2020年01月01日

最低から始まるAno Novo

Feliz ANO NOVO 2020.

明けましておめでとうございます。皆様にとっていい年になりますように。なんか「焼け石に水」っぽいけれども。


ゴーンちゃん、「スパイ大作戦」を地で行ったね。

『差別が激しく基本的人権が否定される日本の司法制度の人質にはこれ以上なりません。私は正義から逃れたのではない。不正と政治的迫害から逃れたのです』


ほらあ、フェルプスくんたちが「本国目線」で、よう帰って来たなあ・と言われる際の当の国・それが『こちらの国』だったね。


世界の笑い者。三流国。後進国。まあ、こちらの国が「法治国家」とかほざいてるけども、あんたの国の法ってさあ、なんかテキトーじゃね?だって、pmのおともだちならレイプしてもダイジョーブなんでしょ?なんかさあ、chinaやnorth koreaと共通するものあるよね。

これが「世界の目」ではないのか?

Olympiadやるとか言ってるが、ガワと中身の『差』に呆れられてるはずでしょう。特にパラリンピックの開催には問題がある。ド差別が横行する国だもんね。文化人類学的には非常に興味深い国だと思う。崩壊して言ってるのに騒いで嬉しがってるって言うのがね。将来の「日本論」おれは興味ある。

どんどん醒めていく。

醒めざるを得ないのは、昨夜・って言うか今日の朝なのだが、どうも酔っ払って店の中で椅子からこけたみたいで左肩を痛打してしまったみたい。ものすごく痛い。右手は痺れてる。首は回らない・曲がらない。で左肩痛打で左手使えない。おれはどうしたらいいのだ?両手不自由の2020でした。マヂで「療養」から始まった。こうやって年が変わった瞬間に「がらっ」とフェーズが変わることってこれが初めてじゃないな・と記憶を辿ると過去にもあった。

悪いことから始まることそれ自体が悪いってわけでもないのもわかってる。一年ってそれなりに、長い。

昨夜、もう何も作らんでええよ・ということで、ドミノピザを注文して取りに行ったが、まあバイトの子たち、ご苦労なことだった。時給3000円はあげて欲しい。彼らやコンビニの人たち、もっと給料あげて欲しい。彼らこそ・です。


ほんとに早く、太郎ちゃんにpmになっていただかないと「とんでもない最低国」になってしまう。もう無理・とも思うが。

新年から暗いな。だけどこれがデフォルト。

最悪から始めよう。



DF0DE921-C1C6-470E-850C-22231DE7677D.jpg

大掃除で発掘されたtintin et snowy.
10年ぶりのご無沙汰。鼻、耳に欠損あり。持ち主に相応の。










posted by 浪速のCAETANO at 13:41| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする