2018年02月03日

worked

普段働かんおれが、よー働いた本日。

自分ご褒美は、R/F1の、大羽イワシの代わりの大羽イワシフライ明太子内蔵と小エビフライ、フレッシュサラダ、ボルドーの白。普通列車、高槻から快速内での宝缶酎ハイと7/11の恵方巻。

我儘に生きてると思うが、これが望み。望みを叶えるのが〜生活における実践というものである。

明日は難波。手帳なしではやっていけない。手帳はUnited Bees。かれこれ10年ぐらいになるかなあ。最初は高島屋で見つけた。それまではw/o
手帳でやれてた。シンプルな人生だったということだ。外仕事もひとつだけだったからね。家のetrangedicostaricaのカレンダーを汚すだけでイケてた。もう今は無理になってしまった。

規則的と不規則がないまぜになっている。「変化」は望むところだからいいんだけど。リーマン挫折組だしね。退屈が怖い。いや怖くはない。録音すればいい。ほんとだ。それはそれでいい。忘れてた。今日働きすぎたからだ。でももうすぐ今年度のそれらは終了する。

Joy Divisionのout of controlがいつからかずーっと鳴っていた。イアン カーティスは若くして首を吊った。その後彼なしのバンドはNew Orderとなっておれからすると「意外な、変な」ブレイクをしてしまった。ようわからんなぁ。おれは「Love will tear us apart again」のカッコよさに40年やられてるがそれはイアンカーティスが自殺したことと関係あるだろうか?

最近、007をよく見ている。シリーズというのは「悪くない」な、と思う。架空の人物が、架空なんだけどもみんなの心のどこかに実在の人々と同じように場を作る。おれは、trekeyだからピカード艦長はじめデータ少佐、シスコ大佐、ジェインウェイ艦長、もちろんセヴン オヴ ナイン、Q、キラ少佐、カウンセラートロイ、トゥポル、そんな人々、もちろん架空ではあるがおれのハートの数%を占めさしむることに抵抗しない。むしろ歓迎。

かつて、スペンサーがTVドラマ化したことがあった。「どうやったん?」と誰かアメリカ人に訊いてみたいものだが、ホークはベンジャミン シスコ大佐だった。ホークの「アン ハ」をリアルに聞いてみたいものだ思ってた。

明日は難波校。終わってどこでどう酔っ払うか。それが悩みのタネじゃん?











posted by 浪速のCAETANO at 21:37| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曽根崎キッドの日々 3

 視界の下の方に影が見えたが気にはならなかった。まだ十分ほど余裕があるはずだった。影が近づいてきていた。その影は三つあった。その近づき方に少し違和感を感じ、顔を太陽から正面に向けた時、その影の動きが速かった。曾根崎キッドの目には太陽の残像が残っていて、真ん中の影の動きはその残像の中に吸い込まれた。その時首筋に鈍痛が走った。

 十分ほどして、鳥居から白いボルボ・ワゴンがゆっくりと境内へと入ってきた。そしてさきほどボルボ・セダンが停まっていた場所へとスムーズにバックで停まった。右のドアから女が降りてきた。仕立てのいい軽そうなツーピースにバックバンドのパンプスを履き、大きめのサングラスをしていた。辺りを見回すと、表情も変えず自動販売機のところまで大またで歩き、無糖の缶コーヒーを買った。リングを引っ張って開け、口をつけそして辺りを見回した。それから女はゆっくりゆっくりコーヒーを飲み、もう一度辺りを見回し、意を決したかのようにボルボに乗り込んだ。急発進し、タイヤを鳴らして駐車場を出た。左の窓がするすると開き、何かが飛び出した。それは弧を描いて、自動販売機のそばのゴミ箱へと吸い込まれた。コーヒー缶だった。白のボルボ・ワゴンは鳥居の前の信号を無視し上町筋を南に折れて走り去った。  (つづく)

AB7983CA-83B3-458C-8725-E594910C06E7.jpg
posted by 浪速のCAETANO at 00:40| 大阪 ☁| Comment(0) | 曽根崎キッドの日々(作り物・続き物お話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする