2018年02月21日

金子兜太さん

金子兜太さんが亡くなった。98歳だった。R.I.P.

さまざまな形容がある。朝日は前衛俳句運動の中心、そんな言い方。

おれなら「Punk俳句の重鎮」Frank Zappaのような、と言いたい。

金子さんは寺山やうちのお袋たち(堀内薫門下の)による高校生全国俳句大会の選者でもあった。もう65年ほど前の話だが。(結果はお袋は7位・1位は寺山修司)。

90D3B8E2-263F-498F-9856-62D3C93527FA.jpg

金子さんはPMのことが大嫌いだった。なんかさあ、98歳の人生の大ヴェテランにしたら、35歳ほども下の人間などのほざく事の中にある「稚拙さ・狡猾さ」が我慢ならなかったのだろうことは想像に難くない。歳が下だからというわけではなく、そこが根拠であるところの稚拙さ・狡猾さね。歳だけが根拠なら中津の土人老人とおんなじである。いらんこと言うた。

そう「、いらんこと言う、」がおれたちの日常なんだよね。言葉で埋めるべき空間は死ぬほどある。かつ沈黙が「怖い」現代人がいる。で、ゴミみたいな言葉が溢れることになる。ゴミであるから臭う。ウンコの川を泳いでるようなものだ。

俳句の世界は真逆のヴェクトル。おれは門外漢だが、句は読む(詠むではなく)。

金子さんと長谷川櫂さんの選ぶ句は好きだった。人が出る。選ぶことも俳句である、といういことね。お袋が再開したお弟子さんたちとの句会の意味はそういうとこにもある。だから出来るだけ長く続けていただきたい。

いいな、と思うのは削ぎに削いだ作品であるから、その最終的な「詩」は色褪せ難い。サステインが長い。俳句も詩の一種ね。音楽と比べるとそこは分かりやすいかな。メロディだけではなくバックの音に乗っている「歌」はバックの音のアウトオヴデイト化という運命は避けられない。現実にそこにあるだけに厄介である。

句は、そのバックになる音を読む側が付けることができる。付けなくてもいい。

共犯的。

ご冥福(ご浄福)をお祈りしたい。お袋も間違いなくそう思っているだろう。









posted by 浪速のCAETANO at 13:48| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曽根崎キッドの日々 21

 新世界だった。10秒ごとに画像が切り替わる。通天閣内部、パチンコ屋、別のパチンコ屋、超シブなパチンコ屋、将棋、スパ・ワールド、フェスティバル・ゲート、いずもや、映画館、スマート・ボール、寿司屋、ストリート、喫茶店、ジャンジャン横丁、たこやき屋、串カツ屋、駐車場、通天閣入り口、サウナ、朝日劇場、浪速倶楽部、通天閣歌謡劇場、ビリケン、日吉食堂、散髪屋、 新世界稲荷、動物園前駅の改札、恵比須駅。右下にも、八重勝30分、だるま35分、てんぐ10分、うずうずバーン60分、ウォータースライダー25分と待ち時間が出る。

7C2983BE-25D3-4C63-A979-BF3CEA872CA2.jpg
 新世界のケーブルTVだということはわかった。しかし、それと自分の正体が知られることにどんな関係があるというのか。
 そのうちに画面が切り替わって「しんせかいこんにちは」というタイトルが現れ、すぐに曾根崎キッドのきらいな、吉本の最近とんと見ない芸人と、通販のCMに出てくるような、化粧の濃い、胸だけが取り柄のようなおんなが出てきた。
 「いやーしかしすごいですね。またまたリクエストが100クリック超えました」「今回は別角度の映像があるんですよね」「そうなんですよ。迫力が全然違いますからね。それでは、早速ね、放映したいと思います。昨日からするともう7回目のへヴィー・ローテーションになります。で・も・今回は別角度の新映像でお送りします。キッド・タッグvs安本bros.!!!!」
 「キッド・タッグ?」いやな予感がした。
 
 おじいさんがスキン・ヘッドに吊るし上げられているところをおじいさんの斜めうしろのアングルから撮った映像で始まり、それは曾根崎キッドがまだ鯖の骨しゃぶっていたときのスキン・ヘッドの発言も記録されていた。ガラスが割れる音がした。
 「こるぁ、すんませんで済むんやったらけーさつもソニー損保もいらんのじゃ、新世界キッドやいうからこっちも気合い入っれて来たらおじいやないけ。この安本兄弟をナメとったら、寿命ちちむでぇ。まあ、今日はちょいと縮んでもらわなあかんのかなあ。あかんかもしらんなぁ。あかんやろなぁ。あかんなぁ。あかん可能性がたかい。いやあかんのよ。あかんというのが妥当。あかんにちがいない。あかんことを確信してる。もーぜったいあかんじゃなきやいやん。こるぁぁぁ、止めんかい、ぼけぇ。どこまで言わすねん、あほぉぉ。おれはなぁ、ロンリ的な人間なんじゃぁ、ロリ的ちゃうぞぉ、ロンリやぞぉぉ」
 「すんまへん。わし、そんななんやらキッドとちゃいまんねん。そこのコーヒー屋の主人でんねん。ロリかロンリが知らんけどにぃちゃんそれなんか勘違いですわ」
 「じゃかぁしぃ、ねたは割れとんねん。お前とピーーがつるんでわしらのピーーをピーーするつもりっちゅう情報はいってきとんねん。あのな、いまマンションではふつうのピーーよりピーーが高なってしもてんねん。ピーーのせいでなぁ。」ケーブルTVはプライバシーには配慮しているらしい。
 その時画面の右上に異形の人物が見えた。          (つづく)

posted by 浪速のCAETANO at 00:57| 大阪 | Comment(0) | 曽根崎キッドの日々(作り物・続き物お話) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする