2019年10月18日

完全にバカにされている

We would like to kindly remind Ms. Yuriko #Koike, the Governor of Tokyo, that we are sure Japan has enough of its own land with appropriate cool climate. Russian Southern Kuril Islands don't belong to Japan.
Sport should unite people, not be the ground for confrontational ≪jokes≫


ちょっとMs ユリコ コイケ、東京都知事に思い起こしていただきたい。

日本はちょうどいい涼しい気候の土地を十分お持ちではないですか。

クリル諸島は日本の領土ではありませんよね。

スポーツは人々を連帯させるもの。国を対立させるような「ジョーク」の根拠にはなりません。



ロシア大使館。
posted by 浪速のCAETANO at 22:43| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身も心もフニャフニャ

『至福のとき』とはこのような時間を云うのではないか・『女神』と云うものが形を持つとすればこう云うことなのだろうな。


FA196FA6-C0F5-4E35-9C1A-FC53761D0C37.jpg
こんなええもん、なかなか見れるもんじゃない。そう思いつつ聴いていた。

「うぅ、、ええオンナでんなあ」と、これはAlfa AvenueのTacoちゃんの言葉。

地声の調子がイマイチだった(裏声はバッチリ)が、そこはその「美貌」が全然補ってるわけで、あれで全て完璧だったらMarisa Monte型アンドロイドか?と訝しむヤツもいるかもしれないな・など思ったり。

ちょっと前のSt.Vincentとともに「世界最高」のライヴだと思う(今のアニー・クラークはちょっと)。


ブラジルの伝統を踏まえたRockだしFunkなのだけど、楽曲の素晴らしさ(改めてそう感じる)・Ed Motta,Carlinhos Brown,Caetano Velosoのチカラ、大きいし、それが『真の歌姫』に結実する。理想的。「偉大な」と云う形容を何度も思った。彼女だけではなく、そのチームとしても。

すごくレヴェルの高いものだった。誰も追いつけないほどの。土台の「分厚さ」がちょっと比類ない。最高の「雑食」音楽。羨ましくなった。

Marisaはブラジル史上でも「最高」のものの一つであることはもう見て間違いないです。


世界を平和へと導くことだってできそうな「柔らかさ」と「しなやかさ」「たおやか」なMarisa Monte.大スターだな。

お客の年齢層もまあまあ高かった。Marisaに未だ触れることのできない、ヤングたち、何かそのぅ、情報の道筋、間違ってると思うよ。いやマヂで。

ホンマ、生きてて良かったと心底思える夜だった。

posted by 浪速のCAETANO at 14:01| 大阪 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする