2019年07月07日

ほんま、やめて

お願いやから音楽を「ナメないで」欲しい。
キミらの「慰めもの」ではないのだ。暇つぶしにやれるものでもないのだ。何かの「彩り」でもないのだ。

それは人生そのもの、なのだ。ドシロートが偉そうなこと言うな、と言っているのではないのだ。キミの「彩」に音楽を使わないでくれ、と言っているのだ。

それを主眼に生きることの辛さを、それが二義的な人間にはわかるはずがないのだ。

ジョアン ジルベルトが亡くなった。

おれは直接に影響を受けたというわけじゃない。だが、事は重大である。彼がいなければ、これはギタリストにしかわからないけれど、Bossa Nova という「奏法」が存在しなかったことを意味する。

ボサは、音楽の流行という、それを消費する経済が主流になればなるほどに、その奏法を理解して馴染んでしまった身には、なかなかに重大な個人的事件なのだ。

これは運命論と言ってもいいと思うが、ジョアンがいて、カエターノやジルやミルタォンやロ、が出てきて、それはもう一つイギリスにビートルズがいたということも重要で、その時その時の偶然に、運命は支配される。

音楽は究極のミクスチュアであり、音楽一穴主義はアホである、というかオレには無理。画期的な曲を作るミュージシャンはみんなそうなのだ。ここで初めて「ドシロートはヤイヤイ言わんほうがええよ」となる。ドシロート=消費者、ね。

ジョアンがいなければカエターノも別のカエターノになり、大阪の誇るカオリーニョもブルーズギタリストのままだったかもしれず、であるならおれはカオルちゃんを誘っていたかどうかもわからず、となると「手品師の帽子」は出来ていず、まあそこからのコラボレーティヴな発展もなかった。

おれはさほど変わりはない。ジョアンにさほどの思い入れはないから。ただ、彼の「発明」した奏法、これはある時、「どエライことやな、これは」というのは身に染みてわかった。親指とそれ以外の指の分業の合理性と芸術性にほんとに痺れた。演奏という意味ではもうこれこそ「能力総動員」である。

今、ボサのギタリストは増えていて、その解説本などもいっぱい出てるのであろうと思うが(おれはそういったアカデミズム化には興味ゼロ)だからっつってそれで全てが言い表せてるなどとは思っていない。

そんなシンプルではない。

ドシロートの皆様は控えめにお語りくださいね。自覚をお持ちになって。「彩り」なんだから。
posted by 浪速のCAETANO at 18:37| 大阪 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バカは雑い

太郎ちゃんの演説を聴いてたら「クソ左翼死ねー」という外野の声が。

ははは、「雑すぎるわ」。pm信者以外は「みんな」左翼かよ。

その声の主は若かった。under 40ぐらい。あの声の出し方から言うと、富裕層ではない。中間層でもない。どちらかというとカネあんまり持ってない。

学生時代。目立つ子ではなかった。成績優秀でもない。かと言ってビリとかでもない。目だったかと言われればそれはない。今の生活(経済生活・恋愛状況・性的にも)満足には程遠い。転職歴あり。彼もまた非・正規労働者の可能性あり。先生・顧問の言うことはよく聞いた。そこに疑問を挟まなかった。そのツケが今回ってきてる。アニメ好き。ゲーム好き。アイドルもおそらく。消費者マインドにどっぷり浸っていて、最近は金払う、となると店員にも文句言えるようになってきた。ケンカはほとんどしたことはない。

Profiling終了。


なんか、かわいそうだね、バカウヨって。


可哀想。キミらこそ、太郎ちゃんの助けが必要なのではないのか?

小賢しいばかりの人間だらけの中、「地面近く」から浮上してきたものだけが持ちうる「凄み」みたいなものが太郎ちゃんチームにはあって、奇しくも候補者紹介のアナウンスが「プロレス仕様」なのもその文脈に沿っている。プロレスは五輪競技にはなり得ない。あたりまえだけど。

もう今後のことを考えたくなる。参院では時間足らずで最大でも2人、悪くすれば議席は取れないかもしれないが、来るべき衆院選(もしあれば、という保留付きだが)、になれば、シンパは増えている。「将来性」がある。代弁者としては「これ以上のもの」はない。

みなさん、想像力に不調がある方多いので、そして多忙を極めてる方多いので、おそらく一週間後ぐらいまでがその想像力の及ぶ範囲だろうと思う。だけど、人は「落ちる」。容赦なく落とされる。何故か?

それが純化して凶暴かつ冷酷になってしまった資本主義の本質だからだ。今もう、収奪すべき最前線というのが物理的にないのね。かつてのような「土人の国」がないの。その土人の国を「これまで収奪していた側の内部に」求めてる、ということがわかんないかなあ。土人はおれであり、キミでもあるのよ。

おれたちが以前より「ちょっとずつ貧しくなった分」が吸い上げられて、あいつらの懐に入ってるのね。これまではその少しづつが少しづつだったから「あれ、なんかおかしいな、減ってるな」ぐらいの悠長だったのだけど、そこもまた「加速」するんだから。

税のこと、年金のこと、安全保障のこと、これらは別々に論じられているし、事実党首討論でも、では次に、、、なんてことで別の話題みたいとしてパーテーション設けられてるけどね、すべては繋がってる。

すべては「支配のツール」です。

ブラックな会社で働いてる人が「現状変革」なんてめんどくさいことを考えるか?生き延びることで精一杯でしょう。選挙、はー?みたいな、ね。みんなを貧しく、バカにすることは彼らにとってもんの凄い利益があることなんだね。

だから暴言吐くネトウヨ、「そんなあなたも救いたい」という太郎ちゃんは「合理的」なのね。バカでものの仕組みが分かっとらんから、そして競争社会の中でやや落ちこぼれた記憶もあり、その際におのれのなかの「穢多・非人」を持たないと生きていけない可哀想なバカウヨこそ、太郎ちゃんに「救ってもらえば」いいのに、と切に思う。大体、日常はヘタレなので、やっとそういう声を出す、まで行けたのね。それはそれで本人のナイーヴの解消としてはパチパチではあるんだけど、大きいもんを精神的拠り所にするっちゅーのがダサい。精神的自立してない「うちの会社が〜さー」のリーマンと一緒じゃん。

と思う。

太郎ちゃんたちにはもうちょっと時間を、と思う。ただその間に憲法が改悪されて緊急事態条項が盛り込まれたらこちらの国はthe other north korea になってしまうんだけどね。バカウヨの人々もそうなると困るんだけどね。その発想はないみたいね。

まあ、そう楽観視できないほど水面下では危機は迫ってるよ。これが真実。
posted by 浪速のCAETANO at 14:49| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする