2019年06月25日

あれはバカすぎたが、

参院の問責決議の演説を聴いてると、これは、pmは「緊急事態条項」まで行くな。
なぜなら政権を奪取されたら彼は逮捕、収監されるからだ。間違いなく。

彼が王とするなら、近世のフランスならギロチン、中世のイングランドなら死刑だがなかなか死ねない死刑ってことに、なるだろう。これ、間違いないな。

罪は重いから。

だから、やるかやられるか、に状況は移行していくと予感した。これもまた不幸なことではあるが、アホが調子乗ってるからしょうがないなあ。

アホってダブルな意味で「つみぶかい」

どっちにせよ、harshな結果となる。あーあ、ほんまに。


誰かが、言ってたが、「万死に値する」。

10000回死刑❕ということね。

なんちゃら地獄ということね。特に慈悲はかけないが。敵もそうであるってことを意味するわけよ。

だからちょっとこれは闘いだなあ、そうならざるをえんなあ。
posted by 浪速のCAETANO at 01:03| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする