2018年08月24日

疑問

収入(見込み)が4500億で支出(ほぼ決定)が1兆5000億だという。
Olympiad in Tokyo のことだけどね。で、mayor発言「個人の資産もあてにしちゃうんだから!」


タダ働きを若者に、銀を拠出してね、で今度は足らんぶん、つまり赤字はみなさんとこに請求書回す。

ボランティアに日当払ったらもっとすごい赤字に、銀を買えばさらにすごい赤字に、ってことよね。

今すぐおやめになるのがいいんだけどね、mayor、olympiad 、あと組織委員長の元pm。

Asia大会のショボさを無理に引き上げようとして無理してる、無理があると思う。olympiadへと続けたい、というかpm選挙へのspinとして何でも使う、そういうことでしょうね。「目を逸らしつづけさせる」のね。

覚醒させたくないのね、要は。アホのままでいて欲しい。ずーっと、永遠に。

先日、ノモンハンのNHK の番組があったね。その中での軍人の証言;

「天さん」が、、、、、。

昭和天皇の戦争責任という話は昔からあって、「ある」「ない」に始まり、それは戦犯合祀してる靖國のこととも関連したことだけどね。

戦犯合祀している靖國は、だから行かない、あるいはそこ関係ない、御霊が、、、、いろんな人がいろんな意見を言うのだけど、そこは今日はどうでもよくて、もうほぼ感情論なので、今日はどっちでもいい。

それよりも「天さん」である。おれが言ってるんじゃなく帝国陸軍軍人が言うてる。コメ年6回送って来る「近さん」でもないのね。しょーもないこと言いましたが。

日華事変〜大平洋戦争〜敗戦の間に首相が多数変わっている。

1937 林銃十郎
1937 近衛文麿
1937平沼騏一郎
1939 阿部信行
1940 米内光政
1940 近衛文麿
1941 近衛文麿
1941 東條英機
1944 小磯国昭
1945 鈴木貫太郎

ノモンハン事件は1939。

なんか戦争の責任は東條英機、という(まさにそれは東京裁判の「意図」だったのだけど)ことになってそこが靖國に対する是非の根拠になってる。今日はそこはどうでもいい、というかややこしすぎてパス。

ノモンハン事件は東條英機首相の時代ではない。当時は関東軍〜陸軍大臣。

戦線の状況も優勢から劣勢〜完敗と変わっていく中で、戦争は統帥権を悪用した陸軍が、という見方が定着していたと思うが(まさにそれは東京裁判との整合性から言っても)、実は東京裁判の中立性に対する疑念はあるわけでね「ほんとにフェアか?そうじゃないでしょ」という。

首相が変わっても「戦争への態度」は変わらなかった。どんどん戦況は悪くなっていくに従って。で、その「天さん」発言。

うっすら浮かび上がるものは何か?

軍人と天皇の親和性、ではないのかなあ。

昨日の新聞の侍従長のメモの中で「戦争責任のことを問われるのが嫌だ」というのがあったね。御本人はこころに引っ掛かってた。それに関連して志位氏がこう呟いている;

「『戦争責任言われつらい』晩年の昭和天皇吐露」

昭和天皇は、中国侵略でも対米英開戦決定でも、軍の最高責任者として侵略戦争拡大の方向で積極的に関与した。個々の軍事作戦に指導と命令を与え、戦争末期の45年に入っても戦争継続に固執して惨害を広げた。歴史の事実だ。


戦争最末期の悲劇いろいろある。本土無差別空襲、沖縄、広島、長崎。そこでの決定(というか未決定)は陸軍だけのゴリ押しだったのかどうか?

昭仁天皇と美智子皇后の「超平和志向」に必要以上の意味を感じるとするなら。

なんかいろんなことを考えてしまうよね。結論は出す気は無いけどね。

責任とらん、そんな伝統の国だってことはわかるけどね。


で、olympiad 失敗の責任はどなたがお取りになるんでしょう?まあ何をもって失敗とするかは「?」だけど。そこ詰めないのも悪知恵だが。
posted by 浪速のCAETANO at 15:23| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行ってしまった#20

熊野川がまた氾濫したらしい。
北区はまたそんな被害はなかったみたいだ。3:00pmに外に出ると風はそこそこ、だったが雨は止んでいた。というか雨だから店に行かなかった。歩くの嫌いだから。

しかし地域によってはいっぱい雨が降ったらしい。明日、被害が明らかになっていくのが怖い気もするが。

家の裏の小山があったり、家の前の小川があったり、そういうのは「理想的」なのだが、それが双刃の刃となることが実証されてしまった。

日本地図にすべての河川を被せた地図があって、それを見て「毛細血管のような密度」と思ってしまう。

飛行機からの俯瞰で、こちらの国は山が多く、川の周辺のわずかな平地に肩を寄せ合うかのように人が住んでいる。そこが被害の現場になる。

いろいろ考える。

熊野川はじめ、河川の氾濫、山野の崩落の被害が極小であることを祈るしかない。
posted by 浪速のCAETANO at 03:45| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする