2019年04月13日

アマタリシホコに会いにいく

録音かなあ、と思ってたんだけど、急に思い立って法隆寺へ向かう。
夢殿の御開帳の時期で「救世観音」がナマで見れる。今かなあ。

救世観音像、わかりますか?

聖徳太子と言われたひとを模して等身大で作られたと言われる。

発見されたのは、明治である。

フェノロサが何としても見たい見たい、とゴネました。

法隆寺の僧侶たちは命がけでそれを阻止しました。「絶対開けたらあかん」というのが代々いい継がれてきたことだったのね。だから、必死で守ろうとした。だが、フェノロサの粘り勝ち。

それは布でぐるぐる巻きされ、まさに「封印」されていた。その布を解いて現れたのが、その救世観音像だったのだが、人で言えば、後頭部にぶっとい釘が打ち込まれていた。

誰が、一体、そんなことを?

近畿天皇家だよね。法隆寺は行橋の「椿市廃寺」を移設したと言われている。今に繋がる天皇家がそれを行なったわけで、となると、後頭部ぐさっ、も、ぐるぐる巻きで封印もおそらく8世紀入ってからのことでしょうね。

よっぽど、あからさまにさせたくなかった、ということ。

そりゃそうよね。近畿天皇家の気持ちになればそれはよくわかる。せっかく、作った古事記を廃案にして、九州王朝の歴史書が手に入り、それをパクって、日本書紀を作成し、唐からも「ま、よかろう」と承認されひと安心。だが、「生き証人」はゴロゴロいて、九州王朝の残党も薩摩に逃げてあわよくば、なんて心配もあり、「隼人の乱」が起こるか起こらないか、そんな時間帯である。

そんな時に、本家の九州の王朝の、最重要人物を模した黄金の像が、「ちわ〜」では、ドヒャー、やんなぁ。

救世観音像、ナマで見るのは初めてだ。

夢殿のなかは暗く、網に顔をくっつけてど真ん中で顰蹙買うぐらい見つめ続ける。

阿毎多利思北孤。隋の煬帝に喧嘩売ってはいないけど「ん?なんて?」と思わせ、裴世清を遣わして確かめさせた。

その時の話は、随所タイ国伝に詳しく書かれてある。

側室たちが500人ほどいた、とか、ね。裴世清はタリシホコと会って話をしてるのだ。バカ歴史学者のみなさまは、それを推古(女子)であるとか、厩戸であるとか言っている。厩戸は王ではないしね。

まず、近畿まで来てないしね。一言も書かれてない。もし近畿まで来てたなら、風光明媚な瀬戸内海の穏やかな海路に言及しててもいいはずなのにね。


さて、ちょっと足を延ばす。JR奈良から歩く。京終の、ミリアムまで。

ふみこさんが働いてる喫茶店ね。ふみこさんは北林純の奥さん。

ミリアムさんが店主ってことね。

お客が気持ちいい方ばかりで、ふみこさん居心地良さそうだった。

ライヴが出来ればよいね。





posted by 浪速のCAETANO at 17:24| 大阪 ☁| Comment(0) | 古代史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教義は教祖が言ってない事だらけ

■「宗教はひとつのこらず神のもとに帰るための足がかりにすぎない。」【パウニー族】

posted by 浪速のCAETANO at 09:55| 大阪 ☀| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極上の読書

古田武彦【人麿の運命】、ブライアン・バークガフニ【An 庵】。
読み直しと初読み。バークガフニ氏の本はお袋が大絶賛していたので読んでみた。

バークガフニ氏はCanadian 。世界放浪後、京都の禅寺で修行し、その後訪れた長崎に住み、92年NHK大河ドラマ「信長」に出演したりした人。

お袋は前述の本を何度も読んでいて、街で一度出くわしたという。その時、訊きたいことがいっぱいあったのだが、と言っていた。

姪っ子が「シーボルト大学」在学中に彼は講師をしていて、会いに行きたいから妹に「ちょっと言うて」と頼んだら、無碍に断られたのをかなり根に持っていた。

まあお袋も俳句方面では「有名人」なので、正式に申し出たらなんの問題もなく会えたはずなのだが、なんかちょっと遠慮して、中入って、と言ったら「関係ない」とか言われて、ムッチャ怒っとった。

単なる日本好きとは異なり、禅寺での厳しい10年修行というこちらの国の人々にもできないような事(=理不尽)を経験した方ならではの日本分析はその目線が低く、優しさと明晰さを兼ね備えた、身体性の充分伴った自然さに溢れている。嫌味が全くない。

お袋も言っていたが、禅寺でのいわゆる有機農法だな、その肥やしの発酵具合を、「舐めて」確かめる老師の姿が、あまりに自然でなんと言っていいのかわからない。おれごときにはわからなくって当然だけどね。


人麿の、は「令和」が原因。ちょっと万葉集が気になった。

天皇から貴族、農民から防人まで。なんか「ほのぼの」としたイメージで語られているが、騙されちゃダメよん。

梅原先生の「人麿刑死説」は結構有名になってるけれど(なってる?)、それは事代主との安易な重ね合わせ。梅原先生も古田先生には「叶わない」。その「ソクラテスの徒・度」においても叶わない。

おれも梅原古代学はほとんど読んだ。そしてその後古田武彦先生と出会った。その「順序」はもしかしたら正しい、と思う。梅原先生の「情緒的高揚」のあとの古田先生の第一次資料に基づく、冷静な高揚感はさらに意味があった。

最優秀の「御用歌人」人麿は、最終的に、御用歌人としては失格となる。九州王朝の歌人であったことがその根拠だが、7世紀後半の政変を知らない人は「何も知らない」と同じ事だね。

嘘にまみれた偽史のその先端にいて、無批判にその偽の果実だけをただただ、それも「消費」しているだけの人々、消えていただけると嬉しいのね。消えんと思うが。だが、そこを「矯正」する事なしに「この国が、、、、」とかは有り得ない話であると思う。何度もおんなじこと言うてるでしょ。中坊との付き合いから学んだ「手法」でした。


posted by 浪速のCAETANO at 09:34| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする