2016年12月19日

年の瀬が

Foreign Students、本日で終了。夕方のos大まで、クリスタ長堀にて寛ぐ。

年に2度ぐらいしか来ないが、もうコースは決まっていて、海外食材の店に寄って、天丼食って、コーヒーを飲む、とまあそんなもん。コーヒーは本日はキーフェル・コーヒー。すべて「喫煙席」と豪語・宣言するキーフェル、好き。開けっ放しのなせるわざか?

smokerって今、優しいのよ。10年ほど前からだけど。権利に敏感なのは実はsmokerでね。権利権利とすぐ喚く人たちはかえって乱暴だね。ここにもポリティカル・コレクトネスの弊害あるね。

予備校が終わる頃になると、「年末」を意識する。もうおよそ10日だね。ほんまに早く終わっていただきたい2016だった。もう辛いのがデフォルト化しちゃってたから、自分の平衡感覚もあってなきがごとしで、生きてるのか死んでるのかわからない時期もあった。いや、生きてるんだけどね、間違いなく。え〜っと、おそらく?ただ、近未来に期待持てないのも事実。外も中も壊されていってるからね。で、最後は「地震」のような気がしてるけどね。そこ、楽観視してるヒト、よっぽどおめでたいか、アホかのどっちかだと思う。あんまり変わらんか。いや、みなさん、やっべ〜、と思ってんのよね。だから我欲に走るのね。国のトップがすでにあからさまにそれ、だから説得力ある。

来年も留学生多いと言うてたな。こんな国によく来るね、と言いたいがまだ何かしら訴求するモノがあるってことだね、幸か不幸か。日本の大学、高いんだが。そういえば、予備校、校舎用のビル一つ増えてたな。この、学校法人、非課税対象って強いな。日本の税制、いびつである。

あちこちからマイナンバーはよせえよ、提出せえよ、とせっつかれてる。抵抗は無意味、だろうか?





posted by 浪速のCAETANO at 14:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする