2019年03月08日

factよりtruthを

私を導くものは、真実への情熱だけだ。あらゆる問題について、私はこの点から考える。

posted by 浪速のCAETANO at 15:10| 大阪 ☀| Comment(0) | Ernesto Che dijo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これ、難易度高め

■「重要な行動に際し、けして休むことのない人間となれるよう、奮闘努力せよ。」【オセージ族】

posted by 浪速のCAETANO at 15:07| 大阪 ☀| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユックリ休め

かつての生徒が死んだ、と連絡があった。まだ45・6だから若いね。まあおれにしたら彼らは永遠「子どものまま」という側面もあるが。
特に目立って、というわけではなかったが人付き合いがまあまあ上手く、突然叔父の会社かなんかの社長になったらしく、金の使い方は荒かったかな。今は東京に行っていて、うちの店にも「タレントの卵」「歌手の卵」なんか時々連れてきてたな。貴金属の加工品の会社だった気がする。業界人といってしまうにはおれの知ってる過去もあり、そうも言い切れないとこがあるが、本人はそのつもりだったのだろう。

時代に「飲み込まれた」そんな印象がある。今はつまらない時代だが、過去にもそんな時代はあった。わかりやすいdeadendは「2度目」で、それを生きてるのはみんな同じなのだが、小金と業界が人をどうも錯覚させると見てる。その見えてたリアルは幻想のリアル。まあ、誰にも言えそうだけどね。

事故とかではなく肝硬変というから、その生活がそこから伺えたりする。まあ詳しいことはまだわからんからこの辺で。


コンビニやスーパーが24時間営業を控えようとすること、賛成だ。そこがデフォルトってのがおかしいね。ちょっとおれたちは「too much 便利」に慣れすぎちゃう?便利はいいが、、、すぎるのは無駄で非人間的である。非人間的な労働をベースにしたtoo much 便利は「いらん」と言いましょう。


ちょっと考えて欲しい。

「今日アナタは何人の『我慢してる』ひとに会いました?」

ちょっと考えて欲しい。

いや仕事だから、という言い方できるけどね、理不尽な忍耐をおのれが食うために差し出してるのはどうかと思うし、その分仕事終わって、まあ飲みにでもいいがそこで今度は立場逆転、みたいなそんな無間地獄に陥ってる人たちのなんと多いことか。みんながみんなそうとは言うとらんが、消費者マインドをベースに、働くは奴隷の、遊ぶは気分王様の、そんな歪な生活が先鋭化してきてないかな?と思ってる。

アホノミクスはやっぱりアホノミクスであったことがもういい加減わからないとあかんし、それを「ウソ数字」で取り繕ってたこともチョンバレで、そういうことの落とし前が底辺に皺寄せとしてどんどん来てる。

金儲けの「何が」面白いのだろうか?too much 金儲け、ね。

何事もカネで解決、という手段しか取れなくなるのは、なんか「退化」だと思う。手段それしかないというのは未熟な社会という気もする。アメリカにはそういうところがある。こちらの国にはもうちょい、あかん歴史もあったが、いい歴史というか伝統もあったはずなのに、未熟な国の真似して、これもまた「退化・退行」というのが状況ではないかな。

その挙句、「too much 我慢」を人に強いる社会が出現してる。

自分のスタイルを壊してまで生きようとは、おれは思わない。我慢もしたくない代わりにキミにも我慢させたくないからそこでいい塩梅を探そう、ということが理想である。

今通常国会であるが、あのレヴェルの低さ(そこに貢献してるのは9割以上与党だけれど)をショック吸収できない社会になってきてる。

人は感情のある動物で、そうであるから嫌なことは出来ない。それを小銭で奴隷のように使う、「1984と蟹工船」のミクスチュアのような世界におれたちは生きてると自覚したほうがいい。おのれレヴェルでは抵抗もできるが、もちょっと弱者の自覚もいる。unite 要るかもね。



小金持って、それを大金にしようとした挙句が、肝硬変とはダサい。お前に何があったかは知る由もないが。まあユックリ休め。

冥福は祈ってる。

posted by 浪速のCAETANO at 06:14| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする