2019年09月30日

option from rugby

全部をfollowできているわけではないが、昨日の『WALES vs AUSTRALIA』はso far the best matchではないのか。

Ireland vs Japanに負けず劣らず。6nationsの中でも、出色はEngland、Walesだろうなあ。plus All BlacksとJapanではないのかな、best 4って。

無責任予想。

試合後のなかなかのwild night。外国人たちほたえてるみたいだが。「僕らはラグビーとともに生きている」って、悪くないな。ちゃんと伝統の上の話だが、また真似するサルが頻出すること、『間違いない』。

サッカーでいろんな国にジョガドール行っていて、それが帰ってきて(各国の戦術・強さを身体で覚えて)National Teamを構成するのとはまた異なり、よその国の人が帰化したり、条件を満たしことでJapanとしてTeamに参加できる、なんて『より手っ取り早い』し、だがどっちがいいのか?と考えてしまう。どちらも『世界を取り入れる』手段だと思うが、ラグビーの方が『手っ取り早い』。今・にfitするのはラグビーの方じゃないか、ひょっとして。そんな気もしてきた。

これ、ちょっと考えるに値すると思わない?おれは思う。社会のあり方の縮図としても。


「にいやん」は惨敗だったが、世界陸上だが、やっぱりアフリカ大陸出身の人たち、内蔵している「スプリント」が決定的に違いすぎる。だいぶ堪えただろうなあ。中距離のやつと合同でもう一回やる・と言っていた。見守ってるよ。

それにしてもドーハではfemale marathon、4割が「棄権」だって。バカですね。Tokyo?もっとバカだからね、有名だけど。



さて、明日から10%の世界に突入するわけですね。脱力するし、だが、どエラいことが起こる、そんな気がするけどね。


どういう目に遭い、何を思うのだろう?
posted by 浪速のCAETANO at 17:19| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする