2020年01月13日

療養中より休養中へ

世は連休みたいですね。

あんまり関係ない。だが、世間が休みだと街が殺気立ってないからこちらも穏やかになる・ハートが。

みなさんを週休3日・週30時間労働ぐらいにしてあげて欲しい。おれは15時間労働でした。まあまあよう働いた・いやまぢで。

おのれの働きを誰かにどうこう言われたないよね。そこそこ働いて・結果そこそこ食えればいいんじゃないか。できることはAIに任せてさあ・など、ケーハクに言ってみる。

働くこと=やりたいこと・というわけじゃないからね。そうやって仕事とも本当にやりたいこととも、おれたちは無意識に「距離」をとっている。おれは・かな?一緒くたにしてすいません・他の社会人の皆様。

両手・両肩、インでしまってやや投げやりな日々だが、なかなか悩ましい。


昨日は「にいやん」の走りを見たくて、にいやんだけじゃなく、廣中りりかちゃんの走りを見たくてtutorからトンボ帰ってきたが、廣中さんは予想通りの強さ。どんどん成長していて、誰もがゆくゆくはマラソンだよなあ・と考えていると思う。「ラドクリフ」言われてるからね。見る人を「悶えさせる」走りってなかなかない。走り方・人それぞれ。

長距離走・が動物の中で「人間だけが」できるアクティビティだ。今は全然その気は無いが、中一で初めて入ったクラブが「駅伝」だった。なんでそんなことになったのか。全然わからない。球技しか興味なかったくせに。まあ一年で辞めたが。しかし、球技しか興味なかったくせに、水泳・器械体操・柔道とクラブ遍歴は続いた。変なの?である。

まあおれのことなどはどうでもいいのだ。にいやんの東京は先頭の京都から1:30以上離されてタスキを受けたが、距離は10km.京都のアンカーの一山さんが3:10のペースで刻んでいたから、1kmあたり10秒縮めなきゃいかん計算になる。3:00/kmのペースだったね・最初は。だが終盤さすがに失速したが、「何か・起こるんじゃないか?」と思わせる唯一のランナーだね。

前の世界陸上ではアフリカ勢を従えて9700mほどまではトップを走っていた。アフリカ勢の最後のスプリント(超人のそれ・とにいやんは言う)に対抗するために今ハーフマラソンに取り組んでいる・といってたな。大阪女子マラソンでも「ペースメーカー」をするみたい。マラソンランナーとの並走も・にいやんを見るためだけの興味がある。

にいやんの走りは「一人で行く」タイプ。廣中さんもそうである。瀬古くんなどとは全く異なり、同時代なら中山くんに近いかな。

廣中さん、本当にすごいんだけど、京都のマラソンの1区の記録はjk時代のにいやんには叶わない。突然辞めてOLやっていたというエピソードもありえないし、そこからまた突然戻ってきて、今・っていうのもちょっと・「ない」。

語る言葉が「ビザール」なとこもいい。やっぱり天才なのね。自分でも言うてるが。ランナーと天才という概念は結びつきにくいが。


世は連休である。もう完全に暦とは無縁の生活をしているから、曜日の感覚だけはあるのだが、そこに「有意差」がない。new wave時代のブームタウン・ラッツの「i don't like Monday」も当時は訴えてくるものがあったが、今は「so what?」だな。


昨日はそう言えば成人の日だったみたいだが、セメント屋がまた「アホな事」言うたみたいだね。だが・support rate回復したみたいである。questionaireに問題があるんじゃないかな?一回マニュアル見せてみろよ。毎日の偉いさんがメシとも・に参加したみたいだが、その雰囲気を想像するにおぞましいものがあるな。「変な儀式」あるんじゃないだろうか?最初にナメクジか何かを「手で」食うとかさ。完全にtrekie発想だけど。


みなさん、どうかごゆっくり休養してくださいね。療養中のオトコより。







posted by 浪速のCAETANO at 12:23| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする