2020年02月29日

原稿のアベ、面目躍如

学生に臨時休「業」は違和感あるよ。

「休校」じゃないかと思いますけどね。

今日も言うてたが。

pm.邪魔が入らない時、「小芝居」できるんだよね。情弱な方なら、騙されるかな?

20000000人ぐらいは騙された?本日も。涙出た、とかいうバッタ脳の方、いましたね。バッタにはバッタの人生あり。


半分puppetなのかもしらんな、この男は。ブレーンにとっては「使いやすい」んだろうな。

iconとしては「最適任」だな。ここまで使いやすい存在はなかなかないんじゃないかな。

「虚ろ」だなあ、と感じた。悪意なども、例えば茂木や麻生ほど感じない。

この「虚ろ」がポイント高いのだろう、ばかウヨたちにとって。

非常に虚ろで中身のない小芝居。シナリオがよーく見える、三文小芝居。「外国のメディアの方も」な〜んちゃって!

最後に叫んでたのは江川紹子だった。
posted by 浪速のCAETANO at 22:21| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長い春休み

この時期、というか冬の間だが、必ずと言っていいほど、喉をやられる。主に乾燥とタバコだと思うが、今年は、そうでもないなと思っていたが、ちょっときたね。

暖冬だった。

怖がるものが「flu」だけじゃなく「corona」も・と増えていく。厄介な世の中だ。100個ほどの「利便」を追求することで、1個の「厄介」それもかなりの厄介が出現する。そういう印象を持つ。世の中は「利便オール容認」だから、それが厄介の遠因になっていたとしてもだね、一般的には目の前の小銭に反応してしまうのね。それを仕事とか世間では言う。そしてそれは「遠因」にしかならないですから、「え、それ、おれのせいなの?ウッソ〜ん」ほどのものである。ダイレクトな因果関係はなかなか見えにくい。

お隣さんが飲み屋で毎日通ってるうちに肝臓イワす・みたいなもん?合ってる?間違ってる?どっち?

観念的な話。


pmの「思いつき」

各地域の教育委員会に権限があることだから、ちょっとしたドタバタなんだけど、悪くはない。「遅すぎる」ぐらい。でも、なんでさらに2週間前にそゆこと言わないかな?まあおのれの身が危なかったからね・予算委員会。でも、満員電車は「お変わりなく」だよ。ええの?でもバカだから詰めは大甘で幼稚園や保育所、有給休暇、まあ現場の混乱まではアタマ回んなかったんでしょうね。でもここ大事で「バカなんだから・・・」というコンセンサスとっておこうよ。

でもさ、2・3日前までは「corona virus 恐るるに足らず」が根拠に乏しい政権の空気だったんじゃなかったっけ。もうみなさんお忘れになってると思われるが。

みなさん・お分かりですか?予算が決まる=それまではおのれが「追及」される。クソ庶民ごときが死ぬとか生きるとか・どーでもいい。ハイ・自分がセーフっぽい。で、やっと、コロナ・考えよう、である。「65歳児」のノーミソってそんなもんであるよ。キャパなんてないからね。「共感能力」ひどく劣った人格であるし。

うちの塾では「嘘つきはアベシンゾーの始まり」これ、もう2年ほど前から小中高生の間で「定理」として。あるいは「正しい命題」として使用されてるけどね。ゴミ・痰壺の中でこれから一生生きていきなさい、そんな人格のアヴァターとしてのpm。困ったものだね。公平な見地からの結論だけどね。もうそこ「揺るがない」。


ところでcoronaはだいぶ怖いのではないかな。だからマスクもしてない大坪→和泉→secretary→pm(ついでにmotegi/kono/hagiudaももろとも)一斉感染そして重症化してくれないかね。手間省けるのだけど。

しかし誰にも等しく感染の恐れがあるし、fluもまた存在してるし、結構criticalな状況であることは間違いない。いやあ、やっぱ・おれは「満員電車」が致命的な気がするんだね。強制的濃厚接触。おれも宇治の大学行くとき中津発の電車に乗るが「中津〜梅田」感は平和なのね。だが突然の「梅田〜淀屋橋」間の「家畜になったような気持ち」耐えられない。まだ大阪だからそんなもんですんでるが東京とかもう考えただけでゲー吐きそうになる。

子どもが家にいたとしてもおとーちゃん・おかーちゃん、持って帰ってくるのでは?大阪で確認されてるのはそういう例。

なんというか、感染症というのは人と人を「分断」するね。ある種の親和性に楔を打ち込む・というか。一番近い人が一番危険な人。P.K.Dickの世界。

突然、学校が終わった「小六」とか「中三」とか、学校好きなやつはちょっとかわいそうだね。うちには残念ながら学校好きってのがおらんからね。学校行ってないやつもおるしね。試験なくなって、落第の恐れなくなった悪運強いのとか。そっち方面、お花畑な「感傷」とは無縁みたいです。

まあいろいろあってええんちゃう。て言うか、「え?学校って、なくってもいいんじゃね?」といった考えに行き着く子どもたち、この機会に増えるんじゃないかな?これ予想。当たってんちゃうん?


これ本当かどうかわからないのだが、neo corona virusは「白血球」を乗っ取って増殖する・なんて怖いことを言ってる人がいた。正義のヒーローが悪の組織でbrainwashされて寝返るかのような戦慄・な話なのだが、それ本当ですか?


もう、なんかね、いろいろ「終わる」んじゃないかな。店・会社、潰れるよ。現金商売・テキメン。お金がちょっと回らなくなっただけでこの有様である。「資本主義者たち」この点・どう思いますか?しょぼい資本主義者・特に。


まだ世界を見たいようにしか見れない人々多いと思うんだが、パンデミックが予想される中、olympiadまだできるとか思ってる?いやいや・無理でしょ。やらんほうがいい。

学生たち・長い春休み、始まったね。








posted by 浪速のCAETANO at 08:36| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

なんか昨日から突然、、、

「活動的な馬鹿より恐ろしいものはない」


ゲーテ
posted by 浪速のCAETANO at 11:49| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと現状を理解した・かのような、遅いわ

なるほど。一斉休校「要請」。「口走った」が正しい・かな。

しかし、そこだけそうしてもな、というのが、おれの感想だが。突然緊張感高めてきた。「ねえ、今までどう思ってたん?」


満員列車は走り続ける。


「走りながら考える」とは政府のコメントであるが、『ねえ・今まで何してたん?』。今んとこ、アタマ・パーですけど、ってバラしてどうするかね?



地方自治体へ「丸投げ」ということだね。


感染者・政府発表は「920人」だがリアルは『数十万人』。死亡者・8人。ここはリアルに近いかな。


満員電車は、だが、走り続ける。


一斉休校よりも一斉検査・なのでは?そこ「予算」つくからね。言いっ放しの「一斉休校」とは予算つけなくていい。

あんさ、吉本に100億円。コロナ対策の153億。東京都は400億。なんかおかしいね。セコいの丸わかり。予算ていうのは、患者たちの為だけじゃないのね。会社・企業ってのは大小問わず、「自転車操業」なのね。車輪の大小じゃなく、その資金繰り・という意味においては形態変わんないからね。企業支援・だけでもなく『生活支援』が大事なのよ。太郎ちゃんなら、まずそこを言うよね。だから「数兆円規模の予算」が要る。いいじゃん・国債発行で。ケチんなよ。


なんか「突然・慌てたかのような」一方的要請なのだが、補正予算もつけず、言うのはタダなのよ。これまで危機感がなかったことをおれは知ってる。


満員電車は、しかし、走り続ける。株価は下がり続ける。NYダウは−15%。世界は「恐慌」を恐れだしてる。こちらの国がその枠の外に「ある」わけじゃ、決してないからね。危機感持てよ・ば〜か。

親の感染危険はどうなのよ?ちゃんとした対策をやってこなかった唯一の国として、いきなりのドタバタ。夏休み最後の日のバカ中学生のようだね。


岡田晴恵が今すごいことを言った。初動の遅れの最大の原因は今回のその感染データの「奪い合い」「足のひっぱりあい」だった・と。


『感染研』と言う単語・覚えておきましょうね。


ともあれバカの「突然の危機感」でフェーズは変わった。遅すぎた感はあるが、来週より今週・明日より今日、さらに悪くなる前に。










posted by 浪速のCAETANO at 09:37| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予算はいらんな、確かに、だからか

「一斉休校より一斉検査」
posted by 浪速のCAETANO at 08:40| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんか場当たり的というか

一斉休校して
走る満員電車」


No name,no face
posted by 浪速のCAETANO at 08:35| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

もっと金を出せよ

朝方、ポール・クルーグマンともう一人はよく知らない人物との議論を聴いていて、思ったことは、Bernie Sandersは「社会主義を議論する環境を変えた」とクルーグマンが言っているのを、そうだよね・と思いつつ、しかしそれは「若者」がその生活においてジタバタしながら、おそらく「マルクスを発見」したのだろうなってこととの「タイミング」だったのだろうな・ということ。Marx behind Bernie。

あのさ、Bernieのことを「急進左派」というのはやめたらいいと思うが、それは正確じゃないから。あちらの国・はもともと第二象限がない国なのね。いつ頃か・からのこちらの国の政治状況と同様に・だが。

ちょっと考えてみたらいいのだけど、おれたちが当たり前と思い享受し続け、いやあそのうちにそれはアメリカ企業の餌食になろうとしている「国民皆保険」を導入することがなぜ「急進左派」的なの?と。変でしょ?


彼は「Democratic Socialist」と言うてますけどね。直訳すると「民主社会主義者」。かつてこちらの国に「民主社会党という『極右』」の政党あったけど・だははは。

OWS(オキュパイ・ウォール・ストリート)ムーヴメント。まだ記憶に新しいけど、それは言うなら、ほとんどの「世界の貧乏人」の気持ちを代弁していた。金持ちはいていいんだけど、金持ち「すぎる」こととそれを許すシステムがその傾向を加速させることに対する「NO」だったわけで。


ただね、「社会主義者」には投票しないと主張するあちらの国の53%の人々よ、あなたたちの社会は富の偏在が「世界一」だよね、で、この後、それが改善される見込みはほとんどなく、格差はもっともっと拡大して行くのに、そこにリーチしない政治家ばかりで本当にいいんですかね?と言いたい。

まあ、同様の言葉はこちらの国の人々にも・と思うが。



手塚治虫先生の漫画を「AI」がrebootする・かなんかで『より管理社会が進んだ2030年の日本で』みたいな枕詞が「無意識・無自覚」に使われてたけれど、いわゆるそんな「ディストピア」がデフォルトであることに関して、みんなもう「諦めている」んだな・など感想を持つ。

そう・管理は否応なく進んで行くわけよ。その時に「管理されながら貧困も」というもう死んだほうがいいような状況に、キミが遭う・だけではなく、そういう環境に、多くの人が生きていかなきゃいけない・ってのは、「管理されつつまだ小銭はある」って人たちの生活においても、何かが脅かされることになるんだよ。外でたらギャングだらけ・とかね。アッパー・ミドルばっかり住む地域から出ないとか言ってもダウンタウンにはいかざるを得ないでしょう。そんなことなしに生活するってあまりに「味気ない」ね。


さて、そんな未来が(いい意味・悪い意味両方で)存在するにはこのいまの世界を(もうすぐパンデミック)生き延びないといけないわけですが、この「未知のVirus」はもうかなり「チーン」ぽいよ。国民の生命を守ることに熱心ではない政府が、それと安易に引き換えに守ろうとした経済さえも、その土台から崩壊する可能性が見えてきたからだ。コロナだけではない。続・コロナってのがまた次々起こる。これは間違いない。現代社会がもうずいぶん前に克服したはずの「感染症」に「忘れた頃に」やられる。すごい皮肉だね。克服というのが現代社会の「Identity」の1つでもあったはずなのだから。


コロナの怖いところは一旦収まったかに見えても再発すること・ね。大阪の女性の例だが。本当・ナメたらあかんね。中国政府も「罹患者の14%が再度発症した」ことを認めた。


まあ大阪は「1件」。アホやろ。


立憲始め野党の議員立法が可決されれば保健所通さずにクリニックで検査ができるようになる。与党がそれに賛成するかどうか、よく見ておきましょう。与党の「未必の故意」ストラテジーが継続されるかどうかの試金石である。

この感染症は、昔の死亡率が再現される。おれたちがまだ呑気でいれるのは「近代神話」の中で惰眠を貪る習慣があるからだと思うが、こちらの国の政治が、近代以下の施策でお茶を濁している以上、被害もまた近代以前のものとなることが「必然」だからである。


お金・しぶりすぎ。




























posted by 浪速のCAETANO at 09:14| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

募ったが募集してない、と似てる似てない、どっち?

■「覚えても、学んだとは限らない。」【作者不詳】
posted by 浪速のCAETANO at 17:15| 大阪 ☀| Comment(0) | native american said | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本質を突こうね、クソmediaの人々

「日本の安倍晋三首相は新型コロナウイルスの水際対策よりも、訪日が迫る習近平国家主席の気分を害さないことを優先して中国からの旅行者を入国させ続け、その結果、国内の感染を拡大させてしまった。日本国内の感染拡大の原因は『安倍首相の判断ミス』である」(2月20日付)


米ワシントンポスト紙
posted by 浪速のCAETANO at 15:33| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリボテの帝国

「わたくしがそう言っているのであるからこれが真実でございます」

pmだけじゃなく、法務大臣も言い出した。黒岩くんの「証拠出してよ」に対する答弁だが。

もう無茶苦茶にもほどがあってだね、これ、黒川の定年延長の無理筋のことなんだけどね。法務大臣・森まさこは「lawyer」である。呆れる。

決済は「口頭でオッケー」とか、もう小学校のホームルーム以下のレヴェルになってしまってた。答える側が「クソガキの非論理性」だしね。

「わけわからんこと、言い続けたもん勝ち」これはpmがとった「ブランニュー」な戦略だが、pm以外にもそれは「有効な戦略」として浸透しつつある。だが、pm以外は「ヅラの北村」をのぞいて、もうちょい「賢い」。賢いのにそういう戦略をとっているのが、やはり・何かしら、「良心の底」がチクっとするのだろう。メンタルの「揺らぎ」が垣間見える。

本日もまた政府の長の一人によって「国の根幹」が目に見えて・わかりやすく、壊されて言ってる現場を目撃している。


朝のモーニングショー。唯一「見るべき」programだが、そこに毎日出てる岡田晴恵。立派な人だが、あまりに国の政策のプーさに「怒り・呆れ・悲しみ」を表明していたが、今日などは「明らかに嫌気さしてた」ね。彼女・「自殺」するんじゃないだろうか?おれはちょっと心配している。晴恵ちゃん。


アホな学者、これはpm一味に「都合のいい」レクをしてくれる・御用学者・バカ学者だが、その意見が重宝されている。まあ、pm一味の戦略は「感染者の絶対数」を増やしたくない・であるから、PCR検査を「重症になるまで」受けさせない・という驚くべき政策なのだが。これ・「殺しにきてる」よ。マジで。何度もいうが「未必の故意」という戦略ね。「検査難民」何十万人・何百万人になるのは時間の問題。これを「あえて」見過ごす。


こういう場合は「過ぎたるは及ばざるがごとく」ではないわけで、実際に現場の医師が、ものすごく「心配し・怒って」いる。予算のつけ方も「せこい」。他の国(アジアの国と比べても)と比べてもだが、1/10以下である。身近なところでいうなら例えば文在寅は立派だと思うよ。先頭たってるし(フグも食ってない)、仕事休んだ人に対する補償も早々と打ち出している。

だが、IOCから「懸念」が出てきた。5・24が「Deadline」かな〜?とか言われてる。

で、その質問を橋本聖子五輪相にするが「なんとかかんばります」

大日本帝国である。


こちらの国の人々・やっぱりバカだと思うよ。残念ながら。大日本帝国のメンタル・が「ヘドロ」のように・が品がないとするなら、ワインの澱(おり)のように堆積してるんだね。

で、無意識からなのだろうか?実際に「大日本帝国」へと向かってるでしょう。もう最近の「加速度」ったらない。ネコまっしぐら。ただし、「危機感のない・発展途上国状の・大日本帝国」。帝国ってのはもう無理・アナクロニズム。なのに「気分だけ」大日本帝国。小日本帝国ぐらいのもの。


此の期に及んで「PCRの保険適用」を渋る・ってなんなのだろうか?いや、なんなのだろうか?と言ってもまあそのう、「未必の故意」ストラテジーだから、そこから「降りてきてる」ということね。


そして「公務員を減らす」というのが大間違いの政策である・ということももうはっきりわかっただろう。維新がやってることは「クソ」であることもおわかりいただきたいね。もうおれ、維新に牛耳られた大阪離れようと思ってるから。こんな「わっかりやすい・ウンコCity」ヤだよ。こんな国もヤだけどね。


ハリボテの大日本帝国臣民にはなりたくないです。





















posted by 浪速のCAETANO at 13:33| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

discloseせえ・っちゅうねん

中国は必死だし、韓国も「誠実に」対応してる。

ところが、検査しない・発表しない・口だけ、ってのがこちらの国だった。WHOに裏金あげてたりする。亡くなっても「コロナ」とは言わん・・みたいなこと。被害が「少なかった」ことにする手はずは整えられている・かと思う。

だが、現実はそう甘くはないと思う。政府は「この1・2週間が・・・・」と言い出したが、それは既に「感染拡大期入り」していることを暗に言ってるんだけど、ではその対策・とは何ですか?

具体的に何か効果があるようなことへの提言が何もなされていないのが現状。やる気・なし。やれることはいっぱいあるはずなのに、ずるずると何かを先延ばしすることで「今」をやりすごす。ちょうど「1世紀前」の空気を想像するに、相似だったろうな、など思うけどね。

「濃厚接触」こそがヤバいとするなら、全ての「密室的状況」を避けるべきだし、もしかして・これが一番ヤバいが、「空気感染」するのであるなら全てを一時的に「on-line」化しないと無理でしょう。それが論理的帰結というものじゃないかなあ。

おれも昨日・一昨日と電車に乗ったが、もう今日からは「自宅待機」。しばらくは塾だけであるから、どこへも出ない。


どこへも出ないぞ・と決めたのだけど、お隣のファミマに一昨日行くと、「全ての酒」が消えていた。

「なんで?」と訊くと、なんかむにゃむにゃ言って要領を得なかった。いつまで?と訊くが「わからない」と言う。

一体何が?と思うが「何か」が起こったのだろう・わからないが。

おれは以前は年間ワイン消費量は500本だったが、ちょっと減り、でもまた増えていま350本ぐらいになってるが、dailyにはファミマのオーストラリアのシャルドネとスペインのテンプラニーリョでもうよくって、まあちょっと美味いもんなら店で飲もうか・ぐらいのことで、寝酒はteacher'sでいいもんね・なオトコだったので、おれの欲求と(つまり需要と)その供給が歩いて10秒ほどの距離の中で非常に「円滑に」回っていたのだ。いたのだが、供給がいきなり「なし」になってしまって、「あらららら」なのだ。2本/2日というペースが崩れる。以前はワインストックの棚には20〜30本のワインが常備され、なんやったら店で足りんときはおれが家まで取りに帰るみたいなことでもあったのだが、「ストックよりフロー」かなみたいな考え方のもと、飲むだけをファミマで買う・になってたんだよね。安ワインでええよもう・そんな気にもなってた。


これから物流がこれまでみたいに「スムーズ」なわけでもなかろう。人のダイナミズムはぐっと落ちるだろう。もともと、人混みは「大嫌い」だったからそれはいいんだが、こう言った「目に見えない敵」に囲まれてるのはいい気分じゃない。

目に見えない敵;

といえばvirus本体もそうだが、検査しない保健所への指示がどこから来てんのよ?そんな責任の所在の見えなさも皆さんをものすごく不安にさせてる。


厚労省・官邸・pmであることをちゃんと皆さん知っておこうね。あいつらは「olympiad」だけを無理やり開催したいだけ。巨額の金が動くから。そのためには1000人ぐらいは「犠牲に」してもいい・と思ってるよ。


罹患者に関しては調査しているが発表していないのか、そもそも調査さえしてないのか(やる気がないのか)、まあどちらでも怖いことだけどさ、plus人がうごかんと小銭も回らない。また企業の倒産・あるいは逆に突然の忙しさによる24時間フル稼働の工場とか「非常事態」があちこちで発生することになるだろう。もう始まってるが。

そんな惨状を、ただ「見てるだけ」の政府がいる。情報を隠すな・と言いたい。もう最低の人間たちである。

最悪の状況とは「パンデミックなのにそれを隠してolympiadまでなんとか持って行く」ってことだ。おれは無理だと思うが、やってのけやがるかもしれない。

























posted by 浪速のCAETANO at 08:20| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

チーン・寸前よ

「united by emotion」とか寝ぼけたことを言ってたな。現実は「divided by virus」。皮肉だね。「hated by.........」の方がいいか。


いや、海外の人々たちだけじゃなく、おれたちが「バカに殺される」おれは大阪市民だから上に「ウンコが3つ」乗っかってる。あんさ、大阪で感染者が「1人」って、そんなわけない。「検査してくれない」そんなbo・聞こえて来るからね。まあ・維新はpmの連れであるから。

検査をすれば「分母」が増える。分母が増えればあるratioで分子も増える。だから「検査しない・がいいじゃん」。

パンデミック・というか蔓延したら。ベッドが完全に足りない。おれたちは(それがおれになるのかあなたになるのかおれのあなたの大切な人になるのか・それはわかんないのよ)そんな目に遭う可能性・かなり高くなってきた。

もう「蔓延・決定」でしょう。

olympiadをとにかくやりたい。金儲け・だけはとにかくしたい。ついでに裏で「独裁」を進めたい。憲法変えんでも「実質上独裁」へとなんとか持っていきたい。こういうどさくさ・むっちゃナイス。どんどん混乱・okok。その際に国民の1000人や2000人死んだところで・・・・・・・・・・。こういうのがあの人らの「ホンネ」。まあ、under controlから始まったわけで、嘘に嘘を塗って塗って塗り固めて、その検証がされる頃にはもう「事は終わってる」・そんなとこ。

『全てを2週間閉鎖(お休み)にせよ』しかないと思うよ。「全てを」。今の内なら発症してる人を隔離も治療もできる。だが、蔓延後は、、、、、もうおれたちは「見捨てられながら死んで行く」ことになる・いや、マヂで。だって、ベッドも人工呼吸器も絶対的に足りないわけだから。


もうほんと、びっくりするぐらいに「悪いこと」は重なる・上乗せされて行く。もう・あかん。これは「悲観論」ではなく「客観的に」あかん。チーン・である。もしいまのうちに手を打たなければ。








posted by 浪速のCAETANO at 14:37| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

今もヤバイが先はもっとヤバイ

晴恵ちゃんが悲しそうに言うてたが「10000人超」だろうね。

殺される。

検査もしない。

えらいことになってきたよ。インフルとの区別も難しい。学校はどうする?


ピークをピーキーにしないこと。できるだけなだらかなピークにすること。そこに関して政府・一体何をしているのか?此の期に及んで、「桜」から逃げ回る。検事長を「口頭決済」で任期延長する。ショックドクトリンか?この大事な時に、「その後」のおのれらの保身対策を優先していることが「見えない」人、まだ30000000人ほどいそうだから暗澹たる気持ちになる。


どうだろうか?アウトブレイクは。おれは来ると思う。「三月末」と見てるけどね。

油断してるからね。パンデミックになると、医療体制が追っつかなくなる。悲惨なことになる。おれも・あなたもその「犠牲者」になる可能性が「等しく」ある。肺炎って「息できなくなる」のよ。レントゲンで見たら「肺真っ白」になるからね。

young or oldって関係ないのでは。

関係ないといえば、China or Japanも関係ない。「政府に都合の悪いこと」には「圧力」がかる。もう「大日本帝国」だから。実質は。コロナじゃなくとも「息苦しい」。

おれはね、思うんだけど、この息苦しさはもう「解消しない」んじゃないかと不吉な予感がある。まだ「なんとかなる」ときにサボったツケは大きく、パンデミックは「避けられない」。それはおれかキミが死ぬかもしれない。まあ生き残ったとしても、デタラメな政治が行われている。唯一の希望は「総選挙」だと思うが、ひょっとしたら、支持率が10%になったとしても「政権に居座る」可能性がある。非常にある。「常識が通じないバカ」であるならそんなことも十分考えられる。それには根拠もある。政権を手放せば、『into Prison』は避けられないからだ。

そんな論理的予測がさらに人の心を「暗く」させる。もう何度も「倒閣」されててもおかしくないだろ?それが倒れない。それには理由がある。「批判がおもてに出ない」。メディアは完全に「支配」されている。支持率にしても、10%であっても25%ぐらいの「サバは読まれ」そうだ。

ハートもヤバい。「差別的感情もまた蔓延」しだしている。


感染症ってさ、「克服された」ものだと思ってたよ。自分の人生を振り返って見ても、そこからはどんどん離れることこそあれ、一周回って「こんにちは」なんてね。予想外。人為的・という話だってある。「陰謀論」だが、否定するにも根拠がいるんだが、ない。


収束したとしても、元には戻らないと思う。コロナウイルスの「スティグマ」があちこちに残って、「言っちゃいかんことを多くの人が言い」分断と差別が顕在化してしまった世の中になっていると思われるからである。











posted by 浪速のCAETANO at 14:21| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

そもそもの信用、なし

五輪招致の際に放射性物質問題の解決をうたいながら、環境保護団体からは今も影響を指摘されているとして「ウイルスは五輪に影響しない」とする日本政府の主張は「疑いを持って受け止められる」


米TIME誌
posted by 浪速のCAETANO at 15:04| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんだか悲しい・バカの国

政府発表は89人だけども実際には1000人超でしょうね。デタラメ。相変わらず。

いまだにクルーズ船での「培養」も継続中。

「国内感染」⇦(イマココ)これから「感染拡大期」→「蔓延期」→「回復期」→「小康状態」と展開・収束していくと考えられる。だが、それぞれの「期間」がどれくらい続くのか、なんて誰にもわからない


色々イヴェントを中止してるけどさ、新宿や梅田は日に1000000人ほどが行き来しているから、もう「無理」ね。いかにおのれの身を守るか・というか、発症した後、いかに「軽症」で終えるか・いかに他人に移さないようにするか、そこにfocus当てないとあかんでしょう。


もう大坪が感染して和泉と濃厚接触していただいて、和泉がSecretaryへ、そしてpmへと感染させていただくというのはどうだろう?

国会止まるか、思う壺か、あかんな。


だが、アメリカは「疾病予防センター」が「こちらの国への渡航は控えてね」というメッセージが出てる。実はもうすでに「バイキン扱い」されている。ロンドンでは「バスから降りろ・中国人」そんな罵声を浴びせかけられた邦人もいる。

ちょっと冷静に考えてみよう。こちらの国とバカ一味は「目先の利益(中国人のインバウンド)」を取って、結局は長い目で見たインバウンド・そしてolympiadを失おうとしている。

ホンマ、キミらが罹って死んでくれ。

コロナ以前のGDPが「マイナス6.3%」である。これでコロナ最中・蔓延期にはどうなる?近くのバーのマスターが「ぼやいてたよ」。この景気の衰退は完全なる「人災」。中学校の公民の教科書にも、不況下では「減税と公共投資」と記されている。公民の教科書の「三権分立」もまた崩壊させようとしてる。中坊に対する社会科の先生たち、ほんと同情するよ。ちょっと賢い中三なら「え〜・今ちゃうやん・全然」など言う・ふつーに。


太郎ちゃんはいないが、今の野党の「厳しい質問」が頼りである。「桜?」当然やらなきゃあかんよ。バカ応援団は、コロナを・と言うが、そのむちゃくちゃは「底で繋がってる」のね。どっちもやらなきゃ・が正論であるよ。バカ応援団・辻元を「脅迫」したらしいが、反社が反社を支持しているわかりやすい証明にしかならんのね。バカですね。お前も罹れよ。


こちらの国に生きる人の生活を「崩壊させていながらの感染症・しかもほとんどやる気なし・独裁を完成させつつね」と言うのが今の現状。

支持率をとりあえず20%台まで下げよう。地方紙はとっくの昔からそうなんだよ。

森とか・バカの極みだからか「ワシはマスクなしでやる」とか言ってる・どーぞどーぞ・だね。しっかり罹って重症化してね・など期待している。あのバカ、「神の国」のバカだからね。筋金入りのバカですから。














posted by 浪速のCAETANO at 14:26| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Todo O Mundoお客だけに、というわけではないけど

おい、よく聞け
友達の店は儲けさせろ。
友達だから安くしてもらう何て事は考えるな。
よく行く服屋、よく行くレコード屋、よく行くライブハウス
金をおとせ。
大事な場所はなくなるぞ」



某市民。


posted by 浪速のCAETANO at 12:11| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

厚労省が最新検査キットを導入しない訳

厚労省が最新検査キットを導入しない訳

「スイスの製薬会社『ロシュ』が開発した遺伝子検査キットで、喉の粘膜をとればいいだけの簡単なものもすでに実用化されている。しかし、日本政府はなぜか頑なに導入しない。理由は、厚労省が検査方法を独自開発するために予算をつけ公共事業にしたから」


某優秀な看護師の方。
posted by 浪速のCAETANO at 11:52| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

師匠!

To Donald Trump

「あんたはおれの国の面汚しだ」


Neil Young
posted by 浪速のCAETANO at 02:44| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

配信、始まる

今日から、すっぽんぽん'ズ、配信されてる。
D77FD324-8D8C-46F5-85BA-DC0F9FA4F369.jpg

mora.jp、line music.my sound.ドワンゴジェイピー、music jp..Spotify,
Google play ミュージック、AMAZONデジタルミュージック、
i Tunes music store.
などなど



五月雨式にこれからネット配信していくことになりそうです。

取り敢えず、12アルバムあります。第二弾は「cvs  cowboys」と「ザ モルモッツ」ということになりそうです。on 3/4.

既存の4アイテムの後から、vinyl盤の音源であるとか、未発表の音源(例えばOva(葡萄)の配信も開始されます。ミュージック・マガジン誌indeesコーナーで1ページを割いて批評された「最前線物語」やHONZIとの師弟共演(今となっては)が入ってる「Lunatic Evening」King堀内、ピニャコラーダ、シーラD等のみなさまに書いた曲やカオリーニョ藤原との「日本語Bossa(これ素晴らしい)の含まれた「光合成の季節」、などなど、もっとあるんだけど、その都度解説します。

13枚目からはこれから作ります。13thは「女子アルバム」になる、と思います。
posted by 浪速のCAETANO at 22:01| 大阪 ☀| Comment(0) | The LABEL Rafflesia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真性のアホ

フェス「中止!」
展示会「中止!」
セミナー「中止!」
マラソン「中止!」
イベント「中止!」
コンサート「中止!」
合同説明会「中止!」
スポーツ大会「中止!」
皇居一般参賀「中止!」
コンベンション「中止!」

満員電車通勤「継続!」



真性のアホだった。



こちらの国はいままさに「感染急拡大」するかどうかの瀬戸際、まさに「キワ」なんだけど、結局、「あーー」と有効な手立てを講じずに危機が目の前を通り過ぎるを「ただ、見てる」ことになる。

通り過ぎるというがどんどんデカくなりながら通り過ぎるわけで、他の誰か、に達する。しかも目の前には「次の」集団が迫ってる。おれたちは、感染池の縁に立ってるようなもので、一回りしてPOWER UPしたウイルスは次出会うときにはさらに凶暴になっているかもしれない。いや間違いなくなってるよ。

インフルでの年間の死者が3000人超。それよりは感染力は高いとされる。

3000人という数字、もう個のカオは見えないですね。今回のウイルスも同様で、亡くなった方のカオ、今ならまだ識別可能だが、100人超えるともうわからなくなり、「死者うん100人」そんな、ある意味、対岸の火事となる。グロスで捉え出したらもう「他人事」。

全国津々浦々まで「拡大」するのは間違いなく「先手先手」とは口ばっかりで、やってるフリ満載で、昨日はバカは「地元でフグに舌鼓」とかそれセクシーよりもっとヤイヤイ言われてもええんちゃうか?



「分母」が増えることを怖がっているんだな、それがわかる。


絶対に国民を助けない。未必の故意を地で行くからね。月が変わるの怖いね。もうolympiad はロンドンにやっていただきましょう。


GDPの速報が「ー6.3%」であるという。経済制裁されているイランでさえ「ー3%前後」って知ってた?速報はこれから「悲報」に改名するのがいいんじゃないかな。


消費税増税のボディブロウは「もう」効いている。早すぎる。


火曜・木曜と伏見の大学、早起きで参ったが、今年度の大学ジプシーもそろそろ終了。来季はもひとつ非常勤増えるが。北大路、西京極、八尾、河内国分、滝谷不動とまあまあ遠いのね。大学は「近くには、ない」。まあ行く先々で「飲み屋」を一軒確保する・が絶対条件なのだけど、流石に滝谷不動は難しかったね。半年ご無沙汰になる西京極のおでんが旨すぎるうどん屋がすでにもう恋しい。

ただ、今週来週が中高の学年末テストで、啓蟄ぐらいまでは休めない。毎日何かしら、ある。まあでも早起きはない。夜型バイオリズムでokである。一件、医学部のtutorだけ。週一ならもんだいないよ。


さて、本日2/21から「the LABEL Rafflesia」配信が始まる。

第一弾は「すっぽんぽん‘ズ」。

次は3/4の「Convenience Store Cowboys」&「ザ モルモッツ」。何度か目になるけど、また言うけど、このインターヴァルでなら全12アイテム(albums)、配信完了するのは「夏休み前」ぐらいかな。それまでには女子アルバム完了したいけど、無理かな。ちょうど夏休みがその後に来るね。やっぱ8月まで身動きとれんかな。


まあ、体調は史上最低。最低ながら、誤魔化しつつ、どこまでやれるかな?

おふくろの寿命とのチキンレースもあるが。








posted by 浪速のCAETANO at 07:11| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

幸せ・ってさ

うい〜、5:30起き。「night life」がなけりゃ、楽勝だろうなとは思う、年齢的に。だがね、意外と夜・長いんだよね。

で、睡眠時間が縮小される。かてて加えて、肩・腕の「激痛」がある。もう痺れなどという悠長なもんではなくなってきている。寝返りが打てない。「寝返り〜を打った〜」などという曲もあったが、それはhistoria#2に入ってはいるが、そんなことではなく、おれは今「生命の危機」に直面しているのであって、な〜にを大げさな、そういう奴もいると思うが、ちょっと待ってな、その立場にならないとわかんないことってあるのよ、わかる?昨夜でいうなら、店に顔だしたから帰って0:30、そこから「ジブンノミ」は控えた、おれには珍しく、なぜか?5:30起きだったからだ、その上で、まあ歯磨いたりとか、寝る準備をしてる間に30分ぐらいは過ぎるし、オンザベッドに至ったとは言え、すぐに寝れるとは限らないし、そして寝れた・としても、腕が「しびれ〜痛み」で目が覚めるし、で寝返りを打てば「首に激痛」であるからそうなればもう「寝れん」のよ。


この三ヶ月でおれの「QOL」は激しく低下してしまった。三ヶ月間あってない人(店長以外の全ての人)ならある意味ショッキングに見えるだろうし、初めて会った人々には、「終わりかけのオヤジ」に見えるだろう。来年度の出講が思いやられる。おれは無意識におふくろの寿命に自分のそれを「順応」させようとしてるのだろうか?

そうかもしれない。


若い時代のtoo much なhappy happy radicalが「デフォルト」となってしまった身の「ザマアミロ」なのだが、でもさあ、いい思いをしてきたからいい思いをさせてあげれるわけで、そういった、「正の連鎖」は『絶対に』悪いことじゃない。『GIFTの受け渡し』と言ってもいい。


まあ人生50年・60年・70年・80年〜100年ともう「ちょっと待ってよ」なのだが、100年はちょっとな・やで。それは一種の「greed」である。結果ならしょうがないが。だけど、それが幸せかね?幸せ・って一体何?過去からずーっと揺らぎのない「幸せ」なんてあったの?何かの不足があって、それが補われるときに「充足という名の幸せ」がポッと生じるという気もするんだね。私見ながら。


幸せな状況というのは「ちょっとか激しくかは色々あるが、辛い状況が訪れ、それになんとか耐えれる体力精神力を備え、で最終的にそのマイナスが充足される」ということではないかな?


今日も国会は「ひどい」。京阪特急で行き帰り見聞きし続け、京橋でのビール・酒のハーフタイムの間も、帰って塾生待ちの今も見聞きし続けている、

ヤンキーが街中で、おじいさんを殴るとか、そのようなことに心痛めるのもありだとは思うが、それらは「ここ」に端を発するのだ・という意識を持って見ている。見てるからなんなのよ・と言われれば「え〜っとね・・・」と言葉に詰まるんだけど。

















posted by 浪速のCAETANO at 16:01| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイジョブデスカ?

宴会の見積や明細を隠す人と
コロナの対策を指揮する人が
同じ人ですが大丈夫ですか?」


No name, No face.

posted by 浪速のCAETANO at 06:36| 大阪 | Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

詰まってきてる・色々ね

色々詰まってきてる。「決勝戦」が否応なく近づいてくる・と言うことだが。

ANA=インターコンチ、very niceだったのだが、pm一味はホテル幹部を呼びつけて「国家に逆らうっちゅうことはどういうことか、わかってんの?」との恫喝をしたようである。


国家=「組」でしょうか?


辻元清美の「追い詰め」がpmの逃げ場を極端に狭くしたのはわかりやすかったが、pmは引田天功になろうとしているかのようで、「え〜・それ無理やん」なところから魔術的脱出を図ろうとしている。しかし、これを許してしまうようではもうこちらの国のいろんな(超大事で国の根幹にあたる)システムの信頼度が著しく損なわれるわけで、これはpmが宇宙の彼方に失踪してしまったとしても、そこからの立ち直り・ってもう「無理度」が飛躍的に高まってしまってるわけね。だから・無理なのである。

今現在の「不正・無理筋通す・長いもんに巻かれる」その一部のものかもしれないにせよ成功体験の記憶と風評はたとえ10年ほどのことであったとしても、深くおれたちの記憶の中にもう刻み込まれてしまっちゃったのよ。


人は「精神的存在」でもある。その精神には「崇高と邪悪」が同居しているけど。




コロナ。


岩田健太郎医師がプリンセス・ダイヤモンド内部のことを告発しているが「怖かった」と言っている。まさに「無秩序」な状況みたいである。感染症のプロがそう言っている。岩田は「エボラ」や「sars」の現場を渡り歩いてきた感染症の専門家。「レッド・ゾーン」と「グリーン・ゾーン」の区別が全くついていない・と言う。感染症の専門家が「一人も」入っていない。厚労省の役人は「いらんことすんな」と言う態度・らしい。岩田は厚労省の役人から「疎ましがられ」1日で「追い出された」。

「アフリカ・中国」以下・だと言っている。


感染の実験場。厚労省は接岸していないから、「あれは国内での感染ではない」と言う理屈であると言う。中国でさえ、今や「透明性」を重視しているよ。

厚労省が、と言うが、それはpmの命令である・ということは皆さん、覚えておいてくださいね。バカの支配する国はあちこちで「お気の毒」なことが頻発しているのである。でもその「お気の毒」はきっとすぐにあなたの周りに「出現」しますよ。その時やっと「自分ごと」ね。もう遅いけどね。


「無知・ディスクロージャーしない・人道を無視」、もうこちらの国といえばそんな「形容」が全世界的に拡散してしまっただろう。これまでBBCなどが丁寧に「暴いて」きていたが、もう世界のメディアの周知するところとなるであろう。


で、よくよく考えていただきたいが、その「悪評」はある特定の人物とその一味にその根源が集約されている・という「結構単純」な図式が存在するのね。


コバエのみなさまは「その」ウンコ臭がもう癖になってて「いや〜ん・離れられな〜い・ムリ〜」ということかも知らんが、『肉屋を熱心に支持する豚』の皆様におかれましては、もういい加減そろそろ「覚醒」していただいて、「魚屋」「八百屋」にその支持・切り替えてみてはどうだろう?





















posted by 浪速のCAETANO at 09:53| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

伝統

「日本は一度決めたら引き返さない。そして間違っても反省しない」


イタリア人記者。クルーズ船を眺めながら。
posted by 浪速のCAETANO at 22:44| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イヤなVision

今日は寒かったねえ〜。伏見は雪がちらついていて、朝よりもむしろ昼間の方が気温下がってたのではないかな。丹波橋で乗り遅れた特急をanother 10分待つ際の木枯らしが辛かった。長崎でも降ったそうだ・雪が。

「油断しとったやろう、なめとったらあかんよ」そんな冬将軍の本音(今年は調子出なかった・あんまりね)かもしれぬ。


京橋で昼メシがてら飲んで帰ってくる。塾までは2時間以上あるから、大丈夫。


三月上旬まではあちこちの中高の学年末テストに追われる。落第の可能性のあるバカヤロウもいるので。確定申告もあって「うおう・・・・・」だ。


「人混みを避けて・・・」とバカは無責任に言うのだが「んなこと、できるわけがない」わけで、だからバカはバカなのだが、今日大阪駅で環状線から降りて阪急へ向かう際に、なんかvisionが見えた気がした。目の前には多くの年代の人々がいたのだが、その人たちが「無残な死に方」をする・そんなvisionが見えた。

原爆が再度落ちるとかそう言うんじゃないのね。


個々に亡くなっていくのだが、その亡くなり方それぞれが「無残」だった。まあ死ぬときって皆さん「普通そうでしょ」ということなのだろうが、あのさ、今、「死」というものが見えなくなってるでしょ。隠されていると言ってもいいのだが、それがなんというのかなあ?改めて白日の元に晒されるというか、隠し通せなくなる・そんなことなのかのしれない。

不吉なこと言うな・と言われるかもしれないが、一般的な「QOL」が激しく劣化してるでしょう。元気な人・病気の人問わずよ。普段の「QOL」が下がる時に、死ぬは生きるの最終形態であるから「悲惨度」は上がると考えるのが当然かと思う。

80〜90sってのはおれたちが見た幻・だったんだろうか?


今日改めて、人の顔をまじまじと見て見たが「幸せそう」な顔はほとんどなかったな。寒かったこともあるんだろうね。

ただ、今の世の中、「腹の底から幸せそうな」人ってほとんどいなさそうですけどね。笑えない。


visionには自分の心象風景が反映されるのかもしれない。















posted by 浪速のCAETANO at 16:12| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

詰めた、かもしれない

いまさっきの辻元清美の質問、針でpmの心臓を突いたかも。
潮目が完全に変わったように見えたけどね。

まあ、おれ「甘ちゃん」だけど。

さて、どう逃げるかな?
posted by 浪速のCAETANO at 11:48| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Price to Pay

ウイルス対応:

『高こつくよ』

ものの見方の甘さとケチ・が原因。その背後には「国民のことなど・どーでもいい」「政権維持が大事」

物事を「超短期」にしか見る能力がないから、それが政権の維持に「間違いなくマイナス」になることが「よくわからない」というか「本音はそれさえ『どーでもよかった』」。そんなことがもし起きたとしても、「まあなんとかなる」


情報を隠す。国内的には・正確にいうなら「TV見てる層」になら隠しおおせる。姿勢に関しても「先手先手」なんてやってる感出しとけば「TV見てる層」は騙し通せる。

対策委員会のメンツの写真があって、近いとこから「ヒゲ・青山・小野田」これ3アウトなんだけど、「TV見てる層」にはよくわかっていないはず。

PCRは「保険きかない」


クルーズ船の隔離・暴力に近い。検査母数をなかなか上げないのは分子が増えることを恐れてのこと。「公開実験」みたいになっちゃった。外国・そこもっと怒っていいと思う。怒ってるかな。「この・カス」とか言ってくれる方がいい。


熊本かどこかのマラソン・あんな写真・恥ずかしいね。「Japan=China」区別つかにくくなった外国人・増えたことだろう。


東京Governer、ネトウヨだから、東京マラソンにChinese来んな。とか言っているが、Japanese参加すんな・が正しい。「できない・中止」が正解。ウイルスにして見たら「やった〜」ぐらいのもの。


しかし今回のコロナは『新型』であることが、読めん。flu・とはそこが違う。マイケル・クライトン。


「もうみんな・仕事やめやめ」正規も非正規もその分のキューリョー政府が保証するから。ぐらいのこと言えよ。まあ物流とか問題起こるやろうけどさ。あと産業にも打撃だろうけど。そう考えてくると、車輪の大きい・小さいにかかわらず大方「自転車操業」なのだな・ということが見えてくる。


「仕事より命」とは言われる。これ、だが、現実には『大変難しい』ことね。自分のことを思ってもなかなか難しい現実が突然目の間に現れる。


Japaneseのメンタル、ここどうしよう。ただ、感染は「犯罪」でもある。そんな意識を覆すこと(社会全体の意識として)は超難しいだろう。

今見てきたように、「自己責任の国」そんな環境においてだよ、おれなど「小さい車輪」の自転車操業の「ほぼ非正規労働者」であるから、自己規制できるか・となると正直、自信がない。


今頃、になって「先手先手で」とか言ってるバカとその取り巻きが仕切っている。バカなど、その会議の冒頭での挨拶で「原稿」読んでたらしいからね。そこ会議かどうかは知らんが出席「3分」だってさ。そのあと宴会。



BBC says;

「日本政府は五ヶ月後のオリンピックが中止になることを恐れている。カネをかけてきたわけで、絶対にそうなることを避けたがっている。しかし、専門家は感染の防止には失敗している。日本の社会の中に感染は速度を伴い広がっている」


海外のニュースからじゃないと公平公正な事実をしることもできない・というもう一つの悲劇がある。


その結果、武漢では「収束の目」が見えてきたのに、こちらではまだまだ「これからが本格的」。梅雨が「消してくれる」だろう。新興宗教なのか?


アメリカは業を煮やして、迎えにきたね。こちらの国は港まできてる国民をもう何日放置したかな?


これからが「本番」だったりする。でもね、初動が超遅かったこと「だけ」が原因である。


『高くつく』
posted by 浪速のCAETANO at 09:30| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

休日に

『Star Trek PICARD』

大変味わい深い。生きてて良かった。the 3rd episodeまで・今んとこ。

まだSeven of Nineには遭遇していない。時間の問題。

ピカードのパイロットはSalvationのあいつ・サンティアゴ・カブレラだった。悪くない。

アンドロイド・EMH・ロミュラン・タルシアー・ボーグ・ピカードを救って死んだデータ少佐・データの「双子の娘」、キーワードを挙げておこう。


「双子の破壊者」の女優・ちょっとブスなのもいい。

一話完結ではなく、映画を、あちこち寄り道しながらも緻密に遂行しているかのような、まあSalvationの方式ね。


久しぶりのなんにも無い日。店も休みだった。よく忘れる。第三日曜日。今日は行かなあかんと思って行ったら、「店主・閉め出し」なことがよくあり。間抜けな話なのだが、いろんなスケジュールが「並行進行」して、その数本を飛び石のようにぴょんぴょん渡り続けているいる身としては、小jumpしていった先の石が「消滅」してることがある。着地しようとした時に気づくのね。


LATINの日・本日。Natalia Lafourcadeとジェニーとメキシコ猫。今大好きなのだけど。チリのモン・ラフェルテもいいけどね。

今・メキシコが熱い。


もう何度目になるだろうか?おのれの中のラテン・ブーム。軽く聞こえるかも知らんが、さにあらず。何曲もラテンの曲は書いてきてるからだ。

あのね、「曲を書く」ことに使う「情報量」ってマニアが何枚も録音物を聴いて得る「知識」に匹敵するというかそれだけでは決して触ることのない情報に身を浸すことになるのね。

ということで、Nataliaは伝統音楽に回帰することで何か「大きな収穫」があったね。アウグスティン・ララの曲ばかりやってるアルバムもあります。アウグスティンはなんとなく、おれと共通の音楽的資質を持ってる・とおれの直感が告げていてそういうものにはとりあえず従うの。


Nataliaとメキシコ猫とRyとManuel Galbanのマンボ・シヌエンドが今のおれのヘヴィローテーション。「かろみ」と「センティミエント」の同居がいいのね。ヘヴィな音にちょっと疲れてる。なんかデッド・エンドに向かって体当たりみたいな、それって「加速主義」に加担してるのでは?など、ちょっと思う。

暑苦しいのもごめん。粒子を自由にしてあげて、外へ向かって拡散するのがいいね。コロナウイルスかよ。

だがウイルスの戦略・って悪くない・これもまたおれの直感が告げている。元々は「win/win」であるはずなのね。変化したのはおれたちの方で、環境もそのおかげで変容させられたんだもんね。思い上がってるのはおれたちの方だと思う・おそらく。


色々飛ぶのだが、例によって、あちこちの大学にお邪魔してると、多くの大学で「コモン」という言葉を聞く・見る。「共有財産としての知」ほどの意味だと思うが、資本主義の後にくる社会の「キーワード」でもあると思うのね。知は情報・といってもいいかも知らんのだが、現在はそれが資本に独占されつつあるわけで、もうされちゃったといってもいいのかもしれませんが、それをみんなのものとして取り返す。そしてそれをみんなで共有する・なんて考えは魅力的だし、そこにポスト資本主義のキーがあるとおれは思うが、一見「カッコいいルックス」で実は「greed」剥き出しのGAFAをはじめとするメガ企業とそれに「進んで」盲従する人々が「実は抵抗勢力」なんだよ。ポスト資本主義への抵抗勢力ね。

民主主義に「疲れた」人々にはそれが「ちょうどいい」といった皮肉な状況もあるけど。やる気をくじかれた人々には「視野狭窄」と「内向」が居心地がいいんだろうね。わからんでもないけど。それがvoting rateに表れていて、それが実数として50000000人ほどいるとするなら、そしてそれが一向に減らないとするなら、もうとりあえず「終わり」である。

終わらないように力を尽くすのか、終わらせてresetに賭けるのか、そんな二択の「不毛の誘惑」に駆られる。いかんいかん・と思い直して、また明日も生きていきましょう。な〜んて。










posted by 浪速のCAETANO at 17:48| 大阪 ☔| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拘束という意味において

約束は牢獄と同じ。

「startrek picard」
posted by 浪速のCAETANO at 05:58| 大阪 ☁| Comment(0) | actor's line TV dramas,movies | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

バカでサルでなんか湧いてる

昨日のpetit annversario。変な意図せぬ盛り上がり。そういうのがいいのね。予定調和は嫌い。

おれの『Deste Que O Samba E Samba E assim』良かったですね〜。久々の自分で自分に『本命チョコ』あげたいぐらい。

だが、音楽は、発せられた瞬間に消えて行く。このDavid Byrne『How Music Works』で繰り返し述べられるテーゼを噛み締めながらの演奏だった。

演奏の機会・大切にしなきゃな、と思う。おれはギターが一本あればお手軽に「世界」を表現できるが、かといって安売りはしたくない。お手軽にできるのはおれがえらいからであって、その此れまでかけたコストを、今の経済システムの中で消費されるのは「真っ平御免」だ。

頭の悪いの・にながらで聞かれる、なんて最も避けたい状況だ。


アホと絡みたくない。極力避けたい。以上。


さて、いい加減気づかないと、みんなpm一味に殺されますよ。

今のコロナ情況とは、マイケル・クライトンの小説、まさに。国民の生活に「興味のない」バカ達が、己らの「保身」のためだけに政治を弄んでるのね。本気で「間引き」を考えてるとしか思えない。何度もいうが「未必の故意」。

もはや「第二の震源地」。

米ABC『日本の港で第二の震源が作られた』

米NYT『こうしてはいけない・と教科書に載る見本』


それに対してSecretary『適切に対処している』

バカなの?サルなの?脳になんか湧いてるの?


バカでサルで脳になんか湧いてる・でいい。あいつらが消えるか、さもなければこちらが消えたい。この惨状を見続ける・そんな根気はもうあんまり残っていない。


















posted by 浪速のCAETANO at 16:59| 大阪 🌁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

4コマ授業で疲れた・今日はO11o Anniversario

クソ維新(クソという形容がこんなに似合うparty・ないなあ。全然使っても後悔しないし、やりすぎ・とも思わない。清々しいぐらい『そぐっている』)の足立とpmによるCommunist Partyへの公的な場での中傷、ないな。

志位くんはもっと怒ったらいい。怒っているが、もっともっと怒っていい。

もう辟易してるんだが。ゲー吐きそうなほど。


おれは大阪市民。mayor/governer/prime minister、全て「ありえない」のよ。こんな不幸・なかなかないで。自分の頭の上がこんなに「腐臭」漂うのもなかなかないよ。救いは腐臭および香りというものは「上へ」と登る。コアは上へ。その名残だけが下へ。これ・上で嗅いでたら「死んでる」よ。

不幸中の幸い・ってどこが幸いやねん。


おれは連立政権に「Communist Party」が入るのは賛成だ。芯がある唯一の人たちだから。


太郎ちゃんがpmとなり、小川淳也くん、原口くん、志位くん、山下くん、辰巳くん、宮本くん、石垣くん、宮本徹くん、川内くん、黒岩くん、田村くん、穀田くん、山際くん、そして「顧問」には小沢くん。そんなおれが評価する人々でCabinetを構成し、国民のための政策を次々打ち出し、国債をバンバン発行して、国民の「足りないとこ」に投資し、こちらの国を再度、「先進国」にというか違う違う、「生まれて初めまして」『先進国』になっていただきたい。まあ・おれはクソジジイになってると思うが。まあ安心して死なせてよ。


pm一味が従来的な「保守」を崩してしまったのにも関わらず、かつての「保守」なんてもうグダグダになっちゃってるのだ。だから今保守であるからとかそうでないからとかはあんまり「関係」がない。今は「生活」こそが大切なの。

変えないでいいとこいっぱいあるからね。StaticなDynamismとでもいうかな。そこにい続けるためには動き続けてなければいけない・みたいなこと。それは一件一件の個別具体的な話・であることを再認識してさ。Policyありき・ではないの。


Go・Bernie・Go,やっとアメリカに「社会主義」が根ざしてきた。だからね、資本主義と社会主義は「どっちがいい」なんて頭悪い議論はもうやめましょうよ。結論はどっちも「良くない」。だからそのsomewhere in betweenを固定せず、うろうろすればいいのだ。っていうかそれ以外ないのだ。

他にはもうないの。かつての「知見」で必要十分である。経済理論もマルクスとケインズがあればいいのだ。MMTも問題提起の根源はマルクスで、そのコアはout of ケインズである。

今またどんどん危機に近づいてるの、自覚してますか?新型肺炎ウイルスの対処に顕著だが、本格的に「間引き」にかかってるよ。間引かれたくないねえ。

国内でどんどん感染を放置というか「進めている」という評価だけどね、おれから言わせると。


3/11が現政権であったとしたらもっとひどいことになってるね。間違いない。菅も枝野もそれに比べれば殊勝によくやったと思う。これがabe/sugaチームだったらもっとずっとえらいことになってるよ。それは「確信」してる。

これから出勤。まあいつものやうに、少数精鋭第ゲリラ部隊の方々と、ね。















posted by 浪速のCAETANO at 20:39| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

f'(x)は正

pmも必死であるね。本音は「コロナなんてどうでもいい、自分が無実であるという既成事実をいかに頻度を高く流布するか」であるね。チョンバレ。だが気づかない「おめでたい人々」50000000人ほどいるんだろう。

ちがうな。ほんとはそんなに多くはない。10000000人ぐらい。protestなんて「とんでもない」そんな家畜・奴隷mindの者(シャ)が40000000人ほど・ってのが正しい。

シャ・っていう表現、いつの間にか大臣たちが使い出していたが、なんか違和感あるのね。役人termでしょうね。者(シャ)。者(モノ)では物と紛らわしいし、方では「敬語のニュアンス」紛れ込む。フラットの感じ出したくて、考え出したんだろうけど、「あまりに冷たい」とおれは感じる。政治は「その者(シャ)」まではケア・あんまりやりたくないんだけどさ、そんな「突き放した感」を感じてる。

で、pmだけどさ、国会の本会議でも「既成事実」を積み重ねている。小心者。小心者を「業務を真面目にこなす者」が支える。いや、ほんと・ナチスの展開と同じなんですけど。ナチスは「滅んだんだ」けどね。そこも相似形ならまだ子孫たちは「救われる」かもしらんが。


本日は河内国分の大学・4コマ。授業はなんともないのだが、早起きが・・・・。だが昨日も早起きだった。「朝型」のタームが三日間続いて、「夜型」の時間帯がその後1週間ほど、そして朝型が三日ほど。おれのバイオリズムは「ズタズタ」である。まあどうでもいいんだけど。

今日の大学は昼メシは「学食」。美味い不味いとかを言うのが憚られるのが学食であるね。かつての阪大ランチ(当時250円)もそうだったな。今日のそれっぽいのは430円だった。こちらの国の「デフレ度」がわかる価格設定だね。いや上がってるやんか・とか言うんじゃないの。40年もかけて二倍にもできないと言う悲惨を感じるべきなの。初任給もほとんど上がっていない。これが「デフレの恐怖」だね。下がってないから「デフレちゃうやん」とか言う猿には、「いや・40年のうちの前半の15年は順調に上がってたんやけど後半の25年に「行って来い」になりまして、この惨状なのね」と言いましょう。

pmやldpをsupportしてて「何が楽しい」?「勝ち組」のつもりなのか?勝ち組と勝ってる側の末席を汚す・はちょっとちゃうよ。


Bernie Sanders・もし「勝たなくとも」その政策をこちらの国の人々に「知らしめて」いただきたい。裾野の広げ方は太郎ちゃんのキャンペーンとほぼ同じ。と言うか、山本太郎の「政治家の理想形」はそこらへんにあるのだな・とよくわかる。政権取って終わりではないのね。市民の意識がそれを支え、困ってる人々への施策を実行する。そんなシンプル・でいいのね。

こちらのメディアにおける「急進的左派」の言い回しは、意図的でその命名によって「違和感を内蔵」させようとする意図がある。もちろん「官邸の指示」である。Bernie Sandersがdtを破り、アメリカが70sのこちらの国のようになるのを見るのは「悪くない」。見てみたい。

そしてその後・AOCが後を継ぐ。理想的である。こちらは太郎ちゃんがpmとなり、小川くんや黒岩くん、森ゆうこ・田村智子・辰巳くん・宮本くんなどが脇を固める。そんな「理想」を(こんなご時世だからこそ)思い描くことは大切ではないか。そして、実は可能なのじゃないかな?

そんな気がしてる。なぜなら「最低な時間帯」だから。最低の意味は「底を打つ」ということである。










posted by 浪速のCAETANO at 20:12| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

待つ身はつらい・なかなかに。

大学終わりで、ちょうどお袋の手術のタイミングだったから、どうも帰る気がしなくって、飲んでいたい・などと思い、まあそれが罰当たりなことかどうか、そんなこともどうでもよく、どうせいくら飲んでも酔わないだろうから、少々飲んでてフラットぐらいの気分で、十三で飲み倒していた。

その後、オペがずれ、一時間ほどオしたみたいで、16時過ぎに手術室に入ったのだが、、まだ(18:45)メールがこない。

気を揉む。

難しい手術だということはわかっていてアクシデントの発生も予期されていて、だがしかし、ただただ気を揉む。なかなかに辛い。一度の手術で収束するという病気でもない。良くても今日が「始まり」みたいなものだ。

前日まで4日間過ごせたが、肝心の手術日には朝一で帰るという間抜けなタイミングだ。なんか役に立ってるのかが疑問だ。

昨夜から今日にかけて実家で一人で過ごした。主のいない実家はなんというか、大変お袋のニュアンスだらけの場なのだが、主人公のいない劇場のようで、おれごときがそこで酒を飲もうが、メシを食おうが、暖簾に腕押しというか糠に釘というかゲイ男子に壇蜜というか、多少の尽力・全て無駄、みたいな、そんな・ある意味遣る瀬無さを伴う(何をしても)だった。

虚無的な時間だった。

みなさんそんなものなのかもしれない。わからない。

仏壇の灯りだけそのままに、電気よし・ガスよし・で玄関の鍵を閉めてまだ暗いうちに(6:13の空港バス)実家を出た。


今(19:13)メールが来た。3時間大変やったろうな。色々考えざるを得ない。だってもうおばあちゃんである。体力の心配は常にあるから。


病理検査の結果が出るのが3週間後。


未必の故意でウイルス蔓延させられてるのも大変だし、バカがまた国会で「中二的暴言」吐いたりさ、捨て台詞ね、嫌いな女性議員のタイプがあるね、そこが丸わかりなのが「中二的65歳」のおバカなとこだが、まあほんと色々大変・おれも大変。

関係なくもないが、和泉と大坪の不倫さ、もっとエグく(芸能人並みに)やれよ・TV。本当の権力にあるものを貶めるってのは「そこ」なんだけどね。もう一つ、バカが「そのこと、ご存知・ございません」と答弁。ほ〜んと・バカ。それと棚橋・殴りたい。いや、顔蹴りたい。@本日の国会。



posted by 浪速のCAETANO at 19:47| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大失態

『アジア人は嘘つきである。少なくともディスクロージャーが習慣とはなっていない。先進国ではない・やっぱり』

そんな認識が定着しているはずだ。そんな「属性」の人たちを「色眼鏡」でみるな・ということは難しい。「差別」まではもうすぐだ。

日中両国に言えること。


もうolympiad辞めましょう。ロクなことない。


Diamond Princess号、その「ダイアモンド」も「プリンセス」も名前が大変皮肉なことになってしまうなあ。親会社は全額返済するという。だがその後、こちらの国・訴えられるんじゃないだろうか?その会社からだけど。


どちらの国もザル・だが、まだChinaの方が必死度を感じる。人口の多さによる「不可抗力」もある。しかし、こちらの国のやる気のなさ・なんなんだろね?もういろんな方が「その最低度」については声をあげてる。「間引き」したいの?ひょっとして。未必の故意・を感じてしまうんだよね。


岡田晴恵の表情が日に日に沈痛になってきてる。政府は晴恵ちゃんの言うことなぜ聞かない?


環境が「非常事態条項」の必要性に近づいていることに大変危惧を感じている。あえて、やる気を出すな・という「厳命」が出ている・と想像する。なんでも「利用する」奴等であるから。


もう支持率・というのは「バカ比率」であると理解した方がいい。だからover50%というのは「大ピンチ」なんだよ。まだかろうじて土俵際。「確かなバカ」が45%。それが現状。やばいやばい。


今日もまた「乗客・プラス40名、検疫官・1名」陽性。これはさ、また言うが、olympiad無理だよ。

Chinaでもお医者さんがなくなってるもんね。飛び火が来てる。政府は、豪華船の陽性を「意地でも国内感染者」に入れたくないみたいだが、それも無理。こちらの国の領土だろ?ばっかじゃなかろか。ほぼ「傍観」に見えると思うな・海外からみるなら。外国人の死者(コロナであってもなくても)が出たらどーすんの?

暴れるやつ、出るんじゃないかな?そろそろ。晴恵は頑張ってるんだが。















posted by 浪速のCAETANO at 11:21| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

閣議決定で事態は進むんだけどさ


176F3625-6579-4DCC-9866-2EEAB89D0EFC.jpg
posted by 浪速のCAETANO at 07:50| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

1万回死ね、ってことね。

「平気で嘘つく安倍さんの罪、万死に値」


小沢一郎

posted by 浪速のCAETANO at 22:32| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bernie go!

「なぜバーニーは若者からの支持率が圧倒的に高いのか?俺たちが若いころは未来が美しいものになると希望を持っていたんだ。だが今は違う。若者は負債の囚人だ。今の若者はバーニーが未来のために戦っているからこそ彼を望んでいるんだ」


マイケル ムーア
posted by 浪速のCAETANO at 22:29| 大阪 ☔| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩盤なのか?

こんだけプーでも内閣支持率45%@NHK。
どんだけアホなんでしょう?

と、言うか、どんだけリアルガチマジどアホへ接近すれば「気が済む」のだろう。

なんか、pm一味より、一般のバカ国民に呆れてしまうんだが。

そういう人々に、人びとが何か可愛そうな目に遭った際に、おれ、同情できるかな?

よくわからない。

山本太郎なら、そんな人びとも「救いたい」んだろうけど、おれは、いらん、そんなやつ。

だから太郎ちゃん、エラいなあ、と思う。

ほんとに。

おれは今なかなかハートが傷んでるからさすがにそこまで寛容にはなれんな。

寛容なときもありますが。

not now.

太郎ちゃんの全国ツアー、無事完結終了したみたいね。ずっとフォローしてたけど(よっぽどヒマか?)。

子どもが質問するのがなかなか面白い。10歳〜18歳だったかな。質問しやすいというのもあるよね。エラそうにしないしな。

でも政治家のみなさん、山本太郎のような「怖い」こと、できる?

すべての質問に答える、なんて怖いこと。

太郎ちゃんも、まだまだ学ぼうという姿勢があるからいいのね。知らん間に中卒が政策通になってしまってる。

北村のジジイ、今日も酷かったね。全国的には「なかった」ことになってると思うが。ヒマな人間しか「真実」を見ることができないのはなかなか切ないな。

support rate 45%。20人に9人、おおよそ2人に1人。

もう電車乗れません。道歩けません。こいつ、どっちやろ?なんて品定めしてしまいそうだ。

現状にいささか満足してる人々が45%を「構成」してるんだと思う。


それはそれで、いいが、いいよ。だが、豪華船の内実を見ていて、こちらの国は国民を救わないんだな、ということがよく分かる。分かんない?香港は、あっという間に半分の1800人の検査を終えたが。

検査すんのが「めんどくさー」っのがよく分かる。分かんない?

先進国、辞めたの?そう思われてもええわ、って開き直ったわけ?

なんかちょっと別の怖いことがあって。それは、こちらの国の人々、自分事以外にはもう反応しなくなってしまってる。ほぼ間違いなく、さらに怖いことは、それをpm一味が「.気付いてる」ってことかな。


明日は建国記念日だね。

だれがいつなんの国を、建国したと言うのだろう?

全然意味がわからないし、そんな事実はしらないけど?
posted by 浪速のCAETANO at 20:08| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

無能ジジぃの背後に見える

北村の爺さんって、長崎選出なの?

恥ずかしいね。

国会の「無力化」と「無意味化」にすごく貢献してる。

メンタル超つよい、面の皮5cmほどはあるんじゃないか、あのおばさんとハゲとの公費によるコネクティングfu●k、as well。

もちろん、裏でオペレートしてるのは、pm一味。司令塔はイマイ。経産省コネクション。

コロナに関しても、分子は発表するが、分母、言わないのね。

はやい話、ヤル気、なし。それは今後、見えてきます。

みんなを「いーっと」させて、疲れさせて、諦めさせる、それが狙い。

野党の「まともさ」が浮き上がるでしょう。その、まとも、であっても、どうにもならない感、これをみなさんに植え付けること。ここが、最終目標だよ。目標、着々と達成しつつあるけど。


ほんとに終わるからね。もう最終コーナー差し掛かったぐらい。「仕上げ」のフェイズ。


よく言うてるが、自分の寿命ぐらいでこちらの国、崩壊かな、と思ってたが、お袋の寿命ぐらいに前倒しされたかな、という見立て。

「中枢」が腐る、という光景をおれたちはいま見てる。

中枢は、しかし、「影響力」がある。

「厚顔なバカは誰よりも強い」

これがマジョリティに浸透しつつある「theory」


ロクでもないが。
posted by 浪速のCAETANO at 15:35| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●●ちゃん、あ〜あ、でもみんな納得ね

「●●は本当にどれ一つ不足がない完ぺきな馬鹿であり、二つとない希代の政治小人だ。平壌は●●という品物をこのように品評する」。


北朝鮮外務部副部長


どれ一つ不足がない完ぺきな馬鹿」くくくく。
posted by 浪速のCAETANO at 11:01| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

Go! Bernie Go!


「サンダースが民主党の指名代表なら皆で無条件で彼を支えるべきだ。彼は民主主義と法の支配を重んじる。もし政策を過激に感じたとしても、実際には彼は穏やかにうまくやる。人々の生活を良くするものなのに、共和党の喧伝する社会主義の悪いイメージに騙され過ぎだ。彼は民主主義者だ」


クルーグマン
posted by 浪速のCAETANO at 13:49| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Public/Private

第三回の検査で41/273の罹患率。なかなか高いぞ。船内に蔓延してるということだね。さあ、どうするの厚労省。不倫のおばさんにスポークスパーソンさせるの「よろしくないのでは?」。

あの男女・何がキモいかというなら、行動・雰囲気が「若い」。若い・を「negative」に今回は取っていただこう。性欲が「透けて見える」とこが、いただけない。不倫でもなんでもいいからさ(そこ・おれは気にしない)、もっと「しっとり」しときなさいよ・そう思う。

あの系統のハゲは「強い」のかもしれない。権力者。地獄へ落ちろ・と「呪って」おく。


国会を見てて「戦慄」なことがひとつあった。

ハギウダが「幸福の科学」大学の設立に絡んでいることが明らかになった。このブタ・ほんまに。skg大学も、天理大学も、金光高校も、行く気はしないが、「幸福の科学大」はちょっとまずいのでは?流石に。以前にはオ●ムと「同等」とみなされてんじゃなかった?


昨日は太郎ちゃん@下関だった。敵地のど真ん中。こういうことできるの彼しかいないしね。そしてそこでもあれだけ人集められるのもまた・ということだ、と思う。下関といえば、上関の新設の原発を、という話になっている。「イカれてる」とこういう形容できるのも彼しかいない。



自分ごと。

Rafflesiaの配信2・21からと決まりました。まず、すっぽんぽん'ズ、続いて、パラボラ、カウボーイズ、モルモッツ、そしておれのソロ・プロジェクト(8アイテム)の順になります。最後の2アイテムはまだWAV音源・完成してないけど。リード・タイムはたっぷりあるから。

そのうち「Ova(葡萄)」も手に入ります。それは」marutanimaz historia numero 2というアルバムに入っています。

かおるちゃんとの最初のBossaの「Shoot~Veranda」は光合成の季節。ピニャ・コラーダやシーラさん、「Sky Zipper」も。

「青い花」「Last Decade」は、束の間のiyashi。

最前線物語には「A Race Replacable」「Matahali」「香港/上海」なども。

ちゃんとリリースされたものは、marutanimaz historia numero 1にまとめました。

HONZIとの共演が聴ける Lunatic Evening。

貴重なコンドル1やハッカーのライヴ盤・De La Siesta.

最初のソノシートも。ビル・ラズウェルに曲パクられた。いわくつきの。


まあ、ひとつ配信始まると。10日おきぐらいで、続いて行くので、お楽しみに。おれの老後のタバコ代に「貢献」を。


トータル100曲超あるだろうね。数えてないけど。


まだ25曲、未録音、残ってます。


posted by 浪速のCAETANO at 13:05| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

「認知」の人の日

うー、考えただけで、ちょっと気が狂いそうになるのはおれだけではないと思う。船室にさらに2週間というのは誰もが想像するのは「like a prison」だろう。

コンドームも「あかん」閉所恐怖症。

安い部屋は窓もないというからね。おれも家から一歩も出ない日・ある。あるが、出れるのに出ない・のと「出られない」は全く違う。まさに・そこなんだよね。

こちらの国は、もうチョンバレだが、目先の小銭・小金・に関することにしか人は「動かない」。この場合の人とは、そこで影響力があり、実行ができる人間の意。その挙句が、現場への対応が下手・遅れる・後手に回る。

国は別に守らんでもええが、国民は守れよ。国を(これ以上)守るよりはお金かかかんないよ。


おそらく、今病院が足らんのね。あるもんでなんとかごまかしごまかし、収束するのを待ちたい。そんな「願望」が透けて見える。10日で病院建ててしまったChina・そこはすごいな。「進んだ独裁」は緊急時には流石に強い。独裁途上のこちらの国は、まあしかし、国民を守ろうという気がないから、一番不幸な感じ、国民的に。実際に不幸だが。アッパーミドル未満には。カネ使いたくないのが加藤の答弁にありありと。


縦割りの行政で失態をチラ見させ、「ね・こんなんじゃ不十分でしょ」だから→緊急事態条項じゃね?が狙いなのはわかってるけどね。一発で・というわけではなくそんな「空気の醸成」にはポイント稼ぐと思う。変更は憲法じゃなくて「お手軽に法律」でお願いしとく。


本日の予算委。pmはいない。ホッとしてるだろう。乗り切った・みたいな。しかしまだ参議院があるんじゃないの?

バカコメの中で、「アベはトンズラ・北村はヅラ」と流れて、吹いてしまった。不意打ち・っちゅうのがあるよね。

ヤジに対して注意する「お前の方がやかましいわ」これは棚橋へのコメ。おれもそう思う。「ハラから声出すな」とも言いたい。


今日の予算委は「小学校のHR」になっている。ヅラの北村、なかなかに強情。ポンコツで強情。内閣府の担当大臣としてはなかなかに「適材適所」である。やるな・pm。官僚2名が「つきっきり」で介護。官僚からペーパーを渡されて、「頭の中何にもないので」、的外れな答弁の連続。で、帰って行くときに官僚2名が「おじいちゃん・よくやったネ」と満面の笑顔で迎える。で話は進まない。官僚の態度を見ていると「遅漏でいけ」がpm/secretaryの指示であることがわかる。官僚2名は前後列のソファの間に身を潜める。異様な光景である?

しかし、「認知症スレスレ」で議論を進めない(ボケまくる)・公文書管理担当の内閣府大臣・北村に対して、手こずる。必ずこういうの・いるね。pmの組閣。これも「手」。話が通じないんだからどうしようもないね。認知症は無敵である。金田・桜田・北村と伝統は続く。こういうの地上波で流せば、かなり「効果的」だと思うんだが、濃いい人々たち「だけ」の間でしか共有されない。


しかし大臣たちはみんな「ストローマン(藁人形)論法」使いまくりである。北村のボケだけではなく、ボケてない橋本聖子もまたストローマンがデフォルトみたいである。どんどん空虚になって行くのだが、それが「内閣の方針」だからね。

正論には「ボケ」で。変な伝統できちゃったな。国権の最高機関が「空洞化」している様子を眺めている。「真空化」というべきか。


爺さん、しかし「舌禍」が過ぎるな。脳が萎縮して考える力はすでにないが「性質と過去の体験記憶」だけが残っている。これはもう施設行き・レヴェルだね。こんなんに質問しなあかん・野党議員も大変だね。

今日は爺さんデー。みんなで認知症におつきあい。まあ「優しい国家」なのかも知らんな。しかし、だったら給料返すべきだね。











posted by 浪速のCAETANO at 11:20| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

それぞれの生存競争

おれたちに乗っかって「commute & spread & survive」したいコロナウイルス、successfulにことを成し遂げてる。

これ、ひょっとして「olympiad」中止になる可能性だってあるね。

習近平の来日はもう無理だろう。今、海外に行くと、欧米だが、差別に遭うだろうね。

ミクロネシア連邦はこちらの国をChinaとともに「危険国」に認定した。この危機感のなさ、ユルさ、外から見たら「けしからん」と思えるのだろう。

検査キットがあまりに少ない。陽性・陰性判断にものすごい時間がかかる。ワクチンは・ない、これから。

国内もそうだが、豪華客船、大変だ。広義の「閉鎖空間」だし。おそらくまだ陽性は出るよね。そうなると、どんどん感染は広がり、延々と続くだろうことは容易に想像できる。もう2週間で収束するわけがないよね。3700人というから、ちょっとやそっとでは彼ら全員の解放はない。気の毒だ。殺人事件とか起こらなきゃいいが。

ウイルスの戦略とは「commute & spread & survive」なのであるから。乗り物の理想は「死んでもらっちゃ困る・時々やりすぎるけど、あ・ごめ〜ん、じゃ次行ってみよ〜」である。情緒はないのね。感情も。

ウイルスも必死だから、政府も必死でやんなきゃあかんでしょう。本気で国民を守りたいなら。守ってるフリだけなら別だが。


今日は京都だったが、帰りにスジカレーうどんを食って店を出たら「にわかに」寒くなった。阪急でもドアが開くたびに冷たい空気がツーンと入ってきて、久しぶりに「冬」を感じた。今日感じた寒さは「冬の終わりのコンチクショー」なそれだった。一番寒いのって2月でしたね。


一般の風邪とコロナを「混同」しちゃいかんが、なんとなくウイルスには追い風吹いてる・そんな気がする。



















posted by 浪速のCAETANO at 20:29| 大阪 ☁| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

おれたちはvehicle

コロナvirusは「いい戦略」だ。

おれたちは彼らの「乗り物」にしか過ぎないわけで、彼らこそが「神」に最も近い生物というか、「真の支配者」というか。

いい塩梅なのだね。致死率が高過ぎても「乗れるもの」が消滅してしまう。「乗り継ぎ」が大事なのね。アバウトに言うなら感染率と致死率は反比例の関係。


おれはよく大学生に地球の歴史を彼女たちのおかん(必ず46歳がいる)の人生に喩えて説明したりしてるが、それで言うなら、最近のおかんは「しのぶ(46歳)」だったが、しのぶ16歳の時にすでにウイルスは現れていた。最初、「原核生物(細菌)」が現れ、その後我々にまでつながる「真核生物」へと進化するのだけど。ウイルスはどちらにも「取り付く」ことができる。まるで、生物が現れるのを「待っていた」かのようなミステリアスな存在。

ウイルスは「生物か非生物」か?よくわからない。おれがアホでわからないと言うのもあるが、偉い学者先生の間でも、そこは「う〜ん」となるところです。

寄生生命体・なので。ウイルスはDNA/もしくはRNAを持っているが、子孫の複製には被・寄生者の代謝系を利用する。寄生する相手がいなけりゃ、なんでもない。生命体とは言えないってことね。活動はなし。ところが寄生しちゃえばその増殖法(ウイルス粒子を組み立てる方式)で俄然目覚めて数時間で1個のウイルスが10万個にまでなってしまう。なんかそんなやつ身近にいそうな気もするが。他人の「リソース」アホほど使う・そんなの。

さびしんぼう・か?ちょっと狡猾・匂うが。

ウイルスには小型から大型まであり、小型で有名なのが「インフル」。遺伝子8個。大型では「天然痘」。タンパク質をコードする遺伝子が200個。そして最近流行った「マイコプラズマ」・遺伝子480個。もっと「巨大なウイルス」も見つかってる。巨大なウイルス?論理矛盾な気もしたが。遺伝子が911個もある
「ミミウイルス」だ。

さらにはウイルスに寄生するウイルスというのも見つかってる。「スプートニクウイルス」。寄生されるのは「ママウイルス」。なんだか引き籠りの息子とそのおかんを彷彿とさせるが、ミクロとマクロは相似形だからね。違うのは「経済だけ」ね。


生命の定義は大変な微妙マターだから、おれごときがウイルスをどっちのカテゴリーに入れるなんてのはムリ。だが「しのぶ」がバブバブの時代に最初の生命情報を持ったRNAが生まれ、その時代が5年(5億年)続き、その後DNAが現れた。

熱力学第二法則が言うように、熱の出入りがないところでは全てがバラバラになっているが、熱が放出されると、種々のものが「秩序化」される。地球が当初、ドロドロに溶けて火の玉(均一な)状態であった頃から、熱の放出とともに地球本体の内部の構造化(内核・外核・マントルの形成)が進み、重い物質はより内部へ、軽い物質はより外部へ、もっと軽い物質は表面へと移動し、大気の成分となるわけだけども、その中のC・H・O・N・PなどからRNA/DNAができたんだね。ただ「それだけ」の存在であるウイルスは、生命かどうかと言うのは本当に微妙な問題で、前述したように他者の代謝を利用するわけだから。

無数にウイルスは存在し、海の中のウイルスなんてほとんど解明されていないと言うし、一概に「ええやつ」とも「悪いやつ」とも実は言い難い。有性生殖に関わって、オスの精子(他者)を受け入れる際に、メスの胎盤においてあえて免疫を働かせないことにも我々が延々「共存」しているウイルスによるものということもわかっている。

(結果的に)ええやつもいるっちゅうことね。

ウイルスが、悪いやつと固定的に考えるのもまた難しいものがある。死にたくはないけど。

posted by 浪速のCAETANO at 11:36| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

bad news, good news

ldpの消費者問題調査会の消費者庁への提言:

『通報者に不利益な取り扱いをした企業に対する罰則を明言しない』

わかりにくいな。はっきり言えよ。


この場合の通報者・とは企業の内部告発者を意味する。で、その告発者を「サセン」とか「クビ」とかにしても、その企業は罰受けない・と言うことになる。

内部告発者は「保護」されない。つまり内部告発を封じ込める・ってことね。


もう・あからさま・だ。こんなに自分たちへ「票」をもたらしてくれる人々へ「あからさまなお返し」を見せても平気なんだもんな。



なんかね、pmのつき始めた「嘘」の処理でいろんな「無理筋」通してきた(きてる)が、検事長の異例の任期延長もそうだが、上記の提言も「ニューオータニ」の経営側向け・みたいに見えてくるもんね。ニューオータニの従業員の内部告発を妨げるため?そんなしょぼい「一つの案件」のために、全部の・例えば法律を変える・なんてことをずっと、やっている。そして、そのことを多くの人間は知らない(興味ない)。

もう「終わる」んだよ。こちらの国は。終わらないわけがない。もうグダグダやもん。

昨日のvs辻元清美もひどかった。テレビ東京がノーカットで流してる。「お笑い番組」として、いや「スラップスティックコメディ」として見てみたら。


さて、アイオワ州。

Bernie Sanders。NHKはバカだから「急進的な左派」という形容をバーニーやウォーレンに対してするんだけど、そしてその形容は「ネガティヴ コノテーション」を含んでる。そのニュアンスは太郎ちゃんや共産党に向けても使用されるけどね。

おれから見るなら、太郎ちゃんや共産党が「穏健な保守」に見え、pmたちが「タチの悪い左翼・例えていうなら旧ソ連・北朝鮮・中国」に見えますが。「独裁」というキーワードで括ってみたらそれはハッキリクッキリ可視化できる。「気分は雲上人」。正しくは「雇われ社長(しかも期間限定)」。そこ・確認しといたほうがいいですよ。

まあしかし、「アメリカの社会主義」は大変興味深い。その辺は「流石に」アメリカの市民で、とんでもない「宗教保守」もいれば「22世紀を視野に入れたリベラル」も多く存在する。そこ・羨ましい。

注目している。あちらの国。



ブラジルが「非常事態宣言」。地球の裏側でもそうなのに。お隣のこちらの国はこんなガバガバでええの?まあ国民を守る気など「ない」っちゅうのはよく知ってる。






posted by 浪速のCAETANO at 08:04| 大阪 | Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

the older we grow,the more quality we get

「感覚は刹那の刺激であって、その記憶はすぐに薄れるが、情緒の印象は時がたっても変らないものらしい。また、感覚は刺激をだんだん強くしないと同じ満足が得られなくなるが、情緒の印象は重ねれば重ねるほど色増すものである。たとえば時雨の音は聞けば聞くほど深くなっていくのである。」

岡潔
posted by 浪速のCAETANO at 09:43| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の残念

京都人・アホなのか?

アホ大決定してる大阪人に言われたないだろうが。

お前がアホなら・わしもアホ、アホとアホが、、、、、、、うーん・bad.。

で、投票率とか見てみたら「40%ちょい」・あ〜あとか思ってたら、それでも5%上がった・と言う。太郎ちゃんやその他のリベラルがあんだけ攻めても「動かない」層が分厚いと言うかその闇の先端にも触れてさえいないのかも知らんね。

なかなかに「深刻」と言うことだ。太郎ちゃんは50%の人が「捨てている」と言うが「60%」が捨てていた。まあでも知事・市長選てそんなもんなのかもしらんが。「変わらない。どーでもいい」が多数派なのだね。再認識。

なんかしかし、60%ってあまりにマジョリティであるから、怖くなる。

それは彼らのマニフェストでもある:

『私は家畜である』『私は奴隷である』『私のことを部品と見てくれて構わない』

そんな二人に一人以上の確率で彼らが存在する世の中に生きてることは、これはかなり「不気味」だ。自分をそこまで貶める人間とは他者のことを「なんとも」思わんと言うことが容易に想像できるからね。自分にも他人にも「人権」なんで感じてません・そんな社会は実はリオデジャネイロぐらい怖い「はず」である。ヒウジジャネイル。

「安全神話」なんてとうに崩壊しているはずだね。


救いがない訳じゃない。無党派層の投票先;

福山氏・37%、村山氏・30%、門川氏・26%。立憲の支持層もだいぶ流れたという話もあって、だがしかしそうであったとしても40000票足らない。あっちの人たちの団結は「岩盤」だなあ。すごいな・と感嘆する。そこは大阪でも同様だろうが。そっちのマニフェストは「この既得権益・絶対に手放さない、儲けれるうちにとことん儲けてやる」であるね。


上記の「二層」に対して「どう攻める?」この難しさに今・太郎ちゃんも直面していることと思うのだが、既得権益・ということで言うなら、立憲・国民支持層も「しっかり」組合に守られている「高級労働者」を自認している・となれば、そして彼らが「ゼロサム」を固く信じているとするなら、なかなか事態は「動かない」だろうなあ。自分のことしか考えられない人・多いからね。本当に正しい政策が施行されれば、彼らの報酬は決して変わらずに下の層の生活が楽になるだけなんですが。「奪い合い」と言うのは誤解です。もっと言うなら奪おうとしているのは「最上層」だけである。そしてその魔手は相対的には「下から上へと」動いてくるのだ。


なんか「理念」だけの繋がりって弱っちい。そこは常に横から「崩壊の誘惑」に晒されつつ、繋がっていないといけない。悲観し・コロナウィルスに感染したくなるが、そこをグッと抑え、冷静に見るならば今回も5:4まで迫ってはいる。「惜しい」からなんか一言言いたくもなるんだね。

























posted by 浪速のCAETANO at 08:51| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

漢字文化圏ならではの

「山川異域 風月同天」

鑑真
posted by 浪速のCAETANO at 20:23| 大阪 ☁| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくわからんままに事態だけは進む

長崎は今・ランタンフェスで浜町アーケード、新地・ともに中華提灯(ランターン)だらけだった。おれが石丸文光堂へお袋からおつかいを頼まれたのは昼間だったから、ただただ「ナマ提灯」の大行列だったが、あれに灯りがともされるとなると「荘厳」だろうな・とは容易に想像できる。
BDD03F69-EE49-4383-9BA5-0FB5238C1A03.jpg0579879E-5B28-415F-8E7B-1C2634ECC50D.jpg


春節に合わせて・ってことね。Chinaに依存・でいいのではないか。九州王朝は「そうだった」。正確に言うなら、その威厳を中国に担保してもらってた。

まあ色々と心は乱れるのだが、育った街とは言え、おれがいた時代(40 years ago)には存在しなかった「祭り」が今では大騒ぎなイヴェントになっており、初めてその現場に遭遇した身としては「ただ混乱する」訳だった。だが、ネット等で見る・夜のその光景は「なかなかにいかつい」。物量作戦はなんか知らん「説得力」がありそうだ。まあ、愛着のある街がそこを離れた人間にとってどう変わって行くのかに関しては「消極的希望」しかないの。

まあ「夢みたいな世界」が繰り広げられているのだろう。さだまさし・がそういった歌とか、ぜひ・書かないでいただきたい・と心の底から「願ってる」が。

て言うか、明日死んで・がホンネ。


しかしもう「ムードはprimavera(春)」。一ヶ月ほど春進行が早い。だが言うても二月である。今年はそう言えば「重いコート」をほとんど着てないな。

今、両腕が「アウト」だから、都合はいいが。

もう「クジラ」が弾けない。ナイル・ロジャースのような華麗なカッティングもディヴィッド・バーンのような無骨なカッティングも出来なくなってしまった。あ〜あ・である。症状があ顕在化・悪化したのはこの三ヶ月なのだが、事態は急激に現れて進行して行くのだな・これはおれにもお袋にも言えることなのだが、なんだろ?この加速度。

F=ma。加速度が生じるには「力」が要るのだった。そのforceって一体なに?









posted by 浪速のCAETANO at 16:00| 大阪 ☀| Comment(0) | その嘘・ホント? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アウシュビッツ=大日本帝国(for us)

「歴史を偽ることに無関心になるな。権力を握る者に無関心になるな。
そうしなければアウシュビッツは空から降ってくる」


元アウシュビッツ収容者 マリアン・トゥルスキ氏
posted by 浪速のCAETANO at 15:47| 大阪 ☀| Comment(0) | the words | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする