2018年10月24日

自己責任とか言わずに

自己責任、とかいつからそんな無慈悲な言葉が流布しだしたかというと、金融ビッグバンだったと思う。時は小泉くんの時代じゃなかったかな?もっと前だったかもしれないな。
個人、という概念もない国の民にそれはないやろ、となんかで書いた覚えがある。そこら辺からアメリカ金融資本にやられっぱなしである。まだ途中ですが。

当時の個人は自分勝手という曲解がなされていた(still now?)。

中東へ行って捕らえられた人たちへのその冷酷な意見、おもにねとうよから出てきてた。リアル右翼は、そんな冷たいことは言わない。同胞に対する気持ちには「熱い」ものがある。それがリアル右翼か、と思う。だから、人の心情には右翼的なものと左翼的なものがモザイクになって存在する、というのが正しい。であるから、お前、そんなこと言うからそっちやん、とか言うのは無理があるのね。その同時に存在する感情を、どっちかだけにしなさい、というのは無理があるのね。若い頃からそう思ってた。どっちか決めた後のこれまた息苦しさも経験済み。

左右は、というわけで、二者択一すんのはムズいのね。だが、上下ってのはある。源泉徴収で判断できる。言い逃れしようがない。

上下が幻想としての左右と90度回転させれば重なる、という意見もあるが、正確ではない。ズレもある。

Classの固定化が言われてそろそろ10年くらいになる。貧困の再生産という事実はそれを補強する。政策の冷淡もまた。真ん中らへんから落っこちてくるのはいても、三段跳びでアップするようなダイナミズムはほとんど見ない。


安田くん本当に良かった。現場のリアルを伝えるために命がけで現場へと向かう。それがジャーナリストだったはず。個人という概念がわかってるminority でもある。そういう人は大切にするというのが、世界から取り残される事態をちょっとでも先送りすることに貢献することをわかっとかないと。自己責任とか言わずに。

しかしISのような気狂い集団じゃなくて良かった。ISはmade in usa。こないだ死んだマケインとバグダティは「お友達」。bo、hcも。



posted by 浪速のCAETANO at 14:39| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Like a pin to burst your bubble

■「不思議に思うことが多くなると、知の贈り物が授けられる。」【作者不詳】

posted by 浪速のCAETANO at 06:13| 大阪 ☔| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする