2016年07月22日

dbとの夏

2days/day。夏期の日はそんな感じ。

夏。起き、耳にする蝉の鳴き声。そない、早朝から盛り上がらんでええのに、という気もするが、蝉には蝉の事情有り。

夏は9時ぐらいまでがいいね。清少納言みたいだけど。かつては明け方、箕面までよう走りに行ってたな。今は昔。

今日も暑そうだが昼間のビールを「頼り」にけなげに生きていきましょう。塾までに訳の時間もありそう。

今までぼんやりわかってたことがdbの研究というか、彼のお勉強によりくっきりとよくわかる。今「digital」なのだが。さすが勉強家のdbだ。勤勉という言葉がよく似合う男だ。

天才というのとはちょっと違うんだね。変態ではある。で、勤勉。勤勉な変態。計算。歌が先天的にうまいとか、それとは異なる「音楽の才能」。それを担保するものが変態と勤勉。変態は「才能」。

1950代生まれ、さすがさすが。おれも末席を汚しちゃいるが。でもそこにだけ一瞬しか存在せず、そして決定的に音楽に影響を与えた「SOMETHING」があったことは真実。

後の人にはなかなかわからんだろうね。わからんかい、とも言えんね。ま、いいけど。まあ、そんなことを言葉で形にしたdbだけど、そこ、良くぞ言うてくれました。です。それを日本語してることは「悪くない」。

オリジナリティにこだわる人間としては、やや悔しいが、それはそれ。その貢献はまたおのれの頭をクリアにするという意味を持つ、と最近その作業を通じて感じ出してる。あんまり急いでもそこ違うな。じっくり味わいながら考えながらやってる。で、今「DIGITAL」。

さて、本日は動名詞の意味上の主語にfocusして高校生と。




posted by 浪速のCAETANO at 09:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする