2018年07月10日

突然ながら【marutani kaz ao vivo】

あまりに短期間に人の死(それは遠い〜近いまでいろいろ)に接し、非常に辛いと同時に自分の中に、それはネガティヴと決めつけられるもんではないが一概には、だが決してポジティヴとも言えないモヤっとした感情の塊で心の中に澱のように沈殿していきそうになっていて、自分の生命力もまた削がれていこうとしてるのがわかる。Conpassion過多な人間はこういう時困るのだ。

Get up, Stand upしようという、根源的な初動ができなくなることと、被災者の方がもしここにいらしたら、何も言えないが、手を握って相手が離すまでそのままにおきたい、そんな気持ちになるが、本当はがんばって、などど言いたくてしょうがなくなるが「何をがんばるねん」と言われれば絶句するしかなく、その二つのことを自分の中でもクリアにして克服しようと思い、祈りに替えて、突然だけど、ライヴをやることにしました。

奇しくも14日のライヴが飛んでしまって、これも出演者の病気が原因で、それは不可抗力なのだけど、ただあまりしょっちゅうライヴをする人間ではないが、空気に向かってでもいいから、思いの一部をというかエネルギーを誰かに何かに伝えとかないと、と切実に思った。

「エネルギー保存の法則」は真理であって、伝播すると思いたいこともある。回り回って、ということになればいいなと思ってる。


7/15(Sun.) 20時〜@Todo O Mundo

マルタニカズ ao Vivo 

7AFD590A-0DAB-4626-8DCE-35CAC18F3CC5.jpg


キャパにリミットありますから予約していただければ混乱は極力避けれるかと思います。

なんとなく嫌がってた店長をこれから説得がてら店へと向かおう。もしかの場合はおれ1人でもなんとかやれるでしょう。
posted by 浪速のCAETANO at 20:53| 大阪 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キミらこそ検証を(もしするんなら)

なんだかどさくさまみれの中。シレッと梅雨が明け、あんだけアホみたいに降った雨がウソのようにカンカン照りの列島になってるけど、あの雨は幻想ではない。

大災害。3/11に匹敵する。四国の友人にも「流通は?」と訊けば、パンなどはすぐ売り切れ、であるという。そうだろうなあ。ただ、おそらく「冷たい社会」ではないから、と、そこは安心している。

PM、最後まで「行く〜、行きた〜い、行かせろ〜」とごねとったみたいだが、やっと外遊中止になったみたいだが、お前なんかおってもシャーナイわ、むしろ誰かに全権委任してどっかいっとけよ、ぐらいの気持ちになる。同意の方、おおいのでは?

大量死刑執行の前日、気象庁が「これさ、ほんっとにどえらいことになるよ、みんなわかってる?」と言ってたのが14時、バカ宴会は20時。酔いとともに意識の上で「大雨」は執行同様、遠い世界の出来事、ひょっとして非現実ぐらいの距離を持って行ったんだね、わかってるよ。酔っぱらうってそういうことだもん。ただ、これもう申し開きできんでしょう。あそこらへんにクズが集ってるんだね。わかりやすい。

西村とかいうコバエほどのアホがま〜たこれがドサクサに紛れて、自治体の反応を検証を、とかfake を流してるが、おのれらでしょ、他人事でバカ宴会しとったのは。おまえら、を検証すべきなのよ。

しかし、アホが政治してるしてないにかかわらず、惨状は現実である。何かできないものか、と思う。やたらに支援物資、もメーワクであるという。即効性はないが募金も一つだろう。何事も元の状態まで戻すのは時間かかる。その間にまた他のひどいことが起こり、目先は変えられていくのだが、現状へ、という作業は途切れちゃいけない訳だから。おれが最近味わったのは怖い思い。だがさほどの被害は幸運なことになかった。四国中国地方の方々のは実際の被害plus怖い思い。心のケアも必要だが今回はなけなしの資産が、、、、という方も多かろうと思う。募金するよ。無力ながら。いや違う、微力ながら、ですね。


最近思うのは、PM一味が何をしてもさほどsupport rate 下がらないちゅーのは、事なかれ主義がまんえんしているからなのではないか、ということ。一般の人々の間にね。心が泡立つことがヤなのね。対立の現場を避けたい。そこにいるのも見るのもイヤ。そんな人たち多いんだろうな、と、これは推測ながら。きっと当たってる。なんか「ドキドキ」するんだろうな。対立とかドキドキするんだろう。それを見るだけでもどきどき。子ども時代にやっぱ殴り合いとかやっとくべきね。修羅場恐怖、修羅場回避ということかなと思ってる。喧嘩の現場だけが修羅場ではないが。いろいろあるんだよ〜。

太郎ちゃんなんてそこエラいよね。箕面自由の誇り、でええんちゃうかな。目線の低さはそこ重要。少々マナー違反でもいいのでは、と思ってしまう。そもそも、どマナー違反しちゃってるのはおのれらの方やんけ!ですので。

今「崩壊の正に現場」にいることは誰の目にももう明らかだね。何もできないとしてもただただ祈りたい。そんなん意味ないやんとか言われても「そ〜か?」と言い返すでもなく呟いてただただ祈りたい。
posted by 浪速のCAETANO at 10:25| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする