2018年09月09日

大坂ちゃん

いくで、これ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ほんまにいった。途中でセレーナが暴れたから、興削がれた感はあるにせよ、そしてレフェリーの判断にブーが続いて、ちょっと可哀想だったね。

しかし、グランドスラムやで。シュテフィ グラフが取ってたグランドスラム。

「こんなおわりかたでごめんなさい」とか言わすなよ。だが訥々と喋るあのやり方は「Japanese」だった。好感もてたし、持たれたと思う。松岡修造も同じようなこと言ってたな、だはは。こういうの、右翼とは言わんの。

彼女のplay styleは強力なサーヴィス、ストローク、そしてフットワークと偏りがない。スタイルが誰に最も近いかというとグラフだと思う。すべてのプレーヤーの中で一番バランスが取れてるもんね。完全アウェイの中、ほんとにすごいね。

大器だね。ランキング1位もあり得るだろうね。

大坂なおみちゃん、ほんとにおめでとう。
posted by 浪速のCAETANO at 06:08| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こころのフマキラーで

これを読んでいただきたい。

首相 あす北海道の被災地視察 

「被災地を訪れることで、災害対応を重視する​姿勢を示す狙いがある」(共同)nikkansports.com/general/news/2…



「ごっこ」か?


書いたメディアも「アホ」ではないのか?


「ポーズ」を「見せる」ことで「十分効果」がある、というこのメタフィジカルな記事にも呆れる。


苦しむ当事者たちには「援助の手」は届かず、それを実際に見ることのできない人々へのメッセージで十分騙せる、と。為政者とメディアがツルんで、半分バレてるけども、まあそれでよし、みたいな?


なんやろな?


Believerの人たち、一斉擁護してるみたいですが、信者さんってオロカにもキモい。


Putinに毟り取られにまた行く。


翻って大阪のアホは万博誘致欧州旅行via沖縄。もう帰ってくんな!という声、あちこちで聞こえてくる。


災害は、不謹慎だが追い風になる、という趣旨の発言をしたLDPの議員もいる。PMにごく近い。


「自分ら」のためにやっている。政府が「民営化」するとは何事だろう。じゃ税金、納めなくていいよね、ということになる。


間違いは、「あまりに間違いすぎていて、その間違いの度合いがなんか一周回って正解かもしれない、ほどにも見える」ほどの間違い度なのね。


人には欲があるとは思うしそれを批判する筋合いはないが、そこmotiveになることがあるからね。いいんですけど、ひととしての思いやりだとか共感をなくしてまでもおのれの我欲のために突っ走ってしまう、そのメンタリティとは如何なるものなのか。そんなにカネが欲しいのか。カネの相対的価値はかつてより上がっているとは思う。が、相対的価値が上がれば上がるほど、どうしても届かない絶対的価値、それはどんな高速ロケットでもその差が縮まらない「光」の振る舞いに酷似してるとおれは思うのだけど、の存在感が増してくる。


カネで大抵のものが買える。ここ大事なとこで「大抵のもの」が買える。すべて買えるというわけではない。大抵のものが買えれば買えるほど「どうしても」買えないものの値打ちまでの距離は一向に縮まらない、そんなジレンマ、サルでも苛立つと思うんだけど、そうか、彼らはサル以下だから満たされているの?サル以下なら話通じひんで。


そのどうしても手の届かないものの存在に気づくには、いろいろなものを失う必要がある。それもええ歳の頃に。あったものがなくなる。まあ、子どもでもそういうことはあり得る。ただ、両者に共通の表情となるとそれは「愁いと遠い目」である。バカにそんな表情はできない。


古今東西、カネにギンギンな人間の動物的な(というと動物に失礼すぎるが、動物にはそんな表情はないからね)言い換えれば、人間における我欲のほとばしった表情のあ〜あ度と醜さにはおれは敏感だった。


そこ、「恥ずかしながら」否定するには忍びなく、、、、、そんな態度ないとダメなんだよ。


ヨン様に熱狂しだしたおばはんらぐらいからかな。みっともない欲望でも全開していいのね、いいのよ、かなんかおばはんらの集合的無意識のなかでの結論が出たのだろうと思う。そこにカネの匂いを感じる人間がたかった。それまでの人間はもうちょっと品があったと思う。


カオには「すべてが」表れる、でいいとおもうよ。


蝿の顔。フマキラーしたくなる。


ちょっとぐらい「狂ってないと」もうしんどいのよ。





posted by 浪速のCAETANO at 03:31| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする