2016年07月05日

今日も暑いぜ

今日も暑いね〜。夏やししゃあないが。

パンイチの夏。日本の夏。昨日はちょっと失敗したが。玄関は閉めて、パンイチのばやいは。

もう昼間っから飲むしかないもんね。飲み出し時はおー冷える、だが飲んだ後は熱くなり、パンイチのばやい、もう「脱ぐもん」が限られて問題である。ゼロまでで終わるのが切ない。

期末テストがほぼ終わり、ビンボーなのに忙しい状況からは解放され、ビンボーでヒマというまあそれもナンだけど、ギターとか落ち着いて弾ける状態へ。

録音でもしようかな。

悪くないな。

中津に涼しい、いい喫茶店を見つけた。家の中でiPadに向かってると、だいたいそうなるのだが、煮詰まることがある。まあここで言う煮詰まる、とはもともとpositiveな意味だそうだが、今はややnegative meaningで使うね。

そんな時、憧憬のおばあさん喫茶などが近くにあればその時おばあさんは「マリア」となるのだが、残念ながらお近くには、ない。

しかし、元おばあさん喫茶の名店が中津の路地の中に移転してきた。さっき初めて行ったが、良かった。静かだし、ちょっとした小庭も好みだった。行こう。良かった。中崎町などにも好みの喫茶はある。タバコ買いに行ったついでならどこでもよかろう。ただ、日常ど真ん中で、あんなとこはこれまで中津にはなかった。朗報だ。詩も書けそう。訳も出来そう。コーヒーうまい。

コーヒーは毎日4..5杯飲むので。コーヒーなしの苦しさは酒なしよりも苦しい。ぐるじい、がより適切かな。

さて、着々と審判の日、近づいてきてるよ。どうなることやら。

真性M体質、、、治んないだろうなあ。いぢめてるつもりでいぢめられてる、そしてそれが「いいっ!」というなかなかこんがらがった性癖の民族であるから、そしてそれが性癖であるなら、「お好きにどうぞ」としか言いようもなく、しかし、それが多数派であるなら、それもまたどうしようもなく、せめてマイノリティの意見も聞いてよね、お願いね、ぐらいしか言うことはないのである。

マイノリティの意見をちゃんと反映してくれればいいよ。勝ち負けには興味なくなった。負けるの決定の中でいかに譲歩を引き出すかという戦略の方が良くないかな。そんな気さえする昨日今日。

あの連中のキモさ、ってほんまに「おえー」であるが新興宗教の人たちだから、それが束でおるから、出来るだけ距離とるぐらいしかできない。

新興宗教イコール国家神道で、その根拠をauthorizeするのが本居・松下・平田で、偽りの「紀」をSTORYをnonと言えないがための硬直があって、そこを学者も「全員」見て見ぬ振りをし、それの「どこ」が問題かということがうやむやになってるから、森とかいうあんなのの国歌云々の的外れな話になって、あれどっちもなーんもわかってないからね。

「あの歌」が本当は何なのか、誰を讃える歌なのか、そんなことも知らずにようやってるよ。真の文脈の中に戻してあげたい。「うちてしやまん」だってそうなのよ。国家神道の枠内には決して収まらない歌でした。ざーんねん、また来週。











posted by 浪速のCAETANO at 17:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする