2019年11月08日

浅ましい

情報隠蔽⇒特定秘密保護
安保法制⇒平和安全法制
戦闘⇒衝突
共謀罪⇒テロ等準備罪
武器輸出⇒防衛装備移転
墜落⇒不時着
緊急着陸⇒予防着陸
公約違反⇒新しい判断
総理の御意向⇒怪文書
セクハラ発言⇒言葉遊び
カジノ⇒統合型リゾート(IR)
FTA⇒TAG
移民⇒外国人材


こんな言葉の「言い換え」にも慣れてしまった・感受性の鈍った自分がいる。心の中で諦めてしまっている自分がいる。

情けない。

ただし、案件多すぎて、いちいち怒っていたら「体がもたん」。思う壺なのだが。しかし彼らは「四六時中」こう言うことを考えていて、いかにおれたちを騙すかに精を出しているわけで、その熱量のかけ方に対して「とても・かなわない」。

どうしたらいいのかね?


「ポスト真実」のeraである。「相対主義のera」でもある。「みんな」にとっての真実・が特定できない、というのはかなり「厄介」。snsも今じゃネガティヴな効果の方が勝っていると思う。


pmの今井議員に対するヤジとその後のしどろもどろの申し開き・かなり醜かったが、north korea ambassadorがこんなこと言ってます。

「人間の値打ちもないならず者・軍事大国化の龍の夢を見ている天下にまたとない無知な男、その貧困な頭で「挑発」や「暴挙」「違反」「拉致」「圧迫」という粗悪な単語しか言えない低能児がまさに●●である」

ねえねえ・supporterのみんな、こんなこと言わしといていいの?


でも、今は「なんの条件もつけずに会ってほしい」がポリシーだったね。じゃあ、言い返すのは「得策」じゃないな。言われっ放し・で良しとしようか。

「おしん」のように耐えなきゃ・会ってくれないもんね・キムくん。拉致問題解決するんだもんね・わたくち。だが、上記のambassador、かなり挑発的だけどね。

だが、domesticでは「無敵」である。「何言ってんのか全然わかんない」と野党の論客に言われても、10人以上の閣僚が辞めることになっても「責任感じてるよ〜」だけで、「こたえない」。supportesには「頼もしい」だろう。「政策を進めていく『責任』がある」なんちゃって。憲法をよくわかってないのが「強み」でもある。

「任命責任は自分にあり、その責任を全うするために、政策を進め、改憲します」そんなことまで言っている。おいおい。公文書も「改竄」が当たり前になってしまった。もう「国」とかじゃないでしょうね。


posted by 浪速のCAETANO at 12:58| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

異存ないよ

「シック センパー ティラニス」

「どういう意味?」

「独裁者には(常に)死を」

salvation2
posted by 浪速のCAETANO at 03:47| 大阪 ☀| Comment(0) | actor's line TV dramas,movies | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ええぞ、punkやんか!

あっちへ行け、出て行け。臨終の言葉なんてものは十分に言い足りなかった馬鹿者のためにあるんだ。

カール・マルクス
posted by 浪速のCAETANO at 01:45| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする