2018年10月31日

窒息も気が狂うのも

窒息しかけていたのだな、と分かる。
自分を支えているものをないがしろにせざるを得ない、そんな日常があるんだけど、それをおれたちは(おれだけかもしらんが)小銭のために「売ってる」んだよね。国も売られてるわけだから、おのれの売り方はmildにしとくべきなのね。

VRが全盛になる前からエフィンジャーのイスラムSFなどで、脳内と外のボーダーは曖昧になってきてた。おれの中ではそう。主観と客観の入り混じった世界、悪夢とも言えるし、目眩を楽しむとも言え、そこに対する自分の評価は保留していた。今もそれはよくわからないままであるが、肝腎なことは主にその内部から外部への風通しを良くすることだった。外から内へは帰ってきやすい、比較的。内向きと外向きは50:50である必要はないが70:30ぐらいが理想的なのだなと思う。きっと正解。

初めての土地への旅はその閉塞を回復する効果的な方法であるね。

おれたちは(おそらく勘違いなのだが)、世界をpcとかtablet とかiphone の中に閉じ込めている、そんな気に、生意気にも、なっている。それは一般的に言うなら「矮小化」だと思う。コンパクトという表現はおのれの相対的無能に対応するコンセプトなのであって、世界の(もっと遥かに巨大である)表面との摩擦もなしにおのれの内部で完結した気になっている。だから安田くんへのバッシングはほとんど、取るに足らないものである。ボーダーをリアルに超えたものに対して、そんな勇気もない人間がどうこう言うべきではない。自分が拷問を受ける、といった想像さえできない人間がそんなことを言ってるのはほぼ間違いなく。彼らに関しては、使命感もあろうが、五感、特に嗅覚に訴える何かがまた彼らをその現場に戻してしまうのだろうと思う。視覚の世界、そして時々聴覚、そんな中でおれたちは完結しがちなんだよね。よーく考えて見てほしい。そうじゃないかな?嗅覚も含めた肌感覚、強烈だよね。だが、それはそんなことしなくても生きれるからね、文明のおかげよね、過去の人類の、それは達成であるとは思うが、それによって何が失われたかと言うなら「リアル」ではないかな。

祝祭、や儀礼、人の内面を支える何か(自覚してるしてないにかかわらずよ)との関係性をおれたちは勘違い、もっと言うならば、間違ってるとこがあって、それがハロウィンとかのバカ騒ぎを象徴しているが、やはり、例えば、だんじりとかおくんちとかねぶたとの相違が物語る、伝統を基盤にその準備と心構えというか、その重圧が参加者を潰すかもしれないほどの人に何かを迫る、人智を超えた何かとの対峙がないものって、どれもおそらくつまらないし、そこに参加する人間もまたつまらないのだ。

おのれの枠って「意外に」小さい、のね。

小さいことと、その自覚は大変大事だと思う。ものの生み出される場とはそんなものである。だけど、自分をはるかに超える大きなものとのgateway を常に用意しとかないと、その狭く小さな世界で息苦しくなってしまう。gateway を解放するだけでもいいんだよね。空気の入れ換え。digital機器の中ばっかりではいけない気がしてる。子どもたち、大丈夫かね、と思うのはそういう点。

気が狂うよ、一方だけだったら。
posted by 浪速のCAETANO at 11:01| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そんな夜もあったよね

唯一の寝床となった折りたたみ式ベッドを「ポデローザ」の脇にしつらえて横になると、未来への希望で胸が高鳴った。もっと自由で、もっとさわやかな、冒険精神に満ちた空気が吸えるような気がした。17C02B26-E66B-4DB7-8DEC-67188A5A5640.jpg

posted by 浪速のCAETANO at 08:33| 大阪 ☁| Comment(0) | Ernesto Che dijo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あかん女は

いや、pmのひと、吉祥寺大学、小学校からエスカレーターの、back door enterだけじゃなくback door graduate したらしい人、三権分立守ってないんじゃないかな。これ、読んでみ。

第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。


ひらがな振らな読まれへんかな?かわいそう。周り説明したげてよね。「Japanese naked king」に。いやkingではないよね。replacable prime ministerに過ぎないわけで。replacableっていうのが決定的なポイントでけどさ。


いや、あかんとなれば変えれる、原理的に。ただし間接民主制であるから、下から中ほどまでの風通しを良くする必要がある。そこが問題。b 層が集っている。物事を考える気を持たない人たち。図らずもそこにいるおれは、そこを改善することに意味はあるけど有効な方法が果たしてあるかな?という疑問をもってる。


彼らがじっくり物事を考えれるような状況ではないのよね。生活に超忙しくって。


まあ、アホが増えれば増えるほどpm一味が延命するという構造を作った一味にやられてるのだけど、前述の人々が覚醒しない限り、無理だろう。


ldpのブス2名がもうおぞましい活動をしてたね。あの手の女に女がfuckって言えない状況が改善されないと、本質的には「無理」なんじゃないかな。



posted by 浪速のCAETANO at 02:42| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

クラインの壺

■「祈りとは自然との会話のこと。」【作者不詳】

posted by 浪速のCAETANO at 01:49| 大阪 ☀| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

四万十川 amor

振り返ればそれは夢のような2泊3日だった。
美味いもんもあったが、食欲はさほどなく、まあ昼間はビールを飲み、夜は土佐鶴のパック入り(立山の普通酒に例えられるか、と)を敢えて店で飲み、寝る前にはコンビニワインを飲み、海を見て、チャリンコに乗り、川をいろんな角度(高さ)から見、風を感じ、暇なとき、まあ放ったらかされてるときだが、は翻訳を進め、だがそれ以外は遠くばかり見ていたから目は全然疲れないのね。

今日もどエラい疲れるだろうなと思っていたが、昨日店を早めに帰ったこともあり、さほど、だった。その後店長はエライ目におうてたみたいだが。不可抗力。

おれは「この時期のカツオ」が一番好きだ、ということも再確認した。長崎でヒラス食ったら言うてること変わるかな?わからない。

選んでもらった大方のホテルも良かったのね。南海トラフが動いた瞬間にあっという間に消滅してしまうだろうが。そのくらいの海までの距離なんだけどね。ホテルのやつに「いいね、この辺」とか言うと「うーん、しかし南海トラフが、、、」と言うてたけど。崩壊、と言う概念のリアルな象徴である南海トラフ、出来るだけ先送っといてよ、お願いだから。都会からの移住組もそこそこいたのも結構驚く。老後は漁村、というのは本当に悪くない。いざとなったらおれも実家がある。漁師にアメリカ行かずに生きといて欲しいけど。

12月でも泳げる海とか、あり得ん。黒潮エラいな。女の子たちがそっち方面カルいっちゅうのもこの期に及んで、ええな。答志島の寝屋子に象徴されるような南の海洋にルーツを持つ人たち、高知湾(土佐湾)あんだけ豪快に湾だったら大量に上陸しただろうことは想像に難くない。鹿児島、宮崎、高知、和歌山、三重、静岡あたりまで、同様のパーソナリティあるのでは。おれが文化人類学まだやってたら、女子の「カルさ」でfield workするけどな。

夢のように始まって夢のように終わった(実にactualにそうだったのだけど)四万十川周辺の小旅行だった。
posted by 浪速のCAETANO at 16:52| 大阪 ☀| Comment(0) | ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

幡多と大方

雄々しい海。51A62122-B885-433F-986C-2228D489DE6F.jpg14D1C5E8-642E-4D32-A772-D001D05DA028.jpg1A01763E-5FC3-421A-9C65-37665C6FF731.jpg8ED4AFF2-F6FB-4884-9E92-5A41B408BD24.jpg9B7D5FC0-881A-4B07-9885-B8728399733A.jpg
母性的な河。E554F591-7269-442A-A02B-8A0D7AB13841.jpgB152A5B8-4588-42E5-890C-08C0ED987DEC.jpgAF24DE14-0590-47D1-8FAB-862781750739.jpg8BE92273-83FB-4A23-AE12-AC3E3D115C15.jpg


com Marcero

D019A107-18A6-4028-A7BD-C93F4135E7E0.jpg

謎のイコン

AE8E34D1-6462-442E-823B-80892F4CC3E3.jpg6113860E-E069-4DC1-879E-E0F4C2797187.jpg
posted by 浪速のCAETANO at 17:59| 大阪 ☀| Comment(0) | ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

revived

生き返る。
3AF066CD-D488-4895-8903-48D2B2F7B615.jpg


2524FF71-90B5-48B6-B62B-C6E2804BA363.jpg
5BC82313-965C-4FCB-AF3A-CFDB7CBB3477.jpg
848F37E9-340A-4593-85B1-078C9CDFF91B.jpg
3C8F19E4-9DFA-47EB-9433-F12C0987B205.jpg
52FB4F29-AAA8-4743-BEFC-AD20DB8F6C3B.jpg
51D71852-863E-4822-87FA-F3E0F87F0B0C.jpg
0563D290-A938-43ED-B4EA-A9DED16842A1.jpg
45DB4719-87F0-4952-8983-37AC0C82C835.jpg
64533874-3459-45EA-BF12-59E5C783BB10.jpg

風呂でも入ろう。
posted by 浪速のCAETANO at 15:03| 大阪 ☀| Comment(0) | ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

いい空気を求めて

空気が悪い。
で、ええ空気を吸いに行こうかと思う。行き先は【いい空気】のあるところ。初めて行く街であるから。街という形容があってるのかどうかよくわからんが(never been there)、まあどうでもいい。

強行軍だし、帰ってまたすぐ仕事だから疲れに行くようなものかもしれないが、いいの。もう本格的に身動き取れない状況が迫っててちょっと危機感を感じてる。まあ、しかに、何にでも人間は慣れるので、今年いっぱいはもう諦めている。

来年もまだ3月まではそこそこ忙しいみたい。他人事っぽいが、来年のおれは、それはそれでなんとかするのでしょう。知らん。

どんくらい空気がいいか、楽しみ。ガイドもいる。久しぶりにクルマに乗ろうか、とも思う。k-carね、だははは。おれとしたことが。ラテン車乗り。宿も気持ちよさそうだ。土地の食べ物に土地の酒、あんまり食欲ない時期だが。当地の酒はよく飲むけどね。男っぽい酒。好きである。

だいたい行きにくいところが好きである。熊野然り。おれの華麗なドライヴィング テクニックでも4〜5時間かかる。路にもよるが。

まあ今回はそれじゃないが。他人任せ。

大学終わりで飛び乗る。








posted by 浪速のCAETANO at 15:28| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

自己責任とか言わずに

自己責任、とかいつからそんな無慈悲な言葉が流布しだしたかというと、金融ビッグバンだったと思う。時は小泉くんの時代じゃなかったかな?もっと前だったかもしれないな。
個人、という概念もない国の民にそれはないやろ、となんかで書いた覚えがある。そこら辺からアメリカ金融資本にやられっぱなしである。まだ途中ですが。

当時の個人は自分勝手という曲解がなされていた(still now?)。

中東へ行って捕らえられた人たちへのその冷酷な意見、おもにねとうよから出てきてた。リアル右翼は、そんな冷たいことは言わない。同胞に対する気持ちには「熱い」ものがある。それがリアル右翼か、と思う。だから、人の心情には右翼的なものと左翼的なものがモザイクになって存在する、というのが正しい。であるから、お前、そんなこと言うからそっちやん、とか言うのは無理があるのね。その同時に存在する感情を、どっちかだけにしなさい、というのは無理があるのね。若い頃からそう思ってた。どっちか決めた後のこれまた息苦しさも経験済み。

左右は、というわけで、二者択一すんのはムズいのね。だが、上下ってのはある。源泉徴収で判断できる。言い逃れしようがない。

上下が幻想としての左右と90度回転させれば重なる、という意見もあるが、正確ではない。ズレもある。

Classの固定化が言われてそろそろ10年くらいになる。貧困の再生産という事実はそれを補強する。政策の冷淡もまた。真ん中らへんから落っこちてくるのはいても、三段跳びでアップするようなダイナミズムはほとんど見ない。


安田くん本当に良かった。現場のリアルを伝えるために命がけで現場へと向かう。それがジャーナリストだったはず。個人という概念がわかってるminority でもある。そういう人は大切にするというのが、世界から取り残される事態をちょっとでも先送りすることに貢献することをわかっとかないと。自己責任とか言わずに。

しかしISのような気狂い集団じゃなくて良かった。ISはmade in usa。こないだ死んだマケインとバグダティは「お友達」。bo、hcも。



posted by 浪速のCAETANO at 14:39| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Like a pin to burst your bubble

■「不思議に思うことが多くなると、知の贈り物が授けられる。」【作者不詳】

posted by 浪速のCAETANO at 06:13| 大阪 ☔| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

Consists of 酢

普段は脳に埋め込んでいる人工内耳で自分の聴覚がないことを克服しているある円盤投げのアスリートが、競技のたびにその外部アタッチメントを外す、ということを知って、「自由と不自由」のボーダーもなけりゃ、身体的な欠落というものはテクノロジーで補うことが出来れば、メリットでありさえするな、いやもっと言うなら、敢えて遮断出来ることは能力と言ってもいいとさえ思えてきた。
自分の内部に浸ることがなかなかに難しいのね。ノイズが多すぎて、イラッときつつも、それに慣れることに慣れてしまったおれたちは、腹いっぱいメシを食うことが、それが人類究極の目的だったはずが、そのことによってヤバいものをどんどん取り込んで病んでいく。何かおかしいでしょ。

顔も見たくない人間、聞きたくもない音楽。包囲されてる。

おのれの中の寛容がぶれた時に、そういう被害妄想が少しmonstrousa(モンスター化)する。

大抵は酒飲んで忘れて寝てしまうぐらいのええ加減さは持ち合わせちゃいるが。いいのよ、どーせ、人は死ぬの。早いか遅いかだけの話である。

自分の身体でanother experiment を始めている。30年間続けている実験にplusして初めてみた。どうなることやら。「Si」だけどね。


朝晩冷えますね。もう完全に鍋の季節になってきた。7割「チリ鍋」だけど、おれの場合。もうポン酢は飲み物であるので。おれの血は酢でできてるとするなら望むところである。毎日取り込んでいるもので身体はできているわけだから。その選択は本人にしかなくて、そこは、別に健康志向とかでは全くないんだけど、好きなものしか取り込めないもんね。体液が「酢」で出来ているなら望むところである。(refrain)。





posted by 浪速のCAETANO at 08:47| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

一度御用となる

観客は立会いを許された覗き魔である。

posted by 浪速のCAETANO at 19:43| 大阪 ☁| Comment(0) | 寺山がパパだったかも知れない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

日曜だね

さて、いろんな学者、投資家が「消費税10パーセントでこちらの国、終了」と言ってる。
この命題の「対偶」は「終了していなければ消費税は10パーセントではない」となる。

さらに進んで、終了させたくなければ消費税を5パーセントに下げなさい、と言いたい。

10パーセントというのは「分かりやすい」。アホでも計算できる。それはnegative に働くだろうとは、上げてみんでもわかるというものだ。

戦略として「上げるあげる」と言うときながら、「うーん、やっぱり辞めといたげる、【キミらのために】」といった恩着せがましい戦略もあると思うが、据え置きで恩を着せられるのはまっぴらゴメン。恩着せるんなら「下げろよ」。

しかし、軽減税率の混乱はどうするのだろう?大混乱になる。

愚策。

pmは李氏朝鮮がモデルの国にしたいという説もあるぐらい。身分制度、差別意識、技術、労働の蔑視、愚民化、現実離れした外交、事大主義と両班(官僚)。

順調に進んでるね。


「RightとでもMilitaristとでもどうぞおよびください」と開き直るpmであるが、そうは呼ばない。実はどちらでもないから。

呼ぶとするなら「Bargain Seller」「Nepotist」「李氏朝鮮」だから。


読みたい本が多すぎて、予習が進まない。月曜の予習はほんとに大変で、それは物理、化学、生物、数3、数2b、数1aの入試レヴェルの問題の解説をしないといけないからなのだが、こんなに勉強するのは生まれてはじめまして、なことで、受験生の時代でもこんなに勉強していない。ええ加減なものだった。聴きたい音楽、というなら、ながらでもいけるのだけどね。

弱音をはいても誰も「?」や「で、だから?」とそんなことなので、もうやめるが、ほんとに自分の要求だけはするが、compassion ハナクソぐらいしかないやつばかりなので、おれの周囲は。な〜んて。愚痴。はい終了。





posted by 浪速のCAETANO at 11:23| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Quiero saber

私を導くものは、真実への情熱だけだ。あらゆる問題について、私はこの点から考える。


07BB1BB2-8C66-4D28-B16B-DA6FEE631A85.jpg

posted by 浪速のCAETANO at 10:37| 大阪 ☀| Comment(0) | Ernesto Che dijo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それ、同じ住所で?

影も住民登録するべきだろうか?

posted by 浪速のCAETANO at 01:47| 大阪 ☀| Comment(0) | 寺山がパパだったかも知れない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

変わっていくが変わらないが変わる

社会の不具合が顕著だと思ってる。かつてのこちらの国っぽくない。かつての国ではないからだろう、no longer。
もうかつての良かった国はnostalgia の対象となってきた。断言。

対応が間抜け。これで消費税とか、軽減税率込みで上げれば、どエラい混乱を引き起こすだろうね。コンビニのイートイン廃止とか、そういうとこにしわ寄せ来るよね。キャッシュレス社会で喜ぶのは上の方だけ。ホームレスのおっちゃんにもカードを、とか意味がわからない。西成で誰が、いったい誰がカードを使う(使える)というのだろう?西成は「国外」か、ひょっとして。

いきなり飛んだが、戻るが、不具合。

i.e. 昨日の新幹線の全線停止。身近なとこなら、宅配の遅配。

かつてより「鈍臭く」なってる。どんくさい、久しぶりに使う。でんごっつい、とか同様、dying dialect。

出来る昭和のおっちゃんらが退職し続けてる実態もあろうか。トコロテン方式なら出来るおっちゃんいなくなる代わりに新卒が入ってくることを考えれば、暗~くならざるをえんな。

株、先物で勝ってるやつはそこそこいるだろうけれど、企業内での実務者というか地味に仕事しつつ、息子娘を大学にやって、そんな企業人、いるんだろうけど、それは「上手い生き方とは言えない」そんなコンセンサスできていそうだ。

スポットライト当たらないところには「人材」が集まらなさそうなのね。いたとしても不遇かもしれない。サラリーマン文化もまた崩壊しつつある。黒化する会社だらけだし、政策がそうなっているのだから必然かな。

こんなん言うてるおれもすでにout of dateなんだね、その記憶自体out of date 。

よかった時代はonly in memory。最近おふくろの記憶を自己化することが多く、余計にそういう気がするね。現実は別の惑星ほども異なるからね。昔はよっぽどではあるんだけど、例えば一人の人間が生まれて死ぬまでの間にそんなに何もかも変わっていいものか?人の内面はその中でも(変わっちゃいるが)もっともその変化に抵抗するところだと思うんだけど、しかしそれも生まれたタイミングなのかなあ?

あんた、一番二十歳ぐらいの子らと接してんちゃうん?と言われそうだが、うーん、そうねえ、どうかねえ、、、、、、。

まあ、かつての常識のようなものはまたちょっと違うかな、ぐらいしか言えない。また、かつての常識のようなものには自分だって抵抗感かなりあったし、だが例えば、知人の中国人のものの考え方(ここ、かなり資本主義者)にも、今のワカモノたちとのin commonは見いだせると思う。要は「カネ」にヤられてる、のかもしれないね、単に。

カネかあ、、。カネねえ、、、。

確かに強迫観念、あるよね。

みんな、交感神経の活動過剰を生きている、と思えるふしがある。なんとなくだが、そうせざるを得んような。みんな精神病になるわけよね。ガン細胞だって増殖するわけよね。inbalance だもん。

おれは、自分の声で人を眠りに誘える、そんな特技?がある。歌う時の声じゃない。話し声、1octaveほど低い。dialogue ではなく一方的に話す、が条件。相手は「ものすごく」気持ちいいらしい。

最近で言うならおれはクラシックのコンサートよりもサンタナの中盤のパーカッションアンサンブルの時、よー寝たなあ。非常に気持ち良かった。一つわかったのは、前提条件として「寝ちゃいかん」というのがあれば、余計に気持ち良い眠りに落ちることができる。

おれたち、なんかめんどくさいよね。ただ、そゆとこ、普遍的、だとも思うんだ。
posted by 浪速のCAETANO at 11:26| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

G.bandがいい

八尾の某大学。行ってみたら150人おった。ちゃんと言うといてよ!

しかし八尾に行くなんていやー初めてではないのかなあ。河内だね。人の匂いのする街だと思った。

大学は縦、三次元。10Fに行って、4Fで休んで、6Fで授業、1Fでタバコ。なんか上へ下への大騒ぎぽい。

八尾駅周辺の探索は未だ、だが、ほてい寿司もあったし、鰻屋もあった。これ、大学ジプシーの楽しみ。半年通う。バカ田大学。元都の東南。

Smithsを聴きながら。

最近、よくギターバンドを聴き返すこと多く、Television、Joy Division 、Gang of Four、the Feelies、Red Guitarsなどだが、当時当時のエフェクターの発展に伴って、その恩恵を受け入れたり敢えて加減したり、やっぱり一番面白い。自分は基本的にギター弾きだし、それも安定したギター弾きでないとこが惹かれる理由だと思うが、何年かに一度その場に戻ってくる。そのインタヴァルは短くなる傾向かとも思う。ideaだけで音楽ができる、というのはギターバンドならでは。

ちゃんと8ビートが叩けるdrと少しぐらいはテクのある、だが音数も口数も少ないbとギター2本でideaだけでバンドはじめるというのはどうだろうなど妄想する。女子がいいかもしらんな。ミンカのエージくんなどは延々それやってる。が、こないだ30年ぶりに対バンしたら、なんか「上手かった」な。もちょヘタでいいのね。ヘタがいい。真面目にやってもヘタ、がいい。一般的に言って、真面目にやってヘタなら、その人はその分野、業界、ジャンル、なんでもいいが、そこからはサヨナラ、となるでしょう。それがそこへいれる、というのが音楽でもある。おれはそう思う。punkの効能でもある。ideaがあればそのうちそこそこ上手くなる、もよし、延々やってればideaだってemergeしてくる、でもいい。そうやって、once in a lifetime 、とてもカッコいい曲に何かしら「関わる」。とっても素敵じゃない!?

音楽はそれが出来る。ウソじゃなくて。i.e.【すっぽんぽん‘ズ】「ザ モルモッツ」。

あのさ、このクソみたいな社会で、楽器が「少々」弾ける、とはなかなか人生のlineが単線ではないかもしれない、と思える可能性であると考える。ビンボー(社会も個人もだが)になったって、地震が来たって、ギターがあれば「どこか行ける、たとえ、一瞬であっても」。

さて、4日連続で外仕事だった、これからしばらくそうだが、本日は自主制作弁当持って忘れられた公園でのんびりする。

では,
Have a good day、tudo mundo!



posted by 浪速のCAETANO at 12:34| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真実さえも

1E03D340-A036-4301-ADDC-D66F62507289.jpgある日の真実が、永遠の真実ではない。

posted by 浪速のCAETANO at 06:10| 大阪 | Comment(0) | Ernesto Che dijo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

である

夢の中は治外法権である。

posted by 浪速のCAETANO at 03:27| 大阪 | Comment(0) | 寺山がパパだったかも知れない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

Great Mahathir

マハティール、偉いねえ。消費税(6%)廃止だよ。どこかのバカとはちがう。
公約通り。

dtも公約を守っている。カナダ、メキシコとの「ブロック経済」。その政策の評価はともかく「ラウドに公言」して実行に移す。どこかのバカはこっそり隅っこに書いて、一言も公言せず、あとで「書いてたもんねー」と、クソガキ並みである。

今や、世界どころかアジアの中でも「貧しい方」のこちらの国だが、これからもっと貧しくなる。加速度ついちゃってる、そっち方向にも。加速度ついたものはもう無理なのね。覚悟決めようね。paradigmが変換されてしまったわけでさ。

68F92C38-6D6E-4FBD-8370-D0473D5D33C2.jpg

上のテーブルが全てを物語ってるよ。貧しい人々にharshな社会。おれは昨日も一昨日も「早くこちらの国からのescapade 」を、と説いていた。

なんかこの貧しさは「冗談」みたいな感じでアプローチしてきて「ある芝居の中の話」みたいに近づいてきて、実は「これが現実でしたー」そんな実感ないかな?油断してたね。しかしもう、決定されてしまった。おれたちは、よく言うことだが、過去の記憶の中の「良き体験」を覚えているから、「そんなことないやろ」と思いがち。そこまで壊れんよ。そんなアホな。そんなセリフを呟いてるうちにあれよあれよ、である。失敗したね。

今、この瞬間にも、目に見えて、音を立てていろんなものが壊され、あるいは自壊していってる。世の多くの方はおめでたいので、メディアの垂れ流すウソにお人好しにも騙されてるけど。ウソの「皮」はどんどん厚くなってきて、真実からは遠く離れて、だから本当のことがわかった時にはびっくりするだろう。

上のテーブル。結果はご存知のように大企業の史上最高益、そして内部留保だけどね。そのへんのおばちゃんでも何が悪いかはわかるし、その対策だって言える。簡単なこと。それをしないstupid government 。

それを選挙で勝たせるstupid nation。バカは国外逃亡。帰ってくんな。




それにしてもサウジ、怖すぎる。拷問好きってさ。
posted by 浪速のCAETANO at 12:14| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほとんどの人は感じないふり

人は毎日八時間かそれ以上、商品として機能する。つまり比喩的に言うと、個人としては死んでいる。


97FCD7B2-F2E6-4366-94AF-295A6BD5E544.jpg

posted by 浪速のCAETANO at 09:01| 大阪 ☀| Comment(0) | Ernesto Che dijo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

実感 indeed

■「生きるとは、与えることと受けとることの両方である。」【モホーク族】

posted by 浪速のCAETANO at 22:19| 大阪 ☀| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日米合同委員会

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52466?page=4

これほんとにヤバい。フィリピン以下どころかイラク以下。

あのライス国務長官が怒ったぐらい。鳩山ちゃんの悲劇もここにあったね。今【日米地位協定】に言及しない、あるいは、その改善というか破棄に手をつけようとしないpolitician は売国の徒である。ここ、もう決定。

ナイ=アーミテージレポートのヤバさはここなのね。


posted by 浪速のCAETANO at 22:16| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

Monologue

音楽やってると言葉が不自由になった。使う脳の部位が微妙に異なるのだろう。歌だけ歌ってるようなひとならそういう副作用出ないのでは。
昨日はso hard a dayでチャリ乗っててもよろけとった。教室が変わり、別棟となったため、勘狂うのよ。タバコのタイミングもなんかもひとつ。こっちの棟は喫煙所が、ない。

おばあさん喫茶によって御堂筋のkohyoで晩めしを買って帰る。塾が終わって、人心地ついたら22時だった。長い1日。。

月曜はまあこんなもんである。中間テストと被っている。世の高校よ、一週間ぐらいに、協力してまとめてやってよ。野球日本一の高校なんて今月の1日からなのに某ミッション系男子校は今日までやったし、某かつてしばかれたバスケ部の生徒が自殺した公立校、まだ始まっとらんて、どーよ。嫌がらせか。大学今週から3日行かんとあかんわ、全部教えること違う。使い回しができない。バカ高校は今月はないがtutor の英検の準備とかさ、それに受験生も抱えてると、もうあまりに多様でスケジュール見るのが怖い。

ライヴが2度もある週だったしね。大変であった。

それはもう終わったが、まあまあ忙しい。部屋が荒れていく。エントロピー加速度を伴い上昇。お手伝いさんが欲しい。妙齢の。仕事のシフトに伴い要らなくなった教材も捨てたい、が、めんどくさい、が捨てないと、、、。うーーん、もうっ!である。

集中的に愚痴ったら少し落ち着いた。

またこれからしばらくは足元だけ見て生きる生活がしばらく続く。そっちは「楽」ね。アクセントがないと、と言うかおそらく、この日々でもかなり刺激的なのだけど。会う人数とやってることのヴァリエーションを思えば。今週は「コスプレ」としてのスーツの日もあるし。あかん、スーツ着たらファンが増える、だははは。









posted by 浪速のCAETANO at 13:33| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民意を

歴史をかえてゆくのは革命的実践者たちの側ではなく、むしろくやしさに唇をかんでいる行為者たちの側にある。

posted by 浪速のCAETANO at 11:48| 大阪 ☁| Comment(0) | 寺山がパパだったかも知れない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

は〜

ちょっと聞いた〜。only oneやって。


F806840B-020A-44E5-B037-2264C39D2EAE.jpg
posted by 浪速のCAETANO at 00:59| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

青くさいこと、がいいと思うんだ

もし我々が空想家のようだと言われるならば、救いがたい理想主義者だと言われるならば、できもしないことを考えていると言われるならば、何千回でも答えよう。そのとおりだ、と。


2C2F4590-C16E-406D-83B7-727AC9D824F0.jpg

posted by 浪速のCAETANO at 09:43| 大阪 ☁| Comment(0) | Ernesto Che dijo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

No Explotacion

我々にとって社会主義の確かな定義は人間の人間による搾取の撤廃以外にない。


6A7B284B-AACD-47B6-8F97-32C0DFA5782F.jpg

posted by 浪速のCAETANO at 15:16| 大阪 ☀| Comment(0) | Ernesto Che dijo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰でもいい、政治してるやつ、言ってみろ

■「神の名は無意味。世界にとってほんとうの神は愛なのだ。」【アパッチ族】

posted by 浪速のCAETANO at 15:00| 大阪 ☀| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hard to tame tiger once released

とっ散らかりつつも、継続するスケジュール、まあ楽しくなくは無いのだが、というかおれを「上」から見てたらもっと面白いと思うんだけどね。そんな中、ちょっと困ることがある。
基本的に音楽をやるような人間、特に曲を書くような人間というのは「内向き」である。内向的と言って差し支えないと思う。いや、そうであるべきであるとさえ言える。

表現というのは、パートごとにちょっとした差異はあると思うが、おれの経験から言うなら歌わないギタリスト歴が10年ほど、ギター弾かないフロントマン歴5年ほど、ギター弾きもって歌うフロントマン歴35年ほど、だが、おれは普段、よくいるでしょ、最近特によく見るのだが、路で歌いながら歩いてるやつ、チャリ乗ってるやつ、いるでしょ、ああいうのがなかなかできない。美意識だね。人前で気軽に歌うとか、できない。だから店でおれに「一曲歌ってや」とか気軽に言うな。美女とか、元生徒のため以外にはおれは基本的にしないの。

アコギ一本でやってるやつにはどうなんだろうな、そこハードル低い人多そう(未調査、あくまでも想像)だけど、わからない。

ま、おれは大変ハードル高いです、いまだに。

その低位から、おれの場合もアコギ一本でやる時も、バンドでやることもあるが、バンドでやる時も、ギター弾きつつ歌うわけで、動きも制限される。だが北村くんとかさかもっちゃんとかが「うわもん」としていると、曲によっては弾かんでええか、敢えて弾かんとこ、ほどの気になるときがある。そこまで行く時は、ギターなしフロントマンの意識が回復するのね。意識回復という言葉が一番当たってて、その瞬間までは「完全に」忘れていた引き出しのことが「閃き」閃いた時には既に開いていて、そこからはリアルにperformance の人となってしまう。それはおそらく純粋ミュージシャンとしては不要のものだけど、そのextra 感はしかし、フロントマンとしてはそれがあるか無いかで、モリッシーで終わるかデイヴィッドバーンになるかほどの違いがある。そこに優劣というものはないんだけど、種類の違いね。いつも意識してるわけじゃ無いとこが重要なわけで、そこはやっぱりちゃんとしたステージでないと、生まれない何かなのである。何段も階段があって、ひとつひとつ昇っていった挙句に「出会う」「何か」で、「何処か」。30年前のことを少し思い出すんだね。人は自分が把握することしか評価はできないが、ただ、そこを見抜く人間もいる。その人の意見を聞いたことがあれば、それはそういう人だと思って付き合える。そうじゃ無い人にはそこは封印して付き合うことになる。そこは「しょうがない」こと。

で、困るのはよ、そこまで行く時というのは「何かが解放されている」ということなのね。論理を積み重ねていった先にemotion だらけの世界があったみたいなことなんだね。一旦封印が解けたemotionはかなり厄介でtame していたおのれの中のtigerを放し飼いにするようなものである。

おれがひとをボロクソに言うのはそんな時。ほら、もう解放されちゃってるからさ。そこを面白がってくれればありがたいのだけど、世の中そんなにあまくはない。「豹変」と映ることもある、君子豹変す。だが、それはそれ、という方もいる。プラグマティックな人間が多い、というのが末期資本主義社会の特徴のひとつ。

浮いちゃうね。

イっちゃった翌日のお勉強教えるのもなかなか大変。「知らんがな」だろうけど。その、知らんがな、もまた末期資本主義のメンタル特徴のひとつ。意味なく自己主張するやつ多過ぎるからなんだけどね。



posted by 浪速のCAETANO at 08:19| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泪は

なみだは にんげんがもっている いちばん透明な宝石です

posted by 浪速のCAETANO at 00:49| 大阪 ☁| Comment(0) | 寺山がパパだったかも知れない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

Saudade

いろんなことが頭の中をよぎりつつ、まあ、当日リハも出来ず、曲を体感(音圧を伴い肉体的に)再現せずにいきなりライヴに突入というのは、スリルあった。
モニターの好不調ってのはおれにとっては死活問題でもある、昔から。誰にとっても、かな。

対バンはなかなか楽しい。良元優作くんとも知り合いになったな。

ワタシ誰ある?
葡萄
太陽女王
真夏日
Sweet Little Angel
Odeio
大快楽物質 E

セットリストだけじゃあの興奮と快感は伝わらんね。

お休みなし12daysは中盤に差し掛かったところ。モードの切り替えがやや大変。リキ入ったライヴとその後の打ち上げ飲みで「変な物質で脳内が満たされる」からだ。今日はそれ。しかし、しいちゃん、うまいね。生ハツ。おれでも食えたな。下で飲んでたのも良かった。しいちゃんは「下飲み」が全て。

ビールの飲み過ぎで、ちっとも酔わないから、ということからの経験的連想で昔のFandango〜しいちゃん、のあの流れとそこにいた人々のことを考えていた。そしてふと我に帰ると岸と李くん北村くんがいた。時は過ぎる。そして今、もまた過ぎていってた。加速度を伴って。

saudade。


posted by 浪速のCAETANO at 16:04| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

Wonder the beginning of the end

数日前にちょっと気になって言ってたこと。
株価、米日ともに↓。

もう年金つぎ込んで支えるのやめてね。特にこちらの国。
posted by 浪速のCAETANO at 13:12| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

Live at Fandango w/nostalgia

ひょっとしてもう一回あるか無いか、3:7ぐらい。あるが3。明日はFandangoでのライヴ。
キングちゃんもカオルちゃん(カオリーニョ)もいます。

ほんといろいろ世話になった、deste 1987。ちょうど、Fandangoが10周年のとき、曽根崎のTodo O Mundoが始まり、三階をどうしようかなと思ってた時にFandango staffが押し掛けてきて塗りを手伝ってくれた。好意はありがたかった。ただ、酔っ払いの仕事ゆえ、途中で全員寝てしまい、staff 女子は「寝乳」揉まれとったが。結局、塗り直した。バカヤロウ。

それが21年前。みんなええ歳になった。おれはかつてのスタッフに会うのはいつだって楽しみにしてるが、さて明日は誰がいるだろう?あのバカはいるだろうか?

かつてのメンバーは「誰一人いない」Sentimiento‘18だが、曲は新旧ちょうど半々ぐらい。出番が最後じゃ無いのがもひとつだが(単にトリ慣れしてるだけ、他意はない)、まあ気楽にやりたい。

こうやって、何かが「なくなっていく」ばかりでややemotional になる自分を発見すること多しだが、バカ政府(国、地方問わず)、バカ政治家(同じく)が君臨する社会であるから回り回って弱いところにしわ寄せがいく。

みんなそこそこ被害者であるし加害者でもある。おれたちは自分の行為の政治性までしょっちゅう考えてるかというとそうでもない。この分かりやすいものにしか反応しない、象のケツのようなハートの表面の持ち主だらけのリスナーの世界で、分かりにくいものをやり続けて(ポップとマニアックの変な比率の融合)、もう北林純もどっかいってしまい、お陰で自分のハートが強くなってるのか表面だけは硬いが中はやわやわかもしれず、そこ、どうもよくわからなくなってきてる。

まあしかし【Life is an experiment】その音楽もまた実験でもある。その真の評価は後のgenerationに委ねよう。最もノってた時代とは環境も内容もちゃうが、楽しい瞬間をそれこそ一瞬回復したい、そんな気で演奏しましょう、と思ってる。

平日だけど、かつてのFandangoの空気がそこには再現されるはずよ。
posted by 浪速のCAETANO at 10:21| 大阪 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

うん、アホじゃないからね

■「われわれは力あふれ、強く、戦い方もわきまえてはいるが、望むらくは闘いなどしたくはない。」【チェロキー族】

posted by 浪速のCAETANO at 22:31| 大阪 ☀| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビビらずに、、

こないだ、ここでなぜdtが横田基地から来るのか、みたいなことを言ってたでしょう。
なんか前泊教授が、見事に解説していただいてた。横田基地上空のヒマラヤ山脈に匹敵するアメリカのこと。そこが「紛れも無いUSA」。領海、領空、領土、主権、これが国民国家の条件なのであるなら、我が国は国家でさえないね。そこ、正しい表現とは【占領されている状態】ということだね。

dtが言ってた「ちょっと脅したらビビりよった」だははは、誰のことでしょう?言わぬが花。しかし、そうなのにdomesticではなんか「強い」のね。なぜでしょう。内弁慶&外地蔵。

もうこれ以上、壊さないでくれよう!お願いだから。今すぐ映画プロデュースの仕事始めてくれていいのよ。

Dealしよう。是非、dt相手ならできる。ビビらずに、pm!
posted by 浪速のCAETANO at 12:43| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chet Bakerを聴きながら

「秋の夜長」というムード、本日、というか今夜、今年初めて。
Feelin’ like someone to love.

この所謂連休という日々、学校がなかったから予習に終われず送れた。ただ中間テスト前で塾は3日ともやったな。swing は大きい方が好み。明日からは大学。そして今週はまあまあバタバタ、ライヴが二本。それを日がバラバラの中間テスト準備の合間をかいくぐって、逆かな、ライヴの合間を縫って、お勉強かな。そんな時、あ、これは、これが自分だな、とか思ったりもするのね。おのれの割く時間はパートタイムのそれ。一個一個の評価は必ずしもそうじゃなくて、一般の仕事のそれ。誰に愚痴をこぼすわけでもなく次から次にこなす。こなしつつも手は抜けない、という無間地獄寸前みたいな状況に追い込んでいく。変なの。

でも自分ご褒美も用意してる。そのご褒美を目一杯楽しむための10days、能力総動員でイってみる。


タケダなんとかというemperor の玄孫かなんかが、沖縄知事選前に基地の比率のことでええ加減な事を言って、それが早稲田の学生のfact checkで嘘でした。学生、そういう事やんなきゃあかんのよ。実に有意義だと思うよ。ヒマってのはすごく大事なことです。一般的にヒマがないってのが、バカ政権に批判的になってるヒマもないことを導き、それがやりたい放題にさせてることがあるから。

Of course I do.

Break my heart in two.

Look for a silver lining.

愛媛の学長の白々しい会見。バックれておしまいにしたいのだろうが、あれじゃいつまでも終わらないね。嘘に塗れた人間ってやーね。

Silver liningを歌う人間がヤクで死に、Wild side を歩こうと言ってた人間の最後は幸せそうだった。皮肉とか不思議とかいろいろある。

I fall in love too easily.I fall in love too fast.

この辺の歌詞いいのね。アメリカの黄金時代だね。ds9 のVic Fontaineですね。シナトラなんだろうけど。

今年は知らん間に中秋の名月は終わってた。変な天候が続いたしね。その分これから秋をお満喫したいと思う。もうすぐ金融恐慌もやってくる。olympiad 開催できるかね?そんなこと言うてる場合か!になる、とフんでる。当たらん方がいいけどね。

新しいproject も始まる気配で、ライヴは来週2件に11月に1件。センティミエントの実り。







posted by 浪速のCAETANO at 04:46| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

資本家の薄情

昨日のNHK、孫ちゃんが、強欲資本主義者でした〜、実は。新自由主義者でした〜、隠せない〜、だったね。新井紀子氏のツッコミナイスだった。「無責任!」
気の持ちようでAI時代に対処出来れば世話ないよね。で、前段で、仕事は奪われます、ってそれ、なんだ?

仕事はAIに奪われるが、明るく行こう!って「なーんにも語ってない」

シンギュラリティ近づいて来てる、という実感がヒシヒシと。

成功者がどこかで「ごあさん」にする、ってシステムがおれはいいと思うんだけど。「誰も」賛成せんとおもうが。

カンケーないが幸福の科学のムスコ、ウケた!オンナの趣味って大事よねえ。

戻るが、「元労働者」はどうすればいいか、ってのを考えずして「ロボット、ロボット!」って言うのはあまりにも、あかんよ。元労働者はキミらの商品、サーヴィスのための顧客であるのに。資本主義者が資本主義の首を絞める、という現象だよね、それ。金のない元労働者を大量に生み出してどうするの?

パラダイムが変わる時は、まあ、それに伴い新たに出現する仕事もあるだろうとは思う。ただしかし、その仕事を組織することがカネのないものには遠い。思いついてもパクられて組織にやられる。

現実には、特権的な事例として人の仕事は残るだろうと思う。例えば、気持ちのいいバーのバーテンダーとか。接客業の二極化とか、そんなことになるだろう。人はある季節に人肌が恋しくなったりするように、吉野家でロボットが運んでくる牛丼を殺伐と食うだけでは気狂ってくると思う。最初は珍しさってあると思うけど。ロボット→ヒューマノイドへの揺り戻しが必ずあって、「ロボットandヒューマノイド」というとこに落ち着くはずだ。じゃあ。ヒューマノイドの時給上げてあげてよ。

確かに注文、配膳、支払いを全部やる吉野家より、自販機で支払いが住んでる松屋の方が気楽っていうの、こちらにもある。お店の人もお金触らなくていいから気楽だという気はする。マクドナルドもコトバマニュアルめんどくさそうだし、最近行ってないが。

しかし、ほんとうに職を奪われるのはホワイトカラー部門であるだろうね。調査、分析、そんな分野はAI得意だしね。おれもそんなAI欲しいもんね。孫ちゃんはそんな精神のことを言っていたのかもしれないが、いや、孫ちゃんの立場で、人の切り捨てを、見て見ぬ振り、というのは良くない。

成功者はその成功の原因をおのれひとりに帰すことがあってはいかんと思うよ。育ててくれた社会がそのベースってのは自明だし。自分がいた社会とその人々が顧客となってる場合は余計に。

恩返し、ってコンセプト忘れちゃいかんのでは。
posted by 浪速のCAETANO at 16:58| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

胸に手を当ておもう

■「感謝する理由がみつからなければ落ち度はあなた自身にある。」【ミンカス族】

posted by 浪速のCAETANO at 14:54| 大阪 ☀| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とりあえず堤未果氏の本を読もう、いっぱいあるから

Nobel Peace Prizeは意外なところというか、あれは予想できんよな、かえって良かったね。みんなの見えないところに「ひと」はいる。

boに、その言説の実現に対する何の担保もないまま、あげちゃって失敗した〜、とかあったかもね。politiciansは難しいかな。

しかし、おれたちも大したことないね。表面的ですね。もちろん全世界の進行中の事象を把握できてないってことですね。ごく一部だけしか。ということはおれたちの見てる世界は「幻想」に近い。各人濃いい、薄いあるけど、どっちにしろ「illusion」。で、そこで開き直るのも一案だけど、出来るだけおれたちは世界へ近づきたいという気は、ある。なら、もっと本を読み、肝心なことを知るべき。

堤未果氏の新書、ほとんど読んでるけれど、最新の【日本が売られる】もまた重要な世界のこれからに関してのことがいっぱい。勧めている。

いかにpmら一味がbargain sellerであるか、それもシステムとしてそれを機能させてしまっているかがわかると思う。何度か言うたことがある、「水と種」のこと、まだ全部は読んでないが、まあ早い話、その立場にある人間が職権を恥ずかしげもなく濫用して、みんなの共通の財産を最初はこっそり、途中からは公然と(システムとして)売り出していることをみんな知るのはいいと思う。

ジャパン会議やナイ=アーミテージレポートのこととか、別に関係ねーし、ではないから。こちらの国のメディアもつるんでるから、なかなかその言説には出会いにくいのもわかるが、方法はある。

沖縄でデニーちゃんが勝ったこと、こちらも大きい。あの規模であれば正しい方が勝つこともできるのね。

組閣がされたが、見栄えのせんのが並んどったが、22/24ジャパン会議とは恐れ入る。

モルモン教もそうだが、小銭稼ぎのためのpmへの寄り添い、があるみたい。二世でもないLDP議員は今そういう態度を取ることが「出世」のポイントみたい。如何に、キワキワのこと言って、pmに寄り添うか、ここみたいね。そのバランス感覚、かなり「悪い」けどね。全然、おのれの周囲のみしか見えてないみたいだけど。もうそこで言うなら問題の人間だらけであるわけで「舌禍」どんどん起こる。

とあるSurvey のデータだが、ねとうよ比率1.7パーセントというのがある。排外的感情の持ち主でも3パーセントほど、という。

経済上の理由よりねとうよpretenders、まあまあいるってことだろう。もっともおのれのアタマでモノ考えられんオトナのサルも数多くいらっしゃるから、出来てる流れに乗っかってるだけかもね。サルにいらっしゃるもなかろうが、だはは。

Prize Winnerのコンゴのお医者さんの「女性の身体が戦場になっている」と言う言葉と現実がshocking だった。もちろんヤシディ教徒の彼女の体験as well。21世紀という、これまでの歴史の流れがdead endな時間帯であるから余計悲惨であるということも言える。

Tweeterでは男女間の根本的差異(格差といっていい)と現実での不平等の間に何の矯正も(というか矯正しようという努力のなさ、これまでの)なかったことのツケが噴出している事象に関する意見がbattle状態だが、現象としての平等には特に男の側が務めないとラチがあかんよ、とおれは思ってるけどね。こんな力が全ての原始時代に逆戻りみたいな時間帯には特に。それは男の側にもmore powerからの逆襲というカタチできっと返ってくるから。

安易に相対的強さの中に耽溺しないこと、これが問われてるわけよ。男子。


posted by 浪速のCAETANO at 13:15| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The spirit of “Imagine “

■「ひとびとのこころに真の平和が宿るまで、国と国との間に平和はやってこない。」【スー族】

posted by 浪速のCAETANO at 05:04| 大阪 ☁| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

彼は正しい

【せやろがいおじさん】のあれ、は正しい。

Todo O Mundoにおかれましては、以前より(21年間)、『お客と店は50 : 50』と言ってきてる。「ほんまのほんまは51 : 49がいいかな」と留保つきで。

滝川クリステルは誤解を招くことを言ってしまったね。別に滝川クリステルがするわけじゃないから無責任極まりないが「おもてなし」は言い過ぎである。「経済上ロールプレイングゲーム、M担当」みたいなことになるからだ。勘違いしたChinese 多くないかな。まだ世界的にはイナカモンだからしゃーないとこもあるが。これ、ファミレスとか居酒屋チェーンのバカ社長が始めたマニュアルだ。あんな安い値段の飲食でそんなんいらんし、がおれの意見。結果、店員のロールプレイングゲーム、奴隷担当、みたいなイビツなものになる。

うちの客も「偏ってる」けどね。こないだおれたち合わせて7人いたが全員「B型」だった。何かがおかしい。

1/5の5乗。確率で言えば。何かがおかしい。

ま、そこは深く考えることではないから流しとくけど、オリジナルの三波春夫先生は客席の方を見て、下から上、右から左をずいーっとみて「そこに神が見える」と仰った、それが真実なのであって、都合のいい言葉に変えたバカ経営者が、おのれの利益のためにそうして、それがデフォルトみたいにしてしまったのね。ホンマ。、メーワクな話である。せめて時給倍にしないとあかんよ。

冗談めかして唱えてると唱えてる側は意味が拡散していくが、聞いた側に意味が必要以上の強度で「定着してしまう」という恐ろしいパターン。改憲では「それ」をやってくるよ。

tagなんてのもメディアが使えば使うほどnot FTA but TAGみたいなことになってくる。古臭いがD通の常道、メディア広告の王道である。

騙されちゃダメよん!

うちの店も曽根崎時代、よくガイジン迷い込んできてた。friendlyに接してあげればそれで良し、だったね。最後は店長とよう踊ってたな。そんなものである。そんなもので良いのである。

Slave SpiritsにFu◉k!
posted by 浪速のCAETANO at 14:39| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Everybody’s comin’ to my house





カメラだったらなあ
ハガキだったらなあ
きみをわが家に歓迎するよ
遠くに行かなくても良かったんだ
家と庭があって
草と木もある
着いたならよく確かめてごらん
膝まずいて

さて、みんなうちにやってくる
だからけっして独りぼっちにならない
みんなうちへとやってくる
で、みんな帰ろうとしないんだ

指差したり説明したり
きみのガイドになって
皮膚はロードマップみたいで
眺めもすばらしい
写真を見てると思ってみて
クルマを運転してると思ってみて
窓を転がり落ちてるって思って
ドアを開けるとこを想像して


さて、みんなうちにやってくる
だからけっして独りぼっちにならない
みんなうちへとやってくる
で、みんな帰ろうとしない

我々はこの人生におけるツーリストにすぎず
まあ単なるツーリストだが視野は良好
で、決して家には帰らない
そう、家には帰らない

我々は人生におけるツーリストに過ぎないが
視界は良好


さて、みんなうちにやってくる
だからけっして独りぼっちにならない
みんなうちへとやってくる
で、みんな帰ろうとしない



By Byrne and Eno
posted by 浪速のCAETANO at 11:22| 大阪 ☔| Comment(0) | 訳詞David Byrne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身近な人、ネコの斎場でよく思う

■「大気は、それが育むあらゆる生命とその霊を共有していることを忘れないで欲しい。我々の祖父たちの最初の息を与えた風は、また彼の最期の息を受け取る。」 【シアトルの酋長】

posted by 浪速のCAETANO at 04:18| 大阪 ☀| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

ハゲがA

ナイ=アーミテージ レポート;
アメリカの国務省の元高官らが日米同盟に関する報告書を約6年ぶりに発表し、

@【中国との衝突の可能性を念頭にアメリカ軍と自衛隊が共同で任務にあたる部隊の設置】を提言しました。

 アメリカのアーミテージ元国務副長官らはこれまで3回にわたり、日米同盟に関する政策について党派を超えた提言を行ってきました。2012年8月以来となる今回の発表では、

A【南シナ海などを巡って中国と偶発的に衝突する可能性】を懸念し、

B【アメリカ軍と自衛隊が共同で任務にあたる部隊の設置】を提言しました。また、中国の軍事力や

C【北朝鮮の核・ミサイルの脅威】に対応するため、日本政府はGDP(国内総生産)の1%以上を防衛支出に充てる必要があるとしました。貿易
については

D【トランプ大統領の保護主義的な政策に懸念】を示したうえで、日米貿易の自由化に向けて両国の政府高官と企業トップを交えた議論を提案しました。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2018


さて。

戦争屋の思惑とは上記。
@Aから考えると「偶発的」な衝突は「デフォルト」とされているように思えるけど、どう思う?

@Bを見たら、その際、米軍と共同で、と言ってるけど、どうなんだろう?共同なら米日vs中ってことでしょ?それは大変なことになる。米議会の承認も要る。ということで、自衛隊単独での攻撃,応戦ということになるんじゃない?アメリカはほとぼり覚めそうな時に「まあまあ、お二人とも、、」って出てきます。なんか鉄砲玉ぽいね、自衛隊。どう思う?

Cあのさ、ノーベル平和賞が文、キム、dtに与えられるかどうか、って時に、それはないやろ。って思わない?ズレてるでしょ。ただしこれさ、「pm一味」の言うてることとそっくりでしょ。どう思う?

D読むだけでもdtと彼らがまったく異なる流れの存在ってわからない?ただし、彼らがレポートを出せたという意味はdtの相対的パワーが落ちてきてることを意味するだろう。ちょっといけない傾向と見てるよ。

だからdtがね、困ったおっさん、とかpmと同類、といった「非常に雑」なものの見方は辞めましょう、と言ってる。pmはサイテーだよ、たしかに。ただし、こちらの国がdealできるチャンスは後にも先にも《今》しかないのよ。みすみすそれを逃すの?


posted by 浪速のCAETANO at 15:30| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サザーンリーチ

天と地、上と下、二カ所責めもまた通常のこととなりつつある。そんなことを「予言した」のは1ヶ月ほど前だった。台風に地震なんだけどね。
ものすごい勢いで「変容」している。そんな小説を去年読んだとこだった。

こんな。

CF9FE9D5-35AD-49A3-9078-0DA4C9594073.jpg

サザーンリーチ。

変化ではなく変容。悪夢的で、頭の中での事の進行と「現実の変容」が、どっちがどっちかわからなくなるかのような、読み終わってそれから「おれはこのまま女子大いってもいいのだろうか?はたして」そんな気にさえなったりして。

なんて言うかさ、その変容は間違いなくいい方へのそれじゃなく、人間個人から見たならば間違いなく「崩壊」を指向するものなのだけど、その挙句に、自意識もまた変容するわけで、人間ではない何かになってしまった途端に、進みつつある環境変容を受け入れる、というか環境変容そのものと「同化」していることに気づくのだ。

そこで浮き上がってくるものは何かというなら、人間という生物が「環境から浮いてる」ことだったり、環境は人間の意図など、これっぽっちも気にしていないことだったり、被捕食者の気持ちだったり、なんかそんなの。

心の底にある「怖れ」とどうもシンクロしていたという気がするね。

すでに「そういうこと」なのではないのか?何もかもが「終わってしまった」そんな世界をただただ惰性で生きているだけなのではないのか?政治の崩壊などはその流れの最後の1ページにすぎないのではないか?

おそらく、みなさん、明日のことに関しては、予定決まってると思う。だが来年とかもう考えると気が狂うというか、あまりに不確定関数多すぎて、考えることがそれこそ無意味に思えるのではないかなあ。

では3ヶ月後はどうよ?そこなんだよね。そこらがおれたちの「未来」の先端部分かなあ?そこだって視界は晴れないけど、薄っすら霞んでるけど。今で言うなら今年いっぱいぐらいってこと?

そんな「不確かさ」と同居しながら生きてるとおれたちの前後では意識が、それこそかなり変容していることに気づく。例えばおふくろ(83歳)と小5女子(11歳)は極端としても、いやその歳ならかえって近いのかな、当事者性と言う意味で言えば。小学生よりももうちょい進んでおのれと社会に接点やその入り口があまりに小さいことに気付かさせられたひとびとの行き着く「傍観者」という立場、その挙句に同義だが消費者としての経済的姿勢、、、、、しないと「損」みたいなことね、そんなつまんない、おれの主観ですけど、とこに着地するのが関の山である。Sentimientoから遠く離れて。

人間の概念を極端化したら一方に機械、他方に動物、だと思う。そのハザマでカンペーしてるのが、おれたちでしょう。うまくバランス取りたいんだけどね。取れてる人って少ないね。取れてない人のその鬱憤の解消が怖い。そこを商売にしてる方もいるが。それはまっぴらごめんだけど。

例によってとっ散らかるのだけど、昨日6時まで飲んでたせいもあるが、そのまま行くが、先ほどの小説サザーンリーチはキャプテンビーフハートが最近の機材に出会って作ったアルバム、のような、またしてもおれの主観ですが、破壊力に満ち溢れた作品だった。

実際の暴力ではなく「暴力性」からは逃れようがないな、今。実際の暴力ではないよ、繰り返すが。
posted by 浪速のCAETANO at 13:32| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほんと、実感、じつに

■「相手が誰であれ、真実は謙遜して話すこと。そのときはじめてあなたは誠実な人とみなされる。」【ラコタ族】

posted by 浪速のCAETANO at 01:19| 大阪 ☁| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

ハゲの

アーミテージ=ナイレポートの最新版出たみたいだね。
みなさん、冷静に物事見ましょうか。アーミテージ=ナイというのが「戦争屋」ですよ。

dtはそことは異なる流れ、にいる人間。まあバノンがいなくなってちょっとあかんくなったが、それでも「alliance 」深化を目論む一派とは異なる流れにいる、というのがよくわかるよ思わないですか?これ、かなり分かりやすいよ。米の支配、憲法より上位にある概念、それの象徴がアーミテージ=ナイ レポートですよ。そこを見誤ってdtを批判するのは良くない。戦争屋に力を与えることになる。何度でもいうがhcが勝ってたら、その時はキムくんとの仲直り、はあり得ないですよ。

色々問題のあるdtだが、あのさ、米国内のこと「口出ししてもしょうがない」だろ?

沖縄が特殊みたいになってるが、あれを薄めたのが本土であるってこともわかっとかないとね、何故、dtは横田基地から来日するのか、とか、わかりやすくない?ばかうよのバカたる所以はそこにあるのね。ま「ファンタジー」ゆえしょうがないけど、最終決戦が近い気がするからさ、立場はそろそろはっきりしないといかんのかな、とかさ、思うわけよ。
posted by 浪速のCAETANO at 14:06| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人身事故に際して

また台風#25。沖縄、翻弄されているね、ハートを。偏西風の都合でそこでturn right、毎回。
今回は実家がやや心配。進行方向の右側ね。しかもそこでは速度大である。

昨日の人身事故による電車ストップ。初めての体験だったから、すこし考えさせられてしまった。suicide敢行した友人もいるから余計に、そしてある時期自分も「死ぬ」という考えに支配されていたこともあり、それを思いとどまりいまがあるのだけど、そこで断ち切った人と何が違うのか、とかね。自分の場合でいうなら非常に偏狭な考え方に支配されていたと思ってる。「外部」が存在しない世界に生きていた。箱に中に閉じ込められていた、かのような。

ただ、現在、太宰とか芥川のような動機のsuicideなんてない。断言できる。全部、経済である。間違いない。カネである。more or less。

人って、一番ダメッジあるのはおのれがまあまあ「得意」と思ってた分野でヘタこく時なのね。そこ、は安全と思ってたとこが危険になる、そういうのに最も弱いと思うんだね。その分野は得意だったから、なんというか、そこで劣勢になり慣れていないというかね。元々あかん分野ならdefence慣れしてるのがoffence一辺倒でやってきたのがいきなりの大ピンチ、みたいなことよ。

おれも危なかった。そして想像力はそんなときより悪い方に働く。「怖さ」に潰れて行くのね。【案ずるより生むが易し】というのはある意味、真実で。現場に行っちゃえばそれはそれで対処に必死になるから怖がってる暇がない。現実が迫って来るというのは思わぬアイディアが出てくることがあって、物事は改善に向かうこともある。向かわぬこともあるが。危機の本質は変わらないとしても、その後(があるとすれば)の勢いに影響を与える。後になって思うことだけど、phaseは変わって行くのだ。そこが近視眼的になってると見えない。厄介は厄介。周りの人、ネコ(ぺろ)、モノ(Alfa Romeo 155、Saab Convertible、Fender Stratocaster)なんかに助けられて今生きてるという実感はとっても、ある。

だから変な話、死ぬことが今、怖くない。逆説的だが。当時は怖かったのだろう。いや、怖かったのに、死を選ぶ可能性が増してくることが、ある意味、自分で自分に死刑宣告みたいなことで、退いて俯瞰するならかなり「倒錯」している。

今はホントに怖くない。というか、怖いものがほとんど、ない。いいのかどうかわからんが。

危機の認知能力も落ちているのかもしれない。まあ、ええか、そんな感じ。

やっぱり死、とは他人の死であって、おのれの死というのも寸前までいったが未遂に終わってることもあり、いまだ未経験ながら、しかし「そう悪くない」とも思える。何か(意外にしょーもないとも、意外に値打ちとも思える)からのとにかくの「解放」なのだから。

昨日亡くなった方、どなたかは知らねど、ご苦労さんでした。安らかに。そう声を掛けたい。おれは、「なんでやねん、もう!」とかそういうことには憤らない。



posted by 浪速のCAETANO at 13:44| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

一味が喧嘩売ってきてる

十三でタバコを買い(30円値上げされとったが)、そのままFredsで550円ランチしつつ予習して、特急に乗ったが、茨木市駅でアナウンスがあり、「ちょっと先で人身事故あったから止まったよ、いつ運転再開するかわかりません」そんなこと。
休講になってJRで帰ってくる。初めての体験。まあ若い頃から電車ほとんど乗らなかった(乗れなかった)こともあってさ。クルマのオトコだったしね。

JRで帰って梅田で飲んで帰ってくる。あー幸せ。


さて、バカ文科大臣、顔見た瞬間にアホだったがやりよった、早速。こんなことはかつては右翼の街宣車のアジだったと思うが。

教育勅語かよ。

「万一危急の大事が起こったならば、大義に基づいて勇気をふるい一身を捧げて皇室国家の為につくせ」

アホたちはその前半に「まあいいこと書いてるよ」というがそれらは上記の一文に最終的に集約するための、前振りであることは「読めば」わかる。

一番の問題を言おうか?おそらくだが、現在の平成天皇、そして来年からのヒロくんもそんなことは望んじゃいないということだ。

最も問題なのは上記の皇室国家が「pm一味」に事実上置き換えられていることなんだよ。

奴らは皇室に敬意など、ない。やすくにのおっさんの天皇批判、これも通底してる。酷い話だと思うが。

バカウヨのカルト国家が出来てしまいそう、という危機感があるかないか。まあ戦前もバカウヨであるから、ほんまに100年経って「なーんも反省しとらんバカ国家リヴァイヴァル」そう海外は受け止めるだろうね。実際「Ultra Nationalist 」だしね。ネトウヨ、バカウヨなんて言葉、ないからさ。そんなにこちらの国のことなど「興味持たれてない」から彼らのヴォキャブラリィではそうなるのだろうと思う。さすがウルトラマンの国、なんちって。

よく勉強してる人間(内外問わず)にはほんと一番やばいと思われてる。pmとdtはちょっと違う。一緒にしたらあかん。特に日本人の利益ということを考えれば、pmはほんとカスだがdtはまだ使える。dealが出来る。そのカウンターパートがpm一味ってのが問題なのだ。

いや、pmはほんま、喧嘩売ってきたよ。選挙しか無いと思う。沖縄を野党はまじめに研究,、分析することだ。もう後がないからさ。本気になれよ。



posted by 浪速のCAETANO at 18:24| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

Terrible

デニーちゃん、本庶せんせい、good newsである、ではあるんだけど、それ以外が酷すぎて余計際立つ。
しかし、これから先、10年ぐらいは余韻があってNobel prize、有りそうだが、その後は全部、米中のもんになるだろうね。単純な話である。カネかけてないから。

そこも、福祉も削っている、削り続けているのが「pm一味」だっちゅうこと、覚えておこうよ。すぐ忘れると思うけどね。

Cabinet renewal、しかしながら、pm、だいじょーぶ?片山とか入閣させて。「人権は天から与えられたものではない」とか言ってるよ。敬称略、は「同世代」ゆえの。柴山だいじょーぶ?「(改竄は)国会における総理の答弁がきっかけになったことは間違いない」とか言うてたよ。クチ、軽いよ。それにこいつも「同性婚を認めると少子化に拍車がかかる」ってTVで言うてるよ。肯定的な目玉もない。目新しさもない。セメント屋もsecretary のハゲも「盤石」、、でええの?

最近のLDPの議員のカオが「人としての劣化」が激しい、と思うのね。「わるいことしてる、あるいはそれに加担してる」ことの後ろめたさが表れている。よーっく、見といてごらん。so called、汚職顔。

太郎ちゃんやゆうこ議員、communist partyの人々のカオの相と比較して見ていただきたい。カオは何が伝播するのかわからんがそれを支持する人間にも共通の「相」がある。「後ろめたさへの自覚と狡猾さのmixture 」とおれは分析してるが、さらに、それによって得たものによる「傲慢」も垣間見える。カオは【正直】。みなさんも気をつけてくださいね。

『バレてる』てことよ。鈍い人多いから、それでも騙せると思うかも知らんが、全部が全部そうではないです。せいぜい気をつけて。

しかし、こりゃterrible cabinetやなあ。ジャパン会議、神道◯◯同盟。ネトウヨの方々、大喜びだと思う。こんな、考えの異なる人々に「ケンカ売る」ような人選、それも沖縄で負けた翌々日に。だいじょーぶ?あまりのあからさまにちょっと心配になる。skg会の1/4、というのもすごいなあ。

でもね、見てて思うが、「無党派」と言われる人々の動向がmomentumになることが今回も証明されたね。そう考えると改憲はハードルだいぶ「高い」と言わざるをえない。安心はできないが。

常々思ってることだがpm supportersって、なんかpmに対して「お人好し」だったり、駄々っ子を見るような感じがして、そのメンタルを探っていくなら「ファンタジー」って結論に至ってしまいました。彼ら自体は特に悪人でもないし、どちらかというとスレてない人たち。騙されてる気もない。だから結論は「fantasy」。

ただ彼らがfantasyで気持ちよがってるあいだに、とんどん崩されて行ってるものがあるのは看過できない。

だけど、このterrible cabinet、「ケンカ売って」来てるんだと思うよ。最終決戦て意外と近いのかもね。賢い人間なら対立の構造を「隠す」ことをするんだけど、吉祥寺univ.ゆえか、しょうがないのかね?


posted by 浪速のCAETANO at 10:05| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

Viva 沖縄

■「自分自身のことでも、自分の世代のことでもなく、来るべき世代の、私たちの孫や、まだ生まれてもいない大地からやってくる新しい生命に思いを馳せる。」【アメリカ先住民の古老】

posted by 浪速のCAETANO at 07:04| 大阪 ☁| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする