2015年07月07日

さーて、次 次

あー、長かった。やっとさっき、期末テストのお勉強終わった。長かったです。大体3週間ほど身動き取れなくなるのね。

いろいろ劣化しつつある世の中を地面近いとこで「支えてる」気もしてるけどね。ほんとにTINY WORLDながら。まあ、それでいいのだが。

しかし今日は、眠かった。学校で化学の問題やらしてる時、寝てたのではないか、おれ。だはは。ま、その後の解説がEXCELLENTだったということで結果オーライということにするのね。

しかしちょっとこたえた。今回は「曲作り」というそれがあることがゼロサムのこっち側をどんどん侵食するものがあって、でそうなるとゼロサムでは厳しくて「プラスサム」に持って行かんといけなくて、ということでニンゲンデカくなったかも。そんな推論も仮説として成り立つ気もするこの3週間。8月からはもひとつ始まることがあるのでまたまたこういう時の対策を考えとかんとなあ、など思ってる。24時間だけはもうひろげられんからねえ、それ以上。そして今は「非効率」を心掛けてるから。人が人に対する際の「効率は不実」なのよね。若いヤツにはなかなか理解できんと思うが、これまで「無意識に効率を選択していた」おれが言うからにはここ、真実なのよ、いや、マヂで。

効率に走っていいとことあかんとこがある。そういうことね。対人ということでは「business mind」というか「businessman mind」はホンマいらんゆうことね。能力はひけらかなくとも「見えてくる」ものなのであって、そもそも、こういうことも他者の評価になにかを委ねてあるわけで、そんなことも自分はもういらん気がしてて誰からどう思われようが、もうどっちでもいいのである。自分はもう何ができて何ができないなんてことは充分にわかってしまってるからだ。

生き続けるということはなかなか奥深いものだね、と最近思う。

音楽でものを考える、これは言語の限界を超えるものへの有効性、まあ社会化というか一般化されてはないが、ここ悪くないなあと思ってる。それこそ言葉足らずになっておれのような「知恵遅れ」にはたからみたら見えるのは「御愁傷様」だが、ただね、言語を超えるものにしか興味がないんだから「しょうがない」んだもんね。ちょっとお勉強できた自覚のあるやつのおもんないのはそこでね。おれはだからむかしからアホが好きね。言葉はツール。かなり「いい線」行っててもまだ未踏の地・No one has gone beforeってとこがあるのね。オノレの言葉で訥々と語ろう。おれもそうしてる。世のヒエラルキーにはその前提として何かの不調がある、がデフォルトです。ほんまにいぢめたろかこいつ、と思うようなんはいっぱいおるよね。それは何かしら不調なものを前提としたものの中でのオノレの評価を「得だからまいいか」と受け入れてそれが習慣となってる油断してるバカ。ほんとの知性があれば、まあそのうちわかるかな。手遅れにならんことを祈ってるけど。

楽器をやるってやつはそこに救いがあるとおれは思う。それと快感原則に忠実というか「弱い」。そこ、大事なことだと思うのね。今現在はおれたち「狂ってる」からまだよくわからんが「過去」に於いては気持ちいいことだからやり続けることができ、それが広義の発展に寄与したことがおれたちの今を成り立たせる一因になったってのがあるでしょう。もう今は充分歪んでてアホの人たちはカネのことしか考えてないし、まそこが史上最大のアホが首相やれるBASEを作ってるわけだけど。自己とシステムの不均衡という不幸を生きてるのはみんな一緒。オノレの中にPARADISOもってないとツライからね。

シンプルさって大事か、と思う。喜びって究極、そんなとこに落ち着くから。


posted by 浪速のCAETANO at 02:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする