2019年12月31日

Prospero ANO NOVO

掃除の「目処」が立って、店長と年越し蕎麦をいつもの福島の蕎麦屋で。

今日はしかし、急に冷えてきてるね。初詣は2〜3度だろう。富島神社のタダ酒で温まろう。


年末年始はいいTV番組がある。TBSの報道系が面白い。メジャーにおいてはTBSと毎日新聞しかないんじゃなかろうか?朝日新聞はおれはもう取るのやめた。コンビニで日刊ゲンダイを時々買うのが一番いい。今年の結論。


戦後2日目のソ連が千島列島を奪いに、そしてその訓練をアメリカがしていた、なんてね。現在のpmの凡庸というかプーが原因で、日ソ共同宣言(1956)以前に「退行」してしまったこと、そこはみなさん、押さえとこうよ。3000億使った挙句だよ。ほんと、困ったものである。バカにフリーハンド。


本日の収穫;

TINTIN et SNOWY。豊津からの引越しでどっかいっちゃったなあ、と諦めというか、記憶から消えていたのが見つかった。SNOWYは耳片っぽ負傷してたけど。意外と「灯台下暗し」な場所から見つかった。おれの定位置から1mほどのとこにあった。もう。SNOWYのみ「漂白」されとったが。可愛い。ワイヤーフォックステリア。


さあ、今年は早く行きやがれ・といった心境である。fuckin'2019, such a shit、get out of my sight.

そして、何度も言うが2020、早く来やがれ、とも思っている。まあ言うても後五時間だけどね。闘う時は闘わなきゃいかんのね。

Nothing to lose、なんてのはよくよく考えると清々しいものだね。まあちょっとぐらいは無きにしもあり・だが。ほとんど・ない。だはは。無産階級・プロレタリアート。今はだが、「その視点」がキーなのよ。いやマヂで。


きっと2020からは空気が変わる・とフんでいる。覚醒した人間が増えること以外に物事は動かないです。その1・は「緊縮ではダメ」なこと。

その2・は「緊急事態条項」は絶対に阻止すること。その3・は平成から令和へと動いて「天皇」の位置付けがまた昭和以前に戻った。上皇の三十年間の努力はおそらくヒロくんによって「台無し」にされる・そんな見立てです。ヒロくんに悪気がある・というよりも、それは内閣との相対的な関係性により「ヤられる」ということ。おそらく、おれはまたまた「勘」で言うが、天皇制は成立しにくくなるだろう・と言うことです。ここは九州王朝が近畿の王権に簒奪された際のことを彷彿とさせる。詳しいことは年明けてから言うが、簡単に言うなら『神』の変更がなし崩し的になされる・と言うことだ。『日の丸と天皇と国民」の位置関係がヒントだよ。2020=日本書紀1300周年。嘘で固めた1300年。きっと「そっち方面の」やつ、それ言い出すからね。


まあ、いろいろあります。『決勝戦』だから。the LABEL Rafflesiaも2020は久しぶりに活発にやります。



では、今年もTodo O Mundoがお世話になりました。また来年もよろしく。Prospero ANO NOVO 2020.

































posted by 浪速のCAETANO at 18:58| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする