2019年12月26日

so 5 dias

eveに関係各位に「Feliz」メールをしていたら、北村先生が「これからサンタになります」といったメールを返してきてた。

北村くんは「二児(可愛い娘たち)」の父であるが、「これからサンタになります」の意味は文字通りのそれなのだろうな・と思い、吹き出しつつも「微笑ましい」そんな絵が浮かんできて困った。

今・サンタとは?そんな論文ありそでウッフン・だけど、そのコンセプトが「贈与」ということを思えば、考える値打ちはありそう。

ま、おれは学者じゃないから、「勘」でしか言わないが。

nostalgia/fantasia.

もらう側はnostalgia/あげる側はfantagia・と大変雑に言ってしまう。

北村くんの娘たちにnostalsiaはないと思うが。北村家の場合は「逆」でしょうけど。


ええ歳の男女のこと。おっさん・おばさん・ですが。


おれはもう過去のふやけてた時代に「散々」あげすぎて、そういうの食傷気味なのだけど、先端で盛り上がり盛り下がりがあった後でも一般には人生は続くし、そういう日はちゃんと巡ってくるのね。おれはおのれが飽きてしまうともう「0」になるタイプなので、まあそういうのも困ったちゃんではあるんだけど、モチヴェーションに欠けることをおれにさせちゃいかんのよ。だが、一般には残滓は残るし、そこはまあ「捨てたもんじゃない」とも思えるのは、贈りものの功罪からはあるからなのね。意味というか。

ポトラッチみたいになって両者が疲弊するとかではないのは日付限定・なんてことだね。X’masのまた別の意味というか使用法というか・ね。

だが、その人に合った「贈りもの」なんてのを今や探す気力がない。全然ない。見事にない。自分で笑ける。

ちょっと待ってくれ。だけどね、日々・おれは贈与的精神で生きてるのよ。Todo O Mundoのお客に対してもそうだったよ。バッタぐらいの脳みそしかないやつにも贈与的精神で接してきたよ。でもつい最近そういうのが嫌になった。バッタがちょーし乗るからだ。バッタの分際で人の店を「荒らし」やがるからね。触覚毟るぞボケ。非バッタのお客さまには以前と変わらぬメンタルで接しますよ。まあ言うても、行くのおそおそだけど。


まあ、そのぅ、だいぶ飛んだが、戻るが、然るべき際の「贈りもの」って悪くないかもしれませんね。探すの・苦手だけど。結局店へはヴーヴクリコを持って行きました。然るべき時に然るべき人と飲めるか。酒はそういう時に便利。「なくなって」しまうものがいいね。

さてもうfuckin' 2019も本日のけたらso 5 Dias.

早く終わりやがれ。とも思うが、more fuckin' 2020が待ち構えてることを思えば、「うーん」なのだが、少し潮目は変わりつつもある。LDPの下々議員の逮捕やpmの「会見という名のお芝居」も周知されつつある。今・「緊縮財政」を言ってる人々は「全員敵」だからね。何べんもいうが「ミクロ経済」の経験と視点で「マクロ」を語っちゃいけない。「最初の紙幣」は国が・というか中央銀行が「発行」するんだからね。

so 5 dias.




























posted by 浪速のCAETANO at 14:44| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする