2016年07月19日

そんな時、神様は現れない(毎度のこと)


Japan's GPIF had portfolio losses of over $50 billion last fiscal year.

 

Japan's public pension fund, the world's largest, logged more than $50 billion in investment losses last fiscal year as the yen surged and Tokyo stocks fell amid global market turmoil, a person with direct knowledge of the matter said. 

Portfolio losses for the Government Pension Investment Fund for the 12 months through March were between 5 trillion and 5.5 trillion yen, the person told Reuters on Friday, speaking on condition of anonymity as the results are not public. 

The $1.4 trillion GPIF has taken a more aggressive investment stance in recent years, shifting towards stocks and away from low-yielding Japanese government bonds, in line with Prime Minister Shinzo Abe's push to deploy more of Japan's huge financial assets in riskier investments and boost economic activity. 

The Nikkei stock average fell 13 percent last fiscal year. 

The GPIF plans to announce the fiscal-year results on July 29, the source said. That is later than the usual early-month timing - and after a July 10 national election.


50 billion $ってわかる?1 billionって10億よん。それが50個、つまり500億$。1$およそ100円としよう。5 trillion yen。5兆円ね。やっぱり5兆円や。this fiscal yearとは今会計年度ね。P&G時代に500回以上使った言葉。1 trillionのとこで日本語の1兆と「合う」のね。million、billionはピンとこんでしょう。その結果、公表されてない。匿名で関係者が語った。

1.4 trillionを国債から、より「リスクの高い」stock(株だね)へとシフトした。日経平均は1年前より13%下げ。GPIFの今年度の結果発表は7/10の参院選の後(いつもはもっと前)、7/29にするんだよね。


まあ、ものの見方にはいろいろあるから、そこまでの運用がもっとplusが出てるからいいじゃん、そんなことを言う方もいらっしゃる。

ただし今会計年度は5兆円のロス、ということ。5兆円、よーわからんね。1%の消費税アップで2兆円の税収が期待される、と言われてます。あらら〜。今後の増税分、食っちゃったね、て言うかドブに放ったね。2.5年後には覚えてるやつもおらんからええか。

日本の株式マーケットは「官製相場」。年金の(つまり税金の)蓄えを惜しげもなく使って「買支えられて」いる。もう4・5000円下がったよね。つられて買ってた方も御愁傷様。そこまで儲けたからええか。そんな方はアホノミクスはアベノミクスなんだよね。勝つ、がいれば、負ける、もいる。そういう世界。「博打」と言いますね。やる人を「博徒」。博徒な首相がみんなの貯めたお金で博打をやってる。ここ、なにか間違いありますか?ないよね。

年金、おふくろの話を聞けば、もらい始めた頃より3・4万総額で減ってるって。年金の目減りにより、まかないきれなくなって養老施設を追い出されるおじいさん・おばあさんも増えてきてる。そこの実感なのよね。


この国にBernie Sandarsは現れない。シールズだめ、しばき隊だめ、学者の会だめ、三宅くん?。ポイントは貧困の実感、かな。今、貧しい人たちは、たとえば生活保護とかじゃなくね、オノレで生きてる人ですが、「なんかちょっと足りないのね、お金がね」惜しい足りなさなのね。その感じ、って意外と共有できるんじゃないの、とか思ってるおれはおそらくアマちゃんだが、欲との相関以外にもあとこんだけあればまあ贅沢とは言わずとも、なんとかやっていけるというところの到達するのに「なんかちょっと、足らん」。これが現状。景気のいい人はいいとして、ただしよく考えてね〜。資本主義末期の新自由主義経済においては「your profit is someone else's loss」てことは覚えとくほうがいいよ。収奪対象がその「社会内部」にシフトしてるからね。 その発想ができるかどうかが真に知性があるかどうか、のキー。なかなか難しいかな。綺麗事に聞こえるからね、一聴すると。今隠されている「陰謀」がすべて白日のもとに晒されたらすこし人は変わるだろうか?

ほんまに「あいつら」賢いからね。ノウハウも蓄積され、手法も洗練され、そして四六時中そんなことばっかり考えてるわけだからね。みんなの、「見て見ぬ振り」してあげる気持ち悪い、この国の人特有の優しさ、逆手にとられてるかも。利用されてる、というかね。鳥越ちゃんもおばさんに負けそうだしね、今んとこ。政府も首都もカルトが牛耳るって。分離独立したい。

なんのドラスティックもなく梅雨が明けた。社会が低迷すると季節の移り変わりも「どんより」。こんなもんかい。こんなもんみたいね。






posted by 浪速のCAETANO at 11:27| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする