2018年10月02日

Terrible

デニーちゃん、本庶せんせい、good newsである、ではあるんだけど、それ以外が酷すぎて余計際立つ。
しかし、これから先、10年ぐらいは余韻があってNobel prize、有りそうだが、その後は全部、米中のもんになるだろうね。単純な話である。カネかけてないから。

そこも、福祉も削っている、削り続けているのが「pm一味」だっちゅうこと、覚えておこうよ。すぐ忘れると思うけどね。

Cabinet renewal、しかしながら、pm、だいじょーぶ?片山とか入閣させて。「人権は天から与えられたものではない」とか言ってるよ。敬称略、は「同世代」ゆえの。柴山だいじょーぶ?「(改竄は)国会における総理の答弁がきっかけになったことは間違いない」とか言うてたよ。クチ、軽いよ。それにこいつも「同性婚を認めると少子化に拍車がかかる」ってTVで言うてるよ。肯定的な目玉もない。目新しさもない。セメント屋もsecretary のハゲも「盤石」、、でええの?

最近のLDPの議員のカオが「人としての劣化」が激しい、と思うのね。「わるいことしてる、あるいはそれに加担してる」ことの後ろめたさが表れている。よーっく、見といてごらん。so called、汚職顔。

太郎ちゃんやゆうこ議員、communist partyの人々のカオの相と比較して見ていただきたい。カオは何が伝播するのかわからんがそれを支持する人間にも共通の「相」がある。「後ろめたさへの自覚と狡猾さのmixture 」とおれは分析してるが、さらに、それによって得たものによる「傲慢」も垣間見える。カオは【正直】。みなさんも気をつけてくださいね。

『バレてる』てことよ。鈍い人多いから、それでも騙せると思うかも知らんが、全部が全部そうではないです。せいぜい気をつけて。

しかし、こりゃterrible cabinetやなあ。ジャパン会議、神道◯◯同盟。ネトウヨの方々、大喜びだと思う。こんな、考えの異なる人々に「ケンカ売る」ような人選、それも沖縄で負けた翌々日に。だいじょーぶ?あまりのあからさまにちょっと心配になる。skg会の1/4、というのもすごいなあ。

でもね、見てて思うが、「無党派」と言われる人々の動向がmomentumになることが今回も証明されたね。そう考えると改憲はハードルだいぶ「高い」と言わざるをえない。安心はできないが。

常々思ってることだがpm supportersって、なんかpmに対して「お人好し」だったり、駄々っ子を見るような感じがして、そのメンタルを探っていくなら「ファンタジー」って結論に至ってしまいました。彼ら自体は特に悪人でもないし、どちらかというとスレてない人たち。騙されてる気もない。だから結論は「fantasy」。

ただ彼らがfantasyで気持ちよがってるあいだに、とんどん崩されて行ってるものがあるのは看過できない。

だけど、このterrible cabinet、「ケンカ売って」来てるんだと思うよ。最終決戦て意外と近いのかもね。賢い人間なら対立の構造を「隠す」ことをするんだけど、吉祥寺univ.ゆえか、しょうがないのかね?


posted by 浪速のCAETANO at 10:05| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする