2016年07月01日

実は元旦

まるで、梅雨が明けたかのような質感の天気だ。暑い。

それでもまだ30度前後?充分夏だったけどね。

おれたちが子どもの頃、夏は「こんなぐらい」だった記憶なのだけど、おそらく世代によって夏の暑さの定義は変わるんだろうね。the younger,the harsher,i guess.

iphoneのバッテリーがどうも死亡したみたいで充電が出来ず、修理に持っていく。チーフの彼はchineseだった。しっかり治ってたよ、ありがとう。

インドカレーを食ってるとき、親父が再度気道切開の手術をしてもう終わったというメールが来ていたのに気づく。あー、マヌケ。

しかし、いつも、LINEが繋がっているという「前提」はどうなの?アホの人たち、そこ、ほとんど疑問もたないみたいなのだけど、どーなの?

まー「別んとこ」アホなおれに言われたないやろけどね。

もう親父も老人であるから、そして寝たきりをやっちゃってるから、なかなか回復は難しいと思うんだが、それでも「生きなきゃ」いかんのね。周りの関わる人間が「ほぼ全員」生きましょう!とビックリマーク付きで言うから、「いやー、てゆうか…」とは言えんもんね。

生きる気とは食う気と繋がってる。O型の親父などそこらへん分かりやすい。食い意地は張っている。昭和一桁。驚かされる。しかし、老人であるからいつ何が起こるか分からない。その覚悟と準備は必要。まあ免疫機能も落ちてるはずなのだ。ちょっと今までとは違うな今回はと感じる。

親元離れて暮らす、はそこがやっぱりdisadvantage。大阪という街は関西の子が多いからね。そこ、あんまりピンとこんだろうな。東京なら、そんなケース多いけどね。

がんばれるだけがんばって。頑張りたくなけりゃ、それでいいよ。ひとはオノレの命ぐらいしか、本当に自由にできるものはないのだ。


さて、二倍年暦で言えば、今日は後半の元旦にあたる。

みなさん、おめでとうございます。カタチだけおめでとう。

今朝のポルトガルvsポーランド、凡戦だったが予想通りポルトガル、semi final進出。これもおめでとう。今回、気負いがさほど感じられない。だからいいね。

今日はというか明日の明け方だが、一番面白い。ウェールズvsベルギー戦ね。こっちのブロック、ほんとワクワクする。ベルギーは強いと思うが、実はあまり国際大会で上に行ったことないのね。だから五分だと思う。

おれはベイルは次のバロンドールだと思っているが、今回はというかこんな大きな大会お初だが、今一番見ていて楽しいジョガドールだ。速いし上手いし強い。タレント軍団と言われるベルギーの個人よりもも一つ上。

店は定時で終わりますよー。







posted by 浪速のCAETANO at 15:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする