2019年11月05日

倫理観は「倫理」「道徳」ではなくて〜

2000年以上、皇室が続いているとか「真っ赤な嘘」をtvで広めるのはやめた方がいいな。

その嘘は「真っ赤すぎる」から。

続いてるとするなら1300年・と正しく言おう。

最近は教科書にも倭王・武を雄略に当てる、というそんな無茶が載ってる。日本史の試験で「倭王・武=雄略」じゃないと間違いになるわけ。バカもいい加減にしとかないとね。生年も没年も異なるふたりの人物を同一人物って、「は〜」だね。呆れる。

近畿の豪族と倭王は全く別だし、関東の「獲加多支鹵」を、ワカタケルと読むことも「どうひっくりがえっても」無理。二つの嘘が重なったものが「正史」とされ、それが試験で「正しい」とされる。信じがたいことが起こっている。


朝から文部科学省の参考人質疑を見ていた(ヒマか?)。

2024にはまた同様のことが行われる。しかしspeakingを・それは能力であることは間違いないが、「お勉強」のなかに入れることにはおれなどは、どうも違和感がある。そこには厳密にいうならlisteningも入る。その二つを「同等な」ものとしてreading/writingと肩を並べさせることにもやっぱり「違和感」あるよ。

世代・なのかもしれないが。

能力を客観的に測ることの難しさを感じる。そうだから、一般人は「東大」とかに反応するわけよね。わかりやすい・ということなのだろう。だけど、今の入試は「受験術」。受験マシーンが受かる。小さい頃からマシン化される。だから結果は出る。「解答の在るもの」には強いし・速い。でも、不確実な時代における「解答のないもの」にたいしては?おそらく「無能」なのではないかな。処理能力は高いだろうけど、それ以前の「倫理観」は?職業倫理などはこれまで教わってきませんでした・だろう。そんな教科はなかったです〜。

そんなんでいいのか?

会社行ってる(守られてる)人間が厳密な意味では「社会人」とは言えない以上に、ただ受験術により高学歴を取得した人間が「対社会」でいい仕事ができるとは思えない。小さな社会の中で競争してきただけの子たちが・という意味ね。外世界はヴァラエティに富んでいる。diversityでもいいが。


そんなんの先輩が、官僚として多くいて、彼らは「正義感」も遠の昔に喪失していて、バカpoliticiansに首根っこ押さえられて、国民を窮状をさらに加速させるような政策に「おのれの立身出世&小銭」をエサに・軽〜く転んでいる。


ビール会社も困っている。対馬の観光も壊滅的だ。「HF」製造会社も困るだろう。ここは対韓国での失政への協力ね。

社会正義度・を測る「教科」っているような気もしてくる。それ・いまの「道徳」とかと全然ちゃうもんだけどね。

なんども言ってるが、資源のないこちらの国においては「教育」に大投資する以外にはないのだ。で、そんな気はちっともないよ・ってのがバレてしまってる。←(今・ここ)


posted by 浪速のCAETANO at 13:30| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銅鐸の民と古墳(その1)

最初は、英検とG-tecぐらいだったのが知らん間に6〜7社に増えてたもんね。

新たに加わった検定テストには議員がついてるのよと田崎史郎が言っていた。このオヤジ、時々正直に「吐く」。あとでpmに怒られそうだけど。でも、ほんとのこと言いよった。

benesseは「岡山」の福武書店だったのだが、おれも問題集でお世話になってた・かつて。それがbenesseになった頃から、あっち側行っちゃったのね。行ったらもう帰ってこれんからね。

岡山かあ。岡山朝日の同級生いたな。何かしら・県民性、ある/あった。「おえりゃあせんのう」という伝説的ギャグはまあ好きだったな。長門勇先生だったね。

かつての吉備であるね。大和と親和性あったね。古墳も大山古墳クラスのが2つある。造山古墳に作山古墳(どちらもつくりやま古墳と読みます)。

古墳のある地域と「被差別部落の存在」には連関があるよ。意味もなく馬鹿でかい古墳を作ることには「意味がない」という意味がある。

天皇の墓・などと寝言言ってる地元民いらっしゃるが、寝言は寝ていえ、なのだけど、なんでかと言うと、まず「天皇おらん」からね。何で宮内庁が「掘らせないか」よく訊いて見たらいいのでは。「何も出てこないから」が答です。あのね、天皇の墓なら「三種の神器」必ず、一緒に埋葬されてるのでは?

だから、掘ってみてよ。掘ったらわかるよ。

大王(おおきみ)の墓の可能性はある。だが「地方豪族」は「三種の神器」など持ち得ない。当然の話である。しかし、墓を作る・が目的ではないのね。古墳を作った目的は;


「古墳を作ること」


何やそれ?


そのように思われた方だらけだと思うが、そうなのだからしょうがない。


古墳を作らせた勢力は「天孫系」。九州王朝から別れてやってきた。「神武の子孫」でいい。では古墳築造をさせられた人々とは;


銅鐸の民です。銅鐸一族の有名人、挙げてみようか:

『スサノオ』『オオクニヌシ』『ニギハヤヒ』『タケハニヤス』

彼らは大陸系の(半島系ではなく)人々。中国史書(漢書地理志)には『東鯷国』と記されている。卑弥呼(ヒミカです)と仲の悪かった「卑弥狗呼」の「狗奴國」とも言われる。今銅鐸が発掘される地域を「治めていた」。彼らの前の列島には、いわゆる「縄文人」がいた。その人たちを征服した銅鐸の民、その銅鐸の民を征服した(このことは記紀に記述がある。崇神時代の四道将軍)のが天孫族(神武の子孫)。前記のタケハニヤスは近畿王家の遠い親戚みたいに記紀には記されているが、銅鐸の民の、今で言う京阪沿線沿いの大王(おおきみ)の一人である。木津川での戦いにおいて、無茶苦茶にやられて、川がタケハニヤス側の兵士がズタズタに切り裂かれて「ウンコまみれ」になったことからウンコ→クソ→クズハ→樟葉・との「地名説話」もあったりする。

そういう、橿原から出て周囲を征服した天孫族に被征服民たちはどうされたんでしょうね?

古代における・人権などというような概念の一切ない・アジアのしかも極東での支配/被支配の姿を思うとき、おれたちは現在のおれたちの置かれている社会的環境を「全てごあさん」にしないといけない。そこにあるのは100%の権力を持った支配者と0%の権力を持つ「奴隷」だけである。

では奴隷たちをどう「飼え」ばいい?

殺してしまえば元も子もないんだけど、しっかり食料与えて元気はつらつ・では、いつ寝首を掻かれるかわかんない。

そこで始められた事業・というのが「土木工事」。体力・気力ともに消耗させつつ、でも死なせてはいけない。奴隷の「再生産」も大事。

一方で、支配とは現実的なことだけではない。「神」もまた天孫族のそれを信じさせる必要性がある。卑弥呼でよく知られる「鏡の儀式」はより高いところで行われる方がより効果的である。前方後円墳の方墳部分の盛り上がりはまさしくその場所のことなのだけど、最初はその儀式のためのものだった。
561E17FB-82DF-4770-BA7C-E0E248F17F4A.jpg

古墳構築は奴隷たちを男女問わず連れてきて、主に労働は男のものだったが、女たちもその周囲に住まわせ、土木作業に酷使し、一元管理するための非常に効率的なシステムだったのね。さっきも言ったが「再生産」も必要だったのね。だから男女ともに「そこ」にいた。では「そこ」ってどこ?

古墳周辺の今では水が溜まってる「環濠部分」です。環濠部分からは「生活土器」がいっぱい出てくるよ。銅鐸の民は「現場」に住まわさせられていたのね。

何とまあ「cleverな天孫族」。

記紀に見える、崇神時代の「民がアマテラスを拒否して大汝持=大物主=オオクニヌシじゃないと」と反乱を起こし、「オオタタネコ」を探しに行って大汝持を祀ったならば収まった、という説話は、奴隷制度初期の混乱とその収拾を表してるよね。


古墳が「無駄に大きく」なってくるというのは、天孫族の支配地域が増える=奴隷の数が増える・ということを意味する。後半には政権の中枢からは遠い「河内平野」へ移ってくるわけですが、そこに政権も移ってきたというわけではない。ただし、意味もないものを作るわけだから、相手にとって意味のある場所が効果的よね。かつて神武が長髄彦に敗れた河内そしてそこは銅鐸の国の中心部、摂津にも隣接しているのだった。

しかし南大阪の特段に著しい「部落」の問題の根源はそこにある・とおれは思ってる。そう考えると心が揺れますね。

さらに古墳で盛り上がっているのも別に構わんが、率直に言って、アホちゃう・とおれは思う。そんなものを造る意図・そしてそんなものを造るのに費やされた人的資源と支配の様相を考えるに。まあここ・現代からの逆照射なんですけどね。

彼らはあの「窪んだ現場」に住んでたのね。



posted by 浪速のCAETANO at 01:59| 大阪 ☀| Comment(0) | 古代史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする