2019年08月15日

お盆だね

台風10号は豊後水道から四国に上陸して北上しているみたい。

大阪はまだ、うんともすんとも、だが、そのうち「来る」のだろう。

ただ、予想されていたよりも西寄りのコースを取っているなあ。

たいてい、大阪市北区は台風からは外れる。何となくだが「存在の不在」があって、今回もまた直撃は避けられた。こちらが直撃なしってことはどなたかがチョクに見舞われているわけで、だが雨風のピークはこちらも午後から一晩中というわけだから、まあ、どっちにせよ、自宅待機かな、という気がしてる。

熊野川は氾濫するのだろうか。満月だから大潮。全ての水が浮き足立っている様子が目に浮かぶ。


戦没者追悼。

博多・糸島半島の「ご当地ソング」が恭しく歌われている。

戦没者などという曖昧な言葉、辞めていただきたいよね。安直で無謀な戦略・戦術のために「犬死」させられた人々だろうが。補給線の途絶えた遠い土地で見捨てられ「餓死」させられた人々じゃないのか。本土の盾となった沖縄。アホが体面を保つために決定が遅れ、新型爆弾の実験場と化した広島・長崎。

変な美化は誰のためにもならない。日本会議の思惑通りに進んでる。空気はもはや「戦前」だしね。アホは何度も同じ失敗を繰り返す。

明日からは「秋の気配」を無意識の中で探す。夏が当たり前のように酷暑となって以来、夏の情緒はもうなくなってしまった。忌むべき期間となって、だが、地球は確実に公転軌道を進んでいるから、酷暑は終わるのだ。秋の気配の前に、そうだね、終わりかけの暑さがマイルドになったさらに短い期間に「かつての夏の情緒の名残」を探してみたい。育った街で。ぼんやりそんなことを考える。
posted by 浪速のCAETANO at 12:23| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする