2019年03月28日

ショーケン

ああ、ショーケンも。
ちょっと早いとも思うが、家族葬で既に葬儀は終わり、お別れの会もしないという。

らしい、な。

アウトサイダーであることの美学みたいなことだろうか。こないだ大口さんのことを書いたばっかりだったからさ。

延々、悪い男を貫いた、という気がしてる。

だが、今無罪になりまくってる、強姦男たちとは何かが違うようなのだ。おそらく、それは女子を口説く根拠なんかが違うのではないか。

清廉潔白とかからはほど遠いのはわかってるが、山口某などとは全く違う。おのれを守ろうなど、そんな気がほとんどなかったような気がするけどね。

おれは成田三樹夫、松田優作、萩原健一が好きだった。


みんな、死んじゃったな。ショーケン、うますぎる。

まあ、アホな元号しらずに済むか。先輩。

rip.
posted by 浪速のCAETANO at 22:31| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする