2019年07月03日

心配だらけ

朝からクラシコ。

ブラジルvsアルゼンチン。ブラジルがいいチームになっていた。個人の突出のないブラジルって、なあ。だが、強い。メッシは不発。可哀想だったが。

チリとの(まだ決まったわけじゃないが)final、かなりの楽しみである。

今回はブラジルかなあ。ホームだし。


さて、明日参院選公示なのだが、pmの指示で、おそらくかなりの確度で、メディアが困ってること(年金・消費税)を争点にせず、困ってないこと(憲法)を争点にしようという意図が感じられる。

もうちょっと覚醒してよ。

小銭貯めることにそんなに執心しなくてもいいじゃないの。小銭でキミらの寿命ぐらいは「賄える」かもしらんが。あ、それでええんか。

であるとするなら、キミは残すキミのF2世代全体がうまく生きれないと、キミの子孫だけが豊かでも、困るでしょ。犯罪の対象になるかも知らんしね。そういう想像力ってないのかな?あ、ないのね。


まあ、法律を守れんヤツが憲法を変えようとする「ギャグ」な状況である。

おれは「怖がっている」のね。ものすごく怖い。何が怖いかというと、9条もそうだがもっと怖い【joker】がある。「非常事態宣言」である。

おれはずーっと前から『民主主義の小径のそこの角を曲がったとこに「独裁」が待っている』と言ってきた。民主主義だから「あーんしん」じゃないんだよね。それはナチスの「全権委任法」までの道のりと相似。

その認識というか恐怖感を持ってるかどうかってポイントよん。多くが望んでいないバカの憲法改正への助走に追い風になるか向かい風になるか、参院選の、これがキーだと思う。

枝野の「動かざること山の如し」って態度が気になる。

太郎ちゃんとこの候補者はかなり「おもしろい」が、野党同士の票の食い合いで終わらないか、と心配もする。


いろんなことが「ああ、惜しかった、時間切れ」にならないか、も心配する。

心配しすぎて仕事が捗らん。

NHKで党首討論やってたが、あの「嘘」を今気づいた、という人の多さで決まるか、と思う。20s、30sLDP支持多いと聞く。「自分が今とりあえず生きれてるから特に今のままでいいんじゃね?」ということみたいだが、いや、チミらはまた「体力」があるでしょ?そんなキミらも歳をとるわけよ。欲望を絞って、それがクセになり、それ自体が戦略にやられてるという自覚もなく、さほど希望もなく、それにも慣らされ、うーん、もうっ、とおれは思うけどね。

「民主党の悪夢」というのも数字を精査してみたら「都市伝説」に近い。悪夢なら、目が覚めたらすむが、今は、目が覚めたら「地獄」だったりしないのかな?地獄にも「慣れる」のか?

おれは無理だけど。いい思いの「絶対値」が桁違いだからかな。


大雨も心配。心配だらけ。
posted by 浪速のCAETANO at 15:18| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする