2019年03月18日

旧いが新しそうな気もするが旧い

朝方、寒い。現在3度。
シェキナベイベ、お亡くなりになったね。ご冥福をお祈りいたします。だいぶ、笑かしてもうたもんね。音楽家としては「?」だったが。人としては面白かった。「コミック雑誌なんていらない」超よかった。人=役者。10階のモスキートはさらに良かった。

ただ、どこまでもつきまとう業界臭。裏社会との何らかの関係の匂い。ディケイド イン フェイク時代に結構東京呼ばれてライヴをやること20回では済まないが、その1つ、今は亡き「芝浦インクスティック」が出来立ての頃に「お初に」というライヴイヴェントがあって出た。

その時に、「レッド シューズ」の社長に気に入られ、呼ばれ、「red shoes」おれたちで貸切。飲むも食うも好きにせい。そんな夢みたいなことになった。今は亡き(あるのかな?)Sec Corporetion だが。

BowieやBrianやElvis(若い方)、まあ欧米の当時のカッコいいミュージシャンは来日したら必ず訪れるred shoesが一晩おれたちの好き勝手な場になったわけよ。

その時に社長から「お前、今日、上手かったね」と見つめられながら(今思えば彼は「gayか、少なくともby」であったように思える。まあそんなことはどうでもいいが(彼ももう亡くなってしまった)、そこへ「大口ヒロシ」がふらっと来たのね。わからん人のための言うと、「ザ テンプターズ」ね、ショーケンの、それがわかんなかったら、もういい。

わかる方だけに。

テンプターズのDr.でその頃はデザイナーをやっていて「イン・ヤン」というブランドを立ち上げてた。おれも黒のダブルのスーツ持ってたから「お客様ですけど」なんてカル口叩いてた。

オヤジの葬儀、元生徒の葬儀、重宝してます大口さん、今だに。

で、その時に感じたことは「うわ、ギョーカイ」だった。なんて言うかなあ、おれたちみたいなこれからメジャーに、、、という「new wave」な、それ以前とは「断絶」してるつもりの人間には、Sec.の社長だけならそう思わなかったかもしれない、極論するなら893までの「連鎖」のようなものを感じた。もちろんSecの社長も本当は、そっちと無関係ってことはないんだろうけど、そこのライヴを仕切ってた「かっちさん」という女性に、ちょっとクラクラ来ていたおれは、そっち方面どうもええように思い過ぎてたのかもしれない。よくあること。

そういうことの中心にいた方がシェキナベイベの人だと思うのね。もう今だとそっち方面のチカラは消滅してるけれど、それはおれが33〜4の頃で、今なら音楽業界にもそこそこ優秀な人たちも入ってきてると思うが、当時のレコード会社のやつなんてアホばっかりだったからね、見事に。そういうとこからポーンと飛び出るチャンスをまあ自らlooseしてしまったおれもone of アホ’sだけどね。

おれが感じた業界臭、まだあるのかも知らんね。あるとするならうまく隠されてるけれど。よくわからない。今となってはnostalgia だが。

こちらの国のロックの隆盛に大変貢献した、、、そういう文脈でこれから2〜3日、樹木希林さんのこととも絡めて、語られると思うが、それは嘘では無いが、なんか「違う」と当時のnew waveは思ってたよね。実際会ったことはないが、怖かったんだろうと思う。そこがなんとなくモードが旧いでしょう。当たってるのかどうかわかんないが。東京の状況。


その旧さ、飛んじゃうが、secretary に感じる。あれ、自分がかつてやられたことを人に絶対やるタイプ。pmもそうだが、「権力持ってる者が権力持ってない側と同等な権利を主張」しちゃあかんのよ。権力の非対称をないフリをして「わたしにも権利がある」なんて言うちゃあかんのよ。democracy の根付いていない後進国の人々は「え、ああ、そーかも」と思いがちなんだろうけど、そこ違いますよ。そういうモードが最近のpmとsecretaryに顕著。権力側は「ひたすら耐える、ひたすら誠意を持って応える、何度も何度も、バカにされようが愚直に説明する」でないとダメ。絶対。小泉くんがそこ変えてしまった。そこに喝采を送った愚かなみなさんがいた。反省すべきは政府だけじゃなく、おれたちもなのね。secretary なんて今最悪でしょう。小泉くんのあのモードを許してしまったおれたちをまず反省しないとpmが消えてもまた小泉jrに騙されるのがオチ。大阪人なんて橋下にかる〜く騙される(騙された)わけで、二回騙されたら、ホンマのアホよん。わかってる?政治にentertainmentを求めちゃあかんし、ズルいポピュリストは、気さくに相槌を求めてくるからそれに乗っちゃダメ。ポピュリズムで「今」唯一効果的なのは左からのそれしかない。ただもうパッとせん人は立候補もできなくなっては来てる。そこ、難しいけどね。

と飛んだままで、しかも本日も悲観的に終わる。



posted by 浪速のCAETANO at 07:53| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勘違い・多数

■「人間には責任がある。力があるわけではない。」【タスカローラ族】

posted by 浪速のCAETANO at 06:36| 大阪 | Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする