文句でんやろ、ぐらいのことしか頭になかった。オノレの興味は在特会とイコール。

でもどうしよう。公明党の議席は減らないみたいだし、これで20〜30ぐらいの議席減では持ち堪えてしまいそうだ。それじゃあ、結局、同じこと。公約になかったことを平気でやる人々だからね。そこに良心の呵責がない人々だからさ。

取り敢えず、期日前投票には行く。今は、行動としては、それくらい。
posted by 浪速のCAETANO at 16:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

It's Sunday totay

予習と期末テストのプリント作りに疲れてちょっと休憩。でもまだ飲めない、残念ながら。

沖縄知事選、前那覇市長が勝ったみたいだね。現職が勝つより良かったのでは。自民推薦候補が負けたことがここではPOINTでしょう。ヤマトンチューもちょっとばかりは抵抗しないといかんでしょうね。期日前投票に行こうと思う。

全部はひっくりがえすの無理だけどある種の流れは形作れる。不自由な社会はやっぱり嫌だからさ。本日は諦めちゃいかんという気になってる。なかなか本質的なパワーは出にくいけど。

ただ、現在は自分の生きてきた中で最も「暗黒時代」である。だから、それよりも悪くならなければ「底」からは距離を取れるということになる。放っておけば最低値が更新され続ける。二極化は続くだろうがジタバタしないと沈んでしまうからジタバタする。

ローズマリーの香りが好きで、よく加湿器のオイル溜めに注いでいる。サカナ焼くときにも欠かせない。スッキリしないといけない時悪くない。柑橘系も好きだ。

そうそう、早老症だ、問題は。そーろーしょーでいいんでしょうか?いや、NHKの女性アナが真面目な顔で「そーろしょーのサルが、、、、」と言ってるのを聞くのは好みだけど、事前の打ち合わせの際には「マジで!」かなんか言うてるはずである。「おれ同音異義症」かなんか調子に乗ったおっさんアナが乗っかったりしてるはずだ。「じゃ、遅老症なんてのもあるんだよね」かなんかカブってきて「それってアンチエイジングってことじゃないの」かなんかまた別のおっさんアナが入ってきたりして一応それぐらいで話は終わり、しかしそれを言わされる女子アナの心の中にはちょっとした被セクハラな気分も残るような気がする。

「首相が辞意を表明しました」なんてセリフも、「首相が自慰」なんて絵が一瞬浮かんでは消え、してるはずだと思って嬉しがってるおれはアホだが、権力者はそういった対象になるべきだとおもってる、権力者なんだから。むかし、たけしがおじい・おばあをいじめたのはやっぱり間違いよ。ちょっと、そこ罪あるね。大金持ちのおじいたちならいざ知らず。

さて、日曜はあっというまに過ぎてしまう。でも、日曜って「わるくない」そう思いませんか?誰とも会わない、そんな日もないとバルカン人にはツラいというわけ。

BACK TO WORK。


posted by 浪速のCAETANO at 21:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そうろうしょうって言うたぞ

早老症で定着していく、でええの?
posted by 浪速のCAETANO at 06:15| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

次、あるかな?

これで最後の衆院選かもしらんなあ、など思ったり。

日本人はおめでたいので前あったこと、またあるさ、また今度、そうなりがちですが。

ユルい。

いや、ユルいのはいいことですよ。おれも超ユル。もう諦めてることもいっぱいある。他人に期待すること、それがまず一番。社会的にはGIVING UPだらけだが、自分のことに関してはまだなんかやれると思ってる。

まあしぶとく生きていくことですね。

これで最後の、なんて言うのにも根拠はある。これから4年衆院勢力が変わらないと言う前提を考える。アベちゃんが首相のままである、と考える。これが前提。ここ、マズイでしょうね。

四年、がギリギリよね。やっぱり戦争を考えてしまうんだね。

今まで起こったことはまた起こるし、これまでなかったことは起こらない、そう思うこと、それが「ユル」ということなのだが、そう思う方はそれで良し。そうではないと思うおれもそれで良し。まだ、精神の自由が憲法で担保されてる時代だからそれで良い。もちろん精神の自由には言論の自由が包含されてるよ。

都知事選の反省を反映した選挙になればいいですね。ネックは赤旗…なひとたちだけど、そことの連携はちょっと厳しいのかな…でも、なんで?打倒アホノミクスなら、連携できそうなものだが。できないと言うのなら、当事者たち同様の戦犯と言えるかな。悪意を前面に出してる分、たちがより悪いともいえるね。

海江田ちゃん、経済評論家だったよね。本領発揮していただきたい。極右の維新とは向こうが避けたみたいだからそれもいい。今、もう終わりかけだから。それよりもちょっと中庸の方々とマイルド連携のもと「アホノミクスにFUCK」で良いのでは。シンプルなコピーでいいさ。それは小沢君の「国民の生活が第一」に通じるじゃないの。

財務、日銀がちょっとあべ離れしつつあるよ。クルーグマンの「日本は10%にしたらチーンである」という意見が大きいのかもしらんね。東大経済学部卒たち、少しはかつての初志を思い出す時ね。

昨日の続きだけれど、日本は情報網、まMEDIAの発達、国土の小ささのために、隅々までの伝達とても速いけどね、アメリカは思いっきり遅い。そのアメリカでやっと、福島の放射能が、、、、、というはなしになってきた。お分かりのように、伝達が速ければ、まあ「ヒトの噂は7・5日」だけど、熟成されつつ広がったものは限りなく「真実」に近いものとして「定着しつつ伝達」することになる。これから、アメリカ市民が「敵視」してくるよ。「うんこ」見るような目で見てくるアメリカ人増えるからね。覚悟しとこう。

日本で、中国人・韓国人に対する酷い言葉が「蘇って」きたけど、アメリカ人が過去に言ってた「JAP」が同様に復活しつつある。こちらは、一般的には悪気ないところ、彼らにしてみたなら、放射能が「攻撃」に思える、そんなやつもいるだろうね。普通に考えればね。

辛い時間帯になるか、と思う。世界の視線が「ウンコ」になったら堪えられんな、と思う。おれたちはそんなつもりないのにね。衆院選は本当に「最後のチャンス」よ。期日前投票には行こうと思ってる。



posted by 浪速のCAETANO at 07:34| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

SF-2

北海道・東北は当時のソ連へ、関東から関西はアメリカへ、九州・中国はイギリスへ、四国は中国へ。そんな分割案があった。第二次大戦の処理案だが。

東京と大阪だけはジョイントとして残す、そんな案だった。

イギリスは今だにイギリス連邦として、女王陛下を戴く国々、for instance、オーストラリアとかさ、として存続している。BBC NEWSなどはだから23億人が見てる。BBCにおいて我が国、「軍国主義」とか言われてた。だから焼身自殺した彼のことも報道されてた。

例えば、そういう分割がなされていたとするなら、おれたちは70-80sには現実より不幸だったかもしれないが、今ならより幸福かもしれない。

まず、福島はアメリカ領だから原発事故は起こっていない。そこに原発まず立っていない。

大阪にしても、あんな男が知事や市長になっちゃいない。

ああいった、恥ずかしくも無謀な先の戦争をした国の処理で結局アメリカの属国となってしまったが、上記の案なら九州・中国地方はイギリス領だから、そこまで下品にならなかっただろうし、下品といってもモンティ・パイソン的下品さが主流で今のような「穢らしい芸人」のみなさまたちにTVを席巻されることもなかったかもしれない。関東関西は、では今のままか、というと、まあ中央という自負はあるかもしれないが、それでも地続きの東北は共産主義だし白河の関などは「もうひとつのベルリンの壁」となったわけだから、冷戦時代はなかなかスリルに満ちたSPYたちの暗躍があったはずで、トノバンはDAVID BOWIEだったかもしれない。

九州・四国は英領だから、今頃飛び地のEUである。もう九州王朝の話も「大手を振って」できる。近畿天皇家の欺瞞と嘘は米領関東関西では信じられてはいるだろうが、そんなもの英領九州では「Such a Shit」である。古事記のちょっとした嘘・日本書紀の激しい嘘もちゃんと整理され、かつての倭国は朝鮮半島の南部にも存在し、新羅と国境を接していたから、しょっちゅう国境線を侵して、そんなくせが残り、九州の男は「まだいまだに意味もなく偉そうばい」そんな分析と開き直りもあり。そこでは古事記は別に要らんしね。更には、書記を旧記で「書き直そう」といった運動が起こっていると思う。もちろん首都は博多である。

天皇制は否定され、その代わりに伝説の九州=倭国の王たち(天武、斉明、薩夜麻、アマタリシホコ、磐井、讚・珍・済・興・武、旨、委与、卑弥呼、スイショウ)の研究を腹一杯して、そして神武までも九州王朝の傍流であることも確定され、であるなら、明治以降の国家神道はオウム心理教とニアリィイークォルであったことも証明され、ほんと史実が明らかになってこんなすっきりすることはない。古田先生は梅原・司馬両氏を足して二で割らないぐらいの崇拝を受けていただろう。

懸念は薩長の存在だけど、だけどね、そうなれば吉田茂も岸信助もまた違うもんになってるわけで、そして国家神道への反省とそれを裏付ける倭国の真実を持って、LADIES&GENTLEMENの国として再生への道を歩んでいたかもしれないのである。

SCOTISHの気持ちが分かる気がしたよ。カタルーニャにシムパシーをおぼえるよ。でも「そのくらいの規模」がいいんじゃないかな、「国」って。

白河の関=ベルリンの壁はまた大変ではあるけれど、そこで、東北側からの壁越えによる犠牲者も何千人と出ただろうが。

「ANOTHER 高い城の男」書いてみようかな。

関東関西圏だけが「今の日本」なのね、その時はね。もちろん、沖縄は「琉球王国」でしょう。尖閣諸島の問題もなし。「大日本帝国主義」もなし。それくらいの規模になると領土欲は消滅してしまうと思うんだね。彼らなら中国・台湾と上手くやって、シンガポールのええとこ取りぐらいのことはしてるかもしれない。基地の問題は残ってるかもしれないが、そうであっても、沖縄が今ちゃんとした自治を持っていたなら基地は今ないと思う。沖縄からは「思いやり予算」なんて期待できないからね。

四国はでもちょっと悲惨だったかもしれない、そう考えると。

しかし列島が小さなヨーロッパみたいになるってことは「そんなに」悪くないと思う。九州中国国は関東関西国とは地続きで、オランダ・ベルギーみたいな関係になればいいのだ。そして日本再統一は夢だということにしてもし再統一がなったとしても、大幅に自治を認め、緩やかな「連邦制」にする。W杯は日ノ本では出ない。五輪だけ日ノ本として出る、みたいな。ここちょっとケーハクに言ってみたけどね。

そんなことを思ったのはね、アメリカの大手MEDIAでも福島の放射線の広がりが言われ出してるってことが動機だったりするわけよ。日本がかつての「タバコ」みたいになりつつある。そして、ここ、日本のメディアでは決して云わないとこなんだけど、ガンと奇形児、mutantesの問題がある。こんなHARSHな意見もあるよ。

「放射線を必要以上に浴びた個体は今の日本の情報状況では何も危険を知らされず子供を作る。それが奇形児としてうまれる可能性は天文学的に高まっているのに。もし彼らを日本政府が見捨てたとする。見捨てそうでしょ、リアルに。それが多発すると、その子を見捨てる親も増える。そこ、全然有りでしょう、五体満足で産まれた子さえ捨てるバカがいるんだしね。その子が高放射線地域に放置されたとする。その子たちの中でも幸運に生き延びる者は生殖する。そこでmutantes(ムタンチス、おれの好きなブラジルのバンドですが=ミュータントたちの意)が次々生まれる。でね、問題は彼らに人権を認めるかっちゅうことなのだ。これ、難問ですよ。今の非情な日本政府ならば、まず無理ね。だって「ビンボーなだけで」はよ死んで、よ。そして福島は怪物たちの住処となるということ。ひどいこと言うてると思われる方いらっしゃると思うが、でもね放っとかれた動物たちは今そんな目に遭ってるんだよ。人権を認めないとなると、そこは無法地帯と化す。彼らが好き勝手する、だけじゃないよ。よそから来て好き勝手もできる。で、結局どうなるか?ミュータント狩りの地区となる。こういう話」

アホか、と思ってくれてOK。しかし、今の行政が続けばこうなる可能性大。POINTは人権を認めるか否か、です。

もうじき本格的にアメリカの市民が「怒って」きます。
posted by 浪速のCAETANO at 04:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

上を見たら、、、笑かす

湿度計の針が30%切っていた。本日はちょっと寒い上に乾燥している。で、加湿器を引っ張り出してくる。

昨日は昼間から個別で大学生・大学院生と英語漬けの1日。最後はJKに数学と生物を。よーし終わった。メシ・サケと思ったら、ヒゲの男からギター教室をちゃんとやれとコンプレイン。で急遽店へ行き、セカンドラインを「カラダ」で指導。シンコペーション、ムズイが決まると気持ちいいんだけどね。

大学院生とは映画監督「アルモドヴァル」について読んでいる。「メザンセーヌ」なんちゃって。「赤」そして「青」。どの映画ももう見た気になる。「オール アバウト マイ マザー」「トーク トゥ ハー」「神経衰弱ギリギリの女たち」「Volver」など。今2つ目の論文で、でも学者ってある意味、ラクね、と思う。ある意味では。そして、「特権階級」ですね。文系の学者って、、、。そんな感想を持った。

解散だって?大阪市民、なんか最近同じ目に遭った。ものすごく投票率が低かったと思う。お遊戯会なのか?

こちらのあの男も立候補するのではないか。そして、大阪市民は「遊ばれた」ことになる。アホを支持するから、なのだが、いい加減わかんないとね。

しかし、せっかくのチャンス、いろいろ協力してみたらいいと思うのだが、できるかな?都知事選みたいなことになるのではないかと気を揉む。それでは与党側の思うツボだ。

大阪市民は今、特殊でまれな経験をしてるよ。見上げれば、市長、知事、首相とみなさまファシストだったりする。他府県に先駆け、一早く、ファシスト社会に生きているというわけでしたね。市長、知事、首相とアホに支配されてもいる。上を向くと嫌な臭いがするから下を向く。10円拾う。うーん。

ゴミを出して、スーパー行って、仕事準備にかかろう。

posted by 浪速のCAETANO at 14:09| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

SF

都知事が、変に「張り切って」東京五輪の際に都の路上でも禁煙!と言ってるが、いらんことすんな、と言いたい。

これは、情報を隠して隠して、その隠した上でのトンチンカンだ。だってね、東京はタバコの害なんてハナクソでしょ。「放射能びんびん」なんだから。

これから五輪まで6年。どうかなあ、開催できるのかなあ?

今、アメリカに於ける情報は;
福島の放射能が西海岸に達した。トモダチ作戦の米軍兵士が被爆への賠償請求。そんなことである。東京はもはや住むべき場所じゃない。東日本でガン多発している。某国の大使館はその機能をシンガポールに移してる。

そんな状態です。ここが日本というか東日本への「穢れ」の視線のスタート地点。これから6年。どーかなあ?

狂気のアメリカ、に陥っていただかないことを望むけどね。アメリカの狂気、とはここ最近日本に向けられてこなかったこともあり、みなさんお忘れかと思う。それは、イラクや、アフガンへと向けられたものだという意識の方多かろう。

一応、同盟国ということになってる、アライアンス。

ここはこれからのアメリカに於ける報道次第だと思うけど、福島の放射能ダダ漏れ、放置してるわけよね。それが西海岸までたっしてる、と。これからずーっと、ね。さきほどの報道が今後6年、五輪が近づいて、日本のことにコンシャスになってくるときに、ここ「見ないふり」してくれるだろうか?

ノン・ではないかな。おれたちは情報隠し、に遭ってるし、特定秘密保護法の下でさらなる情報隠しに遭うわけであるから、そんな、アメリカの眼差しに晒されてることは、一般的には知らないまま過ごすことになるのだろう。

ただし、海外の報道は違うよね。あったりまえだけど。事故から2年半で太平洋を放射能が横断しちゃった、となるとおよそあと1年半ほどで今度はヨーロッパまで到達すろ。その以前に詳細な情報を米・EUは共有しているだろう。おそらく、その時点でも日本はその「漏れ」に関して有効な手を打てていない。それどころか、「そんな」地域に世界中のアスリートやメディアを招いて五輪をやろうとしてる。

非難の嵐に見舞われないかな。

論理的に考えれば「大糾弾」な目に遭う、と思うけどね。

そして、日本の相対的地位はさらにダウンしている。みなさん、オノレが「見たいように物事を見る」クセついちゃってると思うのだけど、隠されてる情報とそこからの想像でこういうことになるのでは、と思う。

最悪なのは「米軍による東日本への空爆」。ありえない話、かな?

もうひとつ、首相の今後、いつかとまでは言えないが、自死だと思う。
posted by 浪速のCAETANO at 11:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

潮目の変化

取り残されてる。

キャンキャン吠える右耳に聞こえるバカ犬たちの鳴き声に気を取られてるうちに大きく現場から水を開けられた。そんな感じの我が国だっちゅうことが明らかになっちゃったでした。

留学試験が終わって、昨日も留学生と雑談していたが、おれたちは以前のように国の繁栄をバックに彼らに対峙できないという現実を思うわけ。GDP半分。お金持ちの数ウン十倍の国がそこにはあった。こちらが「沈んだ」ことも大きいのよ。バカにより、沈まされた。

もちろん、ビンボー人の数もウン百倍いらっしゃるが、そういうネガティヴ、こういう場合カウントせず、なの。

めんどくさい国。日本人が韓国にそう思ってるよね。この国も同様に見られてる。まだ、韓国は放射能ダダ漏れちゃう分、マシだ。

我らが首相が、国内であんなに勇ましく言ってたことを「全部撤回」。こういうの社会性があるっていうのかどうか、よく分からんが、でも梯子外された、キャンキャン吠えてた方々「うーん、もうっ!」だろう。お気の毒。元都知事、現市長の余裕のない声明を、待ってる。

もうチカラがないのに虚勢張るのも辞めなきゃ。そーゆーとこ、プライド要らんからね。そういうので尊敬ってされない。だから、尊敬されるようなとこ、まだまだいっぱいあるのに、そのこととその担い手の値打ちも同時に下げるの、辞めろよな、そういうこと。国が堕ちていく、ビンボーになっていく、とはその担い手が堕ちていくことをも意味する。今わかりきって成果あげてる人たちはもちろん、そこを支える裾野の部分にいる人たちのことを大切にしなさいよ。

アホが発言力を、それも束になって持つって、「間違い」だ。民主主義の限界はここにも。言論の自由を否定せよと言ってるんではないよ。逆だ。今こそ、憲法を遵守してみたらいい。

もう日本は「今」の時点で、お金持ちはお金持ちのまま、ビンボー人はビンボー人のまま、これが決定したのだから、だからおれは残念ながら後者だけどさ、それもなんかの巡り合わせと思ってる。今、流動性がないからね。自分の中ではものすごい流動性あったけど、だはは。ま、そこ、おいといてー。

確かに戦後の教育の片手落ちなとこいろいろあるけどね、「他人にメーワクかけてないんだったら何してもいーじゃん」や小娘が「わたし個人ですから」みたいなことよ。公共の福祉という文言、これが自由権の、ともすれば行っちゃいすぎーのストッパーとなるのだけど、ここも日本人特有の空気感でわかるしかないとこじゃないかな。最終的には「ヒト」やろね。その「ヒト」が存在するから襟を正さざるを得ない、そんなヒト、ね。そこの育成かな、戦後のあかんかったとこはね。しかし、それは文章化、ムズカシイね。まあ、遊びがある法律の運用の中でジタバタするとこですね。

今政治家も「戦後の子供たち」だから、そこいら本当にピンときてるの、そうそういないのではないかと思う。生活の苦労もおそらくはないし。アメリカの目論見の通り、おれたちも若くなればなるほど見事にアホ化も進んでるし。

いや、潮目は変わったんじゃないかな。籾井ちゃん率いる、ヒャクちゃんもいるNHKが「正直に」44点やったからさ。大抵の高校、39点でケツるから。アメリカの財政を救うために国民の首を絞めるってここ、おかしすぎるから、やっぱりね。株で一時的に濡れ手に粟、お隣さんを罵倒しないと精神がモたんヤツ、以上が44点の中身、あとオノレは「支配層」だと思ってるやつね。およそ、勘違いかもしらんでー。時間が教えてくれる。

ホントに変わったか、見極め大切ながら。



posted by 浪速のCAETANO at 04:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

apecなあ

内閣の支持率が44%に下がった@NHK。そんなもんでしょ。でも、反応なんか遅いね、日本人。

アベノミクスがアホノミクスかもしらんと思いつつもアベノミクスやったら小銭儲かるかもしらんからアホノミクスかなあと思いつつももうちょっとだけホじゃなくベと読んどこう、なんて卑しいんだよキミ。小銭じゃなくもうガッポガッポ儲かっちゃってる人らは「安倍ちゃん、チョー支持、マンセー!」とそれは分かる。

それでも、44%もの人が株で儲かってるの?そうは思えんけどね。

ネットを見てるともう暗くなるけれど、そうであるならユネスコ憲章の「戦争はあなたのココロのなかに始まる」が、そーかもね、なんて思えてくる。

ちょっと首相は失敗したかもね。「領土問題がある」を飲んだもんね。右翼の人びとそこは非難しとかないと、してる?

アメリカ型の国家の限界を中国とそしてロシアはうまく「利用」している。プーチンのいいところは民主主義とは言い難い政治体制ながら、ロシアという国を延々「統治」するぞという意志が漲ったりしているとこかな。かえって民主主義の方がええ加減というか任期終えたら「サイナラ〜」でしょう。そりゃガールズpunk bandをベルトでシバいたらあかんけどさ。

アメリカのポチで、経済むちゃくちゃ、言論も不自由になってる我が国の、哀しさはどーしてくれんのよ、と言いたいとこ。公務員の年金には一切触らず、我々の年金で「博打」して、3000億負けて、さらには年金生活者を「株やってる人」に苦し紛れに入れるようなそんな首相よりもずっと哲学もあれば指導者然であると思う。そんな体制よりも、それでもまだ「いろんな自由」があるやんか、がまだ救いだったのにね。

川内原発は「鬼界カルデラ」があるから、ことが起これば西日本も壊滅。福島は、そんな報道を敢えてしないからおれたちはハナ垂らしてるが、海外は相当というか決定的に「f大丸1️ck」視してます。LAまで、放射能きてる。あいつら、タバコで大騒ぎする国民だってのを甘く見過ぎではないかな。そのうちどエライ損害賠償請求来ますよ。国と東電に。

東京ももう住める街ではないのではないか。今、それ言っちゃうと、株も下がり、東京バブルもシュンってなるから、どこまでもかくすと思うが。

でも実際は、政治機能は大阪へ、陛下は京都へ、これが正しいのでは?まあ大阪はバカ政治家の溜まり場になってメンドくさいだろうけど。偏西風の風上に行くしかないのだ。

BRIDGEのアメリカ版リメイクを見てみたが、全然面白くない。国境を越える橋、そこだけ無理やり平行移動してもやっぱダメね。パクりは限界あるわ。フリンジはおもしろいけど。アナ・トーヴはしかしいいオンナですね。今大好き。
posted by 浪速のCAETANO at 22:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

ひんやりした日曜日

なかなか寒くなってまいりました。トドムンドでのお初鍋、いかがでしょう。おこたSET完了してます。

そろそろマフラー、手袋の時期かという気がしてます。さて今年の暖房、どういう組み合わせで行こうか?ガスplus電気だろうか?うちのダイキン、冷房はすごく安いのだけど暖房はまあnot省エネ。風邪引いてる生徒たちも多い。加湿器もだなあ。

極寒の時期、ここ数年マイクロファイバーの世話になっている。すごくあったかい。ウールの毛布ほど重くもなく、ということは羊に迷惑もかけずということになるが羊にとっては邪魔なロン毛切ってもらうぐらいのことなのかな。さほどメーワクでもないのかな。訊いたことないからわからんな。

ちょっと、安楽死のことを考えてしまった。脳腫瘍にかかったまだ若い29歳の女性が安楽死を遂行して亡くなった。こんな場合、遂行でいいのかどうか?それほど善悪の判断もつけがたく、賛否両論巻き上がることだと思うが、看取る、看取られる、という問題もあって。

自分が誰かを看取る事に関して、ここはさほど問題はないのだけどね。られる、のほうですよ。ここ、メーワクかけたくないという気持ちがあるよね。日本の「雰囲気」がそういうとこあるじゃない?特に最近の傾向として。特に、政府の政策からimplyされることってさ、貧乏人どもよ、はよ死んでくれ、だからな。これってヒトは社会的動物ゆえに、なにかしらメッセージを感じてるわけ。

そういうメッセージを発するお前らってなんやねん、という気もするのだが、そこ、サイテーですけど。これだけクラス的に流動性のない世の中になってくると、死に方にもランクが出来てくる。家族に看取られつつ静かに死ぬ、理想的ですが、家族がおらん奴はどーすんねん、ということにもなる。

死ぬのに寂しいも嬉しいもあるか、とも思うけれど、かつての級友が単身赴任先で一人寂しく死んだとかいう事実もあり、そこで今「一人寂しく」なんて言葉になるということは、、、など思うわけ。

しかし、ある意味、周りに人がいようがいまいが、「死」とはある意味「厳粛」なもので、それまでのこの世の社会性を超え、なにかずっと大きいものの中へ帰っていく儀式である、そんな考えもアタマに浮かび、混乱してくるわけよ。

うちのネコたち、みなさんいい死に方をしてくれたという自負はあるのだうけど、ひとりひとり訊いてみたならほんとはそれぞれ不満があったのかもしれず、だったらごめんね、としかいいようもないけどね。

死ぬのもパフォーマンスという見方だってできる。そこまで笑かさんでええよとも思うけれど。

植物人間で生きてるのもどうかと思う。過去の人間ならとっくに死んでたところを生かされて表情のない、あっても惚けたような、そんなものを晒しつつ、管まみれになって生きるというのもどうか。避けたい。

問題は医療技術の進歩によって、自然に死ねないということかもな。自然に生まれる、と、自然に死ぬ、は対応するべきだと思うし、おれも延命措置はしていただきたくはない。こんなことはないですかね?オノレに関わってくれた方々の生命はほんとにありがたく、いくら感謝してもしきれないと思うが、こと「オノレ」に関して言うなら、そんなに、って感覚。自死はいけないと思う、今は。しかし、安楽死を選んだ彼女のように未来が「確定」している場面ではどーか?周囲の人間を「自由」に、できるだけ早く、してあげることもその理由にあったのではないかと推測する。安楽死はマイルドな自死である。生物学的な寿命が大変な確率で決定している時にそれを一般化して良し悪しって言えないよね。

ただ、生命力の続く限り生きとくべきだ、とは思う。なぜか、「殺される」人たちが後をたたないからだ。極論を言うなら、ISISにシムパシーを持つごとき発言にどうもおれは馴染めない。宗教的バックボーンの存在をその根拠にしてる方、多いけどさ、それはあまりに想像力を欠く発言の数々ではないのかな、そう思ってる。過去は過去だから。そこから学ばないのってなあ。キリスト教社会の論理の行き詰まりはわかるとした時に、another砂漠の宗教かい、と思ってるかな。であるとするなら、おそらく人類は種として完成度超低く、これまでの発展らしきことはこれもおそらくほとんどが「誤り」であることを認めたほうがいいのではないか。

これまで理想とされてきた「アメリカ型の国の成り立ち」も相対化されつつある昨今だ。ある意味、人権などを軽視せずにはやってけない、そんな敢えて言うなら「中国型」の社会に取って代わられる契機になっているのでは。

地球の事情、こんなにたくさんは住ませらんないよ、といったことも、みなさん感じてるのではないのかな。それは所謂「ヒューマニズム」の限界を意味している。日本だけじゃなく地球規模でも「良き時代」はすでに過去のものになっちゃってるのかもしれない。ベルリンの壁の崩壊から25年、この間の世界の「崩壊」は目に余ることないですかね。ここ、全然DEADENDだからね。本格的に厳しい時間帯になってきた。

日中の首脳のほんの20分の「お話」決定したみたいだけど、その折衝にあたったおっさんが誰かを知ったら、楽観できないです。日米開戦の時と似てる。握手しながらもう一方の手に武器を隠して、そんなことである。決裂とかならないことを祈ってるけどね。内閣の国民向けのウソは外国が当事者となった瞬間にチョンバレのこと、多いです。来月からは秘密保護法の時代になる。リアルに「戦前」です。個人が生命を大切に、、と思ってもそれが不当に邪魔される、そんなことだってあったりする、虚しいことにならんこともこれまた祈る。
posted by 浪速のCAETANO at 13:40| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

おにぎらない幸せ

ランチアがアウトで、しばらくクルマ断ち。

最近は愉しみで乗ることがなくなってた。てんで走りにも行ってない。だからしばらくの間クルマ断ち。

ちょっと様子を見て、小さなクルマを気長に探す。中津にいるとあまり必要ではないのね。

毎日酔っ払ってるが、その間に世の中は恐ろしいことに近づいてるが、もう直視できずに酔っ払う。みなさんも直視できないでしょう。直視できてもどうもできんからさ。オノレを見殺しにするって、ねえ。

そろそろ受験が始まって、ちょっとバタバタしてきた。本日から公募入試始まった。毎度のことながらせわしない時期になってきた。

最近、おにぎらず、にハマってしまってる。歴代ヨメ・カノジョたち、ほんとに料理ができないというかやりたがらないというか、食べるのだけは大好きというか、そんなじんかくのもちぬしだったから、おれは料理が苦じゃなかったこともあり、キッチンはmy spaceだったのだけど、彼女らにも美点があって、それは「おにぎり」が上手かった、ということなのであって、まあゴージャス弁当作ってドライヴでも行くか、なんて時に、料理はおれがつくるのだけど、そのよこでタイミングを見計らって炊き上がった炊飯器を開け、豪快に、ほんとに豪快というのが当たってるのだが、おにぎりを握ってた。その時だけはまあ、あんまりない「連携プレー」だったのね。まあ、お弁当だから、おにぎりないとはじまらんのよね。いい仕事してたよね、彼女ら。

オノレのために、おにぎり、はないいのであって、しかしだからといって、コンビニのおにぎりは気持ち悪くて喰えず、もうそんなおにぎりとの縁の薄さは、運命として受け入れつつあったのだ。

そんなころの、突然の「おにぎらず」だった。いやー、ナイス。ヴェリーナイス。

卵焼き、明太子、鮭ほぐし、大根の葉の炒めたの、紫蘇、南高梅、豚バラのオイスターソース、胡瓜、なんかそんなのを具にしておにぎらず。幸せである。生きててよかった。これ実感。コメを食うなんてのも1日1回ぐらいの話だけど、おにぎらずはもうそこに全てがあるから、銀シャリと雑穀混ぜたのを半々でパクリ、とあまりにあっけなくもあるが、断面の可愛さとかなんかいいのね。

そんなことで、本日もおにぎらず、でありました。

posted by 浪速のCAETANO at 15:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

the Way to San Jose

「THE WAY TO SAN JOSE」

サンノゼへの路、知ってる?

わたしは長いこと行ってなくて路間違えて迷子になるかも

サンノゼへの路知ってる?

サンノゼで心の平静を見つけるために今帰ろうと思うの


LAは巨大なフリーウェイで 100$紙幣を貯めてクルマを買う

一週間かそこらでスターなんてこともあり得るし

数週間のつもりが数年になって なんて素早く月日は流れるの、なんて

そして、過去には一般人だったスターたちが今クルマを駐めてガソリンを入れてる


サンノゼは空気がおいしいのよ 広いスペースがあって

わたしがいれる場所ね

サンノゼで生まれ育って

そしていま、心の平静を見つけにサンノゼへ帰ろうとしてる


名声や富って磁力があって

それがあなたを引き付け故郷から遠く離しておく

成功の夢があるからね

あなただけじゃなく、夢が埃になって飛んで行った人はいっぱい

そして友達もいない

だからクルマに荷物を詰め込んでバイバイ

サンノゼには友達がいる

サンノゼへの路、知ってる?

LAは巨大なフリーウェイ 100$紙幣を貯めてクルマを買う

一週間かそこらでスターになるかも

数週間は数年になって なんとまあ時間の過ぎるのって早いの

そして過去に何でもなかった今のスターたちがクルマを駐めガスを入れてる


サンノゼには友達がたくさん

サンノゼへの路 知ってる?

サンノゼへ戻ることが待ち遠しいのよ


by Hal david
posted by 浪速のCAETANO at 16:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

綺麗な月の夜らしい

風呂の窓が西向きで、小窓を開けると月が見えた。なんか「ありがたい」月だそうでみなさん騒いでいる。

みなさん騒ぐ、となると、「だからなんやねん」になるのが天邪鬼ということだが、、さわいでたみなさんの見たものは「東〜天頂」の月だろう。おれは、「旬」の過ぎた、午前4時の月を愛でていた。売れ残りの惣菜みたいだが、50%オフの。ええもんが残ってたりすると、でも、俄然忘れてたお値打ち感、急上昇する。月は「劣化」しない。

雲かかってたけれど、さほどいつもとは変わらん、いつも見てるような、いつも通りの月だったけどね。普通に綺麗だった。「ふつうに」だって!

つい最近だったか、同様の時刻に魔法瓶水筒に酒詰めて、中津の中央公園で月見してたなあ。それも悪くなかった。シーンとした静寂なる空気が中津にもあります/ありました。人口密度低いとこではいろんなこと起こる。ヒトが触媒にならないとこがいいよね。

一般の人たちが、月、日食、流星群みたいなことで騒ぎ出すってのは、まあone of entertainmentsかとも思うが、未来というか将来のことを積極的に考えたくないことの現れとおれは見てます。

こないだまで80円\ドルだったものがもうすぐ120円\ドルになる。アホを首相にしたらあかんし、その支持者もアホ'sゆえしゃーないとこだけれど、どエライことになりますけど、ほんとにいいの?

いま、世界初の「スタグフレイション」が進行中です。インフレとデフレが同時に来るってことね。日本自体が「分断」がされてるのね。簡単に言えば、都市中心部ではインフレ。その他はデフレ。都市中心部って、面積にしてみたら1/100000もないけどね。

月=自然物とするなら、草、木、山、海、川、森、そんなものも、愛でる余裕が欲しいけど。それらは、ひとは勘違いしてるが、おれたちの手の届くとこにはないのよね。気が付いた時に「そこ」にあったのよ。月と何が違う?おんなじですよ。おれはそう思う。

無理やり聖徳太子に比定されてる「アマタリシホコ」=(隋の煬帝に喧嘩売った九州王朝の天子)は太陽の光、無限に湧き出る温水@伊予=今の道後温泉、は分け隔てなくすべてのひとびとへ、公平に、と言った。

おれたちに恩恵を与えてくれるものに対して、それらは「何も言わないから」と言って収奪し続けるのは倫理的にちょっとおかしい。そもそも資本主義に参加できる人間は「その倫理」を持たずしては参加不可なのだから。

理系の人間は「研究ばか」でいいのよ。経済に色気出すのが大間違い。そういう中から、小保方ちゃんみたいなのが生まれてくる。mediaは「うんこたち」である。これも80sからの常識。TURN OFF TV。見たい番組は録画で。

最近、北欧に惹かれてる。北欧はいい。アメリカ、ロシアの影響から、それぞれ異なった意味で自由なのね。EUのコンセンサスともなんか距離感がある。デンマークもスウェーデンも入っちゃいるけどね。

彼らのいいところ、タバコむちゃ吸う。ポイ捨てする。あ、いま、敵一杯つくったけどね。別にいいですが。

タバコに関して、おそらく間違った言説、アメリカからの、にコロっとやられたバカ日本人だけど。副流煙がどーちゃら。証拠出してみろよ、この低脳、ぐらいのことは言いたいんだよね。あのさ、追跡調査って大変よ。そしてタバコ以外にもヤバイ物質、アホみたいに飛んでるのが特に今の日本じゃ常識でしょ。放射能は見えなくてタバコの煙は見える。おまえらか、アホは、と言いたいわけである。「清潔」のなかで生き続ける、そんな幻想持つの辞めたらいいのに。アホのくせに。いやそこはものすごい時間と労力、つまりコストですよ、コストかけて「最初の」結果でるまで何十年もかかるわけよ。そこからそれに対する反論の調査だって、また同じぐらい時間かかるわけですよ。ヒトの一生というのが対象なのでね。あのさ、タバコの害が本格的に言われだしたのってこの20年ぐらいちゃうの。笑かすな、と言っておきたい。アタマ悪すぎ。ちょっとは自覚しろよ。あ、自覚できないから、アタマわるいわけね。了解了解。

だいたい、その程度の日本人とそれを形作ってきたmedia。それさあ、戦争直後のアメリカの思うツボやん。怒れよ、右翼。そこ、怒らずして一銭の値打ちもないで、キミら。

親米右翼とは論理矛盾だからね。首相は、それよ。それ、見極められなかったらしょうがないよ。

戻るが北欧のクルマ、VOLVOとSAABに乗ったが、あれ、ジャンルちゃうね。ヨーロッパ車とも言い難く、ドイツ車とアメ車を足して2で割るんだけど、まだちょいと言い足りない。 ズラタンとアンデションかなあ。大型犬。賢い大型犬、そんな感じ。マニュアルのクルマがあればまたのりたい。還暦過ぎたら乗ろうかな。

デンマークとスウェーデンの間の海峡に8kmの橋が架かってて、そこは勝手に行き来出来て、国境もまあEU内だからあってなきがごとし、なのだが、その両方にまたがる話がドラマになってるんですが、いまそれに夢中。
「bridge」と「The Killng」なのだけど。サーガ・ノレーンとサラ・ルンドに夢中です。ヒロインですが。二人ともええ歳のおばはんと言ってもいいけれど、夢中。

super dramaTV入ってる方、是非。あ、でももうおわるけどね。掠ってみて。

posted by 浪速のCAETANO at 06:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

タワーの下で

「タワーの下で(beneath the tower)」

ほら、半分も欠けてる 右側 まるで見えない

でも今 想像もつかない 出来事 始まる兆し

ザワザワと来て ぐるぐる回る ヘラヘラとして ケケケと笑う

タワーの下で 待ってる 夜に

窓から見て わかったらおいで

明かりがなくなる前に フラフラ出てくればいい


ほら、消えてしまいそうさ 足元 躓きそうだ

でも今 想像もつかない 出来事 起こり始めた

グラグラと来て スイスイと行く ララララララ あ、歌ってる

タワーの上に のぼれば届く

そんなきみの意見を 試してみるのもいいさ

100メートルのぼくの影が 見といてあげる 消えるまで

おしゃべりな月の相手 今夜だけ付き合おうか

明かりがなくなる前に フラフラ出てくればいい

おしゃべりな月の相手 今夜だけ付き合おうか

おしゃべりな月の相手 今夜だけ付き合おうか

おしゃべりな月の相手 今夜だけ付き合おうよ


by marutanikaz , contained in "Let's Spin" of Parabola Spins from the Label Rafflesia in 1993
posted by 浪速のCAETANO at 15:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MarutaniKaz 詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

遠い結論

「遠い結論」

太陽が沈む きみの顔が 染まってくよ 真っ赤に

ねえこっち向いてよ 赤い色のままで

コーヒーあるよ 熱いの

森の緑が また濃くなってきた もうすぐ空と溶け合う

赤と緑でどんな色になる

迷ってるうちに 闇が優しく 包んでしまうから 今日もまたさ

結論は出ない 明日の約束 考えてるうちに きみはもういない


太陽が沈む 森が呼んでる 内緒の話 あるんだ

ねえ行ってみようよ もう少し奥へ コーヒー持って 熱いの


ビロードの苔 裸足で踏む 木立を縫って歩いてく

なんだか夢に 出てきそうな 落ち葉のゲートに たどり着く


迷ってるうちに 闇が優しく 包んでしまうから 今日もまたさ

結論は出ない 明日の約束 考えてるうちに きみはもういない


確認したいんだ きみの気持ちも「夜」になってるの?

一番高い木の上の 天使の寝床を借りたくて


迷ってるうちに 闇が優しく 包んでしまうから 今日もまたさ

結論は出ない 明日の約束 考えてるうちに きみはもういない


森の緑が また濃くなってきた もうすぐ空と溶け合う

赤と緑でどんな色になる


迷ってるうちに 闇が優しく 包んでしまうから 今日もまたさ

結論は出ない 明日の約束 考えてるうちに きみはもういない



by marutanikaz, contained in 'Let's Spin' by Parabola Spins from the Label Rafflesia 1993
posted by 浪速のCAETANO at 18:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MarutaniKaz 詩の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I say a little prayer

「I say a little prayer」

目覚めた瞬間 メイクをする前

ちょっとした祈りの言葉をあなたのために

髪をといてる間 そして着るドレスを迷ってる間

ちょっとした祈りの言葉をあなたのために


永遠に ずっと あなたはわたしの心の中にいて わたしはあなたを愛してるの

ずっと いつまでも 私たちは離れ離れにならないの どうやってあなたを愛し続けようかしら

一緒に一緒に

あなたなしで生きること それはきっとわたしのハートが壊れることにしかならないの


ねえ、バスに乗ろうと走って

ねえ、乗ってる時にふたりのことを考えるの

祈りの言葉をあなたのために

仕事中 ちょっと時間をとって

そしてコーヒーブレイクの間じゅうもずっと

ちょっとだけ祈りの言葉をあなたのために


永遠に ずっと あなたはわたしの心の中にいて わたしはあなたを愛してるの

ずっと いつまでも 私たちは離れ離れにならないの どうやってあなたを愛し続けようかしら

一緒に一緒に

あなたなしで生きること それはきっとわたしのハートが壊れることにしかならないの


ダーリン、信じて あなた以外には誰もいない だから愛して
あなたに夢中 この祈りに応えて 愛してるって言って
毎日 祈ってるの ちっちゃな祈りだけれど


by Hal David
posted by 浪速のCAETANO at 07:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訳詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

the abandoned

Frank Zappaが言ってた。「政治は軍産複合体のエンターテインメント部門である」と。

イスラム国の残虐映像と女の人たちの奴隷化、まあ普通オエーであるが、そのひとびとの悲惨などどうでもよく、その軍産複合体にとってみたら「これでしばらく在庫捌ける・OKOK」なのだろう。ISISも元はと言えばproduced by USAなのであるし。by ISRAELといってもいい。なんか入り組んでるみたいだが、意外と根っこは単純かも。残虐行為の働き手の意識と上のそれはまた違う。

戦乱の絶え間ない継続・これこそが「理想的」なわけで、ここ「かれら」には感情は入っていない。

ただそのプログラムに従って、中東は中東、東アジアは東アジアで、政治家や財界人を巻き込みおのれらの都合いいように工作するだけである。でもやっぱりそれに対抗するのは「政治家」なのだが、我が国においてはもう「望みゼロ」。「使われてる」だけ。

怖い話があって、それは福島での米軍による「トモダチ作戦」の際に被爆した米軍兵士による訴訟(民事)でどエライ額を支払わさせられることになるというもの。それは、今福島の放射線汚染が太平洋を横断してしまってることへのアメリカ人の「恐怖と怒り」がベースになってるのだけど、チェルノブイリを超える被害を出しておきながら先延ばしする当事者たちへ「勘忍袋の尾が切れた」ということなのだろう。

ギャグとも言えないと思うのだがGoogleの地図から福島だけでなく東京も「消えた」りしている。そんな都市でオリンピックなんて、ねえ。まあ東京の、欲に目、眩んだ方々はanother BUBBLEで嬉しくってしょうがないのだと思うけれど、でもさ、その落とし前はさ、愛する娘とかに出てこないのかな、老婆心ながら。
政府やmediaには今や「先を見る目」がないんだから、もうオノレの身はオノレで守るしかなく、とは言っても、BUT HOW?なんだけどさ、身を守るといっても、あまりに様々な危険があってどこからどう対処、、?そんなことだ。生活の質が落ちていくひとびとが大半であって、そこのstruggleでエネルギー使い果たすのが現実だろうなと思います。放射能のことは「置いといてー」となるのもわからんでもない。だけど、もうじき出てくるよね。取り返しのつかない「不具合」が。

TOO LATE。

もうでも、この国は「支離滅裂」だ。放射能で死ぬヤツは死に絶えるのを待ってる、ここがホンネでしょ。アメリカ人の真似してこれ以上「賠償請求」されたら破綻するもんね。保護法により機密は最大限漏れないようにしたのも軍事国家のためだけでもない。福島の記憶をできるだけ消したいのだと思う。現にそうなりつつある。だけど、かつてなかったような「ガンの頻発」がそのうち起こる。もうすでに起こってるんだよね。隠してる。でも、隠しきれなくなる。そんな意味でも、戦争の危惧の蓋然性は高まる。目を逸らすための。

そこには他の理由もある。あと5年もすれば軍事力の中国との逆転がある。おそらく、首相自身も、その任期がいくら「無制限」とは言え(党の総裁任期は最長6年だが党則はなんぼでも変えられるし)、独裁者を目指しているらしいけど、目指すのと、、、でありつづけるのとはまたちがうし、いくらネトウヨの「後押し」があったとしても「政策がすべて失敗」なら、持ち堪えられんのではないか、と思う。だからその前に「戦争(広義の)」となるのだけど。

その失敗も、だいぶ表面化してきてる。年金を「相場」につぎ込んで3000億の損。消費税が「福祉に」なんてのを本気で信じてるみたいな街頭インタビュー、よくあるけど、それあんた、おめでたすぎ。「はよ死んで」と言われてるわけよね。日本人の中にはもうイデオロギーなんてものはないですから、ただ生活の実感から発される言葉だけはまだ存在すると思うが、じゃあ、それはどんな形を取るかというなら、ちょっとでもここまでの最後で成功している人々は、そこ守るしかないから、結局は首相とその周辺を支持、ということになるよね。

この国は「MONEY」がカミであり信仰だから。きれいごとも、実はもう「存在しない」わけで。日本人の「GREED(強欲)」は世界的に見たら大したことないけど、その大したことないぐらいの欲しか持ってなかったから70-80sは上手くやっていけてたわけ。そこをアメリカに学ぶ必要なんてなかったわけよね。そう考えると今は「明治維新」のころと似てるかもしれませんね。その保存されていた「善きものとその担い手」を完全に潰すってのが小泉くん以来のこの国の政策だった。グローバル スタンダードなんていつだってロクなもんじゃないな。

つぎ、こういう機会があればここ覚えとくとこだけど、あるかな、そんな機会なんて?

posted by 浪速のCAETANO at 12:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする