2018年07月26日

ありしひの

在りし日の 夫の如きや 酔芙蓉

(ありしひの つまのごときや すいふよう)

254AF3BB-8B1F-434B-B418-938DE524C2F7.jpg

「酔芙蓉、野花、暑い日、梅雨に咲き、夕方は酒に酔っ払った姿になる。だれやらみたい。あの世に送ってやろうかな(談)」

実家の家の前に咲いている。中上健次の「夏芙蓉」もいいがうちの家の前には「酔芙蓉」とたきこは言う。
posted by 浪速のCAETANO at 12:21| 大阪 ☁| Comment(0) | 丸谷たきこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Linkageの輪

はー。またexcution 、ショーにしてる。
政府が「漏らし」てるということだよね。ウンコ漏らす者がトップのgovernment 、漏らす、がtacticsとなってる。そんなユルくてどーする?とは誰も言わんのだろう、怖くて。

もう一度《善人なほもて往生をとぐ、いわんや悪人をや》

善人、悪人の定義はちょこっと現代のそれとは違うと思うが。ただ本日の彼ら、6日の彼ら、「悪人」でよろしいか、とおもう。

反社会勢力だろうがなんだろうが、その突然失われた「魂」の着地地点を喜んで提供しようといった心情は存在するだろう。

正規の政府が、しかし、反社会的、という見方もできる現在、もうよくわかんなくなってくるな。正義が塊として存在しない国、バラバラにしか存在しない、forceとなり得ない国においては。他国もそうなのだろうとおもう、おそらく。まあ、そう考えてくると、「浄土信仰」の存在感が増す。「この世は幻、ただ狂え」このセンテンスも説得力を増す。

あの植松某の十九人殺したその日にexcute。これもまた。PM一派の思わせぶりな思惑が、感受性の鋭い人間には痛い。植松はpmに「褒めて欲しい」と言っていた。LDPのばかオンナはLDP内で突出しているのではないだろう。少なくとも彼女とトップは「同様の」資質。まあ見事な「鉄砲玉」として機能している。妙に世界中で有名になってしまったし、個人の将来はないと思うが「鉄砲玉」は消耗品であるからいいのね、別に。次から次に出てくる。組織的なことであるよね。そういう組織であるから。薄っぺらい。全部が薄っぺらい。

PMのことはやはり祖父まで遡らないと。そうなるとそのlast nameの意味するところ。そんなことも知る必要がある。abe自体は青森の「和田家」とも関係がある。奈良のそれとはまた違う長髄彦(from 博多)。だいぶはしょるが、めんどくさいから。last nameで問題なのは「もう一つ」の方。

ここは怖い。出演者は、キムくんおじいさんや半島由来のreligion やら釈放されたA級戦犯、マッカーサーの副官。そしてその「地区」。そして長州。

こないだ「西郷どん」で長州力は長州軍の大将役で出て「リキラリアット」かましてたが。

飛んだが、戻るが、長州からは世界銀行、龍馬の死、グラバー邸などへと話は広がっていく。

これ、別件だが、その背景からdtの存在を見てみたらまた違った観点も持てるだろうに。ちょっとむづかしすぎるかな。

いろんなものは全て「繋がっている」そう思える。




posted by 浪速のCAETANO at 12:11| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする