2020年01月24日

財務省・FU@K

京大の藤井くんとldpの妖怪の一人の論争見てて「あ〜あ」だった。

今・反緊縮を言わない政治家や経済評論家は「殺人者」である。未必の故意ってある。それである。

もうみんなMMTを勉強して「通貨の信用創造」をわかろうよ。

百歩譲ったとしても、「今」の状況では「どうもならん」とするなら、alternativeに賭けてみる・でいいじゃないか。

あかんの?あえてアホのふりして言うてるけど。

もうね、なんかね、22世紀などと言うものは来ないのではないか?そんな感想。

21世紀で世界は終わるのではないか?そんな気がする。もっと言うなら、いまを振り返るなどと言うことは「もうない」のではないか?

イメージが湧かない。

テクノロジーの発達は「自己増殖化」しているからもうそのスピードはもう制御できない。おれたちの身体性が担保するその自己増殖化するテクノロジーとのインターフェイスはその「摩擦」に耐えれるのか?

難しくね?おれたちは「肉と骨の塊」ですが。どんどんそのインターフェイスが毀損されていってるんじゃないのかなあ。おれたちの身体性はウン10万年・ほとんど変化してないのでは。意識ばっかりが「先走り」しているんじゃないのかな?

そう思う。あなたはどう思う?


身近な問題の「国の借金」。通貨の信用創造と国の借金ノットイコールみんなの借金、を身にしみてわからないことにはおれたちの精神がイんでしまう。

現実にそうなのね。あの、施設で十九人を殺した植松、奴はこう言っている;

赤ん坊も含めて全ての日本人に一人800万円(当時)の借金があります。戦争で人間が殺しあう前に、まず第一に心失者を抹殺すべきです。とはいえ一千兆円の借金も返済できる額ではなく・・・・・・・・・・』

まあ、MadMANなのだけど、奴の心象の中にもう「国は終わりだ」「借金返せない」「破綻だ」といった絶望があったことが良くわかる。そこをベースに上記の考えを奴なりの論理(未熟だけどありがち)で行動に出たわけだ。当時MMTは一般化していない。財務省の詭弁に多くの(今よりもずっと)人々が頷いていた時期だ。

Primary Balanceの黒字化・などを実現しようものなら数百万単位で人が死んでいく。予算が半減するからだ。あり得ない。消費税アップも・あり得ない。




財務省は万死に値する。財務官僚もまた・だ。「片山さつき・ロクでもない」はもっと周知されていい。おのれが好きとか嫌いとか関係なく、拠って立つその国の財政が破綻することを前提に人は「精神的に健康に」生きれるはずがない。どうせ・あかんねんから、と言う気持ちは人をして大胆な否定的行動へと駆り立てる。植松が最もわかりやすい。しかし、財務省が・pmが殺したと言われても、おれは「そうかも」と言ってしまいそうである。人を絶望させ、その間違いを言わず、封印し、どこまでも騙そうとしたからだ。




posted by 浪速のCAETANO at 20:58| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Marx@USA &/or Japan

Bernie Sandersがジョー・バイデンを抜いた・と言うGood NEWS。

海の向こうの国・我らが「宗主国」のことだが。Democratic内の話であるけど、そこで最大支持を得ないことにはdtと戦えないからね。今年である・大統領選挙。

これ喩えて言うなら、志位さんor太郎ちゃんの支持が、枝野を上回ったってことね。

超ド新自由主義の中の「社会主義者・Bernie Sanders」。おれの中ではNeil Young爺とカブる。おじいちゃんなんだが、言うことが「青臭い」。青臭い=理想。青臭いを言い続けるためにはエネルギーが要る。そのエネルギーが枯渇していない。サンダースはオカシオコルテスちゃんという後継ぎもいて、3回ぐらいひっくり返ったら、アメリカは「突然の民主社会主義国」になってるかもしれない・10years after。そうなるには真ん中ら辺に住んでるアメリカ国民の意識を・もっというとCowboy Spiritsのようなものを相対化できないと厳しいが。福音派の中で「進化論」を受け入れる人の比率も増えないといけないが。

だから3回ぐらいひっくり返ることが必要なんだけどさ。だが、アメリカってそんな面白さ・意外性はまだある。こちらの国とは異なり。

まあ、行くとこまで行けばこちらの国も変わらないわけではないかもしれないが。ただ、アメリカにはまだ「言葉」が存在する。こちらの国の言葉は「虚しさ」を伴う。

dtにせよ、リスクをとって言葉を発している。少なくとも公にできる(と本人が思う)おのれの言葉を持っている。市民だってそうだ。言葉を発する=おのれでケツを拭く・だ。

ヒラリー・クリントンという悪夢を4年間(ということは永遠に)封印できたこと・dtの値打ちはそこだけに/は、あることを認めましょうよ。こちらの国の対応が、(いやもうほんと外務省の官僚のバカさ加減にもほどがあると思うが、アプローチ一緒やん、いや普通相手が変わればやり方変えるやろ、そもそもフライングでhcんとこにごますり行っとったからね、分析能力ゼロ)、もうちょっと巧みならなあ・と仮定法。まあ「deal」の意味もなんかようわからん・そんなんが対応するんだから、知れてる。dtが悪いのではなく、dtへの対応があまりに「工夫」がないのね。そこ「キムくん」見習った方がいい。

dtからBernieに変わったりした時のこちらの国の慌てようを想像したら面白すぎる。やっぱり太郎ちゃんをpmへ・が必要ね。ldpでは無理。しかし官僚のメンタル・酒田を見ててももう完全に「犬」になりきってる。恥ずかしくないのね・なりふり構わない。彼らには「歴史的視点」がないんだと思う。明治からのほんの150年さえも(そんなものだけでいいの・官僚であるならね)間違いを犯しながらも、なんとか植民地支配から逃れつつやってきて、最後にちょっと(かなり)間違えたけど、まあ一応名目(実質colonyなんだけど)独立国のていを取ってる・ってのが、それを形だけでも「担ってる」ってのが君らの『矜持』ではなかったのか?その「先端」に自分がいるってこと・ね。わかってない。そういうのアホっていうわけですが。東大出てアホって救われないですね。いっぱいおるけど。

そのメンタリティでは来るべき(来るかどうかわからんが)「社会民主主義のアメリカ」に対応できないんじゃないか?可能性の話。

マルクスを基にする実験はまだ終わってはいない。おれの直観はそう言ってる。「ヴェ・イ・ザスーリッチへの手紙」で答えているマルクスが21世紀のアメリカに現れる・でもいいけどさ。

産業構造がその「前線」では個人としてのひとのメンタルを劇的に変える・のと同様に「社会」もまた変えるのだけど、構造の問題に関しては「19世紀以降・基本とするところは変わっていない」わけで、となれば、その構造の問題の存立が大変危うい・ということになる。

アメリカだけではなくこちらの国にも「マルクスの出現」はあってもいいのね。今だからこそ・ね。


酔っ払った。もう寝る。









posted by 浪速のCAETANO at 05:43| 大阪 🌁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする