2017年02月25日

おれらはアホの高校生なのか

こそこそ隠れてタバコを吸う。懐かしくもあるし、スリルも久しぶりかと思うが、そこまで「幼児法」つくる?また。

小規模居酒屋・バーも禁煙にする方向で、と厚労省のクソ役人が調整に入ってる。

「摘発」ってあるわけ?抜きうちでおまわりが入って来るの?

政治的に利用されちゃ嫌だな。

アレですね。シガーバーとか、廃業だね。外人が来るかも知らんから、という理由にしてる。もうそんなことがあるから五輪なんていらんのよね。


なんかさあ、この国は「学級委員」しか生きていけんのか?そんな「正しすぎ」の人間しかいないような国、かえって魅力ないけど。

極論いたしますと、おれたちには「人間以外の何かになれ」そんな圧がかかってる。少子化やべー、も口だけで、その対策、環境作りもほとんど「諦めてる」と見える。従来のやり方での凋落は確実であるから、無茶かも知らんが、とことん不自由にして、命もまた粗末に扱ってみて、そこで生き残った者たちを(みごとな家畜というか奴隷というかそのようなもの)下僕としてコキ使って、ワシらがいい思いをし続ける。そう思ってる「ワシら」が居る、と仮定する以外に整合性がないけどね。

まあ、おれ世代は、その結論が出る頃には生きてても、痛い、とか苦しいとかの感覚もあってなきな如し、そんなタイミングだからいいっちゃいいけど、その後の世代、なかなか苦しいね。

そもそも、本当に、喫煙がそんなに大問題なのか?放射能はどーした?放射線から福島から稼働させようとする原発から目を逸らさせるスピンの意味は、大いにあるね。目に見えるものに弱い、テーノーな人々だらけだからそれでいいんだろうけど、もちろんそういう人たち、あるいはその子孫が前述の「下僕」を担うんだから。

今は一大転換期。それも、ひどく悪くなる一方通行の。片側一車線しかない。戻るとしてもバックしかできない。だから、今存在するものをできるだけ大切に取り扱う。延命させる。その価値がわかっている世代の義務・ね。新しいものは、そんなガワを身に纏っているものの、すべては過去の焼き直し。そこを見抜いて、焼き直しされた過去を再発見してちゃんと評価する。そこ。

しかし。

電気は、ズルい。電気がないとガスファンヒーターも使えない、とはなんとおれたちは細〜いタイトロープの上で生活してるのね、と思う。クソ関電は絶対許さない。ガスコンロだけは生きていた、昨日。


posted by 浪速のCAETANO at 13:25| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

クソ関電、

クソ関電!

帰ったら電気止まってた。さっき払いに行ってきたとこだったのだ。

クソ関電。

そんなひどいことするのね〜、キミたち。この時期に12月分はらってないというだけでそんなことするわけね〜。2月にそうする意味は「特に」かんがえないわけね〜。人が、寒さで死ぬとか、ぬる〜い環境にあるやつにはわからんか。払わないつってるわけではないのよ。実際今日払ったのだ。いろいろ大変なのよ。クソ大企業にいるキミらとは違ってさ。

クソ原発、稼動したがってるお前らみたいなカスに対しておれは本日、ちょっと「カオ蹴りたく」なっているけど。

なんなのだ、このクソな国は。

まーまー寒いぞ。はよこいや。1時間半かかると言うとった、電話したおばはんは。これは人権とかに関わることとちゃうの?

クソ民間企業。

子供たちがもうすぐくんのに、おれはどう説明したらええのよ。

すべての民営化にFuck。

民営化を言う奴はすべて売国奴、でいいのではないか。

クソ関電。通電に来たやつ、ちょっとでもおれの気に触ること言ったら、カオ蹴るね。覚悟して来なさい。










posted by 浪速のCAETANO at 15:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

もう少し被害者の側に立てよ

すべてを一般論にするのがおれは大嫌い。

法律は一般論である。そのクライテリアが気に食わん。この国は「幼児国家」である。幼児が基準の法律だらけ。今やおれも「新自由主義者」でさえもないが、しかし、アホはクルマ運転すんなよ。バイク乗んなよな。アホはな。

走ってて目の前に人がいたなら、しかも車道に、それなら速やかにブレーキを掛けて止まるか、減速しながらスルリとよけるか、しかなかろう。人に当たるまで減速もせず、ってのがなんやねん、お前、顔ボコボコにしたんで。泣いても謝っても許さんぞ。そう思う。

前見て運転せんかー。基本中の基本やで。暗かってもライトあるやろ。アホは「目の前」のことしか見てないことがあり、だから「アホ」なのよ。死んでもなおらんのよ。

本日、高瀬の事故の裁判があり、特派員を少数派遣していたのだが、報告が来た。引き摺られている。10mも。減速してない証拠だろう。前を見てなかった、というかバイクが前傾姿勢になるのはわかる。ママチャリ以外のチャリだって遠くの視野はやや制限される。しかし、オノレは100km/h以上出せるマシーンに乗っとったわけやぞ。その自覚を忘れながらバイクに乗るな、と言っている。

その報告を聞いて「言葉で殺してやりたい」と一瞬思った。明日、もう首を吊るしかないような決定的な言葉を目を見て静かに告げてやりたいと思った。


裁判でもしなければ「真相」が告げられない制度もどこかに瑕疵があるなと思う。一般論がおれはもう一度言うが大嫌いだ。特殊で個別な人の死を一般の制度の中に囲い込むな、バカ司法め、とも思う。

疲れていて冷静さを欠いているのだ。放っとけよ。








posted by 浪速のCAETANO at 18:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

business 真っ只中

住道のドトールにいる。早起きは続いていて、なんか慣れてもーたやないか。この後、JそしてTがあり、明日はまた5時起き420分コースゆえ、ここで羽根ちょい伸ばししないともたんのね。
dbを久しぶりに訳して、手持ちのコピーがなくなってしまったから、ブレイク。

昨日は350分目ぐらいに「脳が痺れて」いた。かつて塾が忙しかった試験前などに6時間目いっぱい、休憩なしで教えてたときの「あの」感じの痺れ方。

ただ、解説書に書いてないようなbrand newな解法を思いつく。力抜けるってのもPas mal。

必ずどこかに「抜け」を見つけるヤツってのはホントで今回もそのようになってる。これ、無意識のなせるワザ。どこで、とはちょっと言えんが「抜いて」る。

ビール飲んでしまう。いいのいいの、覚めるから。

さて、このセットの仕事が終わり、実家訪問が終わったら、何をしてくれよう。今は無限に想像が広がる時期でもある。結局、現実とも絡み、シュリンクしていくのだが、この時間が楽しかったりする。

おお、時間だ。must be goin' home。残念ながら。






posted by 浪速のCAETANO at 14:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

吹いた!

春一番、吹いていた。かなり荒れとったね。いろんなもん倒れてたな。

最忙週に突入してしまった。話しかけないでいただきたい、今週。肉体労働者なので。

ドカチンはある意味清々しいが、それでいいのだが「腰」にくる、きてる。ハードな労働にはあんまり向いてないね。まず家で「立たん」しね。基本ひ弱。

極限的な局面に立たされるとおのれがよく分かる。自分はやっぱり「アンチスペシャリスト」。いまの世の中にはほとんど必要とされんタイプだな、というのがよくわかる。分業と専門、そんな世の中だからね。まあええわ。でも「variation」が切実に必要なことはよくわかる。variation。あれやこれややってると体調も精神にもいい。一つのことばっかりやらされると、飽きてくる。堪え性、なし。ご幼少から変化なし。あかんことか、これ?

まさおくん替え玉説、というのもあるね。影武者。ぐったりしてる写真はやや本人らしくなくも見える。真実は隠蔽されるものだからね。なんとも言えんな。、、、、、ということになっている、という言説、多すぎてさ。

今日、地球のことを説明してて、ガイアという概念がしっくりきたなあ。内部に「熱」を持ち、マントルは「動いている」。5億年ごとに大陸様は変容する(ひとつに集まり、そして分かれる)。これって「生物」であるね。となると、おれたち人間はさ、その生物の皮膚を剥いだり削いだり、内部からいろんなものを取ったり、穴あけたり、爆破したり、汚いもの(放射線)で汚したり、とホンマ、ロクなもんじゃない、と思ってるはずよね。まあ、もうすぐ(地球的時間の悠久さから言えば)こいつらはAIに取って代わられるか、自滅するかだし、ま、ええか、と思ってるのか知らんが、他の種と比べて、なんと厄介なヤツらなのか、と思ってるかもしれないわけね。地球はモノは言わんが、何らかのメッセージをおくっている可能性もある。「生物」だから。たまに揺れる(地震)もその一環だったりして、そんな気もするのね。

母なる地球の怒りを買うのは得策じゃないね。オカンの怒りはこわいからね。
posted by 浪速のCAETANO at 20:02| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

cashless

普通ならもう「詰んでる」でしょう。何してんだ、ジャーナリズム、ジャーナリスト。

情けない。本日の朝日の朝刊も一言も触れていない。小沢くんの「冤罪」にはあんなに熱心だったのになあ。こうなると「利害が一致してる」しか、そのしーん・の根拠ないよね。一致してんの?そーなん?

大本営・御用メディア。

dtの政権、DC派が押し戻してる。「彼」が辞めたの、痛かった。assassinが送られること、結構現実的になってきた。そう思う。

こわい話。世界から「紙幣」がなくなるかもしれない。

暗号通貨経済の時代が近づいている。キャッシュレス社会になり、最終的にはみんなの身体に🆔チップが埋め込まれ、コーヒーを買うのにも監視・管理の目が光るようになる。

「マイナス金利」ここが曲者だった。お金を預けて「損」をする時代であって、現金取引の縮小へとこれは向かうよね。そしてマイナンバーね。管理されつつ、その管理の杜撰さゆえ、大量に個人データが流出することとなる。おれたちには百害あって一利なし、だが、管理する側はこちらの権利など考えちゃいないわけで、これは相当ヤバい社会になる。

日本だけではなく世界中がそうなっていく。どのタイミングかはまだ分からないが必ずそうなる。それは支配層の意図だから必ずそうなる。

dtの登場はそんな状況を「先延ばし」するという意味がある。みなさん、おそらくわかってないのはその構図なのではないかな。そしてこちらはザコ国家だから、不正がまかり通る、実質発展途上国だから、単なる消費者しかいない国だから、羊だらけのね、おそらくそういう実験を一番最初に「試される」のではないかな。突然のマイナンバーにはそんな意図が垣間見える、とおれは思う。J handlerの機密文書に書かれてあったんだろうね。

そっちはほとんど影響なくなったはずだがDC派の巻き返しがいま起こってるね。ちょっと形勢悪くなってきてるように見える。

正念場だね。assassinationの可能性も高まってると思う。









posted by 浪速のCAETANO at 13:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

春一番が

春一番が吹いた地域もあったらしい。今日はまだちょい寒いが。

今日明日は内仕事。JとT。M家とS家がJ。K家がT。まとめて面倒見てる。そういうケース、多い。仕事終わりは西田辺の珠玉の居酒屋かねえ。そんな予感がする。決めてしまうともひとつなのね、こういうのはね。予定調和ほど「退屈」なものはない。AにするかBにするかあるいはCか?オプションもまた大事。久しぶりに「座って」飲みたい気もする、だはは。

さて、PM、ピンチじゃないのかな?ここで首取れなきゃ、もう全体主義国家→戦争決定ではないか。千載一遇とはまさにこのことだが。

超キモいですね。戦前の国家神道。中韓蔑視。滅んでしまった(一度1945年に)国家の再興目指してますね、あの人たち。おれにほとんど「冗談」にしか思えないし、気が狂ってるとしか思えないし、だけど、その手の人たちがその手の話をするときのあの瞳の中に垣間見える「Insane」は反論することを逡巡させる。何がめんどくさいって、それ以上のめんどくささ、ないからだ。おれがいつものように茶化したら、どうなるの?って、その後の収拾にやや自信がなくなることもあるから。

そのなんちゃら学園、こちらの国のAlternative-rightね。そしてオルタナライトが「仕切ってる」んだね、この国を。超キモいぜ。メディアは棺桶に片足どころか首以外突っ込んでる状態だけど、そこ、なんとかせえよ、と切に思うが。ジャーナリズムの意地ってないのかよ、と思う。

こんな時代に子どもや学生たちと接するのはよくよく考えると「難しい」ことだね。「、、、、、、委員会」が好きで好きでたまらん生徒の父親もいる。思想ではなく「理」で物事を解析/解説しないといかんのよね。まあ、それでいいんだが。ニュートラルな立場で。

どこの家庭も等しく「何かが」狂ってるのだが、それは家庭が「密閉」されたことによると思う。開けっぴろげだった昭和の中頃、おれたちが少年の時代はよく「声」が漏れてきていたものだった。家庭もまた「個化」してしまった挙句の子どもの、そして親の悲劇だな、そう思う。そんな中に「入りこんで」「春のそよ風」の役割ができることがおれの理想でもあるが。春のそよ風って、爽やかすぎたか、だはは。

でも本人、いたって本気。








posted by 浪速のCAETANO at 16:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

春が見えたね

春が見えたね。本日お初。

コーヒーを買いに、と銀行回りのため天六へ。本日唯一朝仕事なし。でも6時前に目が覚める。習慣ってなあ、、、。まあいい。今日も早くおネムになるはずだ。

マフラーが要らなかったね。空気が柔らかい。これがPrimaveraならでは。暖かさを求めてる/暖かさが嬉しい自分を発見。春生まれのサガ。

おれをなぜか嫌ってるコーヒー屋のブス店長にも、優しい気持ちになれました。春の気配だけで人はこんなに寛容になれるものなのね。

日本の若者の「絶望度」が先進国中ダントツであるという。さもありなむ。大学生などと話をしているとそれは感じるね。おれは基本的に「バカ田大学」多いから余計に思う。おれの話の欠片/隅々に「希望」を垣間見てくれれば嬉しい、と思って話をしてる。知識と同時にエネルギーも伝播させないとね。

外では某高校の特進クラス、d女、os大の3回生、そして一旦は就職したものの辞めて再度officerへチャレンジといった人々と接している。まあ高校生は一様にバカだが、大学生とオトナはまあまあ真剣である。切羽詰まる感じの人々もいる。まあ、落ち着けよ、そんな態度で接する。そういう人々には。マイナスのエネルギーはエネルギーの有限を考えるなら極力避けるべきだしね。

何かの役には立っていると思う。

明日はもひとつ暖かいという。長崎などは本日15度だという。お袋も少し気が緩んでいて欲しい。

春はきてるね。








posted by 浪速のCAETANO at 15:17| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

2日分生きてるような本日

今d女から帰って、インタヴァル。数的3コマ、腰にクル。普段はほとんど「立たない」ので。歩かないし。

さて、本日、8o Annverusario、ね。8年前、思い出す。問題だらけだった。弁護士やらヤクザやら地上げ屋やら所有者やらが入り乱れてもう「何が何だか」わからなかった。そんな中の引越しだったから。プライヴェートも問題だらけ。もうどーすんねん、おれ?だった。関わる人間も問題児。喧嘩の嵐だった。

懐かしいね。まだしかし、アルファとサーブ持ってたな。プジョーは人にあげ、フィアットは廃車にした。でもアルファとサーブとぺろとguitars、keyboardsとpcと録音機器はあったな(おったな)。

まだおのれの思い通りにしようと思ってた。今はそんな気は失せた。ちょっと変わった中津のスナック、ね。まあそれも悪くはないが。必然的変容なら受け入れる。カラオケが入る予定は、ない。でもおれも歳をとったということだろう。カラダは二つも三つもないからね。

ただ、ちょっと変わった中津のスナックからの巻き返しを図りたい。この一年はそんな意図を持って過ごしたい。スナックのカルチュアではないので、あるもんが。

まあそんな、8o Anniv.ということは9年目に突入するということでもあって、ちょっとした緊張感を復活させてみたいね。こんな世の中、の影響は下町では(地面近くなので)もろに被害を被る傾向あるが、まあそれも運命。「置かれた場所で咲きなさい」とおばあさんも言っていた。

まあ、そんなこんなで、おれは遅れますが、勝手にやっといて。一杯、付き合うよ。


posted by 浪速のCAETANO at 18:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

まさかのマサラチャイ

コーヒーが切れて、買いに行く元気もヒマもなく、寒く、うーとなっていたら、紅茶を大量にイングランド土産で貰っていたことを思い出し、ファミマで牛乳を買いに走り、チャイを飲んで生き返った。マサラのチャイ。次はカルダモン、その次はシナモンと決めた。

あっためたミルクなどというものは何百万年ぶりだろう。不眠に効く、とDr.クラッシャーは言ってたな。劇中で。

os大、今日は2コマで、まだましである。怖いのは明日よね。d女の3つに夜は150分。トータル420分。そんなことしたこともない。4時間も働いたら「おー、よー働いた?グッジョブグッジョブ」といったあま〜い人生を送ってきたのよね。阪急ではもう絶対「寝てやる」ときめている。

間の悪いことに明日は中津移転後「8o Anniversario」だったりする。おれも終わり22時ですが、かるーく顔出すね。勝手に騒いどいてね。

週に二回は梅田終わりというわけで、奴、よく寄って帰る。すっと帰れってのが、これ難題ですよ。上がったものは鎮静しないとね。電車乗れば2分で家であるし。地の利だよ。

よく、学食にも行く。明日はd女の学食かな。

ただし、朝7:14の快速急行に乗らねばならぬ。もう絶対に寝る。

しかし朝は気持ちがいいことは認めざるを得ない。確かに。手つかずの時間が始まってるという事実、そしてその実感。悪くない。何度か繰り返すうちに身の処し方がわかってくる。この辺が「空いてる」とかだけど。今日も環状線さほど混まないとこにいて、東西線では座れた。週に何度かなら早起きも良いよ、と思った次第だ。毎日はやーよ。絶対イヤ。

さてドーピングして塾。















posted by 浪速のCAETANO at 17:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

あの表情、dtも見てるはず

dtとの握手が終わったあとのあの表情。ははは。

他者に対する畏怖というものがないんだね。育ちだね。もう手遅れ。おれたちは不幸。

dt自体がいいか悪いかはまだtoo early to judge。ただ、もと市長と同類という言い方する人多い。手法の類似はあるけど、元市長はグローバリストね。そこ、根本的に違うよ。それでも同類という方、いらっしゃれば、アンタ、目、曇ってんで。そこの違いは決定的に「違う」と思うが、どお?あいつのやり方は総論を脱臼させて各論化して、煙に巻く、というやり方。ほとんど「何も」言っていない。いつだって。「口喧嘩」に負けるわけにはいかない、という使命感だけの男。政治家に戻してはいけない。すでに大統領になった人間と比べるのもいけない。得するのはそいつだから。無視、がいいね。

喫緊の避難先のナショナリズムという言葉もどうかと思うから、自国民防衛主義ぐらいで許してもらいたいが、そんなこと。自国民をすでに「捨てている」pmなどはもってのほかで、それともと市長は考えがさほど変わらない。というかPMなどは黒企業の社長ぐらいの気でPMやってる。おそらく、元市長はもそれに近いか、そんなことはそれまで「考えたこともなかった」かのどちらか。古い意味での立身出世の手段だと思う。

おれはマリーヌ・ルペンで仏の大統領はいいと思ってるね、今ならね。極右極右っていうけどさ、灯台下暗し、おれたちが実はその「現場」にいるのよ。彼女も排外的なとこ以外は「社会民主主義」的ですよ。社会民主主義から最も遠いとこにある国それが、実は我々の国じゃないの。どこの国も、先進国と言われる国の中で「こんなに黒い」労働条件の国ってないぞ。いい加減、目、覚ましなさいよ。バカTVばっかり見てないでさ。もうちょっと自分の生活と社会制度のlinkを考えてみたらいいのに。

今は「自国民防衛主義=自国第一主義」でないと国は「滅ぶ」。いつまでもっていうわけじゃないから。立て直すまではもうそれしかないのだ。だから、おれたちは「不幸」。かつての幸福からの転落は加速度ついて速かった〜。dtみたいなのが現れない限り、おれたちは新自由主義に粉々に粉砕されてしまう。

でもだから、それは元市長では全くないんだって。あれは新自由主義者の端くれ、あるいは何も考えちゃいない、のどちらか。







posted by 浪速のCAETANO at 20:24| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

ああ、恥ずかしい

PMとdtの共同会見。

上杉くんの顔も見えたが、PMが指名したのはnhk、そしてもうdtが締めの言葉を言ったあとにsankeiの記者にchina threatへの質問をさせる。茶番劇。ただし、chinese president(dt said)との電話会談を終えたあとだったから、「何か」をdtに言わせようとした意図は空振りに終わったかな。一回だけこそっと「ドナルド」って言いよった。なんか気配感じてそこからは「大統領」だったけど。アホなん、丸わかり。浅いというか。最も信用から遠いタイプ。

大工の息子が大統領になれる、とか認識、かなり「古い」な。そんなimpossible american dreamの時代がdtを選んだんだけどね。

意識が「イナカモン」で恥ずかしい。この国のザコ度がクローズアップされるだけだね。

dtにも高揚感が感じられず、「カタチだけ」こなしてる感が出てた。そりゃ50兆円貢いできたし、そんくらいやったろう、安いもんや、そんな意識だろう。頼んでもいないのに持ってきよった、なんてね。ATM決定ね。

さてhard work、4日済んだ。今週は化学に判断推理。来週、再来週とそこに足されていく。来週は早起き4日。再来週は全て早起き。水曜日までのノンストップ9コマ分の予習をこの週末に終えないといけない。これがまあまあ大変。数的3、判断推理2、生物4、そんな感じ。唯一早起きのない木曜の朝からその後のことはできるとして、その前だなあ。再来週はもっとキツいな。ドーピング増えるな。酒も控え目。啓蟄までは虎の穴。おれの58はもう何もないね。ええけどな。

虎の穴から出たら春になってる。そんな感じだろうか、ムシたちと共に。望むところだよ。








posted by 浪速のCAETANO at 09:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

どーでもええが、寒いわ

なんか寒いね。心が寒いのか、懐が寒いのか、あるいはその両方か?

ちょっと精神が殺伐化しかけているからか?

昨日のos大の90✖️3で腰をいわした気がする。いやー身体がしんどい、しかも仕事で、っての、久しぶりだった。ドカチン。今月は✖️5というのも5日ほどある。アスレチックだな。ま、そのうちの順応を待つしかない。

一昨日、夜の梅田で仕事だったが(今日もだが)、よくよく考えるなら、リーマン時代を過ごした地区だったな、何年前?うわ、35年前か、と気づき、びっくらこいた。引き算間違ってないよな、と検算した。正解だった。他はだいぶ変わってしまったがESTやFIVEたNAVIOはカタチはそのままである。人も男女共そうかわってない気もするが、そこは気のせいだろう。今の子たちのほうがずっとオトナで制限的だろうな。バカ世代だからね、おれたち。「信じるもの」も当時はあった気がする。その名残を/で、生きている気もする。

梅田で仕事、というのは、成り行きながら、「その後」初めてではないかなあ。まあ、なんでもするけど。

時々、今、何年何月何日何時何分?というのが「確信持てなく」なることがある。おそらく、現在を生きつつ過去を想うことからくるのだと思うが、そして現在の「目新しくなさ」が容易に過去の焼き直しに思え、まさに新味が消えていくからだと思うが、例えて言うなら、阪急電車に乗ってるDavid Bowieのような心境になる。

異邦人、だね。亡命者と言ってもいいか。こないだ、20代の頃に買ったイタリアものの毛布のようなコウトをきて鏡の前に立った際、「うわ、亡命者か、おのれは!」と思った。社会との接点が線ではなく文字通り「点」になりつつあることからきてる、と思った。

まあ、望むところ、ではあるのだけど。touch & go、でないとやってられん、というのはある。このウンコ社会とは距離を取っておきたい。どっぷり浸かりたくはない。外仕事が多くなって、いろいろ管理されること、増えたが、「しろよ、していいよ、でも今だけね」そんな感じ。自分の裁量を絶対認めさせるのが主義なので、そこは譲れんが、まあでもあとはどうでもいい。payしてくれればそれでいい。いつだって弱い側に立っていたいしね。それ、大きな話ではないのね。関わる小さな世界でも力関係はあり、そこでの話ね。

まだ寒い。2度ね、なるほどね。あんまり上がりそうにない。まあ、なるべく無理なく、surviveしていくのがいいと思うよ。ほんとこれもまた文字通りSurvivalの知恵が要る世の中になってきてしまったからね。Survivalできなくなればチーン、ね。まあわかりやすくっていいんだが。




posted by 浪速のCAETANO at 11:47| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

this ain't no いろいろ

さ、本日から怒涛であり、もう仕事以外しない、今月は。

ain't no music,ain't no bar,ain't no foolin' around,no time for lovin',no time for kissin',no time for makin' love,i ain't got time for that now.


pcがうんともすんとも言わなくなった。ご臨終だろうか?他のモバイル機器も甚だ調子が悪い。wi-hiはあるのに、途中で画面が消えていく。昨日、飛行機の予約をしてて、そんなことが8度ほど続きさすがに殺意を持った。小癪な。機械の分際で。

外も必要以外出ない。ちょっと仕事の量が多すぎる。さすがのあれやこれやのおれも今回だけは、目三角化してるなあ。7科目が取っ替え引っ替え一ヶ月だし。日に5コマというのもある。二箇所というのもある。月末には学年末テストも始まる。どんなもんにも慣れると思うが、今回はなかなかのなかなかである。今日明日は関大の入試もある。

どんな時にも1日の中でニッチを嗅ぎつけて「休む」タイプなので、まあおのれを守るためには手段を選ばんタイプでもあり、無意識がそれをさせてくれると思うのだが、未知の体験。忙しさのタイプがこれまでとは異なりどうなることやら。

ごく最近の過去の事を考えんで済むのはメリットなのか、あるいはそうではないのかもよくわからんのだけど、今はちょっと長距離ランナーの孤独、な気分。アラン・シリトーだね。目の前の学生・生徒(クソガキ〜via 大学生〜ええ歳のオトナ)が「世界」だね。

no musicというのはちょっと違って、ブラジル、ラテン、St.Vincent、Phil Spector、とともに生きている。あとタモリ倶楽部と。もうやたらに「社会性≒社交性」なんて要らんね。アホと喋っても疲れるだけだもん。徒労はもういいです。少なくともこの一ヶ月は。

予習と授業の日々。まあまあありがたい。精神的にもね。














posted by 浪速のCAETANO at 10:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

春の気配、、、まだないね

節分の直後は立春ということになる。

今年の節分は「丸かぶりとかするか〜!」など思っていて、見事にせずに済んだ。そういうのに参加したくもなかった。そのようなちっちゃな時の流れの浮き沈みからは距離を置きたい。昔からそうだった。

あんまりそんなことばかり言うてると、変人扱いされるので控えていたが、もうそない年上おらん時間帯になったぞ。全開してもいいかも。

自然に対する、というか目に見えない大きなものに対する畏怖の気持ちは人一倍持っている。それと資本とマーケティングが中に絡んだ「なんかそういうの」で騒ぐ、は月とスッポン。スッポンもトイレのすっぽんぐらいちゃうぞ、という主張を持つ。

だから。

もう最近は正月さえ、どーでもええもんね。おのれと大きなものの間のたとえば宗教、たとえば儀礼、そういうものにいちいちムカつくのね。伝統には敬意は払う。おれはアホではないので。知識もある。ただ、「わたし、お金には何の興味もありませんし、あなたとそのなにか大きなものの間を媒体するとってもいい人よ」という顔していながら、経済論理ど真ん中にいて小銭稼ぎに励むキミたちが「嫌い」なだけなのね。

ヒトの弱みにつけ込む、とはまさにそういうこと。サイテーのゲスである。

親父が死んで二週間ほど経った。家族の中に感情の波の起伏が人の10倍強の人間が多いから、そこを抑えるのに大変だった。まあ、おれ自身もそういう類ではあるが、先にやられちゃうとこれがまた意外と冷静にもなれるというものなのね。もうおれも「大きな声」出さない。解決が目に見えて「遠のく」からだ。そんなめんどくさいことはない。

性格変わったか?

司祭の役する人間もいるのね。

言うてるだけ、かもしらんが。だはは、しかしここはなかなかに「相対的」でもあるよ。

親と離れて暮らす、が普通になっている身が長いと、それなりの観点ができてくる。親もまたそうかと思う。まあ、親が目と鼻の先にいる、なんて状況にはおそらく「耐えられない」そんな気もしている/していた。お互い甘えがなくなっていいのでは。いざという時の対応が大変だが。いざという時の、って一生に数度。そのためにおのれの人生を、と思うとここにもまた経済論理(けっしてお金だけという意味ではなく)が顔を出してきそうで、この話は終了。

うちの弟妹は結婚していて、おれは今シングルであるから、おれ一人「母子家庭の子」になってしまった。なんか間違ってる?いや間違いないと思うが。

親の死というのは「お初」な体験で、これからいろんな感情なり感想なりが湧いてくると思うが、一つだけ言えることは、おれは歳の若い頃の子供だったから、彼らの死とおのれの死が「ごく近い時間帯に在る」ということだ。そこは紛れもない事実。親父は83だったがそこまで生きれるはずがない。殺しても死なん、という比喩をよく使ってた頑丈が取り柄のおっさんでもああなった、ということはおれもまあまあ意外と早いのでは。そんな気もするんだね。その言い方に語弊があるなら、そう「遠くない」が近いかな。

今年は高校の「還暦同窓会」がある。もうみなさんの崩壊度、おそろしいが、まあそれはお互い様ですが、怖いもん見たさで行ってこようと思う。精霊舟も作らないといかん気もする。

politicianたちが国のカネをおのれのカネへと付け替えしている間にどんどん崩壊は進むのだが、こちらはじゃあ、そんな廃墟に生きる者としてのハラ括っちゃうぐらいしかないんだよね。ブレードランナーの街を幻視しながら生きるしかないでしょう。そうするつもり。











posted by 浪速のCAETANO at 07:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

ダメ押し

公共放送はPMのイヌで、PMはあちらの国のイヌで、「イヌ」な関係、あんたも好きね〜、としか言いようがなく切ない。

魚釣島で喜んでるけど、あんさ、議会で承認されるわけがないのね。そんな遠方の島の領土争いに。だから戦いには来ません。騙されてる、報道に。

「おいおい、キミたち待ちたまえ」と「戦闘後」に正義の第三者として登場するからね。

「アメリカ以上に北朝鮮」

そしてこれで年金はもう崩壊ですね。意味がわからない、というか意味はわかる。朝貢ね。おれたちの年金を差し出すんだね。FTAもTPPに上乗せされたような大盤振る舞いになる。超バーゲンセール。気前よすぎであるね。核廃棄物処理が唯一の産業の国になる。国破れて山河なし。あの400トン/dayの核の水。致命的。

2500年には人口ゼロだからちょうどいい/しょうがない、か。

歴史はPMのことをどう記述するんだろうか?外国人の日本現代史研究者によって辛辣に書かれることだろう。日本人に書かれることはないだろう。書けばしょっぴかれることになるだろうし。

国内は「監視」、国外ではバーゲンセール。戦前以上の酷さが待っているような気がする。誰にでも多かれ少なかれある愛国心を踏み躙られ、ここでしかしほんとに怒ってるright wingの方、あんまりいないのがこの国のone of 7不思議。


posted by 浪速のCAETANO at 14:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

不可思議な、、、

なんだかおかしくない?

これほど日本のメディアが、現役アメリカ大統領を「批判する(できる)」なんてことが、これまでにあったかね?

ここ、なんか感じなきゃいけないとこ。

dt批判したい(しやすいからdue to lack of  political correctness)からしてるんだと思うが、だからと言ってpost dtのことを彼らが考えてるかというと、どーなの?だからペンス繰り上がったら「終わり」よ。バーニーサンダースが合州国大統領に就任することもないのだ、もう。

PMのゴチになってる、が日本のメディア。であるなら、何かの指示を受けている。じゃあ、どこから?こう考えるのがいいよ。提案です。それはいわゆるリベラルの側ではない集団である、ということね。じゃあ、アナタいったいダレ?とハナテン中古車センター(saudade)。

こわいので言いません。

「移民来んな」の大統領令、実はboも7度出している。そのことは記事にもならなかったみたいだね。いかにこの騒ぎが恣意的かということね。dtはモラルという点でツッコミどころ満載だが民主党の息のかかった米国メディア、太平洋を渡ってその支配下にあるこちらのメディアからの批判を受ける。ただしこちらの方々は、ほんとうにわかってやってるんだろうか?「保身」が全目的のキミら、ひょっとしたらLost Allってことにもなること、あるよ。ナイ-アーミテージレポートは今や効力なくなったよ。復活するかもしらんけどね。その復活への希望が根拠みたいにしか見えんのだが、まあまあリスクあるよ。考えが硬直しすぎて、見たいようにしか状況を見られなくなってるんじゃないかね?まあ、キミらのことなどどうでもええが。

他国の話だから「傍観」がいいのでは。おれたちはおれたちの国内問題のこと考えなきゃ。アメリカがすでにそうしてる。







posted by 浪速のCAETANO at 13:42| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする